ドンキで買えるCBDおすすめはどれ?

【薬物】リーン(パープルドランク)とは?どんな効果や危険性があるの?詳しく解説

【薬物】リーン(パープルドランク)とは?どんな効果や危険性があるの?詳しく解説

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

リーン(パープルドランク)とは?

リーン(パープルドランク)とは、ラッパーの間で流行っているとされる、カジュアルドラッグの一種です。

その実体は、お酒に風邪薬を混ぜたもので、鎮静と陶酔感が現れるとされます。

風邪薬成分と高濃度のアルコールによる中枢神経系抑制には要注意です。

中枢神経抑制が出ると、強すぎる鎮静作用や呼吸抑制が出るため、最悪の場合死に至ります。

リーン(パープルドランク)の効果は?使うとどんな感じ?

リーンには鎮静作用と陶酔作用があるとされます。

このリーンの作用は、主にアルコールとコデインが原因です。

コデインとは咳止めの一種であり、麻薬のモルヒネに似た作用を持ちます。

コデインの作用はモルヒネと比較すると、非常に弱いです。

しかし、コデインの量を増やせば、モルヒネに近い効果が得られます。

コデインは処方箋なしで購入可能

薬局で咳止めや風邪薬として販売されている薬には、コデインが含まれているものがあります。

ただし、市販品内のコデイン濃度は1%であり、かなり低濃度です。

1%以下のコデインは”家庭用麻薬”と呼ばれ、法律の上では麻薬として扱いません。

日本の市販用風邪薬で、海外で言うリーンほどの効果が望めるかどうかは不明です。

コデインは体内で麻薬(モルヒネ)変換される

コデインは肝臓で代謝され、約10%がモルヒネに変換されます。

コデイン自体の麻薬様作用に加えて、生成されたモルヒネがわずかながら作用します。

この生成された少量のモルヒネであっても、咳止めとしての効果があるのです。

コデインの副作用と危険性

“風邪薬中毒”という言葉があります。

市販の風邪薬に含まれる、1%のコデインが依存性を発揮するのです。

薬局のスタッフも、風邪薬が長引いている患者には、受診勧告するよう指導されます。

また、コデインにも副作用があります。

風邪の治療に使う分には問題になりませんが、アルコールと併用すると危険です。

コデインの副作用
  • 便秘
  • 眠気
  • 呼吸抑制
  • 幻覚など
MEMO
風邪薬には、コデインだけでなく、覚せい剤の仲間(エフェドリン)も入っていることがあります。覚せい剤の仲間による依存性も考えられています。
参考 リン酸コデイン散1%インタビューフォーム日医工

リーン(パープルドランク)は違法?

先ほど触れましたが、コデインは含まれている量によって規制が変わる薬物です。

1%以下のものは”家庭麻薬”と呼ばれ、法律の上では麻薬として使われません(麻薬及び向精神薬取締法 別表第一 七十六 イ)。

それ以上の製品は”医療用麻薬”として、麻薬及び向精神薬取締法の規制対象です。

乱用すれば、同法の違反となり、7年以下の懲役が課せられる可能性があります。

参考 麻薬及び向精神薬取締法e-Gov法令検索
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA