毎月200円で音楽聞き放題!YouTube Premiumで
邪魔な広告が一切ない天国へ

ワイザーとバダサイのビーフの原因と時系列のまとめ

ワイザーとバダサイのビーフの原因と時系列のまとめ

広告及びプロモーションが含まれています。
画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

中心メンバーのT-PablowYZERRが揃って高校生ラップ選手権で優勝、クルーとしては単独武道館公演を成功、衝撃の解散発表など、2023年もBAD HOPが「日本語ラップシーンの中心」と言っても過言ではない活躍を見せました。

BAD HOPの解散までのタイムリミットが迫る2023年下半期に、BAD HOPと同じく日本語ラップシーンを牽引する舐達麻RYKEY DADDY DIRTY阿修羅MICジャパニーズマゲニーズという構図のビーフに発展して話題を集めています。

YZERRがBADSAIKUSHの胸ぐらを掴みブンブン振り回す

2023年10月22日に愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)で開催された野外ヒップホップフェス「AH1(ASIAN HIPHOP CONNECTION)」で、YZERRが舐達麻のBADSAIKUSHの胸ぐらを掴み、ブンブン振り回す動画がSNSで拡散されて話題になりました。

舐達麻がライブを終えてインタビューを受けているところに、YZERRが「お前俺のことディスったよな?」とBADSAIKUSHに詰め寄り、乱闘に発展しています。

BAD HOPの出演は、機材トラブルにより中止にします。

DJ TY-KOH

BAD HOPのメンバー、舐達麻周りのアーティストも入り乱れる大騒動となり、収集がつかない状況に、大トリを務めるはずのBAD HOPは急遽イベントへの出演を見送る事態となります。

BAD HOPはすでに解散が発表されていて、メンバーのBenjazzyが「BAD HOPとして出演するフェスはAH1が最後」と公言していたこともあり、ファンからは落胆の声が多数上がることになりました。

そしてその後、YZERRが事の経緯をインスタライブで説明して、関係するラッパーがそれぞれアンサー曲を発表したことにより、日本のヒップホップ史上稀に見るビーフへと発展していきます。

MEMO
AH1の前身イベントはコロナ禍での開催で炎上した「NAMIMONOGATARI」

BADSAIKUSHとYZERRのビーフの原因は?

BADSAIKUSHとYZERRのビーフの原因は?

YZERRがAH1の舞台裏でBADSAIKUSHに掴みかかった原因は2つあり、その原因について詳しく解説していきます。

① 元々の火種はRYKEYとBADSAIKUSHのディス曲「You Can Get Again / RYKEY × BADSAIKUSH」

201年8月24日にRYKEY × BADSAIKUSH名義でリリースしたアルバム「Mary Jane」の収録曲「You Can Get Again」が、今回のビーフの元々の火種です。

このディス曲がリリースされた背景として、RYKEYが2018年12月8日に「15人に暴行を受けた」として血だらけでインスタライブ内で「BAD HOPが暴行に関与している」という趣旨の発言をしたことで始まります。

更にYZERRの楽曲「Back Stage feat. Tiji Jojo」を「MarshmelloのProject Dreamsのパクリだ」とインスタライブで批判したことがきっかけで、SNS上で両者がヒートアップしていきました。

そんなSNS上での舌戦を見かねた阿修羅MICRYKEYに「ヒップホップ的なビーフをしたほうがいい」と提案したことで、このYZERRに対するディス曲「You Can Get Again」がリリースされています。

BADSAIKUSH

なにがどこで誰がどう マジで興味ねえ

しかし、楽曲内でBADSAIKUSHYZERR含むBAD HOPに対してのディスと取れるリリックはありません。

盗作した作品で武道館に立ってさ ガキを騙してロレックスなんかつけやがってる

RYKEY

注意
YZERR側から明確なアンサーソングはなし
CBDリキッドランキング

② 孫GONGがYZERRに手を出してYZERRの怒りが爆発

孫GONGがYZERRに手を出してYZERRの怒りが爆発

2023年9月23日に開催されたイベント「THE HOPE 2023」のアフターパーティで、YZERRRYKEYが居合わせて、口論に発展しました。

YZERRとRYKEYの口論に酔っ払った孫GONGが仲裁に入ったことで、トラブルに発展します。

関東と関西で抗争すんのか?

孫GONG

YZERRが「関係ないやつが入ってくるな」と孫GONGを突き放すと、孫GONGがキレてYZERRを殴りました。

そこで「俺はヤクザの息子だぞ」と組織の名前を出したことでYZERRもキレますが、アフターパーティーの会場に遅れてきた阿修羅MICが仲裁に入る形でYZERRを外に連れ出します。

孫GONGが100%悪い。

JAGGLA

さらに騒ぎを聞きつけたT-Pablowが現れ、T-Pablow阿修羅MICに殴りかかり、大きなトラブルに発展しました。

しかし、その後は孫GONGからYZERRへの謝罪はなく終わっています。

今回のビーフの時系列のまとめ

STEP.1
【フェス「THE HOPE」アフターパーティー】YZERRと孫GONGの因縁
酔っ払った孫GONGYZERRを殴る
STEP.2
騒動のきっかけはYZERRとRYKEYとの口論
THE HOPEのアフターパーティーでYZERRRYKEYが口論になり、酔っ払った孫GONGが仲裁に入ろうとしたことが騒動のきっかけ
STEP.3
JAGGLAも「孫が100%悪い」と発言
JAGGLAYZERRに「孫が100%悪い」と謝罪
STEP.4
阿修羅MICが仲裁に入るも失敗
阿修羅MICYZERR孫GONGの揉め事の仲裁に入ろうとしてYZERRを外に連れ出すも、騒ぎを聞きつけたT-Pablowに数発殴られる
STEP.5
出演キャンセル騒動が原因でBAD HOPが「AH1」に出演できず
AH1の本番前にインタビューを受けるBADSAIKUSHを見つけて殴りかかる

結果、BAD HOPAH1への出演がキャンセルとなる

STEP.6
BADSAIKUSHがYZERRへ謝罪の申し込みをしていた
AH1の出演が決まってからBADSAIKUSHYZERRへの謝罪を申し込んでいたが、YZERR側は謝罪を拒否
STEP.7
「AH1」当日の孫GONGからの謝罪要求を拒否
阿修羅MIC経由で孫GONGからの謝罪を申し込まれていたがYZERRは謝罪を拒否
STEP.8
YZERRがキレた理由「ライブで会わないように打診していた」
ライブに支障が出るため、孫GONG阿修羅MICを出番が終わったら帰らせるように主催会社へ打診していた

結果、一度ライブ会場から出て、阿修羅MICらはライブ会場へ戻ってきた

STEP.9
実は仲良し!YZERRが舐達麻G-PLANTSに「飲んだことがある、いい人」発言
ビーフに関係するラッパーの中で唯一G-PLANTSに対しては「飲んだことがある、ただの良い人」と好意的な発言をする
STEP.10
和解?YZERRが2度目のインスタライブで「謝罪を受け入れる」発言
YZERRが2回目のインスタライブで「謝罪を受け入れる」と発言して和解への流れとなる
STEP.11
RYKEYが川崎へ行きインスタライブで謝罪
RYKEYがこれまでの謝罪を行うために川崎へ出向く姿をインスタライブで配信する
STEP12
阿修羅MICがSNSで反論!「一方的に顔に泥を塗られた」
阿修羅MICがSNSで「一方的に顔に泥を塗られた」とYZERRに謝罪しない趣旨の発言をする
STEP.13
T-PablowがインスタDMで阿修羅MICに謝罪
T-PablowTHE HOPEのアフターパーティーで殴りかかったことをインスタのDMで阿修羅MICへ謝罪するが、そのDMを阿修羅MICに晒される
STEP.14
RYKEYの見解
RYKEYビーフの火種となった「You Can Get Again」にBADSAIKUSHが参加した経緯を「俺は『BAD HOPと戦争になる』といったが、それでも有名になりたいと参加してきた」と明かしてBADSAIKUSHをディスする
STEP.15
阿修羅MICがアンサー
2023年11月24日に阿修羅MICが楽曲「UNTITLED」でアンサー
STEP.16
舐達麻がアンサー
2023年12月1日に舐達麻が楽曲「FEEL OR BEEF BADPOP IS DEAD」でアンサー
STEP.17
YZERRが舐達麻の楽曲に激怒
ドバイに旅行中のYZERR舐達麻の楽曲「FEEL OR BEEF BADPOP IS DEAD」を聞いて激怒してSNSをアップ
STEP.18
RYKEY DADDY DIRTYがアンサー
RYKEY DADDY DIRTYが2023年12月6日に楽曲「BUSTER CALL」でアンサー
STEP.19
YZERRがドバイから帰国
2023年12月12日にYZERRがドバイからの帰国を発表
STEP.20
2023年12月15日にジャパニーズマゲニーズも楽曲「I guess I’m beefin’」でアンサー
STEP.21
2023年12月17日にRYKEY DADDY DIRTYが舐達麻のLIVEに乱入する


BADSAIKUSHは「来いよぅお!」と挑発、LIVE終了後にBADSAIKUSHが瓶を割って武器にする動画が拡散され波紋を呼ぶ


STEP.22
YZERRがアンサー
2024年1月28日ワイザーがアンサーソングguidance (舐達麻 ジャパニーズマゲニーズDiss) をリリース

アンサーソングのPVを見る

YZERRがインスタライブで語った内容のまとめ

2023年10月24日のインスタライブ語った内容
  • フェス「AH1」の出演キャンセルの経緯
  • 主催者、来場者への謝罪
  • BADSAIKUSHへ掴みかかった理由
  • イベント「THE HOPE 2023」でのトラブルについての説明
  • RYKEY DADDY DIRTY、舐達麻孫GONGJAGGLA、阿修羅MICへのディス
2023年10月28日のインスタライブ語った内容
  • 謝罪を受け入れる発言
  • RYKEY DADDY DIRTY、舐達麻孫GONGJAGGLA、阿修羅MICへの想い
  • ヒップホップシーンへの熱い想い

フェス「AH1」での騒動がSNSで話題になり、出演キャンセルになった経緯を説明するためにYZERRが2回、インスタライブの配信を行いました。

1回目のインスタライブでは「AH1」の出演キャンセルについて主催者、来場者に謝罪した上で経緯を説明しています。

YZERRはかなり感情的になり、今回のトラブルに発展した関係のラッパーへの非難も多い内容でした。

YZERR

殺し合いもない日本のヒップホップシーンでビーフをしても意味がない。

続けて4日後に配信された2回目のインスタライブの内容は、当事者となったラッパーやヒップホップシーンへの想いを熱く語りながら「謝罪を受け入れる」という内容のものです。

MEMO
10月24日から10月28日の4日間で舐達麻ジャパニーズマゲニーズ、阿修羅MICから表立ったアクションはなかった

YZERRのパンチライン

YZERRの2回配信されたインスタライブでは、これまで表で語られることのなかったYZERRRYKEY舐達麻ジャパニーズマゲニーズ阿修羅MICとの関係、トラブルが赤裸々に語られました。

そして、そのビーフの内容だけでなく、当事者のラッパーたちに対しての発言、ワードチョイスが面白いことも話題になっています。

そそのかし犯・もろパンピー|BADSAIKUSH

BADSAIKUSHについては「もろパンピー」と雑魚発言をしています。

YZERR

BADSAIKUSHは相手を見てポジションを固めるタイプ。

また、BADSAIKUSHの立ち振舞を「そそのかし犯」「裁判だったら5秒で有罪」と痛烈に非難しました。

CBDリキッドランキング

隙間産業|孫GONG

孫GONGについては容姿を何度も「豚、クソ豚」と発言して、明らかな嫌悪感をあらわにしています。

YZERR

一般人には組織の名前を出して、目上の人にはペコペコするタイプ。

そして、孫GONGの立ち振舞を「人の感情の隙間に入り込んで」と表現して「隙間ビジネス」「隙間産業」と怒りをあらわにしました。

非営利団体・仲介中毒|阿修羅MIC

阿修羅MICについては、Kenny-GとBADSAIKUSHのビーフの仲裁、またTHE HOPE 2023でも仲裁に入ろうとした経緯もあり、主に「仲裁」についてYZERRは発言しています。

YZERR

まず誰だよ。これがヒップホップみたいに目をキラキラさせて言ってくるんだよ。

毎回トラブルの仲裁に入ろうとする阿修羅MICの立ち振舞を「伝統芸」と比喩して「仲介中毒(チューチュー)」「仲介仲裁中毒(チューチューチュー)」とディスしました。

ですが、2回目のインスタライブでは阿修羅MICを「自分に得がないのに仲裁しようとするいい人」と発言して、その様子を「非営利団体」と表現しています。

CBDリキッドランキング

アメ村でスケボーやっとけ|JAGGLA

JAGGLAに関しては、THE HOPE 2023のアフターパーティーのトラブル後に女性と乾杯して盛り上がっている姿をYZERRが見たことで、YZERRの怒りを買っています。

YZERR

気持ち悪いんだよ、横乗り野郎。

「アメ村でスケボーやっとけ」とYZERRはJAGGLAに対して発言しましたが、JAGGLA本人は「スケボーはやったことないからできない」と後に釈明していて、どこからYZERRの「JAGGLA=スケボー」が出てきたかは不明です。

ただの良い人|G-PLANTS

舐達麻、RYKEY、ジャパニーズマゲニーズ、阿修羅MICの中で、唯一始めからYZERRが好意的な発言をしたのがG-PLANTSでした。

YZERR

G-PLANTSさんとは飲んだことがある。

YZERRG-PLANTSと飲んだことがあることを明かして、G-PLANTSに対しては「ただの良い人」と発言しています。

阿修羅MICが「UNTITLED」でアンサー

今回のビーフで一番最初に楽曲でアンサーしたのが阿修羅MICでした。

2023年11月24日に楽曲「UNTITLED」を発表して、今回のビーフについてリリックで説明しています。

自身のインスタライブでもYZERRに対して謝罪をしていましたが、YZERRのインスタライブでの「仲介中毒」などの発言で「顔に泥を塗られた」という趣旨のリリックでアンサーしました。

下げてる 頭を 調子のって踏んで 礼儀もクソもねぇ 顔にドロ塗られて

阿修羅MIC

舐達麻が「FEEL OR BEEF BADPOP IS DEAD」でアンサー

舐達麻は今回のビーフに発展してから1ヶ月以上、SNSでの発言も一切なく、沈黙を貫いてきました。

ビーフが鎮火したと思われていた12月1日に、楽曲「FEEL OR BEEF BADPOP IS DEAD」でBAD HOPへアンサーを返します。

YZERRがプロップスを上げて、沈黙していた舐達麻がプロップスを下げるような形でのビーフの終焉が見えていた最中、あくまでSNSや暴力は使わず、楽曲一つで形勢逆転に成功しました。

当事者であるBADSAIKUSHだけでなく、DELTA9KIDG-PLANTSもキレキレのリリックでアンサーしています。

G-PLANTS

あるべき形はこう すぐBeefにして曲は非情 異次元 突き抜け更に浮上 アイツはもう 空の向こう
CBDリキッドランキング

ディス曲に対してのYZERRの反応

舐達麻の楽曲「FEEL OR BEEF BADPOP IS DEAD」が発表された2023年12月1日、YZERRは彼女と海外旅行中でした。

YZERR

人生賭けてやるから最後まで付き合えよ。

この楽曲の発表でYZERRはInstagramのストーリーズを激昂した様子で更新して、ビーフのさらなる発展を予告しました。

しかし、YZERRは楽曲でアンサーするのか、それとも暴力で解決するのかについては明言していません。

RYKEY DADDY DIRTYが「BUSTER CALL」でアンサー

今回のビーフでは完全に蚊帳の外のような扱いを受けていたRYKEY DADDY DIRTYですが、2023年12月6日に楽曲「BUSTER CALL」でアンサーしました。

楽曲の冒頭で「一日で作ってやったぜバカが」と言っていますが、実際に北海道のdj hondaのもとへ半ば無理やり訪れて、1日で完成させています。

内容は主にBADSAIKUSHへ向けたリリックで、YZERRについてはこの楽曲内で触れていません。

口は災いの元 お前じゃ無理だ 相手が悪すぎる 早くダッシュで逃げな

RYKEY DADDY DIRTY

YZERRが帰国を予告

舐達麻の楽曲「FEEL OR BEEF BADPOP IS DEAD」の発表後、ヘッズがこのビーフの盛り上がりも最高潮になる中、2023年12月12日にYZERRが旅行先のドバイから日本へ帰国することをSNSでアップします。

ヘッズからはYZERRから舐達麻へのアクションを期待する声がSNSで上がり、中には過激な発言もありました。

しかし、現状YZERRから舐達麻への楽曲でのアンサーはありません。

ジャパニーズマゲニーズが「I guess I’m beefin’」でアンサー

遅れること2023年12月15日にジャパニーズマゲニーズも楽曲「I guess I’m beefin’」でアンサーを返しました。

MVには実際にYZERRのインスタライブを見るJAGGLAの姿も写っていて、明らかに好戦的な姿勢を楽曲で見せています。

舐達麻の「FEEL OR BEEF BADPOP IS DEAD」と同じトラックを使っていることも話題になりました。

高槻から送るDisrespect 勘違いしたやつらまとめてチェスト

JAGGLA

舐達麻の出演イベントが次々にキャンセル

舐達麻のアンサーソング「FEEL OR BEEF BADPOP IS DEAD」発表以降、ビーフは過激さを増していきます。

SNSでは舐達麻への暴露のような投稿や脅しとも取れる投稿が溢れて、舐達麻を狙ってライブ会場へ押しかける過激な投稿もありました。

DELTA9KID

RYKEY、おいクソ金歯

実際に舐達麻のライブにRYKEY DADDY DIRTYが乗り込んで、あわや大乱闘という緊迫した会場の動画もSNSにアップされています。

そんな中で、舐達麻が出演するはずだった2024年1月5日に神奈川県川崎市にあるCLUB CITTA’で開催予定のライブイベント「Y.O.L.O -2024-」も、舐達麻への殺害、爆破予告が相次ぎ、イベント開催が中止になりました。

Y.O.L.O -2024-」だけでなく、舐達麻が出演予定のイベントが相次いで開催中止、出演キャンセルに追い込まれるなど、ビーフの影響は拡大しています。

2024年1月28日ワイザーがアンサーソングをリリース

リアルなアンサーソング「guidance (舐達麻 ジャパニーズマゲニーズDiss) 」を発表

注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA