YouTube Premiumが毎月90円!
邪魔な広告が一切ない天国へ

【RIZE】JESSE(ジェシー)のプロフィール(年齢・出身・生い立ち)のwikiまとめ

JESSE ラッパー

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

JESSEは東京都品川区戸越銀座出身のラッパーです。

RIZE、The BONEZのフロントマンとしてラウドロックシーンを牽引し、2019年にはソロのラッパーとしてのキャリアもスタートさせました。

ヒップホップマナーに則りながら、パンクやエレクトロ、レゲエといった様々なジャンルを傍若無人に横断する自由な音楽性は、ヒップホップリスナーからロックキッズまで幅広い層に支持されています。

人間味溢れる人柄が滲み出たリリックも魅力で、キャリアが20年を超えた現在でも進化し続けるアーティストです。

JESSEのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

JESSE(@jesse_mcfaddin_original)がシェアした投稿

出生名Jesse McFaddin(ジェシー マクファーデン) 竹中空人(たけなか そらと)(通名)
アーティスト名JESSE(ジェシー)、Jesse McFaddin(ジェシー マクファーデン)
年齢1980年8月11日(現在42歳)
身長非公開
血液型AB型
出身地東京都品川区戸越銀座
事務所PARADOX
レーベルTENSAIBAKA RECORDS
公式サイトhttp://jesse.tokyo/
STEP.1
幼少期〜小学校時代

1980年8月11日にギタリストのChar、作詞家のKanna S. McFaddinのもとに生まれる。

インターナショナル・スクールに入学するも2年生の頃に留年し、別の小学校へ転向する。

注意
英語が苦手で授業についていけなかったことが留年の理由
STEP.2
中学校時代

セント・メリーズ・インターナショナル・スクールに入学するも退学になり、アメリカンスクール・イン・ジャパンに転校する。

父親への反発からラップを始める。

MEMO
学校指定のブレザーではなく学ランで登校していた。
注意
不良漫画への憧れから不良になったことが退学の理由
STEP.3
高校時代

アメリカンスクール・イン・ジャパン在学中にギターを始め、Charのツアースタッフの手伝いをしながら卒業する。

JESSEはJesse McFaddinとしてソロのラッパー、RIZE、The BONEZのボーカルとして活動するアーティストです。

過去にはDef TechShenらとともにE.D.O.SPHERE of INFLUENCEとのユニット・GICODEでも活動していました。

父親は日本を代表するギタリストのCharで、東京都品川区戸越銀座生まれですが、アメリカ国籍です。

学校は公立校に通わなかったこともあり、周りの同学年の子供から「戸越の外人」と呼ばれていました。

JESSE

将来は忍者になりたかった。

今日から俺は‼︎」や「ビー・バップ・ハイスクール」などの不良漫画に憧れたり、将来の夢は忍者になることだったりと、グローバルな環境で育ちながら、日本の文化に対して強い愛を持っています。

JESSE

父親にギターを教えてもらったことはない。

父親への反発からラップを始めますが、バンドブームの影響でギターも始め、幼馴染の金子ノブアキRIZEを結成し、2000年にメジャーデビューを果たします。

JESSE

「武道館に立ちたい」という夢があり、その夢を叶えるためにRIZEを結成した。

RIZEはJESSEの「武道館に立ちたい」という夢を叶えるために結成されましたが、結成から約20年後の2017年12月20日にRIZE TOUR 2017”RIZE IS BACK”日本武道館公演で夢を叶えました

2000年代から日本のラウドロックシーンを牽引し、2019年には本名のJesse McFaddinとしてソロのラッパーとしてもアルバムを発表するなど、日本の音楽シーンに影響を与え続けるアーティストのひとりです。

MEMO
JESSEのこれまでで一番印象に残っているライブはRIZE TOUR 2017”RIZE IS BACK”日本武道館公演

JESSEの父親は日本を代表するギタリストのChar

 

この投稿をInstagramで見る

 

JESSE(@jesse_mcfaddin_original)がシェアした投稿

JESSEの父親は、ギタリストのCharです。

Charは中学生の頃からスタジオミュージシャンとして活動し、月刊誌・ギターマガジンの企画・ニッポンの偉大なギタリスト100で1位を獲得した日本を代表するギタリストです。

JESSE

父親は愛が深い人。一番リスペクトする男。

母親は作詞家で元モデルのKanna S. McFaddinで、JESSEは音楽一家で育ちました。

JESSE

父親にいきなり山の中に連れて行かれて「イーストに向かえ」と言われてコンパスだけ渡されたことがあった。

Charはかなり破天荒な父親で、いきなり山につれていき、コンパスだけ渡して居なくなるということもありました。

JESSE自身ラップを始めたきっかけは父親への反発ですが、デビュー以降はライブやインスタライブなどでCharと共演するほど仲が良い親子関係です。

MEMO
RIZEのメンバーの金子ノブアキ、KenKenの実父・ジョニー吉長とユニット・JOHNNY, LOUIS & CHARを結成し活動していた。

逮捕の真相

2019年7月19日に、JESSEは大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕されました。

RIZEのメンバーであるKenKenも同日、同容疑で逮捕されています。

JESSE

大麻は私のものです。リラックスするために吸った。

と、JESSEは容疑を認め、懲役2年、執行猶予3年を言い渡されました。

JESSE

心を入れ替えて、1日でも早くステージに戻れるように頑張る。

逮捕後の2020年12月11日に、初ソロ名義のアルバム「Crescent」で復帰しました。

しかし、逮捕以降はRIZEの活動がストップしています。

今後のRIZEについてJESSEは、

JESSE

どうなるか分からないが、RIZEを辞めるつもりは全く無い。

RIZEを辞めるつもりはない」と、はっきり明言しています。

MEMO
昼はインディカ、夜はサティバと使い分けていた。

2度の結婚

JESSEは2度、結婚しています

最初の結婚は2008年で、相手はダンサーのMOMOです。

愛娘のリリカちゃんを授かりますが、前妻とは離婚しています。

その後、2017年12月20日に開催されたRIZEの武道館ライブで、

JESSE

再婚をして、男の子を授かりました。

と、再婚と男の子が生まれることを発表しました。

JESSE

実はあのライブで再婚を報告するつもりはまったくなかった。ナチュラルに報告してしまった。

実は武道館ライブで再婚を発表するつもりはなく、RIZE唯一のラブソング・missing youを演奏する中で自然な形で再婚についての言葉が出て、発表に至りました。

MEMO
RIZEの楽曲・YUZURIHAは20年後のリリカちゃんを想って書いた楽曲。

地元・戸越への愛

JESSEは曾祖母の代から家族4代に渡り、戸越に住んでいます

JESSE

下北沢のように、音楽で活気のある街にしたい。

という想いから、2010年5月4日に5月4日を戸越の日に制定し、毎年、戸越公園でフリーライブを開催しています。

また、

JESSE

戸越の若者に安心して働ける職場を提供したい。

という理由で、JESSEがオーナーを務めるショップ・Jesse’s Shop AND FACTORYをオープンさせました。

JESSE

ばあちゃんが戸越で病院の先生をしていた。戸越のみんなはばあちゃんのことを知っているし、そのおかげで戸越のみんなと仲良くなった。

JESSEの祖母は戸越で病院の先生をしていて、地元の有名人でした。

そんな祖母のおかげで幼い頃は「戸越の外人」と呼ばれていたJESSEも、戸越の人たちと仲良くなり、仲間が増えていきました。

MEMO
戸越の日が制定されたきっかけは2010年1月12日に起きたハイチ地震

JESSEのファッションのまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

JESSE(@jesse_mcfaddin_original)がシェアした投稿

着用ブランド

JESSEはロック、ヒップホップをバックボーンに持つストリートブランドを愛用しています。

JESSEファッションに目覚めたのは小学生の頃で、きっかけはアメリカのアウトドアブランドのBUGLE BOYです。

JESSE

中学校の頃にヒップホップに出会い、スケボーもやっていた。ファッションはアメリカのストリートカルチャーに影響を受けている。

音楽やスケボーなどのストリートカルチャーが色濃く出たコーディネートが特徴です。

JESSE

2003年にロサンゼルスに行ったときに、オリジナルTシャツを作ってビーチで売っていた。それがJesse’s Shop AND FACTORYのルーツ。

2004年に自身のブランド・SLIP&Coの立ち上げ、2015年にはTシャツ工房のJesse’s Shop AND FACTORYをオープンさせるなど、ファッショニスタとしても活躍しています。

JESSEのタトゥー

彫っているタトゥー
  • McFaddin R.I.P.
  • MCMLXXXX(生まれ年)
  • LOVE
  • 33
  • DGAF(Don’t give a fuck)
  • スパイダーウェブ
  • 王冠
  • トライバル
  • 天の逆さ文字
  • Pay money To my Pain K

JESSEは唇や首、腕、胸、背中、足まで、全身にタトゥーを彫っています

トライバルや桜などの柄ものからメッセージ性の強いレタリングまで、様々なスタイルが混在したスタイルです。

しかし、カラーはブラックとグレーのみなので、統一感があります。

不定期でタトゥーを増やしているので、JESSEの新しいタトゥーを探すのもリスナーやファンの楽しみの一つです。

父親に「タトゥーを入れるならJESSEくらい入れろ。JESSEのタトゥーは家族やいろんなものを背負っている証だ」と言われた。

REN

アーティスト仲間のRENは、父親である長渕剛に「タトゥーを入れるならJESSEくらい入れろ」と言われた事があるというエピソードを明かしています。

タトゥーへの熱い想い

JESSE

俺のようになりたいのであれば、タトゥーは彫ってほしくない。

JESSEは自分の影響でタトゥーを入れるファンに対して「変な影響を与えたくない」という想いがあります

しかし、

JESSE

入れ墨は見せないもので、タトゥーはファッション的な意味合いもある。

と、見せ方にこだわって彫っているとも語っています。

JESSEにとってのタトゥーはファッションであり、自分を表現する自己アピールのツールのひとつと考えています。

JESSE

タトゥーは忘れたくない気持ちを彫っている。

絵や文字関係なく、JESSEが忘れたくないという気持ちをタトゥーとして身体に刻んでいます

MEMO
足のタトゥー・Pay money To my Pain Kは、2013年1月10日に逝去した盟友のKに向けてJESSE本人が彫った。

JESSEのラップスタイル

ラップスタイル
  • 英語と日本語を織り交ぜたバイリンガルスタイル
  • エモーショナルなリリック
  • メロディアスなフロー

JESSEのラップスタイルは、英語と日本語を織り交ぜたバイリンガルスタイルです。

しっかりヒップホップマナーに則り、ロックやエレクトロ、最新のヒップホップのトレンドも取り入れた柔軟性の高さも魅力です。

JESSE

ギターを使って曲を作ることが多い。

ソロ名義の楽曲もギターで作ることが多く、しっかりメロディーがある楽曲が多くあります。

ロックバンドのフロントマンとしてのキャリア、レンジの広さが、JESSEのオリジナリティのあるラップのコアになっています。

MEMO
ソロのラッパーとして活動したきっかけは自身の逮捕

ラップを始めた理由は父への反発

JESSEがラップを始めた理由は、日本を代表するギタリストであり父親のCharへの反発です。

JESSE

俺は絶対にギターをしないと決めていた。

中学校の同級生に影響されてラップを始めました。

JESSE

バンドブームの影響で、RIZEを始める同時期くらいからギターも始めた。

しかし、当時バンドブームだったこともあり、中学校2年生の頃からギターも始めました。

JESSE

DJもしたことがあるがBPMが合わせられなかった。グラフィティも下手だった。

DJやグラフィティもしていた時期がありましたが、下手だったこともあり辞めて、ラップとギターに専念しました。

MEMO
影響されたアルバムはWu-Tang Clanの「Enter the Wu-Tang (36 Chambers)」

RIZEとは?

メンバー
  • JESSE
  • 金子ノブアキ
  • KenKen
STEP.1
1997年
JESSE、幼馴染の金子ノブアキTOKIEの3人で結成
STEP.2
2000年
8月23日にシングル「カミナリ」でメジャーデビューする。11月1日にリリースしたセカンドシングル「Why I’m Me」がオリコン最高位10位の大ヒット
STEP.3
2006年
KenKenが加入
STEP.4
2008年
中尾宣弘が脱退し、現在のメンバー構成になる

RIZEは1997年にJESSE、幼馴染で俳優としても活躍する金子ノブアキを中心に結成されたミクスチャーロックバンドです。

ラウドロックを軸に、ヒップホップやレゲエなどの様々な要素を融合した音楽性で、Dragon Ash山嵐らと共に2000年代から日本のラウドロックシーンを牽引し続ける存在です。

JESSEは相棒。

金子ノブアキ

これまで、幾多のメンバーチェンジを繰り返しています。

しかし、オリジナルメンバーの JESSEと金子ノブアキはメジャーデビューから20年以上経った現在も共にRIZEとして活動し、お互いを相棒と呼ぶほど強い絆で結ばれています

MEMO
バンド名は元々、Charの会社名としてJESSEが考案した。

RIZE / Why I’m Me

荒削りなスピード感と心に届く直接的な強いメッセージ性のあるリリックが特徴です。

力強さとキャッチーさのバランスが丁度良く、ライブでシンガロン必至のサビが聴きどころです。

JESSE

大体 毎回 いつも同じメンバーと再会

The BONEZとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

JESSE(@jesse_mcfaddin_original)がシェアした投稿

メンバー
  • JESSE
  • T$UYO$HI
  • ZAX
STEP.1
2011年
JESSEのソロプロジェクト・Stand Up! Projectとして、JESSET$UYO$HIZAXZUZUJESSE and The BONEZを結成
STEP.2
2013年
ZUZUが脱退
STEP.3
2014年
The BONEZに改名し、NAKAが加入する。1月22日にアルバム「Astronaut」をリリース

STEP.4
2019年
NAKAが脱退

The BONEZは、RIZEのJESSE、Pay money To my PainのT$UYO$HI、ZAXからなるラウドロックバンドです。

ハードコアを軸にエレクトロ、パンクなどの要素を取り入れ、メロディアスかつアグレッシブなサウンドが特徴です。

ライブハウスやフェスを主戦場とし、全編英詞のリリックなど、RIZEJESSEのソロとはまた違った雰囲気があります。

The BONEZ / Thread&Needle

エモーショナルな心から叫ぶようなJESSEのボーカルが魅力の楽曲です。

静と動、心の奥まで響くようなアグレッシブなサウンドが聴きどころです。

JESSE

What am I looking for? Will I know it tomorrow?

JESSEのおすすめの楽曲【厳選3選】

JESSEの人間味溢れるソウルフルな楽曲を厳選して3曲紹介します。

Jesse McFaddin / Welcome

アコースティックギターをメインにしたトラックと訴えかけるようなフローが特徴の楽曲です。

人種や生まれた国、信仰する宗教を全て超えて繋がろうという強いメッセージが込められています

JESSE

肌の色や目の色で 指を差し銃口を向けるのはどうして

Jesse McFaddin / I talk

エレキギターのカッティングが気持ちいい楽曲です。

人と人との繋がりを大事にし、ファンとも分け隔てなく接するJESSEの人間性を投影したようなリリックが心に刺さります。

JESSE

人と自分が繋がる…繋がる 自分が繋がる…繋がる

Jesse McFaddin / Dali

ソロアルバム「Crescent」の収録曲の中でも、ヒップホップ色が強い楽曲です。

音楽をアートに消化しつつ、どこか人間臭さも垣間見れる、JESSEらしさを音と言葉で表現しています。

JESSE

OK I’m 人間 夢はOne Day
MEMO
MVにはCharも出演している。

JESSEと仲の良いラッパー

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@microfromdeftech)がシェアした投稿

仲の良いラッパー

JESSEはロックシーンだけでなく、ヒップホップシーンで活躍するラッパーともリンクしています。

特に盟友と言える存在はDef Techで、Def TechMicroは、

JESSEは僕の音師。

Micro

と、リスペクトを持っています。

ShenともE.D.O.を結成し活動するなど、深い関係です。

楽曲での共演も多く、Def Techのユニット名もJESSEが命名しています。

MEMO
MicroとShenが出会うきっかけもJESSEの紹介。

SIMON JAP

JESSEとSIMON JAPが仲良くなったきっかけは、フリースタイルダンジョンpresents有名人が監督プロラッパーチームを作ろう!悶絶のガチバトルSPでの共演です。

俺は10代の頃からJESSEを知っている。

SIMON JAP

SIMON JAPは10代の頃にクラブでラップをするJESSEを見て知っていましたが、フリースタイルダンジョンで意気投合して、深い仲になりました。

JESSE

SIMON JAPは俺がすげえ若い頃から見られているから、周りにもSIMON JAPをリスペクトしろと言っている。

以降、SIMON JAPの楽曲「ART OF PAIN REMIX Feat. SEEDA,Jesse McFaddin」での共演、SIMON JAPのグッズをJesse’s Shop AND FACTORYで作製するなど、プライベートだけでなくビジネスでも交流しています。

YOU THE ROCK★

JESSEはラッパーのYOU THE ROCK★をリスペクトしています

JESSE

YOUちゃんはフッドスター。地元をレペゼンする大切さを教えてもらった。

JESSEYOU THE ROCK★の故郷の長野にライブで訪れた際、YOU THE ROCK★の家族や家族の経営する店、長野のおすすめスポットを丸2日間かけて案内されました。

JESSE

これが地元をレペゼンするということか。

地元や音楽スタイルは違えど、YOU THE ROCK★のフッドをレペゼンする姿に感銘を受けました。

MEMO
タクシー会社を運営するYOU THE ROCK★の父親が、15台位のタクシーを引き連れて迎えに来た。
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA