【無料体験期間中】6,500万曲以上が聴き放題

D.Oの年齢・身長・本名は?逮捕は何回目?って話!メーンの意味は?【練馬と大麻】

注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。
画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

D.Oは世界観、フロウ、リリック全てが独特です。

パンチラインも観衆の心をグッと掴む物が多く唯一無二と言えます。

D.O本人のブランド力が強く、憧れているラッパーも大勢いるシリアスラッパーです。

D.Oのプロフィール

出生名須藤 慈容(きみづか・しげやす)
アーティスト名D.O(ディー・オー)
年齢1978年7月7日(現在42歳)
身長178cm
血液型
出身地東京都練馬区
事務所
レーベル
公式サイト

D.O(でぃー・おー)は1978年7月7日(現在42歳)です。

東京都練馬区出身で、練マザファッカーというグループのリーダーを務めていた過去もあります。

D.Oの名前の由来は一般的には「Dangerous.Original」からとっていると思われがちですが(本人の口癖なので)

実はこれは後付けで、出生名の須藤(SU DO U)から来てると本人が語ってます。

特徴的な声質と、ゾクゾクしてしまう程リアルでドープなリリックは、「一度聞いたら頭から離れない」「クセになって何度も聞いてしまう」という理由でファンを増やし続けてきました。

本名は君塚慈容(きみずか しげやす)ですが、旧姓は須藤とあるので両親に離婚歴があるのかもしれません。

地元では有名な不良だったと言われているので、複雑な家庭環境がD.Oのラップと関係していることは確かです。

STEP.1
いきつけのレストラン
D.Oの幼い頃の情報はあまり無いのですが、テレビ出演の際に地元の「ロイヤル」というレストランには小さいときから通っていると語っていました。

ロイヤルというのは東京都練馬区にあるレストランです。

店の規模や店主のインタビューを聞く限りは、どうらや個人経営のお店に見えました。

ロイヤルに来ると決まって頼むメニューがあるとD.Oは語っていて、店主に「おばちゃんいつもの!」と笑顔で注文していたのが印象的です。

STEP.2
おしゃれ番長
D.Oの中学校情報は出てきませんでしたが、D.Oと同い年に当たる男性の証言によると、出身中学は練馬区の西エリアに存在していて、D.Oはもちろん学校の頭だったそうです。

その中学校は当時から不良の数がとても多く、ファッションもギャング系やB系で統一されていて結束感があったと言われています。

また、当時のB-BOYの象徴的なファッションは、他の中学の同級生から見てもお洒落でした。

中学生時代のファッションが、現在のD.Oのギャングスタラップの大きな要素となっているのかもしれません。

STEP.3
二回の留年

https://www.youtube.com/watch?v=vZ22XwNDmmo

D.Oは定時制高校出身で、二回の留年を経て二十歳の時に卒業しました。

YouTubeの動画でも「両親はリスペクトしているので心配をかけたくなかった」という思いを語っており、不良だらけの同級生に流されず意地で卒業したことが分かります。

半分以上が二年生になる前に辞めてしまったり、退学になってしまうような学校だったので卒業するのはかなり大変だったようです。

暴走族が普通に駐輪場にバイクを止めていたり、気づけば喧嘩が始まるような高校生活だったとも語っています。

STEP.4
ニューヨークへ
D.Oは「悪党の詩」という自叙伝を出版していて、自身の生い立ちや学生時代のエピソードを語っています。

STEP.5
デビューまでの道のり
デビューまでの道のりを本人は詳しく語っていませんが、1998年に高校を卒業後ニューヨークに留学し、2001年にTWIGYの作品に参加しています。

ニューヨークに数年滞在した後、LAMP EYEの後身グループである雷に所属しました。

そこでは、他のMCらと共にサイドMCとして活動していたようです。

その後もRINO LATINAや般若率いる妄想族の楽曲に参加をし続けて、2006年にソロアルバム「JAST HUSTLN’ NOW」でデビューをしました。

ラップをはじめたきっかけ

D.Oのラップを始めるきっかけは、本人からは明言されていません。

D.Oは小学生の頃のエピソードで、「ビーバップハイスクールに憧れて、すれ違う奴に喧嘩しよーぜとけしかけていた」と語っています。

もしかしたらその当時からラップバトルのスタイルを自然とやってのけていたのかもしれません。

D.Oの彼女

最初はD.Oの名字が「須藤」から「君塚」に変わっていたので、結婚しているのかなと思ったのですが、調査しても結婚に関する情報は見つかりませんでした。

また、彼女の情報も今まで噂になったことがありません。テレビ出演の際に昔の彼女のエピソードトークを話す場面もあったので、人並みに女性とお付き合いはしているみたいです。

D.Oのタトゥーは伝説の彫師Mr.Cartoonの作品

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mister Cartoon(@misterctoons)がシェアした投稿


D.Oといえば、顔から足先までびっしりと入ったタトゥーが特徴的です。

目の下にあるのは涙型の「ティアドロップ」というデザインで、ほくろではありません。

アメリカの刑務所で発祥した文化で、人を殺してしまったり許されない罪を犯した証と言われています。

また、腕のドクロのタトゥーは世界的に有名なタトゥーアーティストMr.Cartoonの作品です。

選ばれし者しか彫って貰えないことから、タトゥーを見せるだけで入国審査にパスする国もあると言われています。

D.Oのファッションは全盛期のB-boyスタイル


D.Oと言えば、ブカブカのジーンズにダボッとしたパーカーなどのB-boyファッションです。

今はタイトなラインの着こなしが主流になりつつありますが、全盛期のB-boyスタイルを貫いています。

アメリカ発祥のストリートブランド「OFF WHITE」は成功者の証とも言われ、上質で存在感のあるデザインが特徴なのでD.Oのファッションに近い物が手に入りそうです。

D.Oは二回も逮捕されている

D.Oの代表的なエピソードと言えば、逮捕です。今までにコカインと大麻の所持で二回逮捕されています。

2009年コカイン所持で逮捕

2009年にコカインの所持・使用したとして麻薬取締法違反の容疑で逮捕されました。

1月30日にD.Officeの事務所に家宅捜索が入り、仲間が逮捕された際にD.O自身も現場に現れました。

速身体検査を受け、定期入れの中に微量のコカインを所持していたため現行犯で逮捕されました。

その時「我慢できなかったんスよ、勘弁してくださいよお巡りさん・・・」と言ったそうです。

この逮捕で懲役一年、執行猶予四年の処分を下されました。

逮捕されてしまったため、2ndアルバムの発売中止、今までに配信されていた楽曲の停止など、音楽活動が一旦足止めされることになりました。

一方ファンからは「やっぱりね」「何も驚かない」と寛容な声が多く上がりました。

これだけアウトロー感満載のラッパーですから、何もない方が驚きかもしれません。

2018年乾燥大麻やコカイン所持容疑で逮捕

2018年には乾燥大麻やコカインなど数百グラムを所持していた容疑逮捕されました。

2019年の秋から服役することが決まっています。

D.Oの口癖は「メーン」「って話

D.Oの口癖は大きく分けて二つあります。特徴は語尾につけて使うことで、どんな言葉にでも使えます。

意味は特にありません。

「メーン」

  • 松本メーン、人志メーン
  • いいぜメーン
  • 後で俺に聞きやがれ、メーン
  • カメラの回ってねえところで聞きやがれ、メーン
  • ちげーのかよ、カモン、メーン
  • カモンメーン
  • This is オリジナル、メーン?
  • あけおメーン

って話

  • スラングは俺に聞けって話
  • 飯食わせやがれって話
  • 噂通りの話だって話

D.Oのラップの特徴は独特なフロー

D.Oの楽曲の特徴は、なんといっても特徴的な声質です。

鼻にかかるような高い声で、アウトローのリアルなリリックを歌うギャップは数々のヒップホップファンを魅了してきました。

D.Oのリリックは一般人のみならず、そこら辺の不良も聞くだけで震えてしまう程ドープです。

また、自らの体験を元にしか歌詞を書いていないので、心境や境遇に引き込まれる世界観があります。

D.Oのデビューアルバム「JUST HUSTLIN’ NOW 」

created by Rinker
Entotsu Recording

D.Oのデビューアルバムは、2006年にリリースされたソロアルバム「JUST HUSTLIN’ NOW」です。

いきなりイントロから度肝を抜かれるデンジャラスさで、ファンからは「D.Oの最高傑作」「シラフでは聞けない」と大好評でした。

D.Oはすでに客演でファンが沢山ついていたので、満を持してのデビューと言えます。

ですが、あまりにぶっ飛んだ構成やフロウにファンも思わず食らってしまったのです。

D.Oの代表曲は「悪党の詩」

D.Oの代表曲と言えば「悪党の詩」です。自身の自叙伝のタイトルにもなっていて、思い入れの深さが伺えます。

「悪党が奏でるこの詩 バカにされたって構わないさ」「悪党が奏でるこの詩 今に見てろってずっと思ってた」というHookもあり、下から根性で這い上がって欲しいものを手にする、ヒップホップの醍醐味が伝わって来るのが魅力です。

アップテンポな曲調が途中から全く切り替わり、何やら不穏な雰囲気になっていく場面もD.Oらしい楽曲だと思います。

D.O(でぃー・おー)のおすすめの曲D.O(でぃー・おー)のおすすめの曲は?厳選人気ランキング10選【隠れた名曲】

「D.Oが生放送中にぶちきれる!」ドッキリ動画

D.Oが生放送中にぶちきれる!」というドッキリ動画が一時期話題となりました。

どうやら練マザファッカーが製作した映像らしく、これを知ったファン達は「良かったー」と安心したそうです。新作映画の会見中という設定なのですが、インタビューされているにも関わらず、電話に出てキレ始めてアナウンサーが焦るという場面もあります。

その後、生意気な質問をした記者に掴みかかりに行くという流れは、見ているこっちもヒヤヒヤする緊張感でした。

D.Oの交友関係は!?マブダチは漢 a.k.a. GAMI

D.O漢 a.k.a. GAMIと親交が深いことも有名です。

二人で対談をしたり楽曲を出したりしていて、同じ東京出身のアウトローとして分かり合える部分が多いのでしょう。

「KUSARI GROOVE」は、ドープなそれぞれのリリックにも飲まれない、D.Oの存在感を感じることができるいっきょくです。

MEMO
現在は、漢 a.k.a. GAMI率いる9sariグループに所属

練マザファッカーについて

練マザファッカーは、東京都練馬区を拠点にして活動するヒップホップクルーです。

もちろん、出来たばかりの時はD.Oが代表を務めていました。

元々はグループ名ではなく、練馬のラッパー達を指す独自の用語だったみたいです。

ダウンタウンの番組中に「ウルリン滞在記」という企画があり、そこで練馬のラッパーが中川家の剛にラップを教えたことが練マザファッカー名義で曲を発売するきっかけとなりました。

D.Oと他のアーティストとのコラボ

D.Oは自身の楽曲や元々リーダーをしていた練マザファッカーだけでなく、様々なアーティストとのコラボも多彩にこなしています。

ちゃんみなのPVに出演

PV中でもD.Oは普段と変わらない立ち振る舞いです。メーン

LETTER TO JAIL feat. 響 / D.O

女性ラッパーとのコラボもあり、響の楽曲に参加した際は「早く出て吸いてーぜ」とまたもや警察に睨まれそうなリリックを歌っていました。

SALU「LIFE STYLE」

今時のUSスタイルでラップをするSALUの「LIFE STYLE」にも参加していて、そこでもD.O独特の不穏な雰囲気のラップを披露しています。

D.Oの評価

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA