【最強】一番キマるヤバイCBD

MACCHO(マッチョ)の年齢・身長・生い立ちは?【オジロザウルス】

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

MACCHOマッチョ)は、神奈川県横浜市出身のラッパーです。

多くのラッパーにリスペクトと影響を与えた、レジェンドラップクルーのOZROSAURUS(オジロザウルス)のリーダーとして活躍しています。

日本語ラップ黎明期の90年代から現在に至るまで、常に最前線で活躍を続けているラッパーです。

数々の客演や精力的なライブ活動に音源リリースなど、フレッシュさを失わないHIP HOP至上主義なスタンスもリスペクトを集めているMACCHOのプロフィールをまとめました。

MACCHOのプロフィール

OZROSAURUSのMACCHO1

出生名鈴木麻超(すずき まさあき)
アーティスト名MACCHO(マッチョ)
年齢1978年4月8日(現在43歳)
身長168cm
血液型A型
出身地横浜市磯子区
事務所
レーベル
公式サイトhttps://ozrosaurus.amebaownd.com
ブログhttps://ameblo.jp/ozrosaurus-blog
STEP.1
幼少時代~小学校時代
1978年4月8日に横浜市磯子区で生まれる。
横浜市南区六ツ川に引っ越す。
STEP.2
中学校時代
14歳の頃にDS455kayzabroと出会い、ラップを始める。
STEP.3
高校時代
武相高校に入学するも中退。
TV出演や雑誌で取り上げられるほど、すでにラッパーとして注目を集める。
STEP.4
1996年
DJ TOMOとHIP HOPユニット、OZROSAURUSを結成する。
STEP.5
1997年
ミニアルバム「ライム・ダーツ」をリリースし、メジャーデビューを果たす。
STEP.6
2001年
1st Full Album「ROLLIN’045」を発表し、ロングセラーを記録する。

MACCHO(マッチョ)は、神奈川県横浜市磯子区で生まれました。

その後、横浜市南区六ツ川に引っ越し、以降横浜を拠点に活動を続けているラッパーです

彼がラップを始めたのは、14歳の時にkayzabroと出会い、彼にラップをやるよう勧められたのがきっかけでした。

kayzabroが所属していたラップクルーDS445(ディーエスフォーダブルファイブ)に所属し、本格的にラップ活動を始めます。

高校時代にはすでにTV出演を果たし、大物の風格を披露しています。

1995年にはMC MACCHO名義で「Club WILD.B」というコンピレーションアルバムに参加しています。

1996年、DJ TOMOとラップクルーOZROSAURUS(オジロザウルス)を結成します。

ミニアルバム「ライム・ダーツ」のリリースを経て、2001年に発表したフルアルバム「ROLLIN’045」は、8万枚を超えるロングヒットを記録します。

2003年にはセカンドアルバム「JUICE」をリリースしましたが、MACCHOが交通事故で瀕死の重傷を負いますが奇跡的に生還するという事件がありました。

2004年には盟友DJ TOMOOZROSAURUS脱退や、2007年には表現を巡るレーベルとの対立などのトラブルもありました。

しかし彼は常に己のHIP HOPと対峙し続け、OZROSAURUSを新たにバンド形態で活動を始めるなど、現在も精力的にHIP HOPの最前線に立ち続けている伝説のラッパーです。

MACCHOは結婚している?

MACCHOは結婚しているのでしょうか。

彼は今までメディアに対し、彼女や結婚などについては一切公表していません。

目撃情報なども少なく、ネット上の噂だけにとどまっています。

しかし、インタビューやライブ等で左手の薬指に指輪をはめているのを度々確認できていることから、結婚している可能性は十分に考えられます。

ネット上で彼の結婚について調べていると、奥様は一般人で、とても綺麗な方だというコメントもあります。

MACCHOはハーフ?

MACCHOは日本人離れした顔の彫の深さや、がっしりと体格からハーフではないかという噂があります。

しかしMACCHO自身が日本人の両親から生まれたことを公言しているため、ハーフではありません。

生まれも育ちも神奈川県、両親ともに日本人という純粋な日本人です。

MACCHOの愛用ファッションブランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

OZROSAURUS(@ozrosaurus_official)がシェアした投稿

愛用ブランド
  • Lafayette
  • ALLY&DIA
  • NEW ERA
  • RUCK FIELD
  • AIR JORDAN
  • FUN
  • After Midnight
  • ASSASSYN JEANZ
  • VANTAGE
  • Mitchell&Ness
  • 横浜ベイスターズ

MACCHOファッションスタイルは、デビュー当時はいわゆるウェッサイ、ローライダーファッションが特徴でした。

徐々にサイジングもスリムなストリートファッションに移行しています。

また、横浜発のブランドであるLafayetteALLY&DIA、NINE RULAZを愛用していて、音楽だけでなくファッションでも横浜をレペゼンする姿勢を見せています。

MACCHOがプロデュースしているブランド

プロデュースブランド
  • ASSASSYN JEANZ
  • VANTAGE
  • Mitchell&Ness
  • 横浜ベイスターズ

MACCHO自身もアパレルブランドのコラボに数多く携わっています。

ローライダースタイル好きにも人気が高いASSASSYN JEANZは、彼をプレゼンターにスタートしたウエストコーストスタイルと横浜テイストをMIXしたHIP HOPブランドです。

他にもMACCHO自身が影響を受けたカルチャーを反映させたVANTAGEといったブランドのプロデュース、Mitchell&Ness横浜ベイスターズとのコラボアイテムもリリースしています。

MACCHOのタトゥー

OZROSAURUSのMACCHO

タトゥー
  1. 右腕・・行く我が道
  2. 左腕・・神のみ知る

MACCHOの両腕には、彼のシンボルともいえるタトゥーが刻まれています。

右腕には行く我道、左腕には神のみ知るという文字のタトゥーが入っています。

このタトゥーは、彼がプロデュースしているブランド、VANTAGEのデザインとしても使用されたことがあります。

この2つの言葉が彫られている真意についてMACCHO自身が明言したことはありませんが、寡黙な彼の強い意志を感じることができます。

MACCHOがバイクで事故!生死を彷徨い奇跡の生還

MACCHOは2003年に、バイクで事故を起こしていました。

かなり大きな事故で、事故直後は死亡説などの噂も囁かれるほどでした。

一時は生死を彷徨いましたが、彼は見事に奇跡の生還を果たしています。

完治していないにも関わらず杖をついてライブをするなどそのストイックな姿勢は多くのファンの心を熱くさせました。

MACCHO

(あの事故から)責任感が増してきている。…今はこれが俺の天職だと本気で思っている。

事故を経験し、さらに音楽に対してストイックになっていったと話しています。

MACCHOのラップスタイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

OZROSAURUS(@ozrosaurus_official)がシェアした投稿

ラップスタイル
  • ウェッサイ・G-Funkを基調としたサウンドメイク
  • 個性的な声とパンチラインの多さ
  • はっきりとした発音のフロウ

OZROSAURUSの楽曲は、アメリカ西海岸のローライダースタイル、いわゆるウェッサイサウンドが特徴的です。

初期はDS455直系と言える、ウェッサイのラグジュアリーなサウンドを昇華させた楽曲が多くありましたが、サードアルバム「Rhyme&Blues」以降はウェッサイサウンドは薄れ、無骨なビートの楽曲が増えています。

サンプリングに生楽器を加えたいわゆるG-Funkを日本のラップシーンで昇華させた第一人者とも言えます。

またリリックにおけるパンチラインの多さは、彼の最大の魅力です。

MACCHO

リリックの中身は自分の分身

どの口が、何言うかが肝心

MACCHO

俺なりの言葉しかホンモノのやつは認めねえだろ

だって宇宙で俺は俺だけだしな

また横浜の市外局番である「045」を前面に押し出していて、のちに「045スタイル」と呼ばれるスタイルを確立しています。

MACCHOがラップをはじめたきっかけ

MACCHOは当時としてはかなり珍しく、14歳の時にラップを始めています。

DS455メンバーのkayzabroが経営する服屋に頻繁に遊びに行っていて、そこで彼からラップをやるようにすすめられたのがきっかけで本格的にラッパーの道へ進みました。

高校生の頃にはすでにラッパーとして頭角を現し、MC MACCHOとしてTV出演を果たしています。

ラップを始めた頃はウェッサイサウンドに大きく影響を受け、MACCHOの代名詞であるダミ声ではなくナチュラルな声でのラップでした。

MACCHOとTOKONA-Xの関係

MACCHOと名古屋の伝説的ラッパーTOKONA-Xは、実は運命的な関係にあります。

MACCHOTOKONA-Xは同じ1987年生まれの同い年ということに加え、実は2人とも南区六ツ川育ちでもあります。

TOKONA-Xは小学校卒業まで南区六ツ川で生活をしていて、MACCHOとは隣町という近い距離にいました。

MACCHOは隣町に本名の竜一から「リュウ」と呼ばれるTOKONA-Xの存在を知っていて、お互いにラッパーとして活動するようになり再会、そしてマイメンと呼べる関係へとなります。

2人の幼少期についてはTOKONA-Xのクラシック「Where’s my hood at? feat. MACCHO」で語っています。

MACCHO

13 14の頃から知ってたその名

南区六ッ川 横浜の街でもな

この町の出だ あの

尾張名古屋のBIG若旦那

懐かしさよりもいっつもファンだ

何処か濱の匂いがしたんだ

若くして伝説となり亡くなってしまったTOKONA-Xと、今でも生けるレジェンドとして日本語ラップ界に君臨し続けるMACCHOの間には、リスペクトという言葉では語り切れない絆があります。

TOKONA-XTOKONA-X(トコナエックス)の伝説・生い立ち・死因は?

OZROSAURUS(オジロザウルス)とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

OZROSAURUS(@ozrosaurus_official)がシェアした投稿

メンバー
  • MACCHO(MC)
  • DJ SN-Z(DJ)
  • 武史(ベース)
  • Bunta(ドラムス)
  • YD(ギター)
  • GUNHEAD(トラックメイカー)
  • DJ TOMO(元メンバー・DJ)

OZROSAURUSは、1996年にMACCHODJ TOMOの2人で結成されました。

DJ TOMOがバイトしていたレコード屋に、MACCHOが遊びに行っていたことがきっかけで意気投合し、誕生したクルーです。

結成翌年にはミニアルバム「ライム・ダーツ」を発表し、メジャーデビューを果たしています。

OZROSAURUSという名前は、オセロ、おじろ鷲という意味のOZROに様々な単語を組み合わせた造語SAURUSを足したことに由来します。

MACCHO

(おじろ鷲のように)目が鋭くて良い、というのを強調したかった。

2004年には方向性の違いによってDJ TOMOが脱退してしまいましたが、2011年にDJ SN-ZMACCHOの専属DJを経て正式加入します。

2015年にはベースの武史山嵐)・ドラムスのBuntaTOTALFAT)・ギターのYDCrystal Lake)・トラックメーカーのGUNHEADHABANERO POSSE)が加入し、新生OZROSAURUSとして現在も精力的に活動しています。

MACCHOの初レコーディング曲は「Nanatsuki」

MACCHOのデビュー曲は、1995年11月にリリースされたコンピレーション「CLUB WILD.B」に収録された「Nanatsuki」です。

まだOZROSAURUS結成前のMACCHOが若干17歳の頃にレコーディングされた楽曲です。

この曲はアルバムの最後を飾っていて、当時からの彼のラッパーとしての天性の才能が伺えます。

ラップトピックも「失恋」についてスピットしていて、OZROSAURUSではなかなか聴けないラブソングとなっています。

MEMO
CLUB WILD.B」は入手困難で、高額で取引されている。

MACCHO(OZROSAURUS)のおすすめ楽曲【厳選3選】

おすすめ楽曲3選
  • AREA AREA
  • The Phoenix ( will rise )
  • 曼陀羅

MACCHO率いるOZROSAURUSは、2021年現在8枚のアルバム・6枚のシングルを発表しています。

1996年にOZROSAURUSを結成して以来、多くのラッパーの憧れとして存在し、自らもHIP HOPの最前線に君臨し続けています。

そんな彼のおすすめ楽曲3曲を紹介します。

OZROSAURUS / AREA AREA

2000年11月にリリースされたシングルです。

この曲はOZROSAURUSの代表曲であり、日本のHIP HOPシーンのクラシックです。

様々なバトルでビートとしても使われているDJ PMXのトラックに、MACCHOの力強いラップが乗ります。

ちなみにこの曲は、もともとOZROSAURUS用ではなくDS455用のトラックだったという逸話も残っています。

MACCHO

ここからそこ エリアからエリア

そこからここ エリアからエリア

内から外 エリアからエリア

外から内 エリアからエリア

OZROSAURUS / The Phoenix ( will rise )

2005年にリリースされたシングルです。

その数年前、彼は交通事故に遭い生死をさまよっていました。

この曲のタイトル通り、「Phoenix=不死鳥」のように復活した彼の新しい想いを感じることができる曲です。

MACCHO

一度 死にかけたフェニックス Smokin’ Phillies

首に2Faceのヘッド Yellow White Red

ぶら下げて腕に光る Rolex時計

唸るBasslineとBeatzとRhyme

魂 込めて吐き出した Blues

OZROSAURUS / 曼陀羅

2015年に発表された、精鋭ミュージシャンを新メンバーに迎え入れ、新生OZROSAURUSとして発表された第一弾の楽曲です。

HIP HOP界の重鎮が放つ最新鋭のミクスチャーサウンドは、ファンに大きな衝撃を与えました。

新しいことに挑戦しながらも、想いはブレていないMACCHOのカッコよさを再認識できる曲です。

MACCHO

精神と時の部屋

呼吸はアブノーマル

イメージを殺すな

新天地は孤独だ

理解者には届くさ

OZROSAURUS(オジロザウルス)のおすすめの曲OZROSAURUS(オジロザウルス)のおすすめの曲は?厳選人気ランキング12選【隠れた名曲】

MACCHOとKREVAのビーフまとめ

2006年に勃発した、MACCHOKREVAとのビーフはコアなヘッズの中で伝説となっています。

発端は「Disrespect 4 U feat. ZEEBRA」で、MACCHOKREVADisしたことです。

MACCHO

ガキだまくらかす くそエリート

サビの唄のメロでへたれヒット

おりこうさんだが ナルシスト

それがあだで迷い込んだHip Hop

だがそれまでにしろおめーのラップごっこ

ここじゃ通用しねえおめーの学力も

特筆すべきは、特に2人ともお互いの名指しをすることなくラップのリリックのみでビーフが巻き起こったことです。

そのため一般的にはビーフが起きていることに気付かなかったファンも数多くいました。

日本語ラップ界に起きた歴史に残る正統派ビーフです。

この2人のビーフについては、下記の記事で詳しくまとめています。

MACCHO(マッチョ)とKREVAのビーフMACCHO(マッチョ)とKREVAの静かなるビーフ【アンサー合戦】

ラップクルーDS455とは?

主要メンバー
  • Kayzabro(MC)
  • DJ PMX(DJ)

DS455(ディーエスフォーダブルファイブ)は、KayzabroDJ PMXによって1989年に結成された、日本におけるアメリカ西海岸のカルチャーに影響を受けたウェッサイのパイオニア的存在です。

クルー名の「455」は、Kayzabroの地元である横浜市鶴見区の電話番号が「045-5」となっていることから名づけられました。

MACCHODS455には多大な影響を受けていて、ラップを始めた14歳の頃から数年間在籍し、脱退以降も頻繁に客演で共演しています。

また、服屋を経営しているKayzabroは、MACCHOがプロデュースしたファッションブランド、ASSASSYN JEANSにも関わっています。

音楽面のみならず、横浜をレペゼンするというスタイルも共通していて、MACCHOを語る上で欠かせない存在です。

MEMO
DS455は2018年12月29日をもって活動休止している。 

MACCHOの仲の良いラッパー

仲の良いラッパー

MACCHOは多くの硬派なラッパーとの交友があります。

NORIKIYOは同じ神奈川県をレペゼンするラッパーで、MACCHOをリスペクトしているとともに、楽曲で共演もしています。

高校生の頃から神奈川のキングはMACCHO君だから。

NORIKIYO

日本語ラップシーンを牽引してきた2人の強い想いを感じ取れる楽曲です。

ラップを始めたとき、話しかけてくれた1人がMACCHO君だった。

SEEDA

SEEDAとは、彼がラップキャリアをスタートさせた時からの良き先輩であり友人でした。

また、ZORNといった若いラッパーとの交流もあります。

2019年に発表された葛飾区と横浜市をレペゼンする2人の楽曲「Rep feat. MACCHO」は多くのヘッズの間で話題となり、iTunesシングル総合チャート1位を獲りました。

MACCHOのラッパーへの敬愛の姿勢が、多くのラッパーに愛されている理由だということがわかります。

般若

 

この投稿をInstagramで見る

 

般若(@hannyaofficial)がシェアした投稿

MACCHOのマイメンは、東京を代表するラッパー般若です。

MACCHO般若はお互い1978年生まれの同級生で、お互いにリスペクトを公言するマイメンでありライバルでもあります。

また、般若の奥さんでありシンガーのSAYとは、お互いDS445のメンバーだったこともあり、家族ぐるみで仲が良いことが知られています。

MACCHO,NORIKIYO,般若&DABOの「BEATS&RHYME」や般若の「ジレンマ feat. MACCHO」を始め、数々の楽曲での共演やSNSでも仲の良い姿が度々アップされています。

お互いに孤高の存在と評されるラッパーですが、黎明期から日本語ラップを作り上げてきた中での固い絆があります。

般若のプロフィール(年齢・出身・生い立ち)のまとめ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA