【無料体験期間中】6,500万曲以上が聴き放題

Lick-Gの年齢・身長・生い立ちは?出身は神奈川?

注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。
画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

Lick-G(リックジー)は13歳の時にHIP HOPに出会い、14歳の頃からサイファーやバトルに参加、2017年以降に音源制作やLIVEをメインに活動しています。

Lick-Gのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lick-G(@lick_g)がシェアした投稿

出生名伏見 弦(ふしみ げん)
アーティスト名Lick-G(りっくじー)
年齢1999年4月6日(現在21歳)
身長175cm
血液型
出身地神奈川県逗子市
事務所
レーベルZenknow
公式サイトhttps://www.lickg.jp
STEP.1
ラップに出会うまで

2012年頃に動YouTubeで日本語ラップの動画を見て魅力にとりつかれたのがきっかけです。

さらに父親はICE-Tの翻訳やKRS-ONEにインタビューするといった仕事をしていたため、実家には洋楽HIP HOPのCDがたくさんあり、ラップにどんどんのめり込んでいきました。

ちなみによく聞く音楽はWiz Khalifa、Logic、Russ、Witt Lowryなどです。

しかし周りにはフリースタイルラップをするような人がいなかったらしく、ネット上でのサイファーやバトルで腕を磨いてきました。

STEP.2
中学時代

ネットの中だけでラップの腕を磨いてきたLick-Gでしたが、実際にバトルをして見たいという思いが強く、中学2年生の時には横浜や横須賀のサイファーに通うようになりました。

さらにその頃から中学2年生ながらもバトルMCの大会に参加するようになります。

 

こういったHIP HOPにのめり込むのが早かったからこそ、今のLick-Gがいます。

STEP.3
高校時代

高校生に上がってからもLick-Gはバトルを続け、第8回高校生ラップ選手権やKING OF KINGSに最年少で出場するなどバトルシーンを騒がせました。

STEP.4
バトル引退後

バトルシーンを騒がせていたLick-Gでありましたが、2017年1月に行われたKING OF KINGSの後にTwitterにて「今後大きなバトルには参加しない」というバトル引退宣言をしました。

当時はまだ高校生で若かったため、ファンからは引退しないで欲しいという声が相次ぎました。

きっとLick-Gがバトルに参加していたのは名前を売るためだったり、音源制作に充てるための賞金稼ぎという感じだったのかもしれません。

STEP.5
デビュー後

2017年にはフリースタイルダンジョンで審査員を務めているKEN THE 390のレーベルである「DREAM BOY」から1st Albumの「Trainspotting」をリリースしています。

Lick-Gの名前の由来はイギリスのスラング

Lick-GのLickはイギリスのスラングで「イケてる、かっこいい」という意味です。

Gについては本名の「弦」からとっています。

それを組み合わせて「Lick(イケてる、かっこいい)-G(弦)→イケてる弦」という意味になります。

Lick-Gの彼女はいるの?やっぱりモテる!?

Lick-Gの彼女については不明な部分が多いですが、フリースタイルダンジョンCHICO CARLITOとのバトルで「童貞はもう捨てたんすかね?」と言われた際に「中2の時にCHICOさんと会った その時には既に童貞捨ててた」とアンサーしていました。

わりとモテてはいたんじゃないかなと思います。

Lick-Gの好きなファッションブランドはHUF(ハフ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lick-G(@lick_g)がシェアした投稿

がよく着るファッションブランドをまとめました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lick-G(@lick_g)がシェアした投稿

顔もスタイルも良いのでどんな服装も似合います。

Lick-Gのラップを始めたきっかけはYouTube

13歳の時にYouTubeで日本語ラップの動画を見たのがきっかけでHIP HOPにのめり込んでいきます。

院や言いたいことを言葉にしているところが面白いと感じたと語っていました。

あとは父親の影響もあり、アメリカの現行HIP HOPに取り憑かれていきました。

Lick-Gがデビューするまでの道のり

13歳の時にHIP HOPを知り、中学2年生からサイファーやバトルに参加し、バトルシーンで知名度を上げていきました。

そして高校生ラップ選手権やフリースタイルダンジョンに出演するようになってからはデビューまでそう遠くはありませんでした。

バトル引退を発表し音源制作メインで活動してからも、勢いは止まる事なくHIP HOPシーンを盛り上げる存在となっています。

Lick-Gのフロウは独特で聞き心地がいいのが特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lick-G(@lick_g)がシェアした投稿

Lick-Gのフロウは独特で日本人のラッパーにはあまりいないタイプです。

だからこそ聴き心地がいいのかもしれません。

 

またリリックに関してはフィーリングでトラックを聴いて「この曲はこんな感じ」といったように決めています。

「Mellow Akira」などはすぐにテーマが出てきたと語っていました。

Lick-Gのラップバトルの特徴は圧倒的スキル


Lick-Gはスキルで圧倒することが多く、どんな難しいビートにも簡単にハメて聴き心地が抜群です。

音抜けのあるビートだと特にスキルが光ります。

またLick-Gにしか吐けない言葉やLick-Gにしかできないなめらかなフロウが特徴的です。

Lick-Gのデビュー曲は「Trainspotting」

Lick-Gの1st SingleはTrainspottingという曲です。

ちなみに「Trainspotting」というタイトル名の意味は、人生のレールから逸脱した人生を送るという内容の「Trainspotting」という映画からとっています。

閉塞的な空間にいるよりももっと自由にしていて良いんじゃないかなとインタビューで語っていました。

Lick-Gの代表曲は「Mellow Akira」

「Mellow Akira」はサビで「メロウアキラ メロウアキラ」と歌っています。

つまり「諦めろ」という事です。

「お前じゃ絶対できないんだ」というメッセージを諦めろに変えて、さらに「メロウアキラ→Mellow Akiraとしているわけです。

 

こういった言葉遊びは面白いです。

高校生ラップ選手権での活躍

Lick-Gのバトルを語る上で高校生ラップ選手権は外せません。

やはりLick-Gを全国区にしたのは高校生ラップ選手権です。

そこでLick-Gが出場した第8回、第9回、第10回の高校生ラップ選手権についてまとめました。

第8回高校生ラップ選手権での活躍

ファンの間では第8回高校生ラップ選手権は1番面白くない大会だったと言われています。

Lick-G言xTHEANSWERが勝ち上がっていれば面白い大会になったと個人的に思います。

STEP.1
1回戦目 KY-7

Lick-Gにとっては初出場の高校生ラップ選手権の舞台でした。

「気合いの坊主 未来予想図 期待のホープ」という物凄く固い韻を吐き出し勝ちました。

STEP.2
2回戦目 三日月

個人的にはLick-Gの勝ちかと思いましたが、審査では三日月の勝ちとなりました。

ファンの間では誤審と呼ばれているバトルです。

第9回高校生ラップ選手権での活躍

第9回高校生ラップ選手権は高校生ラップ選手権の中でも、トップレベルに面白い大会です。

ちゃんみなOZworld a.k.a R’kuma、Lick-G、裂固など今のHIP HOPシーンを盛り上げるラッパーが多いことも特徴です。

STEP.1
1回戦目 APELIL
Lick-Gにとっては2回目の高校生ラップ選手権の舞台となりました。

スキルで圧倒しAPELILを下しLick-Gの勝ちとなりました。

STEP.2
2回戦目 黒さき海斗

かなり拮抗したバトルとなり延長戦にもつれ込みましたが安定してラップをしたLick-Gの勝ちとなりました。

高校生ラップ選手権の中でもかなりトップレベルに入るバトルだと思います。

STEP.3
準決勝 写楽

どちらもいいラップをしていて良いバトルでした。

滑らかなフロウでお客さんを沸かしたLick-Gの勝ちとなりました。

STEP.4
決勝 裂固

裂固はインタビューで「めちゃめちゃ上手くて、苦しめられた」「大会によってはLick-Gが勝っていたかもしれない」と語っていました。

個人的にもどっちが勝っていてもおかしくないバトルだったと思います。

第10回高校生ラップ選手権での活躍

オールスターが集められた第10回高校生ラップ選手権にもLick-Gは出場しました。

優勝候補でしたが残念ながら2回戦で負けてしまいました。

STEP.1
1回戦目 裂固
第9回高校生ラップ選手権の再戦ということで盛り上がりました。

Lick-Gの音ハメがかなり印象的です。

STEP.2
2回戦目 Icerey
ファンの間では未だに誤審と呼ばれるバトルです。

Lick-Gが勝っていれば第10回高校生ラップ選手権の結果も変わってきたと思います。

フリースタイルダンジョン制覇!

Lick-Gフリースタイルダンジョンにて晋平太に続く2回目の制覇者です。

さらに全てクリティカルで勝つといった偉業を遂げています。

こういった完全制覇者は後にも先にもLick-Gだけでしょう。

Lick-Gと仲の良いラッパーはGOMESS

GOMESSのTwitterでは

4時間も語り合うくらいに仲が良いです。

Lick-Gは何故バトルを引退するのか?

MCバトルは韻をどれだけ踏むかが重視されすぎていて、自分の音楽が否定されている気がするため、バトル引退を考えたと語っていました。

 

またLick-Gは自分で負けを認める試合ももちろんあったが9割は負けていないと語っています。

 

判断基準が曖昧なMCバトルだと自分の音楽のスタイルが否定されてしまうことが多くなってしまうということでしょう。

そこで自分の作品を作って独立する道を選んだのだと思います。

Lick-Gの評価

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA