【最強】一番キマるヤバイCBD

Tohjiのプロフィール(年齢・学歴・身長)のまとめ【ラップスタア誕生!】

Tohji

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

Tohjiトージ)はロンドン生まれのラッパーです。

AbemaTVで人気のオーディションプロジェクトラップスタア誕生!でその才能を発掘されたTohjiは、日本のHIP HOPシーンとは一線を画した存在として高く評価されています。

Tohjiは従来の地元を基盤とする形ではなく、主にYouTubeSoundcloudで作品を発表していたことがきっかけで有名になりました。

そんな気鋭の次世代ラッパー、Tohjiのプロフィールを詳しくまとめました。

Tohjiのプロフィール

出生名非公開
アーティスト名Tohji(トージ)
年齢1996年(現在25歳)
身長173cm
血液型非公開
出身地イギリス・ロンドン
事務所
レーベル
公式サイト_tohji_
STEP.1
幼少期
イギリス・ロンドンで生まれ、3歳頃まで生活をしている。
その後は東京や神奈川県横浜市などで生活している。
STEP.2
中学時代
ラップはEminemや50centを聴いていた。
STEP.3
高校時代
名門麻布高校に進学する。
しかし素行が悪く、悪い仲間や先輩とつるんでいた。
のちに高校を中退している。
注意
彼が退学をする原因となった事件は後述します。
STEP.4
高校中退後
退学後に音楽を通して表現することに目覚めラップを始める。
SoundCloudにラップを発表するなどの活動をしていく。 
STEP.5
大学時代
武蔵野美術大学に進学。
大学では仲間に恵まれ、一軒家を借りて仲間たちと制作などを始める。
STEP.6
2017年
ラップスタア誕生に出場する。
ファイナルステージに進出し、注目を集める。

Tohjiトージ)は、1996年にロンドンで生まれました。

3歳までロンドンで過ごし、その後日本に帰国し横浜や東京で育ちました。

ラップに触れたきっかけは彼が中学生の頃に、高校生の先輩が妄想族キングギドラなどの曲を流していたことでした。

名門高校に進学しましたが、素行の悪い先輩や友人とつるみ、中退してしまいます。

高校退学後は1年ほど引きこもっていましたが、その頃に音楽を通して自己表現することに目覚め、ラップを始めます。

その後武蔵野美術大学に所属し、友人に恵まれ、ラップクルーMall Boyz(モールボーイズ)を結成します。

2017年に行われたラップスタア誕生!のSeason1に出場し、優勝は逃したものの独特な立ち振る舞いやリリックで、彼は日本のラップシーンに衝撃を与えました。

彼は日本だけの活動にとどまらず、2020年にはロンドンでライブを行なうなど、海外でも活躍の場を広げています。

現在もソロでの活動やMall Boyzとしての楽曲制作、ライブなど精力的に活動している新進気鋭のラッパーです。

Tohjiの大学は?名門校麻布高校出身で武蔵野美術大学へ進学

Tohjiの出身高校は、麻布高校です。

麻布高校は都内でも有数の名門進学校で、彼の学力の高さが分かります。

しかし、高校では悪い仲間や先輩とつるみ、やんちゃ系の派閥のトップにいた彼は学内の選挙に立候補しましたが、負けてしまいます。

その後、高校を中退しています。

詳しくは「麻布高校 ゲロ煮込み」で検索して下さい。

Tohji

当時は刺激が欲しかったから色々やったけど、倫理観も壊れてきてよくわからなくなったから辞めた。
MEMO
麻布高校は東大に多くの合格者を出し、偏差値は都内5位という超名門校

武蔵野美術大学へ進学

アートへの関心があった彼は、武蔵野美術大学に進学します。

自分と波長の合う仲間がいるのではという期待もあり美大を選んだといいます。

あのジョン・レノンとポールが美大で運命の出会いを遂げたように、Tohjiも新たな学びの場に出会いを求めていました。

そして、大学で仲良くなった仲間たちと一軒家を借り共同生活を始めます。

Tohjiはこの家を「ヤサ」と呼び、仲間と集い楽曲を作り出しています。

住んでいるのは3人ですが、それ以外にも仲間が出入りするため「ヤサ」には仲間が7〜8人は常にいるようです。

Tohjiのおもしろエピソード(終わりなきイキリ)

ラップスタア誕生をきっかけにSEEDAと交流しているTohjiは、人気YouTubeコンテンツ「ニート東京」に度々出演しています。

その尖ったエピソードの数々は、多くの視聴者から衝撃と反響を得ています。

また、自分だけでなく友人も個性的な人たちだらけのようで、Tohjiを超える刺激的なトークも登場します。

この動画では、Tohjiが友人と自動免許取得のための合宿に行った際の友人の奇行を語っているのですが、Tohjiの話し方も相まって臨場感あふれるエピソードが繰り出されています。

Tohji

終わりなきイキり

Tohjiの愛用ファッションブランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

tj(@_tohji_)がシェアした投稿

愛用ファッションブランド
  • FOX RACING
  • BmbH
  • 032c
  • 24karats
  • KARL KANI
  • Y / Project
  • REVOLVER
  • Eytys

Tohjiファッションは、誰も真似のできない前衛的なファッションが特徴的です。

GmbHFOX RACINGに見られるような、近未来的・前衛的なコンセプトのあるブランドを好んで着用しています。

一見シンプルなコーディネートのように見えますが、コーデやサイジングなども独創的で、まさにTohjiワールド全開のハイセンスさを感じさせます。

Tohjiの存在自体がかなり異色なため、シンプルなファッションでもただならぬオーラをまといます。

TohjiTohji(とーじ)のファッション・服のブランドは?車は何に乗っているの?

Tohjiのタトゥー

 

この投稿をInstagramで見る

 

tj(@_tohji_)がシェアした投稿

タトゥー
  1. 背中・・天使の羽
  2. 腕・・FRISKの文字
  3. 胸・・犬?のイラスト

Tohjiはあまり人前でタトゥーを露出することは少ないですが、背中に天使の羽が刻まれていることが有名です。

また、上腕部分には「FRISK」という文字が彫られています。

意味は明かされていませんが、Tohjiの楽曲に「HI-CHEW」という曲があることから、この「FRISK」もミントタブレットのことを指しているのではないかと推測されます。

Tohjiのタトゥーの一部は、東京・千駄ヶ谷にあるタトゥースタジオJoytown Tattooの彫り師、Kajiに彫ってもらっています。

Tohjiのラップスタイル

ラップスタイル
  • 独自の表現方法と芸術性
  • フッドを持たない自由なスタイル
  • 「ヤサ」で編み出される前衛的な表現方法
  • ラップのノリ方、楽しみ方を提案(独特の動きや踊り)

Tohjiのラップスタイルは、他とは一線を画すオリジナリティーと、Tohjiにしか出せない存在感が魅力です。

彼の圧倒的なオリジナリティーは、Tohji自身の生い立ちから、自分の「地元」という感覚がないことに起因しています。

そのためフッド(ヒップホップのスラングで地域や近所などを指す言葉)に縛られない独自のスタイルを生み出しています。

また、彼は「ヤサ」と呼ばれる家で仲間と共同生活を送っていて、仲間で集まって楽曲作りを行っています。

このような楽曲の作り方も、Tohjiの楽曲のテイストの中に反映されています。

Tohji

誰も考え付かなかったこと、やらなかったことだからこそやりたい。

そして、Tohjiは他のラッパーと大きく異なるのは、楽曲の楽しみ方までを提案している点です。

これを独自の世界観という人もいます。

「ちょっと待ってTohji」圧倒的なセンスとカリスマ性

Tohjiは独自の路線で突き進み、その存在感のあるリリックによって多くのファンを魅了しています。

TwitterなどのSNSでも独自の考えを展開していたりなどしていて、Tohjiのアートやカルチャーに対しての愛や信念が伺えます。

作品発表のスタイルがYouTubeSoundcloudだったことから、従来の表現方法と既に異なっていました。

ラップを始めてからも彼のラップスタイルはヘッズにもウケず、まだ日本にトラップミュージックも上陸していなかったため、クラブやライブハウスでも受け入れられない日々だったといいます。

その状況の中で、ラップスタアをきっかけに彼の存在に火が付き、彼はますます唯一無二の表現スタイルに磨きをかけていきます。

芸術性の高い世界を突き進むTohjiのスピード感に、ファンからは曲中で「ちょっとまってTohji」と言われるほどです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tohji(@_tohji_)がシェアした投稿

ちなみに、kZmが2020年に発表したアルバム「DISTOTION」のラストナンバー、「TEENAGE VIBE」で、kZmTohjiに向けてこう呼びかけています。

待ってたぜTohji

kZm

Tohjiとラップスタア誕生

Tohjiが日本のラップシーンに名前を轟かせたのは、2017年に行われたラップスタア誕生!がきっかけでした。

ラップスタア誕生!は、それまでの即興ラップバトルではなく音源作品によるオーディションのため、音源作品で実力を発揮することができるラッパーにフォーカスがあてられました。

ANARCHYSEEDAなどレジェンドラッパーが審査員を務めるビッグタイトルで、優勝賞金は300万円、2021年現在でシーズン4まで開催されています。

Tohji

当時俺がやっているラップは理解されなかったから、SEEDAならわかってくれると思って応募した。

孤高の美大生ラッパーと呼ばれ、出演者の中で一番無名ながら、ファイナリストまで駆け上がりました

Tohjiのフリースタイル

Tohjiは、2019年にRed Bull Musicが主催している「RASEN」に参加し、超独創的なフリースタイルを披露しています。

YouTubeのコメント欄にはTohjiが何をスピットしているのかとざわめき、なんとか言語化しようと試みるリスナーで溢れかえっていて、ものすごい反響でした。

また、この回は、釈迦坊主dodoDaichi Yamamotoという新時代の個性派ラッパーが集まっていたこともあり、2021年現在、270万回もの再生を叩きだしています。

ちょっとまってTohji

釈迦坊主

Tohji

~~~~~~~(おそらくdon’t nobody hold water)

Tohjiは、このときのマイクリレーを振り返って、

Tohji

歌詞考えようと思ったんだけど、前日風邪で寝込んでたからフィーリングでやった。

Tohjiの代表曲は「Higher」

Tohjiが自身でも代表曲と公言しているのが、2019 年に公開された「Higher」です。

特に注目されているのが成し遂げて死ぬ」というリリックです。

これまでのHIP HOPの主なトピックは、金を稼いで勝ち組になることでした。

従来のラッパー達とのはっきりしたマインドの違いを、Tohjiはこのリリックで打ち出しています。

今までの価値観を破壊し、成し遂げるためには死を厭わないという強い覚悟を感じるこの楽曲は、リアルな新世代の象徴ともいうべき曲です。

金よりも手に入れたいのは「名声」だと宣言しています。

更にTohjiのダンスステップは非常にかっこよく、日本人のラッパーでここまでステップを踏める人はいないでしょう。

Tohji(とーじ)のおすすめの曲Tohji(とーじ)のおすすめの曲は?厳選人気ランキング11選【隠れた名曲】

TikTokでバズった「GOKU VIBES」

2020年10月にMVも公開された「GOKU VIBES」( feat.Tohji, Elle Teresa, UNEDUCATED KID & Futuristic Swaver)

が、TikTokでバズったことをきっかけに大反響を呼びました。

この曲は、DJ CHARI & DJ TATSUKIが手掛けたもので、TohjiElle Teresaに加え韓国のラッパーUNEDUCATED KID Futuristic Swaverを迎えて制作されました。

バズったきっかけは、Tohji自身がハッシュタグ「#gokuvibeschallenge」を用いてサビの部分のダンスをTikTokに投稿したことです。

Tohjiの独特なダンスが反響を呼び、多くのユーザーがこの企画に参加しました。

DJ CHARIやELLE TERESAFuturistic Swaverも彼に続き動画を投稿しています。

2021年現在、MVは340万回再生TikTokのハッシュタグはなんと1400万回を超える再生数を叩きだし、大きな話題となっています。

Tohjiのライブのまとめ動画

2018年4月から2019年3月までの期間のライブ映像です。

Tohjiが売れるまでのライブの様子が記録されている貴重な映像です。

Mall Boyzの面々とのインスタライブなど、ビジュアルやラップスタイルが現在のTohjiに進化していく変遷を見ることができます。

Tohjiがロンドンでライブ

2020年3月にロンドンで行われたライブ映像です。

ほとんど日本語でラップをしていますが、現地のヘッズはノリノリで、ライブは大盛況を収めます。

海外での活動を視野に入れている彼も手ごたえを感じたライブでした。

この後、ロンドンのHIP HOPカルチャーを理解できずDISってきたヘッズに向けて、TohjiがSNS上で苦言を呈す事件もありました。

ドリブルX

現地の文化やDJへのリスペクトを忘れないTohji

Tohjiのおすすめ楽曲【厳選3選】

おすすめ楽曲3選
  • HI-CHEW
  • プロペラ
  • Oreo

Tohjiは2021年現在、3枚のアルバム5枚のシングルを発表しています。

今までの日本語ラップ界をひっくり返すような圧倒的なオリジナリティーとカリスマ性で、新時代のHIP HOPカルチャーを牽引していく大きな存在となっています。

そんな彼の独創的なおすすめ楽曲3曲を紹介します。

Tohji / HI-CHEW

2019年に発表されたファーストミックステープ「Angel」に収録されています。

トラックはMURVSAKIが担当しています。

MVも芸術性の高いTohjiの世界観を再現していて、見ごたえがあります。

Tohji

乗り込むリムジン こぼしちゃうキムチ

高いもの汚くしたくなる気持ち

見飽きた街並み どこかに行きたい

空に投げる砂利 漕ぎ続けるチャリ

Tohji / プロペラ

2020年8月に公開された曲です。

Tohjiが初期の頃からタッグを組んできたDanny Diedプロデュースの曲です。

彼の新たな表現方法が垣間見える一曲です。

Tohji

のびのびのびのびてるオレのdick

びびびびび a lot of コトリがhit

ひゅるりるりふりまわすオレのdick

i feel ima propella “she” she wanna hit

Tohji / Oreo

2020年9月に発表された曲です。

トラックもTohjiが手掛け、共同プロデューサーにMURVSAKIが参加しています。

夏の爽やかさを感じさせる軽快な曲です。

Tohji

i just やる oreo やる oreo

i just 浜辺でやる oreo, oreo

のむチェリオ いよいよ やるoreo

then we fuckin likea

Oreo

ラップクルーMall Boyz(モールボーイズ)とは?

Mall Boyzのメンバー
  1. Tohji(とーじ)
  2. gummyboy(グミボーイ)
  3. stei(ステイ)
  4. Sahashi(サハシ)

Tohjiが所属するラップクルーMall Boyz(モールボーイズ)は、大学の共通の友人を介して知り合ったTohjigummyboyを中心として結成されました。

プロデューサーにstei、アートディレクターにSahashiを擁した4人で活動しています。

出身が違う4人ですが、小さい頃ショッピングモールで過ごした共通の体験が、彼らにとって「フッド」に代わるものとなっています。

こうしてラップクルー「Mall Boyz」が誕生しました。

2019年に発表された代表作の「Mall Tape」は、フッドを持たないクルーという日本語ラップシーンの既成概念をブチ壊すコンセプトのアルバムとして話題となりました。

gummyboy(グミボーイ)

Mall Boyz結成のきっかけは、Tohjiの家に友人が遊びに来た時に一緒に連れてきたのがgummyboyだったことでした。

初対面から話が合った2人はお互いが好きな音楽について6時間も語り合ったそうです。

Tohjiに初めて会ったgummyboyは「怖かった」と語りますが、その後意気投合します。

gummyboyにラップをやるよう勧めたのが、Tohjiでした。

gummyboygummyboyの年齢・大学・生い立ちは?

stei(ステイ)

プロデューサーのsteiとはTohjiSoundCloudで連絡を取り合うことで知り合いました。

Tohjiがアメリカのプロデューサーであるダニーボーイとコラボした楽曲をYouTubeで聴いたsteiが、Tohjiのアカペラと声質に惹かれて連絡をとったことがきっかけで交流が始まりました。

Sahashi(サハシ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

¥¥¥(@_.5841)がシェアした投稿

アートディレクターのSahashiは、Mall Boyzだけではなくgummyboyのジャケットも手掛けています。

Tohjiの昔からの友人で、多くの作品作りに関わってきました。

Tohjiと仲の良いラッパー

仲の良いラッパー

自分のベースとして共同生活をしている家「ヤサ」を持つTohjiは交友関係も広いようです。

Mall Boyzのメンバーであるgummyboyにラップを進めたのはTohjiであり、初めて会った日から熱く語り合うほど仲が良いです。

他のメンバーとも仲が良く、友好的な関係がMall Boyzのチームワークを生み出しています。

「Mall Tape」では、以前から尊敬していたSEEDAとの共演を果たしました。

SEEDASahashiと仕事をしていた関係があり、SEEDAが曲作りをしているヤサに遊びに来たことがきっかけです。

同じく新時代のホープとして名高いKamuiとは、お互いの芸術性をリスペクトしていて、ヤサにもたびたび遊びに行っているほど仲が良かったです。

SEEDAのプロフィール(年齢・出身・生い立ち)のまとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA