ヘッドフォンおすすめランキング

じょうの年齢・身長・本名・出身は?葬儀屋で働いて板って本当!?ラッパープロフィールの完全まとめ

中学校時代いじめてきた奴を見返すためにラップを始め、第10回高校生ラップ選手権で優勝し、バトル出演、音源制作、ライブなどを中心に活動しているじょうについてまとめました。

じょうのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

じょう(@jo.1231)がシェアした投稿

出生名松島丈(まつしま じょう)
アーティスト名じょう
年齢1996年12月31日(現在23歳)
身長170cm
血液型
出身地大阪府大阪市東住吉区
事務所
レーベル
公式サイト
STEP.1
中学校時代

中学2年生の頃から仲間だった友達にいじめを受けるようになります。

そんな時には、批判を恐れずに自分を主張するZEEBRA、Kダブシャイン、DJ OASISからなる「キングギドラ」の曲を朝早起きして聴いて、自分のテンションを上げて学校に通っていました。

そんなキングギドラに影響を受けて「いじめてきた奴をラップで見返したい」という想いから、どんどんラップにのめり込んでいきました。

STEP.2
高校生ラップ選手権

 

この投稿をInstagramで見る

 

じょう(@jo.1231)がシェアした投稿

じょうは第6回高校生ラップ選手権に初めて出場します。

その後、少し期間が空いて今までの優勝者やファン投票で出場者が決まるといったオールスターが集まる第10回高校生ラップ選手権に出場します。

第6回高校生ラップ選手権では良い成績は残せませんでしたが、第10回高校生ラップ選手権ではどんどん勝ち上がり、会場の空気も味方につけ、決勝の舞台まで上がります。

決勝では初代王者で2回優勝している「T-PABLOW」との対決でしたが、じょうの勢いは止まらず、T-PABLOWを下し優勝の座をGETしました。

STEP.3
デビュー後

じょうは2016年にゆのと一緒にNASTYというクルーを組みました。

YouTubeにもたくさんPVがアップされていますし、iTunesやLINEMUSICやApple Musicなど様々なメディアで配信されています。

そして今はNA3TYという名前に改名し、音源制作やライブを中心に活動しています。

じょうの名前の由来

じょうの本名が「松島丈(まつしま じょう)」なので、本名から名前を取りMCネームをじょうと名乗っています。

じょうの彼女

じょうの彼女については情報が少なかったですが、Twitterでは

というツイートが2015年にありました。

 

またじょうは中学校時代、恋していた女の子がいました。

当時、じょうは人気者ではありませんでしたが、その子はそんなじょうにも仲良くしてくれる良い子でした。

ただじょうは気持ちを告げることはなく、そのまま卒業してしまいます。

純粋な片思いの経験がじょうにもあるということになります。

じょうのファッション

 

この投稿をInstagramで見る

 

じょう(@jo.1231)がシェアした投稿

じょうのファッションはTHEラッパーという感じでもTHE悪い奴という感じでもなく、トレーナーとかパーカーとかTシャツとか、いわゆる普通の服を着ていることが多いです。

唯一わかったブランドはSubciety(サブサエティです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

じょう(@jo.1231)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

じょう(@jo.1231)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

じょう(@jo.1231)がシェアした投稿

などがありました。

ファッションには特別こだわっているわけではないです。

じょうがラップを始めたきっかけはキングギドラ

じょうは中学校時代、朝早起きしてキングギドラの曲を聴いて、自分のテンションを上げて投稿していました。

その影響で「いじめてきた奴を見返したい」という想いからラップを始めました。

第10回高校生ラップ選手権で優勝した時には「こんなクズみたいなやつでも、1個のことを真面目にやったら、いつかこういう日もあるんでね、ヤンキーもみんな頑張ってください!」と発言していました。

これでいじめてきた奴は見返せたのではないでしょうか。

じょうがデビューするまでの道のり

じょうキングギドラに影響を受けてラップにのめり込み、練習を始めました。

そして第6回大会高校生ラップ選手権に初めて出場し、第10回高校生ラップ選手権では優勝するなど全国区に名前を広げました。

そして2016年に「ゆの」とクルーを組んで、音源制作やライブを中心に全国で活動している活動しています。

じょうのラップバトルの特徴は「一切のリスペクトなしの強烈なディス」

 

この投稿をInstagramで見る

 

じょう(@jo.1231)がシェアした投稿

じょうは第10回高校生ラップ選手権で優勝して以降、様々なバトルイベントに出場しています。

特にフリースタイルダンジョンは歴代最多出場なんじゃないかと考えてしまうくらい出演が多いです。

その他、ULTIMATE MC BATTLEやKING OF KINGSといった全国規模の大会や戦極MC BATTLEや凱旋MCbattleなどにも出場しています。

 

どのバトルイベントでも熱いバイブスと高いラップスキルで場を沸かしているのが印象的です。

 

そんなじょうのバトルスタイルはひねくれた角度からの強烈なdisだと思います。

相手への遠慮や多少のリスペクトなどは一切含みません。

「俺のことを肩慣らし? じゃあ何で延長になってんのかな〜?」

「(T-PABLOWに対して)そんなごちゃごちゃいうた奴を武道館で殺した奴が俺で〜す」

など核心を突くことが多いです。

じょうのラップバトルのまとめ

じょうのラップバトルの戦歴は下記の記事でまとめています。

じょうのラップバトル戦歴データのまとめ【高校生ラップ選手権】

じょうは葬儀屋で働いていた。

嗅いだことのないくらいエグい腐敗臭がずっと鼻から取れないと語っていました。

ただ仕事を全て自分1人でやることはすごく楽しかったそうです。

このような強烈な体験がラップのリリックにも影響しているのかもしれません。

じょうのフロウとリリックの特徴

じょうのフロウはリズムキープがしっかりと出来ていて、聞き取りやすいものが多いです。

中毒性の残るフロウなので1回聴くと耳に残ると思います。

またリリックの特徴としては少しコミックバンド的な要素を含んでいる曲が多いです。

ただそれ以外にもいじめられた経験を生かした曲など心にくるものが多いので、一度聴いてみることをおすすめします。

じょうのパンチライン人気投票ランキング

  • 自分で新しい回答を追加する

じょうのデビュー曲は「愛唄 aka ストーカーの唄」

曲のタイトル通り、ストーカーに関する曲です。

奇妙なテンポで奇妙なメロディと奇妙なリリックが特徴です。

また「君はもう二度と笑えない僕は一生ずっと笑っている 君は泣くことがもうできない僕は泣く必要が全く無い」というリリックはかなり印象的です。

 

中毒性が半端なく癖になるので1度聴いてみることをおすすめします。

じょうの代表曲は「クセがすごい」

じょうの1番の代表曲はデビュー曲である「愛唄 aka ストーカーの唄」だと思いますが、それ以外だとNASTY(NA3TY)「クセがすごい」だと思います。

愛唄 aka ストーカーの唄の時もですが、中毒性のあるメロディのインパクトがすごいです。

 

ちなみにPVはCreepy NutsのPVに似ています。

じょうと仲の良いラッパーはSHOICHIROやDOPEMAN

戦極MC BATTLEのYouTubeチャンネルではSHOICHIROじょうMC正社員MOAIと一緒にバトルを振り返るといった動画をよく出しています。

また凱旋MCBattleではSHOICHIROと一緒にバトルにも出ているので、仲は良いと思います。

 

DOPEMANに関しては凱旋MCBattleやU-22 MCBATTLE SP 3on3という大会でチームを組んでいます。

 

その他、Instagramを見てみると

 

この投稿をInstagramで見る

 

じょう(@jo.1231)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

じょう(@jo.1231)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

じょう(@jo.1231)がシェアした投稿

交友関係はかなり広そうです。

じょうと他のアーティストとのコラボ

じょうNA3TYという名前でゆのとクルーを組んでいます。

「クセがすごい」という曲もNA3TY(NASTY)から出しています。

またNA3TYはiTunesやLINE MUSICやApple Musicなど様々なメディアで配信をしています。

じょうが組んでいる「NA3TY」の読み方は?

じょうゆのが組んでいるNA3TYというクルーは「ナスティー」と読みます。

ゆのがTwitterで発言していました。

じょうの評価

画像の出典元は全て本人のInstagramまたはTwitter

コメントを残す