【無料体験期間中】6,500万曲以上が聴き放題

ID(アイディー)の年齢・身長・出身・本名は?

注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。
画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

フリースタイルバトル、音源、ライブ、モデルなど活動範囲が広く、独特なフロウでお客さんを沸かせ、フリースタイルダンジョンでは3代目モンスターを任されているIDについてまとめました。

IDのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

ID(@kaisaka3960)がシェアした投稿

出生名愛(なるみ)
アーティスト名ID(アイディー
年齢1994年7月26日(現在26歳)
身長192cm
血液型A型
出身地高知県土佐市
事務所
レーベルKuragaly Production / National hot Line
公式サイト
STEP.1
幼い頃

 

IDは3歳、4歳の頃に聴いたJamiroquaiVirtual Insanityが「初めて音楽を好きになった曲」と語っていました。

ちなみにお母さんの影響が音楽付きでお母さんのCDラック的なところからレンタル感覚で自分の部屋に持って帰って聴いていました。

STEP.2
少年時代

IDの少年時代はわりとサイコパスな少年でした。

水たまりに石を落とす感覚が空爆のようで、ずっと一人遊びしていたり、1.5リットルのペットボトルの中に水を入れて赤い絵の具を足して、それを刃物で切って、赤い水がパーーッと出るのを楽しんでいました。

STEP.3
2015年

IDは2015年からラップを始めて様々なバトルシーンでお客さんを沸かせて知名度を上げていきました。

またIDがラップを始めたきっかけについては詳しくは分かっていません。

STEP.4
2017年

2017年にはフリースタイルダンジョンにチームとソロで出演しました。

その中でもACEとの対決は未だにファンの間では話題に上がるバトルとなっています。

STEP.5
2019年

2019年にはブラックモンスターとしてフリースタイルダンジョンに出場し「3代目モンスター」を仄めかす発言をするなど話題となりました。

そして同年に3代目モンスターに抜擢され、1番若いながらもしっかりと結果を残しています。

STEP.6
デビュー後

同じく2019年には1stアルバムとなる「INSTANT DOPE 10000ft」をリリースし、バトルでも音源でも活躍する次世代を担うラッパーとなっています。

IDの名前の由来は本名から

IDの名前の由来は本名に関係しています。

IDの本名は「愛」と書いてなるみと読みます。

この愛がIDの「I」となっています。

またミドルネームは「デスティニー」で、これがIDの「D」となっています。

合わせて「自分自身が身分証」といった意味でIDとつけました。

また繋げて読むと「運命の愛」という意味になるため「天命」だとID自身も語っていました。

IDはアメリカと日本のハーフ

アメリカと日本のハーフと本人がTwitterで発言しています。

IDの彼女は?やっぱりモテモテらしい

といったツイートがちらほらあり、彼女がいることがわかります。

ただ何年も前の話なので現在の彼女については分かりかねます。

またIDは同じラッパーである押忍マンが当時付き合っていた彼女をクラブでナンパして、押忍マンに差し押さえられたというエピソードがあります。

ちなみにどちらかというと「巨乳」が好きと語っていました。

IDの髪型へのこだわり

IDは週に1回以上ラッパー御用達の美容院「MR.BROTHERS CUT CLUB -原宿本店-」に通ってヘアスタイルをバッチリ整えています。

IDはベストなパフォーマンスを出せるのはフリースタイルだけではなく、ラッパーのあり方や立ち振る舞いや見た目も関係していると考えているため、心置き無く戦うための準備としてビジュアルに気を使っています。

IDのモデル活動

 

この投稿をInstagramで見る

 

ID(@kaisaka3960)がシェアした投稿

IDは高身長とクールな見た目を活かして、モデル活動もやっています。

ラップだけではなくファッションも注目されています。

自身のInstagramでは最新のファッションを投稿しています。

ファッションブランドCOZIEST(コージエスト)とは?

IDCOZIEST(コージエスト)というブランドからサポートを受けています。

MU-TONとコラボした曲R.I.P CHEESYではCOZIESTの 1st.ITEM 「CZST Long Sleeve T-shirt」を着用しています。

COZIEST,コージエスト,ブランド,ID

IDのラップスタイル

IDは日本人にはなかなか真似できない独特なフロウが特徴です。

素人から見ても音楽性が特に高く、単調なビートアプロートではなく自然と首を振ってしまうようなフロウをします。

それに加えて声質もかなりかっこいいので、普通のことをIDが言っていてもどこかかっこよく聞こえてしまうような感覚に陥ります。

またリリックに関してもID自身の想いや考えていることを表現したものが多く、何回でも聴きたくなります。

IDがデビューするまでの道のり

2015年頃からラップを始めて様々なバトルシーンでは独特なフロウやID自身のカリスマ性などから話題となっていきました。

また音源制作やライブ活動なども行い、高身長を生かしたモデルの仕事もやっているとのことで、活動範囲が広いです。

最近ではフリースタイルダンジョンの3代目モンスターに抜擢され、2019年9月には1stアルバムである「INSTANT DOPE 10000ft」をリリースしデビューを果たしました。

IDのラップを始めたきっかけは外部環境の影響

IDはラップを始めたきっかけについて質問箱で「きっかけは外で動機は内側にもともとあったっぽいです。可能性の一端」と語っています。

もともと音楽は好きだったけどラップを始めるきっかけは外部環境の影響だと思います。

またIDは日本語HIP HOPではなく、洋楽HIP HOPからラップに触れました。

IDのデビュー曲は「10000ft」

これはIDの1stアルバムである「INSTANT DOPE 10000ft」の中の1曲です。

この曲は前半と後半でフロウが変わるのが特徴的です。

もしかしたら人によっては前半の方が好き、後半の方が好きと意見が分かれる楽曲になると思います。

ちなみに「INSTANT DOPE 10000ft」のコンセプトは「10000フィートまで上昇した飛行機で起こるハイジャックがコンセプトの作品で「表面上だらけの“現代らしい”景色に嫌気が差した」と語るIDが何にも縛られずに表現したアルバムとなっています。

ハイジャックをテーマにアルバムを作るなんて、少年時代のサイコパス感が残っているのかもしれません。

IDの代表曲は「Funk Junk Step ft.Lax2」

IDの代表曲は1st EPの[instant dope]の1曲である「Funk Junk Step ft.Lax2」です。

この曲を聴いて思うのはIDの声はHIP HOPとかラップと相性がバッチリということです。

ID以外の人がこの曲を歌ってもこんなにかっこよくはならないと思ってしまいます。

ノリやすい曲で自然と体が動くのでぜひ1度聴いてみることをおすすめします。

IDのラップバトルのまとめ

IDのラップバトルの戦歴は下記の記事でまとめています。

ID(アイディー)のラップバトル戦歴データのまとめ【フリースタイルダンジョン】

IDのパンチライン人気投票ランキング

  • 自分で新しい回答を追加する

IDと仲の良いラッパーは同年代のMU-TONやSAM

IDMU-TONSAMは1994年、1995年生まれの同じ学年で仲がとても良いです。

戦極19章ではこの3人で「94−95チーム」として戦い、優勝を果たしました。

若いながらもかなりかっこいいです。

IDと他のアーティストとのコラボ

IDは同じ学年のMU-TONと一緒にコラボして曲を出しています。

またコラボしてみたいアーティストはMARIAと語っています。

IDの評価

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA