ドンキで買えるCBDおすすめはどれ?

【沖縄】CHOUJIのプロフィール(年齢・生い立ち・ファッション)のwikiまとめ

CHOUJIのプロフィール

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

CHOUJIは沖縄県石垣市の石垣島生まれのラッパー、トラックメーカー、プロデューサーです。

バッズマンの愛称で、マリファナについてラップするストーナーラップスタイルに加え、人間味溢れるリリックが魅力です。

ラッパーだけでなくトラックメイクからエンジニア、プロディースまでこなすDIY精神とフッドである沖縄にこだわった活動から多くのラッパー、リスナーからリスペクトされています。

ラッパーだけでなく一人の人間としても魅力あふれるCHOUJIを紹介します。

CHOUJIのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHOUJI(@098chouji)がシェアした投稿

出生名宮良 ちょうじ(みやら ちょうじ)
アーティスト名CHOUJI(チョウジ)
年齢1985年11月1日(現在36歳)
身長非公開
血液型O型
出身地沖縄県石垣市
事務所C-STUDIO
レーベルC-STUDIO
公式サイトhttps://twitter.com/098chouji
STEP.1
幼少期〜小学校時代

1985年11月1日に沖縄県石垣市で生まれる。

MEMO
ゲームとサッカーが好きな少年だった。
STEP.2
中学校時代
石垣島の中学校に進学する。
STEP.3
高校時代
16歳の頃に両親が離婚し、団地で母親と2人暮らしを始めるが、17歳のときに1人で本島に渡り一人暮らしを始める。

MEMO
原付きの免許試験に計7回落ちる

CHOUJIは沖縄県石垣市石垣島生まれのラッパーです。

サッカー、ゲーム好きで、特に好きなゲームはウイニングイレブンAPEXです。

CHOUJI

21歳の頃に借金した200万円を元手に起業した。

ラッパーからトラックメイク、エンジニア、プロデューサーまでこなし、スタジオから飲食店まで経営する経営者としての顔も持ちます。

人見知りな性格ですが、沖縄を拠点に積極的に全国各地でライブをしていて、全国で活躍する名だたるラッパーと交流を持っています。

ヤバいスキルを持ちながら、悪いだけに収まらない。それがCHOUJIのヤバさ。

ILL-BOSSTINO

地元沖縄のラッパーだけでなく、THA BLUE HERBILL-BOSSTINOも絶賛するスキルで全国に名を轟かす、ヒップホップ激戦区の沖縄を語る上で外せないラッパーがCHOUJIです。

子煩悩な2児のパパ

CHOUJIは子煩悩な2児のパパです。

2人とも男の子で、長男のちょうしん君は2019年4月に小学校に入学しました。

また、2019年1月に次男が生まれています。

CHOUJI

元気すぎて、怪我ばかりしている。

子供たちはかなり元気で、生傷が絶えないほどわんぱくです。

一緒にお風呂に入ったり、髪を切りに行ったり、子供たちに深い愛情を注いでいます。

MEMO
子どもたちはSNSだけでなくジャケット、MVにも登場する

CHOUJIはStoner(マリファナ愛好家)

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHOUJI(@098chouji)がシェアした投稿

CHOUJIはStoner(マリファナ愛好家)を自称する、マリファナ愛好家です。

CHOUJI

やっぱ好きやさ緑の洞窟

代表曲・パッズマンもタイトル通りのストーナーラップですが、CHOUJIの楽曲は大麻についてラップしたガンジャチューンが多いのが特徴です。

Twitterでも大麻取締法について言及したツイートもあり、日本における大麻のあり方について真剣に意見を呈しています。

チルでハッピーなCHOUJIのガンジャチューンは、マリファナやCBDとの相性抜群です。

飲食店を経営するオーナー

経営する店舗
  • StudiOKitchin・・・ミュージックバー
  • DGHstudio・・・レコーディングスタジオ
  • てんぷらみやら・・・天ぷら屋

CHOUJIはミュージックバー、天ぷら屋の2店舗の飲食店とレコーディングスタジオを経営する経営者です。

CHOUJI

DGHstudioには初めてレコーディングをする人も含め、たくさんのラッパーが来てくれる。

DIY精神の強いCHOUJIらしく、自らスタジオを経営し、初めてレコーディングをする初々しいラッパーから著名なラッパーまで、たくさんのラッパーがレコーディングに訪れています。

また、StudiOKitchinには地元のマイメンからライブで沖縄を訪れるラッパー、DJまで、 CHOUJIの仲間が酒を交わす場所です。

2021年10月12日には天ぷら屋のてんぷらみやらがオープンし、リーズナブルで美味しい天ぷらが人気です。

注意
てんぷらみやらの店長はラッパーの柊人

CHOUJIが石垣島から本島に移った理由

CHOUJIは石垣島生まれ、石垣島育ちです。

しかし、17歳の頃に石垣島に全てを残し、沖縄本島に移りました

理由についてはDJ RYOWとの楽曲・エーマ feat. CHOUJIで、

CHOUJI

呼ばれると嬉しいちょうじ兄にぃ 写真は16まで そういえばあんなフラー(アホ)が居たね って言われ終わりたくなかっただけ

とラップしていて、それまでの自分を変えるために覚悟を持って、石垣島の団地に母親を残して沖縄本島で一人暮らしを始めました。

沖縄本島での生活は高校に通わず、バイトに打ち込む毎日でした。

MEMO
エーマは石垣島を含めた石西礁湖周辺を八重山を指す沖縄の方言

CHOUJIのファッションのまとめ

愛用ブランド
  • PUMA
  • JOINT
  • Dickies
  • Levi’s

CHOUJIのファッションスタイルは、ルーズなサイズ感のオールドスクールB-BOYファッションです。

ブランドは沖縄県宜野湾市にあるストリートウェアショップ・JOINTのオリジナルアイテムの着用度が高いです。

また、CHOUJIはかなりのジャージ好きで、

CHOUJI

今日はジャージで黒光り

ジャージ愛を歌った楽曲・ジャージのチョージをリリースするほどです。

好きなジャージのブランドはPUMAで、CHOUJIのトレードマークになっています。

CHOUJIの沖縄愛溢れるタトゥー

タトゥー
  • 右腕・・・OKINAWA、具志堅用高
  • 左腕・・・サザンゲートブリッジ、Ishigaki 098

CHOUJIは両腕全体にタトゥーを彫っています

そのほとんどが沖縄の地名や沖縄に所縁のあるデザインで、CHOUJIの沖縄愛を感じられるタトゥーばかりです。

CHOUJI

タトゥーはJOINT ART STUDIOで彫っている。

彫っているタトゥースタジオは沖縄県宜野湾市にあるJOINT ART STUDIOです。

自らのルーツを大事にし、フッドである沖縄を愛するタトゥーデザインはCHOUJIらしさに溢れています。

CHOUJIのラップスタイル

ラップスタイル
  • ストーナーラップ
  • 人間味溢れるリリック

CHOUJIのラップスタイルは、マリファナについてラップするストーナーラップです。

しかし、単にハスラーサグなどのイリーガルな内容ではなく、どこか温かい人情味を感じさせる人間くさいリリックが魅力です。

酸いも甘いも経験し、守るべき家族や仲間を愛しする筋が通った男だからこそ、多くのラッパーに慕われています。

また、真面目とユーモアを持ち合わせるCHOUJIという1人の人間の深み感じられる楽曲が、リスナーの心を掴んでいます。

ラップを始めた理由は米軍基地

CHOUJIがラップを始めた理由は、米軍基地のある沖縄生まれが関係しています。

アメリカのヒップホップを肌で感じられる環境であり、自然とヒップホップに興味を持ちました。

ラップを始めるきっかけは、2005年頃に同級生のライブを見て、

CHOUJI

これなら俺でもできるかも

と思ったことです。

2006年8月13日に初めてステージに立ち、沖縄本島を拠点にラッパーとしての活動をスタートさせました。

MEMO
沖縄のクルー・言霊MAFIAのカーショーに出ることが当初の目標だった。

CHOUJIのおすすめの楽曲【厳選3選】

CHOUJIのブリブリな人間味のあるおすすめの楽曲を厳選して3曲紹介します。

CHOUJI / 奮闘中

ラッパーとしてのCHOUJIが、2人の子供と妻がいる1人の男の想いをラップした楽曲です。

家族に仲間、音楽を愛するCHOUJIの真っ直ぐな気持ちと言葉がダイレクトに心に響くリリックが魅力です。

CHOUJI

何も心配無いよ、俺がなんとかする何も心配無いよ、俺がなんとかするたまにおかしくなっても、すぐ戻るから只今奮闘中、きっと大丈夫。

CHOUJI / パッズマン

CHOUJIの代表曲で、マリファナ賛歌です。

耳に残るフローが中毒性抜群です。

CHOUJI

路地裏のヒーローバッズマン オレンジのマントのバッズマン いつも空を飛んでるバッズマン クッシュマン ボングマン

CHOUJI / systemからburndown

TRUE LOVE RIDDIMにCHOUJIの家族、仲間への愛をラップした楽曲です。

CHOUJIの人間味、愛の深さを感じられリリックが心に刺さります。

CHOUJI

systemからburndown 切り開く世の中 未来はこの手の中 最後は皆で笑う

CHOUJIと仲の良いラッパー

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHOUJI(@098chouji)がシェアした投稿

仲の良いラッパー

CHOUJIは沖縄の同世代から後輩のラッパー、全国各地の一線で活躍するラッパーまで交友関係が広いことが特徴です。

CHOUJI

6日家に帰らず、15曲作った。

CHOUJI自身、沖縄本島から全国へレコーディング、ライブで飛び回る忙しい生活です。

全国のラッパーとレコーディング、ライブをすることで親交を深めていっています。

また、沖縄で多くの後輩からリスペクトされていて、経営するDGHstudioにはまだ名もなきたくさんの若手ラッパーが集まります。

唾奇

唾奇にとってCHOUJIは、沖縄の先輩ラッパーであり、ラップを本格的に始めるきっかけになったラッパーです。

ラップは始めたばかりの頃の唾奇にとってラップは遊びで、

家でラップするくらいでいい。

唾奇

と思っていました。

しかし、CHOUJIに、

CHOUJI

お前かっこいいな。

と声をかけられたことがきっかけで、本格的にラップをするようになりました。

売れる前、CHICO CARLITOと俺のライブを見てくれる客はCHOUJIさんだけだった。

唾奇

CHOUJIは売れる前から唾奇とCHICO CARLITOの才能を見抜き、フックアップしてきました

MEMO
売れる前の唾奇をCHOUJI自身のYouTubeチャンネルで紹介している

CHICO CARLITO

沖縄のラッパーで一番最初に仲良くなった先輩がCHOUJIさんだった。

CHICO CARLITO

CHICO CARLITOにとって、ラッパーで一番最初に仲良くなった先輩がCHOUJIです。

CHICO CARLITOがトラックメイカーの先輩のスタジオに唾奇と遊びに行った際、たまたまCHOUJIも同じスタジオに遊びに来ていました。

よろしくお願いします。

CHICO CARLITO

CHOUJI

じゃあ一曲作ろうか。

CHOUJIの提案でいきなり一緒に曲を作ることになりましたが、CHICO CARLITOが酷い鼻炎だったこともあり、曲としては散々でした。

ラップを始めたばかりの頃、すごいと思いながらステージのCHOUJIさんを見ていた。

CHICO CARLITO

憧れの存在から肩を並べられるようになり、当時一緒に曲を作れなかったリベンジをCHICO CARLITOの楽曲・一陽来復 feat. CHOUJI,唾奇で果たしています。

SIMON JAP

SIMON JAPは神奈川県横浜市生まれ、東京都世田谷区育ちですが、20代前半の頃に沖縄県国頭郡金武町に住んでいました

沖縄に移り住んだ理由は母親が沖縄に移住したことで、実際にSIMON JAPが沖縄に住んでいた期間は約5年です。

CHOUJIはマジでヤバい。

SIMON JAP

SIMON JAPの実家が沖縄にあるという縁もあり交流が始まり、楽曲で頻繁にコラボする仲です。

沖縄のCHOUJIのスタジオでレコーディングしたり、お酒を一緒に飲んだり、友好な関係を築いています。

注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA