毎月200円で音楽聞き放題!YouTube Premiumで
邪魔な広告が一切ない天国へ

ラッパー柊人のプロフィール(読み方・年齢・出身)のwikiまとめ

ラッパー柊人のプロフィール

広告及びプロモーションが含まれています。
画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

柊人は海外生まれ、沖縄県育ちのラッパー、シンガーです。

CHICO CARLITOと楽曲「Let Go feat. 柊人」でTHE FIRST TAKEへの出演、自身の楽曲「好きなこと」のヒットなどで話題を集めました。

歌心のある優しいフロウと飾らないリリックで、日本語ラップシーンを席巻する沖縄のラッパーの一角を担う柊人を紹介します。

柊人のプロフィール

出生名非公開
アーティスト名柊人(シューツ)
年齢1993年
身長非公開
血液型非公開
出身地オーストラリア
事務所
レーベル
公式サイトhttps://www.instagram.com/shuto_dnim_ruoy_eerf/

柊人は海外生まれ、沖縄県育ちのラッパー、シンガーです。

両親が音楽好きだったため、幼い頃から家ではブラックミュージックが流れていました。

また、小学2年生から中学3年生までの間をオーストラリアで過ごした帰国子女です。

15歳で沖縄に移り住んで以降、沖縄の自然溢れる環境に惚れ込み、一時期は東京で生活していましたが、現在は沖縄を活動拠点にしています。

19歳でラップを始めてCHOUJICHICO CARLITOとの出会いがきっかけで本格的にラッパーとしての活動をスタートさせました。

柊人はラッパーとして生活できるまでの間、漁師やCHOUJIの経営する沖縄県那覇市の飲食店「てんぷらみやら」の店長を経験するなど、沖縄に根付いた仕事を経験しています。

柊人

沖縄の海がずっと綺麗であってほしい。そのための活動もしています。

また、柊人自身「沖縄の海にご飯を食べさせて貰った」という気持ちがあり、沖縄の海を綺麗にするための活動もしています。

優しくメロディアスなフロウと等身大のリリックを武器に、沖縄を飛び出して日本各地で快進撃を続けるラッパーです。

柊人の名前の由来

MCネームとして使っている「柊人」は男性に付けられることが多い名前で、名前の最初の「柊(ひいらぎ)」は晩秋から初冬に花をつけるクセイ科の常緑喬木です。

柊人のMCネームの読み方は「シューツ」で、別名(a.k.a)でも「Shootz」を使っていますが、MCネームの由来や意味、本名について一切明かしていません。

」は世界中で「魔除けの木」として親しまれているため「柊人」という名前は「不運から身を守る」と言う意味で名付けられることが多いのが特徴です。

MEMO
親しい仲間からは「シューツ」「しゅうと」と呼ばれている
CBDリキッドランキング

柊人は海外生まれで帰国子女!

柊人は小学2年生から中学3年生までの幼少期をオーストラリアで過ごした帰国子女です。

柊人

やっぱり海があるところで暮らしたかった。沖縄に来る前も海のある場所で生活をしていた。

幼少期を海外で過ごした経緯や思い出についてメディアではほとんど語っていませんが、オーストラリアでは海のある地域に住んでいました。

また、親の影響から幼少期から海外のブラックミュージックを聴いて育っています。

MEMO
度々楽曲内で流暢な英語を披露している

15歳で沖縄へ移住

柊人は15歳で帰国して、沖縄に住み始めています。

元々海が好きだった柊人ですが、自然溢れ、綺麗な海のある沖縄に、すぐに深い愛を抱くようになりました。

柊人

沖縄に帰ってくると安心する。

現在では沖縄県外でライブに呼ばれることも増えていますが、沖縄について「帰ってくると一番休める場所」と沖縄愛を語っています。

CBDリキッドランキング

東京での生活で挫折を経験

柊人は一時期、沖縄から上京して、東京で生活をしていた時期がありました。

海や自然を愛する柊人にとって東京での思い出は、決して楽しいものではありません。

柊人

東京に行って挫折したことで、音楽はできないメンタルになってしまった。

東京で挫折をしたことで音楽とは距離を置いていましたが、沖縄に帰ってCHOUJIと出会ったことをきっかけに音楽活動を再開しました。

仲間と会社を作るも空中分解

柊人は東京に上京した際に、仲間と会社を作って働いていました。

仲間と作った会社の経営はうまくいかず、会社経営で挫折を感じています。

そしてその後、会社は空中分解となり、現在は廃業状態です。

MEMO
会社を立ち上げたメンバーとは今も仲が良い
CBDリキッドランキング

手術を乗り越えたおばあちゃんとの絆

柊人はInstagramで祖母が手術をして、成功したことを投稿しています。

柊人

おばあちゃんの手術が成功してよかった。

病名などは明かしていませんが、祖母について「いつも元気をくれる」と語っていて、柊人の家族愛の強さが垣間見えました。

「てんぷらみやら」で店長を経験

CHOUJIがオーナーを務める天ぷら屋「てんぷらみやら」で、柊人は一時期、店長として働いていました。

出勤時間は夜の部の18時〜0時で、CHOUJIもTwitterで柊人の出勤についてツイートするなど、ヒップホップファンから注目されているお店です。

現在、柊人は働いていませんが、CHOUJIのお店ということで「てんぷらみやら」は地元で愛されています。

MEMO
お店のモットーは「身体に優しく、いいものを」

柊人のラップスタイルは「等身大」

ラップスタイル
  • 耳に残る歌心のあるメロディアスなフロウ
  • 飾ることのない等身大のリリック
  • 老若男女問わず愛される楽曲

柊人のラップスタイルの最大の特徴は、飾ることのない自分自身の言葉を使った等身大のリリックです。

そして、他のラッパーの楽曲に客演参加する機会が多かった柊人が自分のオリジナリティーとして「耳に残ること」を追求して生まれた歌心のあるフロウに等身大のリリックが乗ることにより、誰にも真似できない「柊人のスタイル」が完成しました。

柊人

自分のリリックは「見えないところで頑張っている人」に向けて書いている。

年齢、性別、職業問わず、様々な環境で頑張っている人に向けての言葉と飾らない優しい歌声は、老若男女関係なく人の心に刺さっています。

CBDリキッドランキング

ラップを始めたきっかけは「同級生ラッパー・来世」

柊人がラップを始めたきっかけは、沖縄の同級生のラッパー「来世」です。

幼少期の頃から家族が好きだったブラックミュージックは家でよく流れていましたが、来世と出会うまで「ラッパーになりたい」とは思っていませんでした。

しかし、19歳の時に来世のライブを見て「かっこいい」と思い、ラップを始めます。

柊人

ラップを始めた時と今ではスタイルが全然違う。

2MCのクルーを結成してラップを始めましたが、現在のメロウな感じではなく、ブーンバップスタイルでした。

MEMO
来世は現在沖縄のヒップホップクルー「CrunchRecords」に所属している

【同級生】CHICO CARLITOとの出会い

フリースタイルダンジョンのモンスターとしても活躍した沖縄出身のラッパー「CHICO CARLITO」は、柊人と同い年で特別仲の良いラッパーです。

柊人CHICO CARLITOCHOUJIを通じて出会っていて、一緒に週3回〜4回ほどスタジオで一緒に練習、レコーディングする関係が続いています。

柊人を皆んなに知ってもらうためにも一緒に曲を作ってリリースしたかった。

CHICO CARLITO

特にCHICO CARLITO名義でリリースした楽曲「Ryukyu Style(Remix) feat.CHOUJI & 柊人」は、CHICO CARLITOにとっても思い出深い楽曲です。

お互いにラッパーとして全国で活躍するようになって以降も、頻繁に飲みに行く飲み仲間でもあり、お互いの曲を送り合ってアドバイスし合うライバルでもあります。

MEMO
唾奇もよく一緒に飲みに行く飲み友達

柊人のおすすめの楽曲【厳選3選】

柊人の等身大で、どんな状況でも優しく背中を押してくれる楽曲を厳選して3曲紹介します。

CBDリキッドランキング

柊人 / 好きなこと

柊人が週6日働きながら少ない時間で音楽を作っていた時期に考えていたことを綴った楽曲です。

この楽曲がリリースされて、柊人は「生活が変わった」と語っていて、自身の代表曲にも挙げています。

CHOUJICHICO CARLITOのアドバイスも参考にしていて、優しい歌声と勇気付けられるポジティブなリリックがヒップホップという枠を超えて様々な人の心に刺さりました。

柊人

いつか好きなことだけで稼ぐまで 今は嫌なことだけどやり続けて 俺の好きなことだけで稼げたら 今までの全てだってきっと無駄じゃないだろ

RYKEY DADDY DIRTY / MOTHER JANE feat. 柊人 (Mix&Master JIGG)

柊人の楽曲「好きなこと」を使ってRYKEY DADDY DIRTYが再構築した楽曲です。

メロウなトラックとフックは原曲の良さを残しながら、RYKEY DADDY DIRTYの力強い言葉、フロウが絶妙にマッチしています。

好きなことの別アングル」のように作るこまれていて、柊人RYKEY DADDY DIRTYの両方のファン納得のクオリティーです。

自業自得さ言っとくが俺は元極上の犯罪者 馬鹿に馬鹿と言われたらお前は落ちた 死ぬほどのクズだ

RYKEY DADDY DIRTY

柊人 / デジャブ

すっと肩の力が抜けるような飾らないフロウが特徴的な楽曲です。

まるで悟りを開いたかのような深いメッセージ性があるリリックに引き込まれます。

柊人

デジャブ 俺の人生これで何回目 デジャブ 同じ過ちこれで何回目
CBDリキッドランキング

CHICO CARLITO / Let Go feat. 柊人

CHICO CARLITOと共に一発撮りでパフォーマンスする人気YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で披露した楽曲です。

この楽曲は「上京して東京の空の下で感じたこと」がそのままリリックになっています。

感謝を忘れずにカマしましょう

CHICO CARLITO

お互いに沖縄から上京して栄光、挫折を味わった2人だからこそ書けるリリックと説得力は、日々を頑張る人誰にも届くであろうメッセージが詰まっています。

柊人

どれほどの人へと この声は届くのだろう? 掠れてしまいそうなひとりごと 夜の底に 消える前に You’d better let go You’d better let go You’d better let go You’d better let go

柊人と仲の良いラッパーは同郷のラッパーCHOUJI

柊人の仲の良いラッパーは同郷の先輩ラッパーのCHOUJIです。

東京で挫折を味わって沖縄に帰ってきた柊人を気にかけて、フックアップしたのもCHOUJIでした。

柊人

活動スタイルから性格まで、何から何までリスペクト出来る存在です。

柊人CHOUJIにラッパーとして楽曲のアドバイスや活動場所の提供だけでなく、自身が経営する飲食店「てんぷらみやら」でも柊人を雇うなど、柊人をバックアップしています。

注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA