毎月200円で音楽聞き放題!YouTube Premiumで
邪魔な広告が一切ない天国へ

ラッパーゆうまのプロフィール(読み方・年齢・出身)のwikiまとめ

ラッパーゆうまのプロフィール

広告及びプロモーションが含まれています。
画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

ゆうまは神奈川県川崎市出身のラッパー、役者、タレント、YouTuberです。

ラッパーエンターテイナー」「Love & Penisと性教育」をスローガンに掲げたスタイルは、聴く者みんなをポジティブにするパワーに溢れています。

ゆうま

下ネタで感動をピースを

知性と生々しいリアルを持ち合わせて、MCバトルだけでなくテレビにも出演するなど活躍の場を広げる下ネタラッパー「ゆうま」を紹介します。

ゆうまのプロフィール

出生名勝亦 佑磨(かつまた ゆうま)
アーティスト名ゆうま
年齢1988年7月12日(現在35歳)
身長157cm
血液型非公開
出身地神奈川県川崎市
事務所
レーベル
公式サイトhttps://twitter.com/yuma_k_0712

ゆうまは神奈川県川崎市出身のラッパーで、役者、タレント、YouTuberとしても活動しています。

子供の頃から地元の祭りでヨーヨーのパフォーマンスを披露するほど目立ちたがり屋で、高校からは演劇部に入部して、役者の事務所にも所属していました。

また、子供の頃からの趣味はマジック・ザ・ギャザリングなどのカードゲーム、ハイパーヨーヨーで、現在でも続けています。

中学校から高校までは法政大学附属、大学は法政大学修士課程修了、東京大学大学院博士課程修了と高学歴です。

ラップを始めたのは高校3年生だった2006年からで、UMB2006東京予選にラップ未経験で出場しました。

UMB2006東京予選は1回戦で敗退という散々な結果に終わりましたが、大学に入ってラッパーとしての活動を本格化させます。

ゆうま

9年間もMCバトルで優勝したことがなかった。2016年から変わったように練習するようになった。

下ネタラップ」というアイデンティティを見つけてから覚醒したゆうまは、ラップ歴15年以上という長いキャリアに裏付けされたラップスキルと強烈なキャラクターを武器に、MCバトルを中心に活躍しています。

MEMO
黒色のTシャツを集めている

高校時代はタレント/役者も経験

ゆうまは高校〜大学生の間にタレント、役者として活動していました。

ゆうま

元々自分は役者になりたかった。

学生時代のゆうまはいわゆる「陰キャ」でしたが、目立ちたい一心から演劇部に入部して、役者の事務所にも入っていました。

大学生になってからは精力的にタレント、舞台俳優として活動していましたが、現在ではラッパーに重きを置いた活動にシフトしています。

MEMO
一時期はラップに演劇を取り入れていた
CBDリキッドランキング

実は高学歴!東京大学大学院卒業

STEP.1
2007年
法政大学入学
STEP.2
2011年
法政大学卒業/法政大学大学院修士課程入学
STEP.3
2013年
法政大学大学院修士課程修了/東京大学大学院(研究生)
STEP.4
2014年
東京大学大学院修士課程入学
STEP.5
2016年
東京大学大学院修士課程修了/東京大学大学院博士課程入学
STEP.6
2019年
東京大学大学院博士課程修了

ゆうまは法政大学中学校・高等学校を卒業後に法政大学へ進学、卒業して、東京大学大学院博士課程を卒業している高学歴ラッパーです。

ゆうま

大学生活で遊びまくっていたやつが、卒業前になるといきなり皆んな黒髪にスーツで就活をし始める姿に疑問を抱いて大学院に進んだ。

ゆうまが長い大学生活で学んでいたことは「哲学」と「論理学」です。

元々悩みやすい性格だったゆうまは、哲学と出会ってからラップ、人間関係ともに良くなっていきました。

当時所属していたゼミの卒業生にはDef TechMicroも居て、周りの「3年生になったら就活をする」という当たり前に疑問を感じて、大学院へ進学しています。

注意
卒論のテーマは「女性の自慰行為の意義について」

音楽サークル「GALAXY」に在籍していた

ゆうまはRHYMESTERやKEN THE 390などの有名ラッパーを輩出した早稲田大学の音楽サークル「GALAXY」に所属していました。

ゆうま

KEN THE 390さんに憧れていたので、GALAXYに入りました。

GALAXYに入ったきっかけは、大学生の頃にゆうまが所属していた飲みサーの「7色のエクステを付けた童子-Tに憧れた不思議な友達」に紹介されたことです。

ゆうまが本格的にラッパーとして活動するきっかけになりました。

CBDリキッドランキング

蒙古タンメン中本好き

ゆうまは2013年頃から、週1から4回も通うほど蒙古タンメン中本の大ファンです。

行きつけの店舗は蒙古タンメン中本東池袋店で、オープンした2013年から通い続けています。

ゆうま

蒙古タンメンは主食です。

ゆうまの蒙古タンメン中本愛はそれだけに留まらず、蒙古タンメン中本に関しての楽曲を発表したり、蒙古タンメン中本の商品をYouTubeで紹介もしています。

MEMO
好きなメニューは「北極ラーメン」

マジック・ザ・ギャザリングの大会で優勝経験あり

ゆうまは小学校5年生の頃から、アメリカのカードゲーム「マジック・ザ・ギャザリング」をやっていて、大会で優勝した経験もあります。

ゆうま

周りでは遊戯王が流行っていましたが、幼いながらに大人っぽくて英語のマジック・ザ・ギャザリングの方に惹かれました。

現在でもマジック・ザ・ギャザリングの大会に出るほど熱を持っていて、二次流通で高値で取引されているレアカードも複数枚所持しています。

CBDリキッドランキング

大学デビューに失敗

生まれてから高校まで陰キャだったゆうまは、大学デビューするために飲みサーに入りますが、大学デビューに失敗しています。

大学生時代に「全国の大学生を代表するラッパー」を自称して、ラッパーとしての活動も本格化させました。

ゆうま

大学時代に紆余曲折あって今のスタイルになった。

大学生ラップ選手権REPRESENT」など大学生らしいイベントを企画するなどラッパーとしての認知度は上がっていきましたが、学校では思ったような陽キャ生活を送れませんでした。

ゆうまのラップスタイルは「下ネタ全開」

ラップスタイル
  • 下ネタ全開の下ネタラップ
  • 耳に残る独特のワードセンス
  • ポジティブなリリック

ゆうまのラップスタイルは「下ネタ全開の下ネタラップ」です。

笑いを超えた感動させられる下ネタラップ」を追求していて、ファンや仲間のことを指す「ペニフレ」を始めとする独特なオリジナルワードを楽曲に散りばめています。

ゆうま

自分は下ネタラップで救われた。だから、周りを下ネタラップで感動させて泣かせたい。

不快を与えない下ネタは振り切ってポジティブで、ゆうまが描く「一人の男性のリアル」を生々しくもポップであり、単なる「イロモノ」で終わらせることのできないラップスキルも相まって、聞き応えのあるオリジナルなヒップホップに昇華しています。

また、時折見せる「まじめ」な楽曲もギャップがあり、ゆうまの魅力です。

MEMO
スローガンは「Love & Penisと性教育」

ラップを始めたきっかけは「UMB2005のDVD」

元々目立ちたい気持ちを人一倍持っていて、KICK THE CAN CREWの大ファンだったゆうまは「ラップをやりたいけど、どうして良いかわからない」という状態でした。

そんな高校3年生のゆうまは、2006年10月頃に高校のクラスメイトから「UMB2005」のDVDを借りて「MCバトルは面白そう」と思い、UMB2006東京予選にラップ未経験ながらエントリーして出場しています。

ゆうま

高校生の頃の自分はいじめのようなことをされていたけど、クラスメイトにはバレないだろうと思って出場した。

UMB2006東京予選は1回戦でDa.Me.RecordsCUTEと対戦して散々な内容で負けていますが、偶然高校のいじめっ子に会ってしまったことで、翌日から「エセラッパー」というレッテルを貼られていじられるようになりました。

その後もラップを続けて、UMB2007横浜予選にも出場していますが、1回戦敗退に終わっています。

MEMO
本格的にラップに向き合うようになったのは大学入学後
CBDリキッドランキング

影響を受けたラッパーはKICK THE CAN CREW

ゆうまは最も尊敬しているラッパーにKICK THE CAN CREWのMCUを挙げています。

ゆうま

2001年からずっと世界で一番好きなラッパーはMCUさんだった。

ラッパーとして活動するようになりMCUと接点ができたゆうまは、MCUの誕生日会や忘年会にも参加しています。

MEMO
KICK THE CAN CREW関連のライブには100回以上足を運んでいる

MCUとYouTubeで共演

ゆうまはKICK THE CAN CREWのMCUのYouTubeチャンネル「KICK THE CAN CREW MCUの百獣チャンネル」にゲスト出演を果たしました。

コラボ動画は「お互いに3つのワードを出し合って、30分でリリックを書いてレコーディングする」という内容です。

ゆうま

めちゃくちゃガチガチに緊張した。

憧れのMCUとラップができたゆうまは終始、感動した様子でした。

MEMO
コラボ楽曲のタイトルは「Uとゆうま」

下ネタラップになったきっかけ

ゆうまが下ネタラップになったきっかけは「24時間耐久サイファー」です。

休憩なしで17時間ぶっ続けてラップを続けた頃に、意識が朦朧としながらラップをしていたところ、周りが爆笑していることに気が付きます。

下ネタで韻を踏みまくっていたことに気づくと、そこで「自分に足りなかったのは下ネタだ」と悟りました。

ゆうま

ずっとバトルで優勝できないでいた。下ネタラップになってから一皮剥けた。

下ネタラップに切り替えてから、2016年に初めてMCバトルで優勝しています。

注意
極限に精神が追い詰められた時期に、下ネタラップを聞いて泣いたことがある
CBDリキッドランキング

コンプラ連発!バトルスタイルも「下ネタ」

バトルスタイル
  • 下ネタラップ
  • 相手を傷つけないピースなスタイル
  • 相手に流されない独自の世界観

ゆうまのバトルスタイルは、楽曲同様に「下ネタラップ」です。

ゆうま

下ネタは女性にはセクハラと捉えられて不快感を与えてしまうものもあるが、自分はあくまで「Love & Penis」なピースなスタイルです。

バトルでも対戦相手へのリスペクトを持って、相手を傷つけないピースなスタイルを心がけています。

どんな相手でも「下ネタ」というゆうまのスタイルを崩すことはなく、自分の世界観に引きずりこむスキルが、イロモノでありながらMCバトルで活躍できる理由です。

注意
バトル前は緊張して吐いたりする

【ベストバウト】AILI a.k.a 立仙愛理 vs ゆうま / Dis4U part3

下ネタラッパーのゆうまと元AKBのアイドルラッパーのAILI a.k.a 立仙愛理という、交わってはいけない2人によるMCバトルを紹介します。

ゆうま

最近頑張ってるよな ヒップホップの世界に来てくれてありがとう お前にクリトリスペクトを送るよ

ゆうまAILI a.k.a 立仙愛理を「今までは大嫌いだったけど、今はリスペクトを持っている」と、ゆうまらしい下ネタワードを使ってAILI a.k.a 立仙愛理を鼓舞します。

アイドルと変態の大乱闘 次に会うのは裁判所

AILI a.k.a 立仙愛理

AILI a.k.a 立仙愛理ゆうまの下ネタに臆することなくアンサーを返し続けますが、一切スタイルを崩すことなく果敢に攻めたゆうまに軍配が上がりました。

MEMO
この試合は戦極MCバトルのYouTubeチャンネルでゆうま本人が試合解説をしている

ゆうまのおすすめの楽曲【厳選3選】

ゆうまの下ネタ全開でポジティブなワールドを堪能できる楽曲を、厳選して3曲紹介します。

ゆうま / イロモノ feat. FRANKEN

フリースタイルダンジョンでもその濃いキャラクターで話題を集めたFRANKENと、タイトル通り「イロモノ同士」で共演した楽曲です。

お互いに「イロモノ扱い」された鬱憤、これまでゆうまが抱えてきた「なぜバトルで勝てないのか」という気持ちをリリックにしています。

ゆうま

俺の立ち位置はイロモノ枠 でも貫き通せば仕事となる
MEMO
MRJ復活編での優勝記念にリミックス「ゆうま feat. FRANKEN, Amateras, ハハノシキュウ / イロモノremix」をリリースした
CBDリキッドランキング

ゆうま / センチメンタルペニー feat. SKRYU

同じ「高学歴」「変態キャラ」という特徴を持つSKRYUと共演した楽曲です。

二人のぶっ飛んだキャラクターが遺憾なく発揮されていて、自然と口ずさんでしまうキャッチーなフックに仕上がっています。

ゆうま

今はシモでも川上へ登ろうか aight?

ゆうま / チャイルド・ペニー

「身体は大人 あそこは子供」という意味でタイトルをつけた楽曲です。

リリックは「ゆうまの幼い頃からの性体験」を赤裸々に語っています。

全般下ネタですが、知性も感じられるリリックの構成も魅力です。

ゆうま

膨らましてたんだ 股間と妄想 衝動 我慢できず起こした行動

ゆうまと仲の良いラッパー

仲の良いラッパー

ゆうまは、主にMCバトルをメインに活動しているラッパーとリンクしています。

それは、MCバトル練習会「ゆうまーるBP」の主催や各地のMCバトル、サイファーに積極的に参加してきたことが理由です。

ゆうま

ミステリオは共演NGにしたい。だってあいつは面白すぎて、全部持っていくから。

特にミステリオとはカラオケやご飯に一緒に行く仲ですが、ミステリオの面白さに「自分が霞んでしまうから共演NGにしたい」と言うほど認めています。

CBDリキッドランキング

GASHIMA(WHITE JAM)

WHITE JAMのGASHIMAは、GASHIMA自身も「ゆうまは自分の人生を変えたラッパーの一人」と語るほど、ゆうまと仲の良いラッパーです。

ゆうまGASHIMAは、ゆうまがラッパーとして活動するようになった初期の頃に出会い、一緒にラップの練習をしていました。

ゆうま

GASHIMA君のことは、憧れているし尊敬している。

GASHIMAとのスタジオ練習がゆうまの主催するMCバトル練習会「ゆうまーるBP」に繋がったり、GASHIMAが主催の「褒めラップバトル」や「24時間耐久サイファー」での共演、プライベートでも焼肉に行くほど現在でも交流が続いています。

ZORN

ゆうまとZORNは同級生で、2007年に出会っています。

出会ったきっかけはゆうまとユニット「飛ぶ教室」で活動するFizz主催の坩堝サイファーZORNが毎回参加していたことです。

ゆうま

当時のZORN君は毎回ブランド物を身につけていて、ラップも一番上手かった。

ゆうまZORNへの第一印象は「怖い」でしたが、同級生ということが分かってからZORNが「タメ口でいいよ」と声をかけて仲良くなりました。

ゆうまの大学の卒業論文はZORNにインタビューをして書くなど、ZORNゆうまのラッパー活動においてターニングポイントになったラッパーです。

MEMO
ZORNの武道館公演にもチケットを自分で購入して行った
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA