厳選バトルビートのまとめ

HARDY(ハーディー)の年齢・身長・本名・音源は?髪型は変幻自在!ラッパープロフィールの完全まとめ

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

高校生ラップ選手権には6大会連続で出場し、優勝も果たしたHARDY(ハーディー)の生い立ちから年齢や音源、愛用のファッションブランドや髪型の特徴などの詳しい情報をまとめました。

HARDYのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

HARD(@hardamn_boyz)がシェアした投稿

出生名松田 隼人(まつだ はやと)
アーティスト名HARDY(ハーディー)
年齢2000年9月23日(現在19歳)
身長173cm
血液型
出身地大阪市西成区
事務所
レーベル
公式サイト
STEP.1
中学校時代

HARDYはラップを始める前からラップをやってる先輩に誘われて遊びに行っていたとインタビューで語っています。

 

また中学2.3年生の14歳の時に兄に「高校生ラップ選手権」を教えてもらって見ていたのも影響してラップをするようになっていきました。

STEP.2
高校生時代

高校生に上がってからは当時異常な盛り上がりを見せていた高校生ラップ選手権出場を目指し、高校1年生の時から高校生ラップ選手権出場を目指します。

そして高校2年生の最後の時に初めて第11回高校生ラップ選手権に出場を果たします。

その後、HARDYは6回連続で高校生ラップ選手権に出場していて、4回目の出場となあった第14回高校生ラップ選手権にて優勝しました。

ちなみに高校生ラップ選手権は全国でオーディションが開かれ、毎大会16人しか出れない狭き門をくぐり抜けなければ出場できません。

その中で6大会連続で出場したHARDYはかなり凄いです。

STEP.3
高校生を中退

またHARDYは現役高校生の年齢でしたが、高校は1年生の時に学校を辞めています。

学校を辞めた理由は、先生が嫌いだったのと自分がだらしなかったからと語っています。

STEP.4
デビュー後

第14回高校生ラップ選手権で優勝を機にLINE RECORDSからHARDYに「LINE RECORDS賞」を受賞しLINE MUSICから楽曲が配信されることが決定しました。

そして2018年12月に「LINE RECORDS」から「ARE YOU READY」という曲を出し、YouTubeでは9万回以上再生されるなどHARDYの中でも人気の曲となっています。

 

またHARDYは大阪府出身でHIDADDYが主催する「一二三屋」で働いて、一二三屋からもCDを出しています。

今ではバトルイベントに出場したり、音源制作やライブを中心に全国を飛び回って活動しています。

HARDYの名前の由来はプロレスラー

HARDYの名前はアメリカ合衆国のプロレスラーである「ジェフ・ハーディー」からとってつけました。

HARDYの彼女

HARDYはファンの間で俳優の菅田将暉に似ていると言われるくらいイケメンで関西出身で性格も面白いです。

 

2015年の時のツイートなので2015年の時には彼女がいたと思います。

HARDYの愛用ファッションブランドはnonsense.(ナンセンス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

HARD(@hardamn_boyz)がシェアした投稿

ラッパーはファッションが個性的な人が多いですが、HARDYの服装もかなり個性的です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HARD(@hardamn_boyz)がシェアした投稿

などかなり個性的なファッションが垣間見えます。

 

HARDYnonsense.(ナンセンス)という服のブランドを愛用しています。

 

またHARDYHIDADDYの主催する一二三屋で働いているので、一二三屋のファッションアイテムを身に付けることも多いです。

HARDYの髪型の変化がスゴイ

HARDYはファッションも個性的ですが髪型の変化も凄いです。

Instagramを見てみると

 

この投稿をInstagramで見る

 

HARD(@hardamn_boyz)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

HARD(@hardamn_boyz)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

HARD(@hardamn_boyz)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

HARD(@hardamn_boyz)がシェアした投稿

髪を後ろで結んでいたり、ドレッドにしていたり、パーマをかけていたりと髪型の変化が凄いです。

顔が整っているので、どんな髪型でも似合っています。

HARDYがラップを始めたきっかけはラッパーの先輩と兄、そしてPSG

HARDYがラップを始めたきっかけはラップをやってる先輩と遊んでいたのと、兄に教えてもらった「高校生ラップ選手権」がきっかけです。

また尊敬するラッパーは3人組ヒップホップユニットである「PSG」です。

PSGについてHARDYは高校生ラップ選手権のインタビューで「聞き惚れた」と語っています。

PSGとは?
2007年で結成したラップグループでメンバーはPUNPEE(パンピー)S.L.A.C.K. (スラック)GAPPER(ガッパー)因みにPSGには板橋録音クラブという別名がある。

HARDYが高校を中退し、ラップに専念した理由

HARDYが全国区になったのは「高校生ラップ選手権」ですが、HARDYは高校に通っていたわけではなく高校1年生の時に学校を辞めています。

高校を辞めた理由は「自分がだらしなかったせい」とインタビューで語っていました。

 

またHARDYは同級生に巻き込まれて、自分は全く悪くない出来事で(同級生と同じ期間)自宅謹慎になりました。

自分が悪くないにも関わらず謹慎になったのに、同級生は「課題をやってきたから」という理由でHARDYより先に学校に帰ってくることができました。

HARDYは「なんでなん?」という思いから、先生のことを嫌いになって、高校に行かなくなりました。

 

高校に行かなくなってからは、制服だけ着てコンビニの前で死ぬほどYouTubeを見たり、ブックオフに行って漫画を読んだり映画見たりと親にバレないように工夫する日々を送りました。

HARDYのラップバトルの特徴

フリースタイルバトルが世間で流行り出した2015年頃からHARDYも話題となっていきました。

様々なバトルイベントに出場していましたが、やはり有名にしたのは高校生ラップ選手権だと思います。

6大会連続出場はこの先破られることのない記録だと思います。

 

またHARDYのバトルはガンガン韻を踏むというよりかは独特なフロウや独特な言い回しを使って会話して勝つことが多いです。

若いながらもベテランさを感じるようなバトルをするので見ていて面白いです。

HARDYのラップバトルのまとめ

HARDYのラップバトルの戦歴は下記の記事でまとめています。

HARDY(ハーディー)のラップバトル戦歴データのまとめ【高校生ラップ選手権~フリースタイルダンジョン】

HARDYのラップの特徴は独特なビートアプローチ

HARDYのフロウは結構独特で人によって好き嫌いが分かれることが多いです。

実際にHARDYが話題になって人気が出た時も「HARDYの良さがわからない」という人はいました。

ただ個人的には他のラッパーにはないビートアプローチでかなり独特なので聞いていて面白いと感じています。

 

またリリックは2000年生まれの19歳が書いたとは思えないです。

個人的には「ARE YOU READY」「ラップすんのは明日のためなら家で寝てたって始まらねえ」というリリックが好きです。

HARDYのパンチライン人気投票ランキング

  • 自分で新しい回答を追加する

HARDYのデビュー曲は「Normal Day」

HARDYは一二三屋で働いていることもあり、一二三屋から音源をリリースしています。

YouTubeのPVは10万回程度再生されていますし、コメント欄を見ると好評が多いので、これから音源に集中しても人気になっていくのではないかなと思います。

またこの曲はiTunesでも配信されています。

HARDYの代表曲は「ARE YOU READY」

ARE YOU READYHARDYが第14回高校生ラップ選手権で優勝したことをきっかけにLINE RECORDSから出した音源です。

トラックメイキングはDJ Mitsu the Beatsが手掛けました。

 

PVは出身地の大阪府西成区で有名な「西成WAN」や「一二三屋」で撮影し、自分の写したい場所をそのまま撮っています。

HARDYの声と共にHARDYの生まれ育った街を見ることが出来ます。

HARDYと仲の良いラッパーはじょうやミステリオ

HARDYはラップを始めるきっかけとなった実の兄がいますが、ラップの世界には兄と同じように慕う兄が存在します。

それが第10回高校生ラップ選手権で優勝した「じょう」です。

同じ大阪府出身ということもあり、毎日行動を共にしていました。

 

じょうHARDYの3個上の年齢なので兄と慕うのも分かります。

じょうの年齢・身長・本名・出身は?葬儀屋で働いて板って本当!?ラッパープロフィールの完全まとめ

ミステリオとは一二三屋が運営する「HIHUMIYA TV」にてボーリングする動画がアップされています。

同じ関西出身でもあることから仲が良いことが伺えます。

HARDYの人生の軸

HARDYは達観した考えを持っています。

 

インタビューでは「ミュージシャンになりたい」「ラッパーになりたい」という考えを持つ方が特殊と前置きし、同じように勉強させられて「こういう人間になるべき」と言われているのは一種の洗脳だと語っています。

そして皆「社長になるべき」と話した上で「自分自身が、自分にとって1番」とし、やりたいことをやっている人が1番かっこいいと語っています。

 

HARDYの「自分が1番」というのはラップや音源にたくさん反映されています。

かっこよく見えるのはそういった軸があるからだと思います。

HARDYの評価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA