【無料体験期間中】6,500万曲以上が聴き放題

DJ RYOWの年齢・出身・生い立ちは?【名古屋】

注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。

ドリブルX

悪いことやめて音楽で飯食ってくってやつ応援しないわけにはいかねーよな?

ドリブルX

下のTweetリツイートしてくれよな、マジによ
画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

今回紹介するDJ RYOW(ディージェイリョウ)TOKONA-XAK-69と共に、名古屋のヒップホップを全国に轟かせた日本屈指のDJ兼トラックメイカーです。

国内のみならず、海外の有名DJのイベントにも出演するなど、20年以上のキャリアを持ちながらもなおヒップホップシーンの最前線で活躍しています。

DJ RYOWのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

DJ RYOW(@djryow)がシェアした投稿

出生名
アーティスト名DJ RYOW(ディージェイリョウ)
年齢1980年2月16日(現在40歳)
身長cm
血液型
出身地岐阜県大垣市
事務所Music Securities, Inc.
レーベルDREAM TEAM MUSIC
公式サイトhttp://www.djryow.jp
STEP.1
幼少期
1980年2月16日、岐阜県大垣市に生まれる
STEP.2
学生時代
17歳のとき、ILLMARIACHIのライブを観て衝撃を受け、ラップにのめりこんでいく
STEP.3
TOKONA-Xとの出会い
ラップクルーBALLERSに参加する。BALLERSは名古屋ヒップホップシーンの中心的存在となっていった
STEP.4
TOKONA-Xとの別れ
2004年、TOKONA-Xが亡くなってしまう。本格的にDJの道を歩んで行こうと決意
STEP.5
初めてのソロアルバム発売
2005年にソロアルバム「PROJECT DREAMS」を発売。以降、コンスタントに作品をリリースし続けている
STEP.6
フルアルバム「DREAMS AND NIGHTMARES
2019年11月には通算11枚目のフルアルバムをリリースした。多数の豪華ラッパー陣が集結したこのアルバムは“ドリームアルバム”と言われている

DJ RYOWは岐阜県大垣市の出身です。17歳の時に初めて行ったクラブでILLMARIACHIのライブを目撃し、衝撃を受けます。そこからどっぷりとヒップホップの世界にハマっていきました。

「たまたまそこにいたから」という理由でラップクルーBALLERSに参加したDJ RYOWは、そこでTOKONA-Xの数々の伝説を目撃することとなります。

2004年にTOKONA-X、そしてBALLERSにいたKEISHIが相次いで亡くなってしまいます。彼らの死をきっかけに、DJ RYOWは音楽に対しての意識が変わったと語っています。

本気でDJの道を歩み始めたDJ RYOWはその後も精力的に活動し、20年のキャリアを経た今でも多くのラッパーやDJに愛され、日本のヒップホップシーンを支え続けています。

DJ RYOWは結婚している?嫁は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

UNO(@unoane925)がシェアした投稿

DJ RYOWは2018年3月7日にダンサーの「ウノさん」と入籍されています。クールでとても素敵な女性です。

DJ RYOWのファッションブランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

DREAM TEAM NAGOYA(@dreamteam_jp)がシェアした投稿

DJ RYOWプロデュースブランド
  • DREAM TEAM

2007年にDJ RYOWがプロデュースしたファッションブランド「DREAM TEAMドリームチーム)」。ブランドの名前の意味は夢路を辿る者という意味を込めた造語となっています。

名古屋に店舗を構え、国内外にも10店舗ほどのディーラーがあるようです。

洗練されたストリート系のファッションブランドです。

DJ RYOWだけでなく、AK-69も愛用しているという名古屋発ファッションブランドです。

DJ RYOWの愛犬はパグ

 

この投稿をInstagramで見る

 

DJ RYOW(@djryow)がシェアした投稿


現在、DJ RYOWは「マロちゃん」という名前のパグを飼っています。

DJ RYOWのパグ愛は深いです。マロちゃんの先代には、「ゴマちゃん」という名前のパグも飼っていたようです。

ちなみにDJ RYOWの愛犬マロちゃんは、DJ RYOWと共にKOWICHIの「Bow Wow / prod. ZOT on the WAVE & Lil’ Yukichi」のMVに出演しています。

DJ RYOWの音楽性

DJ RYOWの音楽性を支えるもの
  • 常に新しいことを求め続けるバイタリティの高さ
  • 音楽への並々ならぬ熱い想いや愛

DJ RYOWは1998年からDJとして活動をしています。そこから20年以上、様々な国内外のアーティストにトラックを提供し続けています。

DJ RYOWのコラボの一例
  1. E”qual
  2. TOKONA-X
  3. Zeebra
  4. AK-69
  5. 般若
  6. 漢 a.k.a. GAMI
  7. ANARCHY
  8. R-指定
  9. 呂布カルマ
  10. 唾奇
  11. NORIKIYO
  12. T-PABLOW

日本の代表的なラッパーたちと共に楽曲を作り上げてきました。

常に新しい刺激を求め、誰よりもこよなくヒップホップを愛するDJ RYOWの情熱が、彼の音楽性を支えているのです。

DJ RYOWがDJを始めたきっかけはILLMARIACHI

 

この投稿をInstagramで見る

 

O.Z.Y.K.I.X《オージーキックス》(@o.z.y.k.i.x)がシェアした投稿

DJ RYOWがDJを始めたきっかけは、初めて行ったクラブでILLMARIACHIを観たことでした。ステージの上で魅せまくるTOKONA-Xを観てDJ RYOWは今までにない衝撃を受けました。

DJ RYOW

とんでもねえオーラだったもんで、「あー、この人やべえな」って思ってた

そこからILLMARIACHIのアルバムを聴き込み、一気にヒップホップにハマっていきました。

MEMO
ILLMARIACHIとは、刃頭とTOKONA-Xによる伝説的なユニット。

DJ RYOWとTOKONA-Xの関係

 

この投稿をInstagramで見る

 

$ora(@dj_soraogiso)がシェアした投稿

DJ RYOWTOKONA-Xが出会ったきっかけは、クラブにてDJ RYOWが着ていたサイバーテックのセットアップの色違いをTOKONA-Xが着ていたことでした。

TOKONA-Xに「お前良いの着とるな」と話しかけられ、DJ RYOWはビビッたと語っています。それが2人の最初の会話でした。

ラップクルー「BALLERS」結成の時も、たまたまそこにいたから参加させられたDJ RYOWでしたが、最初は「あんなに衝撃を喰らった人と一緒にやるのか?!」と尻込みしていたと語っています。

DJ RYOWにとって、TOKONA-Xは神様のような存在でした。そしてずっと憧れでした。

TOKONA-Xのことを、DJ RYOWはこう語っています。

DJ RYOW

真っ直ぐ生きている姿を背中で教えてもらった人
MEMO
「BALLERS」とは、M.O.S.A.D、ENDLESS FILE、SYGNALなどが集まって結成されたラップクルーでM.O.S.A.Dの“E”qualがリーダーです。

TOKONA-Xの意志を受け継ぎ本気でDJの道へ

 

この投稿をInstagramで見る

 

DJ RYOW(@djryow)がシェアした投稿

共に名古屋のシーンを盛り上げていた矢先、26歳という若さで、突然TOKONA-Xはこの世から姿を消してしまいました。そして時を同じくしてBALLERSのホストMC、KEISHIも亡くなってしまいました。

彼らの死をきっかけにDJ RYOWの気持ちに変化が現れます。

DJ RYOW

「俺なんてBALLERSにいない方がいいんじゃないか」と思うくらいのカス級のヤツだったけど、これはもう俺が行かなきゃダメだろ

TOKONA-XKEISHIの意志を受け継ぎ、DJ RYOWは本格的にDJの道へ一歩を踏み出します。

日本屈指のトラックメイカー「DJ RYOW」誕生の瞬間でした。

DJ RYOW主催レーベル「DREAM TEAM MUSIC」

 

この投稿をInstagramで見る

 

DJ RYOW(@djryow)がシェアした投稿

DJ RYOWは、DJやトラックメイカーの活動だけでなく、ヒップホップレーベルも主催しています。

SOCKSや、TOKONA-Xとも親交の深いSTEALERなど、DJ RYOWイチオシの個性的なラッパーたちがこのレーベル「DREAM TEAM MUSIC」に所属しています。

DJ RYOWが多くのラッパーに愛される理由

2019年10月にDJ RYOW通算11枚目となるアルバム、「DREAMS AND NIGHTMARES」が発売されました。

このアルバムには、レジェンドから今勢いのある若手まで、多くの豪華ラッパーたちが参加しています。

これは真摯にヒップホップと対峙し続けてきたDJ RYOWでなければ作れない、唯一無二の“ドリーム・アルバム”と言えるでしょう。

このように多くのラッパー達に愛されプロップスを得ているDJ RYOWは、ただのDJやトラックメイカーではなく、日本のラップシーンにいなくてはならない重要人物としてその地位を揺るがぬものとしています。

DJ RYOWが兄と慕う刃頭

DJ RYOWが「兄」と慕う刃頭ハズ)は名古屋出身のトラックメイカーです。1987年からDJ活動を始め、30年以上のキャリアを持つ伝説的なDJです。

ILLMARIACHIで、TOKONA-Xと一緒に活動していました。DJ RYOWはそこで刃頭のトラックを聴き、感動したといいます。

DJ RYOWは「初めて憧れたプロデューサー」が刃頭であり、「一生越せない人」と語っています。

DJ RYOWとAK-69は毎年一緒に海外に行く仲

 

この投稿をInstagramで見る

 

DJ RYOW(@djryow)がシェアした投稿

DJ RYOWAK-69は一緒にラジオ番組もやっていて、名古屋のラップシーンを発信しています。

DJ RYOWAK-69の出会いはかなり古く、もう20年来の付き合いです。

プライベートでもその仲の良さは変わらず、毎年一緒にニューヨークに行く仲だといいます。

DJ RYOWのおすすめ楽曲厳選3選

DJ RYOW「ビートモクソモネェカラキキナ 2016 REMIX
feat.般若, 漢 a.k.a. GAMI & R-指定」

この曲の元ネタはILLMARIACHIが1997年に発表した「Younggunz」です。

このビートを作成したのが、DJ RYOWでした。

DJ RYOW feat.TOKONA-X
WHO ARE U

 

この曲はDJ RYOWの1枚目のシングルです。

当時DJ RYOWTOKONA-Xにトラックを送り続けていましたが、なかなか採用されず「このビートが気に入られなければDJをやめる」と思い詰めるほどにできた作品が、この「WHO ARE U」でした。

このビートはTOKONA-Xに「早く録りたい!」と言わしめるほどの会心の出来でした。

DJ RYOWにとって特に思い入れのある曲です。

DJ RYOW「all green feat. 唾奇」

 

この曲は唾奇が亡くなった友に向けて書いたものです。

DJ RYOWはこの制作にわざわざ唾奇の地元、沖縄まで出向いたといいます。DJ RYOWはMVにも出演しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ドリブルX

悪いことやめて音楽で飯食ってくってやつ応援しないわけにはいかねーよな?

ドリブルX

下のTweetリツイートしてくれよな、マジによ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA