厳選バトルビートのまとめ

韻マン(いんまん)の年齢・出身・本名・学歴は?語感踏みライムとは?ラッパープロフィールの完全まとめ

韻マン

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

2017年の頃からツイキャスでラップを始め、フリースタイルバトルメインで活動中の韻マン(いんまん)についてまとめました。

因みに学歴は不明です。

 

韻マンは2001年3月12日生まれの現在19歳です。

韻マンはバトル時の名前で、本名は山口司と書いて「やまぐちつかさ」と読みます。

 

現在はフリースタイルバトルメインで活動しています。

韻マンは語感踏みと呼ばれるライムが特徴的で10文字以上の言葉で韻をふむことも少なくありません。

韻を踏み続けることが特徴的です。

韻マンのプロフィール

出生名山口 司(やまぐち つかさ)
アーティスト名韻マン(いんまん)
年齢2001年3月12日(現在19歳)
身長176cm
血液型
出身地大阪府堺市
事務所
レーベル
公式サイト
STEP.1
高校時代

韻マンは高校に通わずに地元のラーメン屋でアルバイトをしていました。

ラップを始めたきっかけはKING OF KINGS、通称KOKと呼ばれる大会で2度の優勝経験がある宮崎県を代表するラッパーであるGADOROです。

GADOROの5~6文字の韻をバンバン踏んでいくのが気持ちよくて物凄く衝撃を受けました。

2017年の頃からツイキャスでラップを始めます。

STEP.2
2018年以降

2018年以降からは様々なバトルイベントに出場し、韻を踏み続けるバトルスタイルでシーンでは一目置かれる存在になりました。

第14回高校生ラップ選手権に応募しましたが2次で落ちてしまいました。

 

ただ「戦極スパーリング NHKヤングラップバトルへの道」という大会で優勝するなど、実力はこの頃からあったと考えられるでしょう。

STEP.3
2019年以降

第15回高校生ラップ選手権に出場し、初めての出場でありながらベスト4という結果を残します。

第15回高校生ラップ選手権で韻マンは知名度と人気を得ました。

 

第15回高校生ラップ選手権で優勝した百足からは1番印象に残った相手としてあげられ「韻マンにバンバン韻を踏まれたら、(韻マンの)韻で踏み返せないし、なんて返せばいいかわからなくなる」と言われました。

 

その後「第16回高校生ラップ選手権 令和元年スペシャルトーナメント」に審査員特別枠という事で出場しますが、前大会を下回るベスト8という結果に終わってしまいました。

韻マンの名前の由来は自信から

今いるラッパーさんの誰よりも韻を踏める自信があったので「韻マン」という名前にしました。

どれだけ韻を踏むことに自信があっても「韻マン」という名前を背負うのは躊躇しそうなものですが、韻マンという名前に恥じないバトルスタイルで人気があります。

韻マンの彼女について

第15回高校生ラップ選手権に出場した際に司会の小籔千豊に元カノとのエピソードを紹介されていました。

元カノが性欲の化物で5ヶ月間の同棲の中で家にいる間は常にセクシービデオを見ていたそうです。

そして浮気された回数も10回以上で、初めのうちは頭にきていたが頭がおかしくなり「(浮気の後半は)浮気するお前も好きや」と言い、本当に頭がおかしくなっていたのかもしれません。

Twitterでは

と彼女できた報告をしていました。

韻マンが好きなファッションブランドは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

韻マン(@inmanrap)がシェアした投稿

韻マンがフリースタイルバトルで着ている服は同じものが多い印象です。

上記の第15回高校生ラップ選手権の紹介動画で着ているのはadidasが販売しているエクアドル代表のトラックトップのジャージです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA