【最強】一番キマるヤバイCBD

RYUZOのプロフィール(年齢・出身・生い立ち)のまとめ

RYUZOのプロフィール

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

RYUZOは京都出身のラッパー、プロデューサー、実業家です。

京都で伝説と呼ばれているクルー・MAGUMA MC’s、TOKONA-X擁するM.O.S.A.D.OZROSAURUSと結成したユニット・YOUNGGUNZを経て、ソロ名義のRYUZOとして、常に日本語ラップシーンの最前線で活躍するラッパーです。

ラッパーとしてだけでなく、インディペンデントレーベル・R-RATED RECORDSのCEOとしてANARCHYを発掘するなど、プロデューサーとしての手腕も発揮しています。

その精力的な活動はキャリアを重ねた今でも留まることを知らず、オーディション番組「ラップスタア誕生」のオーガナイズ、飲食店の経営など、多岐にわたります。

リビングレジェンドでありながら、常にシーンに絶大な影響を与え続けるRYUZOについて紹介します。

RYUZOのプロフィール

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ryuzorrated(@ryuzorrated)がシェアした投稿

出生名森 隆三(もり りゅうぞう)
アーティスト名RYUZO(リュウゾウ)
年齢1977年5月10日(現在44歳)
身長非公開
血液型A型
出身地京都府
事務所R-RATED RECORDS
レーベルR-RATED RECORDS
公式サイトhttps://twitter.com/ryuzorrated
STEP.1
幼少期
1977年5月10日に京都府で生まれました。
STEP.2
1994年
17歳のときに、ラッパーとして活動を始めます。
STEP.3
1995年
N.O.BとともにMAGUMA MC’sを結成し、京都を中心に全国で名前を知られるようになります。
STEP.4
2003年
MAGUMA MC’sとしてアルバム「MASSIVE」でメジャーデビューを果たします。
STEP.5
2005年
インディペンデントレーベル・R-RATED RECORDSを設立し、CEOに就任します。

R-RATED RECORDSからミニアルバム「RELOADED」をリリースし、ソロデビューを果たしました。

RYUZOは京都府出身のラッパー、プロデューサー、実業家です。

1977年5月10日生まれの、現在44歳です。

17歳でラッパーとしてキャリアをスタートさせ、N.O.BとともにMAGUMA MC’sを結成し、京都で熱狂的な人気を集めました

MAGUMA MC’sとしての活動に留まらずTOKONA-X擁するM.O.S.A.D.OZROSAURUSとともに結成したYOUNGGUNZ、ソロ名義のRYUZOとしての活動も有名です。

その後、京都の若手ラッパーに光を当てるためにR-RATE RECORDSを設立し、CEOとしてANARCHYをプロデュースするなど、ラッパーだけでなくプロデューサーとしても手腕を発揮しています。

他にも、複数の飲食店を経営する実業家、オーディション番組「ラップスタア誕生」のオーガナイズなど、キャリアが20年を超えた現在もシーンの最前線に君臨するリビングレジェンドです。

R-RATE RECORDSのCEO

RYUZOは、2005年にKeeraLA BONOANARCHYとともに、インディペンデントレーベル・R-RATE RECORDSを設立しました。

RYUZO

僕とLA BONO、Keera、ANARCHYの4人でR-RATE RECORDSを始めた。

RYUZOはR-RATE RECORDSでラッパー、プロデューサーとしてだけでなく、CEO(最高経営責任者)としても手腕を振るっています

RYUZO

これでゲットーに光が当たる。

ANARCHYを始め、RUFF NECKLA BONOといった埋もれていた京都の若手アーティストをフックアップし、シーンに京都の存在をアピールするべく尽力を尽しました。

MEMO
R-RATEDは日本語で「R指定(成人向け)」という意味です。

レーベル誕生秘話

MAGUMA MC’sでの活動に行き詰まりを感じていた時期に、東京のフィメールラッパー・Keeraと出会ったことがR-RATE RECORDSの誕生のきっかけです。

京都のラッパーでいい曲ない?

Keera

RYUZO

ANARCHYっていう可愛がっているラッパーがおるけど、格好良くない?

東京から京都へ遊びに来ていたKeeraが、RYUZOに京都の格好いいラッパーについて聞かれ、RYUZOANARCHYの楽曲を聴かせました。

格好いいどころじゃない。これは日本のシーンが変わる。

Keera

Keeraのこの一言が引き金となり、RYUZOANARCHYLA BONOに声をかけ、4人でR-RATE RECORDSを設立します。

MEMO
RYUZOはANARCHYのデビューにあたり、日本中のいいトラックメイカーからトラックを集め、Nasの「illmatic」のようなアルバムを作ることを目標に掲げました。

所属アーティスト一覧

所属アーティスト一覧
  • RYUZO
  • LA BONO
  • Keera
  • ANARCHY
  • RUFF NECK(ANARCHY、JC、NAUGHTY、YOUNG BERY、DJ AKIO)
  • GAZZILA
  • SMITH-CN
  • THUGMINATI(T.O.P. 、DJ 8MAN)

設立メンバーはRYUZOLA BONOANARCHYKeeraの4人です。

Keeraはラッパーとして音楽活動をする傍ら、ホームページ制作やSNSを駆使したマネージメントも担当しています。

2012年にはGAZZILA、SMITH-CN、THUGMINATI(T.O.P. 、DJ 8MAN)が正式にアーティスト契約を結び、R-RATE RECORDSに加入しました。

MEMO
設立メンバーで唯一、Keeraが東京出身です。

複数の飲食店を経営する実業家としての顔

経営店舗一覧
  • レコードバー・BLOODY ANGLE
  • セレクトショップ・DOMICILE TOKYO
  • ジェントルマンズクラブ・MADAM WOO TOKYO
  • 音楽酒場・翠月 -MITSUKI-
  • レコードバー・BLOODY ANGLE DOUGEN TONG

RYUZOは5つの飲食店、セレクトショップを経営する実業家としても活動しています。

RYUZO

もうヒップホップのトレンドを追えなくなっていた。

ヒップホップシーンのトレンドを追えなくなっている自分に気付き、RYUZOは音楽活動に行き詰まりを感じていました。

そんなRYUZOにクリエーターチーム・BCDMGに所属するLostFaceが、

俺のレコードを使って一緒にバーをやりませんか

LostFace

そう声をかけられたことがきっかけで、レコードバー・BLOODY ANGLEをオープンに至ります。

RYUZO

BLOODY ANGLEのオープンがきっかけで、お店のプロデュースに目覚めた。

BLOODY ANGLEをオープンさせたことで、RYUZOは店をプロデュースすることに目覚めました。

MEMO
BCDMGのLostFaceは日本屈指のレコードコレクターです。

ラップスタア誕生を発案!

歴代優勝者

RYUZOは、2017年にAmeba TVでスタートしたオーディション番組「ラップスタア誕生!」を立案し、オーガナイズを務めています。

RYUZO

フリースタイルブームへのカウンターとして番組を立案した。

フリースタイルブームが加熱するシーンに対し、そのカウンターとして、楽曲にフォーカスを当てた次世代のラッパーを発掘するための番組です。

優勝したラップスタアには、賞金300万円が贈呈されます。

これまで4回開催され、DAIA(Season1)、LEON a.k.a. 獅子(Season2)、¥ellow Bucks(Season3) 、Ralph(RAPSTAR2020)が優勝しています。

構想は伝説の番組「三宅裕司のいかすバンド天国」

ラップスタア誕生!の構想は、1989年から1990年に放映されていた伝説のバンドオーディション番組「三宅裕司のいかすバンド天国」です。

三宅裕司のいかすバンド天国」はたまBLANKY JET CITYBEGINなどの人気バンドを輩出しています。

RYUZOAmeba TVを運営するサイバーエージェントの社長である藤田晋に、

RYUZO

ラッパー版のイカ天をやらせてください。

と、直談判したことがきっかけで、ラップスタア誕生!が誕生しました。

MEMO
「三宅裕司のいかすバンド天国」の通称は「イカ天」で、2007年に一夜限りの復活を果たした伝説の番組です。

RYUZOとフリースタイルダンジョン

RYUZOは、フリースタイルダンジョンを見て、フリースタイルブームが加熱するシーンに疑問を感じていました。

RYUZO

ヒップホップはフリースタイルだけじゃない。ヒップホップはもっと深いものだ。

RYUZOにとってのヒップホップは「フリースタイルバトルのディスりあった後に、笑って合うスポーツのような側面だけではなく、もっと深いもの」という考えです。

RYUZO

リリックから生きるヒントや痛みを感じることこそがヒップホップだと思う。

RYUZOのヒップホップの楽曲から生きるヒントであったり痛みであったり、そういった人生を変えるようなリアルを感じてほしいという熱い気持ちが、ラップスタア誕生!の立案に繋がりました

RYUZO

ラッパーは生き様を音楽で表現する。それがヒップホップの格好良さだと思っている。
MEMO
RYUZOが藤田晋社長に直談判した際、酔いながら拗ねて電話をした。

RYUZOのファッションのまとめ

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ryuzorrated(@ryuzorrated)がシェアした投稿

愛用ブランド

RYUZOファッションスタイルは、初期はゴリゴリのB-BOYファッションでしたが、最近は綺麗めなストリートスタイルです。

RYUZO

ファッションと音楽は繋がりがが強い。特にヒップホップカルチャーはそうだ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ryuzorrated(@ryuzorrated)がシェアした投稿

RYUZOは「ファッション=カルチャー」という思いが強く、SupremeNEW ERAなどの歴史のあるブランドから、

Infinite ArchiveAWGEといった新進気鋭のブランドまで幅広く着用しています。

特にお気に入りのブランドはSupremeで、活動を始めた頃から現在に至るまで愛用しています

MEMO
RYUZOはデビュー当初は京都でBELLY、2017年からはDOMICILE TOKYOというセレクトショップを経営しています。

RYUZOのラップスタイル

ラップスタイル
  • ハスキーボイス
  • アウトローな人生を綴った力強いリリック

RYUZOのラップスタイルは、アウトローな人生を綴った力強いリリックをハスキーボイスの男らしい声でラップするスタイルです。

地を這うような低い声でイリーガルなトピックをラップしていて、マグマのように熱く、男らしさ全開のスタイルがヘッズから支持されている理由です。

ヒップホップの黄金期である90年代ニューヨークのスタイルの影響が色濃く、ヒップホップや仲間に対する愛の強さが感じられる楽曲は、ヒップホップリスナーなら誰もが心を揺さぶられます。

ラップを始めたきっかけは同い年のカリスマ

RYUZOがラップを始めたきっかけは、高校時代に出会った同級生です。

RYUZO

同級生にカリスマがいて、そいつがきっかけでラップをするようになった。

当時仲の良かった同級生にヒップホップを教えてもらい、その同級生がラップを始めたことで、RYUZOもラップを始めました。

RYUZO

その同級生はカリスマだった。ヒップホップを知ってから、クラブに入り浸るようになった。

RYUZOはその同級生をカリスマと呼んでいて、ラッパーになるきっかけを与えてくれた存在です。

RYUZO

京都のクラブで見たRHYMESTERに衝撃を受け、MAGUMA MC’sを結成した。

京都のクラブで見たRHYMESTERのライブに衝撃を受け、N.O.Bとともに2MCのクルー・MAGUMA MC’sを結成し、本格的にラッパーとしてのキャリアをスタートさせました。

RYUZOの憧れはJAY-Z

RYUZOが憧れるラッパーは、アメリカ・ニューヨーク出身のレジェンドラッパーのJAY-Zです。

JAY-Zはラッパーとしての活動だけでなく、レコード会社・Roc-A-Fella Recordsの設立、運営、プロデューサー、実業家としても、幅広く活躍しています。

RYUZOは楽曲「THE STORY」で、

RYUZO

Roc-A-Fellaみたいに いつかなろうと

とラップしていることからも分かるように、JAY-ZがRYUZOの音楽活動のルーツになっています。

注意
のちにRoc-A-Fella Recordsの創設メンバーのDamon “Dame” Dashと出会い、プロジェクト・24 HOUR KARATE SCHOOL JAPANに繋がりました。

RYUZOのおすすめの楽曲【厳選3選】

RYUZOの仲間、ヒップホップへの愛が溢れた、ヘッズなら誰もが首を振ってしまう、おすすめの楽曲を3曲紹介します。

RYUZO / HATE MY LIFE

日当で働く塗装業者、水商売をするシングルマザー、DJになる夢を追って上京した若者の生活を、それぞれの視点でラップした楽曲です。

三者三様の悩みを抱えつつ、現状の生活に一筋の光を見出したリリックは、RYUZOリリシストであることを再確認できる名曲です。

RYUZO

さぁ靴を磨いて外の世界へ 忘れかけてた今日はFriday クソったれでも1度の人生 お前次第で Yeah Yeah Yeah
注意
フックの「かみでもまいて外の世界へ」の部分は「紙でも巻いて外の世界へ」「髪でも巻いて外の世界へ」「紙でも撒いて外の世界へ」と、それぞれの視点に合わせたリリックになっている。

RYUZO / THE STORY

これまでRYUZOが歩んできたラッパーとしての「物語=STORY」を綴った楽曲です。

RYUZOの親交がある全国のラッパーが出演したMVも豪華で、常にシーンの最前線で戦ってきたRYUZOだからこそ書ける、説得力のある力強いリリックが魅力です。

RYUZO

秋の終わりの寒い夜 泣きじゃくった友からのコール ウソだと言ってくれと神に祈る TOKONA-Xは天に昇る

RYUZO / THE R

タイトルはRYUZO、R-RATED RECORDSの頭文字のRから取っていて、世の中に蔓延る偽物に中指を立てた楽曲です。

芯が通った男気を感じられる、RYUZOの代表曲です。

RYUZO

FUCK 偽物 FUCK バビロン
MEMO
MVには「R-RATED RECORDSのレコードは、警察に追われるほどヤバいもの」というメッセージが込められています。

伝説のMAGUMA MC’sとは?

メンバー
  • RYUZO
  • N.O.B
STEP.1
1995年
RYUZON.O.Bの2MCスタイルでMAGUMA MC’sを結成します。
STEP.2
2003年
2003年3月19日に初のシングル「MGM」を全国流通でリリースします。

2003年12月17日にアルバム「MASSIVE」でメジャーデビューを果たします。

MAGUMA MC’sは、RYUZON.O.Bの2MCからなるクルーです。

MAGUMA MC’sは自分にとって衝撃的だった。

ANARCHY

1995年に結成し、当時の京都で人気だったイベント・地熱で年間4000人を集客するなど、京都で熱狂的な人気を誇っていました

結成のきっかけは、イベント・地熱でたった6人の観客の前でラップするRHYMESTERのライブを見たことです。

この6人の観客の中にRYUZON.O.Bが居て、RHYMESTERのライブに感動して意気投合し、MAGUMA MC’sが結成されました。

現在は自然消滅的に解散をしていますが、解散理由は明かされていません。

YOUNGGUNZとは?

メンバー

YOUNGGUNZは、MAGUMA MC’s(RYUZO、N.O.B)、OZROSAURUS(MACCHO、DJ TOMO)、M.O.S.A.D.TOKONA-X、AKIRA、”E”qual、DJ Fixer)の3つのクルーからなるユニットです。

横浜、名古屋、京都のそれぞれの地区で名を馳せていた当時の若手ラッパーが集い、2001年に結成されました。

初めて発表されたYOUNGGUNZ名義の楽曲は、OZROSAURUSのアルバム「ROLLIN’045」の収録曲「YOUNGGUNNZ feat. M.O.S.A.D.,MAGUMA MC’S」です。

残念ながらYOUNGGUNZとしての名義で、単独音源はリリースしていません。

RYUZOの仲の良いラッパー

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ryuzorrated(@ryuzorrated)がシェアした投稿

仲の良いラッパー

RYUZOは顔が広く、全国のラッパーと交流があります。

同世代のOZROSAURUS、M.O.S.A.D.、妄走族とは古くからの付き合いで、友達でありライバルです。

RYUZO

YOUNGGUNZで一緒に活動していたOZROSAURUSやM.O.S.A.D.は、みんな友達です。

フライヤー配りにライブなど、自分の足を使って全国で活動してきたRYUZOは、全国の猛者と知り合い、切磋琢磨してきました。

1世代年上にあたるNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのことは「兄貴」と呼んでいて、リスペクトしています

TOKONA-Xとのアツい男の友情

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ryuzorrated(@ryuzorrated)がシェアした投稿

RYUZOTOKONA-Xは、京都と名古屋とレペゼンする街は違いますが、ライバルかつ親友です。

RYUZO

TOKONA-Xとはガキの頃から仲が良かった。

出会いのきっかけは、RYUZOがの免許を取ったばかりの18歳のときに、毎週のように名古屋のクラブに遊びに行っていて、そこでTOKONA-Xと出会いました

すぐに意気投合した2人は、やがて楽曲でも共演するようになっていきます。

RYUZO君がANARCHYをプロデュースしやなあかん。じゃないとリスペクトできへん。

TOKONA-X

逝去する直前、TOKONA-Xが京都へ来た際にRYUZOの目を見て真剣にANARCHYのプロデュースを勧めたことが、R-RATED RECORDSの設立に繋がりました

MEMO
TOKONA-X逝去後も追悼イベントに参加したり、楽曲でネームドロップしたりと、2人の熱い友情を感じられます。

ANARCHYとの年齢を超えた関係

RYUZOとANARCHYは、年齢を超えた深い絆で結ばれた関係です。

俺がRYUZO君を見る目は、皆がキングギドラを見る目と一緒。憧れの存在です。

ANARCHY

ANARCHYとの出会いは、RYUZOMAGUMA MC’sとして活動していた時期です。

RYUZO

ANARCHYが中学生の頃、MAGUMA MC’sのライブに乗り込んできた。入れ墨も入ってるし「なんやコイツ」と思った。

ANARCHYがラップを始めたことも知っていましたが、RYUZOANARCHYを自分のクルーに入れたり、プロデュースしたりすることはありませんでした。

RYUZO君がANARCHYをプロデュースしないなら、俺がやるで。

TOKONA-X

ANARCHYをプロデュースしやんかったら、ANARCHYはどうやって陽の目を浴びるの。

Keera

RYUZO

俺もANARCHYをヤバいと思っていたが、周りに言われて改めてANARCHYはヤバいやつだと再確認した。

周りから「ANARCHYをプロデュースするべき」と背中を押され、ANARCHYプロデュースをする決意をしました。

RYUZO

ANARCHYは俺が指図せず、アーティストとして扱うべきだと思っていた。

RYUZOは年齢の離れた後輩のANARCHYを対等のアーティストとして接し、ANARCHYもRYUZOをボスとして慕う、リスペクトし合う関係です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA