【最強】一番キマるヤバイCBD

Nidra Assassinのプロフィール(年齢・身長・生い立ち)のまとめ

Nidra Assasinのプロフィール

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

Nidra Assassinは兵庫県川西市出身のラッパーです。

ロックテイストなファッションにメイクやネイル、タトゥーを施したヴィジュアル系ライクなルックスと、最新のトラップ、マンブルラップを取り入れた混沌とした世界観を表現した音楽性で頭角を表した次世代のラッパーです。

また、高校では少林寺拳法部に所属し、茶道も嗜むなど、多彩な一面もあります。

MCバトルにも積極的に参加し、MCバトルでも得意のトラップを使った斬新なスタイルで注目を集めています。

音源やライブだけでなく、MCバトルでもオリジナリティー溢れる世界観で注目を集める、HYOGO TRAP PRINCEことNidra Assassinを紹介します。

Nidra Assassinのプロフィール

出生名非公開
アーティスト名Nidra Assassin(ニドラ アサシン)
年齢1997年9月21日(現在24歳)
身長170cm
血液型A型
出身地兵庫県川西市
事務所
レーベル
公式サイトhttps://nidraassassin.com/
STEP.1
幼少期〜小学校時代

兵庫県川西市で生まれ、貧富の差が激しい街で育ちました。

STEP.2
高校時代

高校3年間は少林寺拳法部に所属し、市大会で4回優勝、最高成績は全国ベスト4と活躍しました。

STEP.3
2019年
自身が所属するクルー・Haga Cray名義でアルバム「葉隠」をリリースします。

ソロ名義で初めての音源である「DARK HORSE TAPE」をリリースします。

STEP.4
2020年
3150 (Remix) feat. NillNico」を発表してバズります。

Nidra Assassinは兵庫県川西市出身のラッパーでHaga Crayというクルーに所属しています。

現在24歳です。

別名はHYOGO TRAP PRINCEで、トラップとマンブルラップを取り入れた音楽性、混沌な世界を表現したリリックが特徴です。

音源がきっかけで注目を集めたラッパーですが、MCバトルでさらに注目を集めます。

MCバトルではリリックが聞き取りやすいスタイルで挑むラッパーがほとんどの中、Nidra AssassinはMCバトルでトラップを全面に出したスタイルで挑戦しています。

メイクやネイルを施したルックスも異彩を放ち、次世代のラッパーの中でも存在感を示しているラッパーです。

MEMO
甘いものが苦手で、好物はお肉

貧困差が激しい街で育つ

Nidra Assassinの生まれ育った兵庫県川西市は、大阪府との県境にある街です。

同級生は平家でボロボロの軽自動に乗っている貧乏な家庭と、高級住宅街に住み、レクサスに乗っている裕福な家庭もあるような環境でした。

貧困差があり、世の中の理不尽、不平等を幼い頃から感じながら育ちました。

MEMO
兵庫県川西市は大阪のベッドタウンであることが、貧富の差が激しい要因です。

音楽をする理由は人ため

Nidra Assassinが音楽をする理由は「人のため」です。

Nidra Assassin

聴かせたい誰かがいるから、音楽をしている。

聴かせたい人がいる限り、音楽を作り続けるという熱い気持ちを持っています。

Nidra Assassin

伝えることのない、メッセージ性のない音楽は寂しいと思う。

Nidra Assassinは音楽、ヒップホップを通じて自分の想いを伝える、メッセージ性を大切にしています。

高校時代の部活は少林寺拳法

Nidra Assassinは高校時代、少林寺拳法部に所属していました。

少林寺拳法部のある高校は首都圏に45校しかない、マイナーな部活動です。

部活は高校3年間続け、市大会で4回優勝、最高成績は全国ベスト4と、かなり強かったと語っています。

MEMO
茶道部には所属していませんでしたが茶道の心得もあり、流派は裏千家です。

シーシャ好き

Nidra Assassinは大のシーシャ好きです。

シーシャとは水タバコのことで、水パイプを使って楽しみます。

頻繁にシーシャを喫煙する画像をSNSにアップしていて、友達とシーシャを吸いに専門店やバーに行っています。

Nidra Assassin

電子タバコではなく、絶対に紙タバコ派です。

また、普段からタバコの喫煙者であることも公言していて、電子タバコではなく紙タバコ派です。

MEMO
愛煙している紙煙草の銘柄はセブンスターです。

Nidra Assassinのファッションのまとめ

愛用ブランド

Nidra Assassinのファッションは、ストリートブランドとハイブランドを組み合わせたストリートファッションです。

ヒップホップだけがルーツでないと感じさせる、ロックテイストの強い着こなしが特徴です。

また、ストリートブランドもSupremeなどの海外ブランドだけでなく、LI++Le’SALTER VENOMVといった国内ブランドも頻繁に着用しています。

衣装提供を受けているブランド

Nidra Assassinは、ストリートファッションブランドのLI++Le’S(リルエス)から衣装提供を受けています

LI++Le’Sは「小さい人でもストリートファッションを楽しむ、 わかる人にはわかる人」がコンセプトで、ブランド名は「Little + Street + Style」というコンセプトに由来した造語です。

ライブからプライベートまで、Nidra Assassinが愛用しているブランドです。

Nidra Assassinの髪型はブレイズ

Nidra Assassinの髪型はブレイズです。

トレードマークにもなっていますが、ブレイズは小分けにした髪の毛を、細かく三つ編みにした髪型を指します。

Nidra Assassin

初めてブレイズにしたのは、13歳の時だった。

通っていた中学校の校則が緩かったこともあり、13歳の時に初めてブレイズにしました。

B-BOYの定番ヘアスタイルですが、日本のラッパーでは珍しいヘアスタイルです。

注意
コーンロウと混合しがちですが、コーンロウは頭皮に編み込んでいくヘアスタイルなので別物です。

Nidra Assassinのタトゥー

彫っているタトゥー一覧
  • バニーとバンビ・・・左腕
  • 臆病なガーレッジくん、張り裂けそうな胸、包丁と心電図と有刺鉄線・・・右腕
  • ハート、ブルーアイズ・アルティメットドラゴン・・・胸
  • カグネと血のクリスタル(東京喰種)・・・頭

Nidra Assassinは両腕、胸、頭にタトゥーを彫っています

Nidra Assassin

頭のタトゥーはもはや顔の一部です。

ワンポイントでタトゥーを増やしていますが、アニメや漫画からインスパイアされたタトゥーが多いのが特徴です。

Nidra Assassin

特にハートとブルーアイズ・アルティメットドラゴンが気に入っている。

特にお気に入りのタトゥーは、胸に入っているハートとブルーアイズ・アルティメットドラゴンです。

Nidra Assassinの化粧

ホスト、ヴィジュアル系ライクな印象のあるNidra Assassinですが、その理由は化粧です。

特に目の周りの化粧に力を入れています

アイシャドウで目を大きく見せるメイクで、強い目力を実現しています。

Nidra Assassinのネイル

Nidra Assassinはメイクだけでなく、ネイルもしています

ネイルをしていないときもありますが、基本的にはデザインは定期的に変えつつネイルをしています。

特に話題となったのが、爪先だけドラゴンクエストはぐれメタルにしたデザインで、ファンも真似をしてSNSにアップするほどの人気です。

Nidra Assassinのラップスタイル

Nidra Assassinのラップスタイルは、トラップです。

Nidra Assassin

クルーではトラップだけでなく、1曲の中で色んなジャンルに挑戦しています。

HYOGO TRAP PRINCEを自称していますが、トラップを軸に幅広いジャンルの音楽性を取り入れています。

歌詞が聞き取りにくい」というリスナーの声からもわかるように、マンブルラップの要素も強いのが特徴です。

メロディアスなパートあり、オートチューンありの柔軟な音楽性です。

Nidra Assassinのおすすめの楽曲【厳選3選】

Nidra Assassinの混沌とした世界観を体感できる、おすすめの楽曲を3曲紹介します。

Nidra Assassin / really?!

Nidra Assassinの混沌とした精神世界を移したようなMVにも反映させた楽曲です。

中毒性のあるトラックとフローに、メッセージ性の強いパンチラインを散りばめています

Nidra Assassin

日本のラッパーと合わない温度

3150 (Remix) / NillNico × Nidra Assassin

Nidra Assassinの楽曲がヘッズに認知されるきっかけになった楽曲です。

ボクシングの亀田兄弟の父・亀田史郎の有名なフレーズ「3150」をトピックにした、ユーモアとメッセージ性を詰め込んだリリックが魅力です。

Nidra Assassin

アイツも言ってる3150 Fake IDならunknown vs fxxkな対応

Nidra Assassin / Night Butterfly (Remix) ft.Young J (HAGACRAY)

所属するクルーのHaga Crayから、Young Jを客演に迎えた楽曲です。

仲の良いメンバーとのマイクリレーはコンビネーション抜群で、Nidra AssassinとYoung Jの掛け合いがポイントです。

Nidra Assassinのディスコグラフィー

発売日タイトル収録曲数
2019年12月6日DARK HORSE TAPE5曲
2020年1月20日Blindfold play7曲
2020年6月19日Visual Trance Trap15曲
2021年4月2日ASMR5曲

Nidra Assassinは2019年に初のソロ名義の作品「DARK HORSE TAPE」をリリースしてから、コンスタントに音源をリリースしています。

リリース間隔は約半年と、かなりハイペースなリリースペースです。

1曲単位でコンスタントにリリースするラッパーはいますが、パッケージされたアルバム、ミニアルバム単位でのリリースペースとしては、他のラッパーとは一線を画します。

Nidra AssassinのMCバトルスタイル

Nidra Assassinは楽曲だけでなく、MCバトルでもトラップを全面に出したスタイルです。

MCバトルシーンの中には音源はトラップをメインにしているラッパーも多い中、MCバトルでもトラップを取り入れているラッパーは杞憂な存在です。

聞き取れない」と対戦相手にディスられる事もありますが、それでもトラップを貫く姿に、ヘッズから同業ラッパーにリスペクトされています。

Nidra Assassinのおすすめのバトル

トラップスタイルをMCバトルに持ち込んだ、Nidra Assassinのベストバウト、ルーツとも言える懐かしのバトルを紹介していきます。

ベストバウトはU-22 MCBATTLE 秋の祭典の対がーどまん戦

同世代の関西のラッパー兼YouTuberのがーどまんとのバトルを解説します。

Nidra Assassin

mother on the fuckin 420LIFE bitches don’t kill my vibes 次の扉開く瞬間 体は魔物 yeah 先天性 Nidra Assassin o-east live son of a son a bitch
はぁ?なにいってんこいつ まじで聞き取られへんかったけどな ラップが上手いだけじゃなくて聞き取りやすさも大事ってことを教えてやる

がーどまん

先攻のNidra Assassinは得意のトラップでリズミカルにラップしますが、がーどまんは「はぁ?なにいってんこいつまじで」の一言で会場をロックします。

Nidra Assassin

俺の匙で投げるぜ 頭切れる主電源

スキルだけで俺はスキルだけで突き抜ける

スキルだけでなんやねん?スキルだけでスキルだけでって 同じことの繰り返しでなにがおもろいか分かれへん

お前の方が切れてるって主電源

がーどまん

どれだけディスられても自分のスタンスを曲げないNidra Assassinに、がーどまんNidra Assassinのラインを拾いつつ、ユーモアを交えてアンサーしていきます。

Nidra Assassin

ラップ下手なやつの言い訳 僕のバースが聞き取れません
ラップ売れないやつの言い訳 下手な奴は俺のラップ理解できません

ドレッド似合うのは俺の相方

がーどまん

Nidra Assassinは初っ端にトラップを捨てて「ラップ下手なやつの言い訳 僕のバースが聞き取れません」とわかりやすくラップしますが、がーどまんも同じフロウで「ラップ売れないやつの言い訳 下手な奴は俺のラップ理解できません」とカウンターを返します

最後にはがーどまんのYouTubeチャンネルの相方であるMYのことも挙げ、勝負が決まりました。

懐かしのバトルはサイファーの対じょう戦

西宮サイファーで行われた、じょうとの懐かしのバトルを解説します。

チャンチャカチャンの韻のリズムはやめてくれよ

穴にバチバチ放るさ

じょう

Nidra Assassin

穴にバチバチ放るってどういうことやねん

今日あなたを越える

またまてまて だからそのタンタカタンのリズムやめろ言うてるやん

モノマネMC興味がない

じょう

Nidra Assassin

結局会話ができない

それでタンタカタンって お前のこのフロウがどれだけタンタカタンやねん タンタンタンって頭大丈夫か

まだ幼さが残るNidra Assassinはラップスタイル、ファッションスタイルともに、今のスタイルとは全く違います

関西弁を取り入れたいわゆる「量産型」のスタイルですが、ビートアプローチや言葉選びには光るものがあります。

じょうフロウ豊かなディスにも一歩も引かず、相手のラインを拾ってアンサーを続けたNidra Assassinに軍配が上がりました。

Haga Crayとは?

メンバー
  •  Nidra Assassin
  • Dutch Rowz
  • Daljae
  • Young Jeras

Haga Crayは、Nidra Assassin、Dutch Rowz、Daljae、Young Jerasの4人のMCからなるクルーです。

Nidra Assassin

Million Wiredから、ラップ部隊として派生した。

母体は兵庫県川西市を拠点に活動するクルーのMillion Wiredから、ラップをするクルーとして派生しました。

Nidra Assassin

メンバーとは一緒にいる時間が長い。

Haga Crayのメンバーとは一緒にいる時間が長く、ライブなどの音楽活動、プライベート問わず、行動を共にしています。

Nidra Assassin

何も言わなくてもわかってくれる、通じ合った関係ですね。

言葉を交わさなくても通じ合うほど、絆の強いクルーです。

Nidra Assassinの仲の良いラッパー

仲の良いラッパー
  • Haga Cray
  • RAU DEF
  • EDWARD(我)
  • RIZA
  • Non-Sina

Nidra Assassinは、関西の同世代のラッパーと交流しています。

バトルに頻繁に出場していますが、Nidra Assassinの主戦場がライブ、音源ということもあり、音源に力を入れているラッパーと仲が良いのが特徴です。

同じトラップ系のラッパーと、頻繁に楽曲、ライブで共演しています。

EDWARD(我)

 

この投稿をInstagramで見る

 

(我)(@edward.rrz)がシェアした投稿

Nidra Assassinは、京都出身の同世代のラッパーであるEDWARD(我)と親交があります

もともとNidra Assassinの大ファンだった。

EDWARD(我)

Nidra Assassinの大ファンだったEDWARD(我)が、DMを送ったことで仲良くなりました。

なんで仲良くなったかは謎です(笑)

EDWARD(我)

EDWARD(我)の楽曲「Drop」のリミックスをNidra Assassinに依頼し、スタジオで制作したことが初共演となりました。

Nidra Assassin

EDWARD(我)はマジでやばい!
いつも褒めてくれる。

EDWARD(我)

お互いに切磋琢磨し合える、良好な関係を築いています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA