まるで本物?合法リキッドでキマる

ラッパーPONEYのプロフィール(読み方・出身・生い立ち)のwikiまとめ

ラッパーPONEY

広告及びプロモーションが含まれています。
画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

PONEYは山梨県甲斐市出身のラッパーです。

B-BOY PARK 2011での優勝を始めとするMCバトルでの輝かしい実績もありながら、これまで3枚のアルバムをリリースするなど、音源制作にも力を入れています。

最近では「47都道府県ストリートLIVEツアー」「48時間連続フリースタイルRAP」といった話題性のある企画で注目を集めているフリースタイラーです。

PONEYのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

UMB®︎(@ultimatemcbattle)がシェアした投稿

出生名非公開
アーティスト名PONEY(ポニー)
年齢1985年4月23日(現在38歳)
身長非公開
血液型非公開
出身地山梨県甲斐市
事務所松生プロダクション
レーベル松生プロダクション
公式サイトhttps://twitter.com/poney_official

PONEYは山梨県甲斐市出身のラッパーです。

幼少期から両親の影響で音楽は聴いていましたが、ヒップホップを聴き始めたのは高校生の時からでした。

友達に誘われていったライブで生のラッパーを見て「自分がやったらもっとヤバイ」と思い、ラップにのめりこんでいきます。

東京のフリースタイルジャンキーと言ったら俺かPONEYだと思う。ライバルだと思っている。

晋平太

ラップを始めたころからクラブで延々とフリースタイルをするほどのフリースタイラーで、B-BOY PARKULTIMATE MC BATTLEを始めとする様々なMCバトルへ出場して好成績をおさめます。

一時期は東京へ活動拠点を移していましたが現在は地元の山梨に活動拠点を移して、奥さんのサポートもありつつ、固定概念に囚われないアプローチで話題を作り続けているナイスパニックなラッパーです。

幼少期に聴いていた音楽〜初めて買ったCD

PONEYは幼少期に親の影響で、サザンオールスターズや松任谷由実などを聴いていました。

PONEY

初めて自分でCDを買ったのは小学校の時だった。

PONEYが初めて買ったCDは、B’zのシングル「LOVE PHANTOM」です。

アメリカのドラマ「X-ファイル」の主題歌で、そのドラマにハマっていたPONEYが「家でもドラマの世界観を味わいたい」という理由で購入しました。

MEMO
初めてCDを購入したのは10歳の時
CBDリキッドランキング

口癖「ナイスパニック」とは

PONEYを象徴する言葉「ナイスパニック」は、そのまま「ナイスなパニック」という意味です。

主催していたイベント「サンデイパニック」をきっかけに、これまで甲府で見たことのなかったサイファーが開かれていたことに感動して「ナイスパニックなんだけど」とPONEYが発したことで生まれました。

PONEY

ポジティブな意味で使ってもらえれば、どんなパニックな状況も打破できる。

本来の「パニック」は「恐慌、混乱」を意味するネガティブな言葉ですが、嬉しい時やどんなネガティブな状況でもこの言葉を発するだけでポジティブに捉えることができる魔法の言葉です。

MEMO
ナイスパニック株式会社も設立している

奥さんは「サキイさん」

 

この投稿をInstagramで見る

 

咲希依(@sakiiiiiiiiiiiii420)がシェアした投稿

PONEYは一般人の「サキイさん」と結婚していて、家庭を持っています。

PONEY

ファーストアルバムを出してから改名するまで、本当に辛い時期があった。けど、結婚は自分にとって大きなターニングポイントになった。

PONEYのラッパー人生はつらい時期もありましたが、結婚はPONEYの音楽活動、プライベートともに大きなターニングポイントになりました。

サキイさんはPONEYのよき理解者で、企画「47都道府県ストリートLIVEツアー」も帯同して、公私ともにサポートしています。

MEMO
本名は「咲希依(さきい)」さん

PONEYが山梨に住み続ける理由

PONEYは20歳の頃に上京しましたが、2011年の東日本大震災をきっかけに地元である山梨に戻っています。

PONEY

東日本大地震は自分の中でかなり衝撃的な出来事だった。音楽を聴くのも辛い時期もあった。

東京から山梨に戻ったきっかけは「山梨に結界を張るため」です。

東日本大地震をきっかけに富士山が噴火するという話を聞いて、結界を張るために山梨に戻ることを決意しました。

今後については「自分のやりたいと思うことによって合わせた場所に住みたい」という気持ちから、山梨に住み続けるかは未定と語っています。

MEMO
東京では無料案内所で働いていた

PONEYのラップスタイル

ラップスタイル
  • リリックが入ってくる声質
  • 心地の良いフロウ
  • ポジティブで力強いリリック

PONEYのラップスタイルの最大の魅力は、ラップ好きなら思わず勝手に身体が動いてしまう心地の良いフロウです。

言葉がひとつひとつしっかり耳に届くクセのないフロウと声質は、どんなビートにも負けないPONEYのラッパーとしての武器と言えます。

フロウ重視のラッパーにありがちな支離滅裂なリリックではなく、しっかりとメッセージのあるポジティブなリリックもPONEYの魅力です。

ラップを始めたきっかけ

PONEYが17歳の頃に、地元の友達だったラッパーのNAIKIとKTYが主催するイベントに遊びに行ったことがきっかけでラップを始めました。

PONEY

ライブは面白かったが「自分がやったらもっとヤバいのができる」と思った。

初めてイベントに行ってからKTYとお互いにヤバいと思った曲を聴かせ合ったり、フリースタイルをしたり、ラップにどっぷりハマっていきます。

ラップで食べていきたい」という気持ちはありませんでしたが、クラブでラッパーにフリースタイルを仕掛けては延々とラップをするなど、スキルを磨いていきました。

CBDリキッドランキング

stillichimiyaでの活動

メンバー
  • 田我流・・・ラップ
  • MMM ・・・ラップ
  • Mr.麿・・・ラップ
  • Big Ben・・・ラップ、トラック・メイキング
  • Young-G・・・ラップ、DJ、トラック・メイキング

stillichimiyaは田我流、MMM、Mr.麿、Big Ben、Young-Gの5人からなるムーブメントです。

2004年10月12日に山梨県東八代郡一宮町が、石和町、御坂町ら5つの近隣町村と合併して笛吹市になりましたが、この合併に反対した一宮町出身の田我流MMMMr.麿Big BenYoung-Gが中心になって結成されました。

PONEY

stillishimiyaのメンバーは全員、親戚のおにいちゃんのような存在です。

PONEYKTYに誘われてメンバーのYoung-Gのスタジオに遊びに行ったことがきっかけで知り合い、一時期はstillichimiyaのメンバーとして活動していました。

MEMO
ヒップホップクルーではなくて「ムーブメント」と呼称している

脱退の真相

PONEYは一時期stillichimiyaのメンバーとして活動していましたが、現在は脱退しています。

stillichimiyaMary Joy Recordingsに所属することに決まった2009年が、PONEYが脱退したタイミングです。

stillichimiyaは一宮町を拠点に活動を続けていましたが、当時は東京で活動していたPONEYの心境に「幼馴染ソウルと音楽をはっきり分けたい」という理由で脱退を決意しました。

PONEY

メンバーとわだかまりもないし、今でも仲がいい。

決して不仲で脱退したわけではなく、脱退後もメンバーと交流が続いていることをPONEYは明かしています。

47都道府県ストリートLIVEツアー

PONEYは2020年6月20日から2020年10月18日に、47都道府県ストリートLIVEツアーを敢行しました。

121日間、奥さんと2人でを使って全国行脚する過酷な旅です。

これまで改名前のPONY名義でフルアルバム2枚とシングル2枚をリリースしてきましたが、PONEYはこれまでのプロモーションに疑問を持ち続けていました。

PONEY

これまでプロモーションがうまくいかずに、せっかく音源をリリースしてもライブが数ヶ所しか決まってないこともあった。勿体ないことをしてきた。

2020年6月17日にPONEYに改名後、初のアルバム「ナイスパニック」のリリースにあわせて「アルバムを持って自分の足で全国でストリートライブをしながらSNSやYouTubeにアップする」というプロモーションを思い付きます。

しかし、PONEYは世帯持ちということもあり、PONEYだけの意見では実現しない企画でした。

意を決して奥さんに相談すると「面白そうじゃん」と二つ返事で了承を得て、夫婦2人での47都道府県ストリートLIVEツアーがスタートします。

MEMO
山梨日日新聞社でも取り上げられた

感動のフィナーレ

2020年6月20日、アルバム「ナイスパニック」のダウンロード、サブスク解禁にあわせて新宿駅南口から47都道府県ストリートLIVEツアーがスタートしました。

旅で使うトヨタレンタリース山梨からレンタルした「ナイスパニック」のラッピングを施したスペシャル仕様です。

1回目のストリートライブにはアルバム「ナイスパニック」に漢 a.k.a. GAMILIBROU-mallowDA-Dee-MIXの豪華ゲストが参加します。

奥さんがカメラを回して、PONEYはラップからDJまで1人でこなしながら続けた旅は、トラブルや様々な人との出会いがありながら、2020年10月18日に地元である甲府駅北口歴史公園でのファイナル公演にて見事感想しました。

MEMO
自分のでの旅は両トラブルやメンテナンスを考慮して断念した

ギネス記録「36時間フリースタイルRAP」

PONEYは2度に渡り「36時間フリースタイルRAP」というギネス記録に挑んでいます。

PONEY

2011年のB-BOY PARK MCバトルで日本一になった時、次の挑戦は世界一しかないと思っていた。コロナ禍で世間が暗くなっていたことも、ギネス記録に挑戦する大きな理由になった。

2021年9月に1回目の挑戦をしますが、YouTubeのアーカイブの「アーカイブとして残るのは12時間まで」という仕様により、ギネス記録に認定されませんでした。

2021年12月には2回目の挑戦をしますが、ギネス記録を申請する前に別のラッパーが「36時間36分」というギネス記録を更新したため、PONEYの挑戦は失敗に終わります。

MEMO
この企画がきっかけでテレビ番組「激レアさんを連れてきた。」に出演

クラウドファンディングで映画制作

2度の「36時間フリースタイルRAP」というギネス記録挑戦は残念な結果に終わりましたが、その挑戦を映画化するためにクラウドファンディングを募りました。

PONEY

この2回のギネス挑戦には様々な仲間の助けがあった。それを映像に残したかった。

3回目の挑戦「48時間連続フリースタイルRAP」への挑戦も表明していたこともあって話題になり、目標額の100万円を超える「1,423,500円」もの支援金が集まりました。

注意
クラウドファンディング中に「48時間連続フリースタイルRAP」の世界記録を達成

「48時間連続フリースタイルRAP」の世界記録に挑戦

2度のギネス挑戦に失敗したPONEYは、目標を36時間から48時間に再設定して「48時間連続フリースタイルRAP」に挑戦しました。

PONEY

2回の失敗の経験も活かすのはもちろん、挑戦を支えてくれている妻や仲間の想いに報いたかった。

トイレ、飲食中もやすむことなくラップし続けて、龍角散を舐めながら喉の痛みと戦う過酷な挑戦でしたが、3回目でようやく世界記録を更新しました。

クラウドファンディングも達成して、ドキュメンタリー映画「48 Hours of LIFE」の制作も決定しています。

MEMO
映画「48 Hours of LIFE」はDVD化予定

PONEYのおすすめの楽曲【厳選3選】

PONEYに真っ直ぐなラップ愛と人間性が伝わるおすすめの楽曲を厳選して3曲紹介します。

PONEY / kawaru

PONEYへ改名後の初のアルバム「ナイスパニック」の収録曲です。

これからの活動への意気込み、過去への懺悔、変わろうとする自分に対してのメッセージなどが詰まった、力強いリリックが心に刺さります。

PONEY

やるしかないって事なんてない 自分で選んできたこのlife 一体どこにあるんだ 答えは結果出すため必死にこらえた

PONY / SUKIKATTE feat. DOGMA, 漢 a.k.a. GAMI, LIBRO

BLACK SWANからリリースしたEP「PONY EP」の収録曲です。

DOGMA漢 a.k.a. GAMILIBROという9sari所属の強力なラッパー人が客演を固めて、タイトル通り「好き勝手」にラップをするマイクリレーは聴きごたえがあります。

PONEY

他にいなくね? こんな生き方 てな事ばっか するのがラッパー

PONEY / ジーザスウォーク feat. 梵頭, 裂固 & MC SNOW

岐阜のHIKIGANE SOUNDから梵頭裂固、MC SNOWが客演参加した楽曲です。

47都道府県ストリートLIVEツアーでの出会い、セッションがきっかけで制作されました。

チルなトラックと耳にすんなり入ってくるフロウとリリックが魅力です。

PONEY

どこにいるかより誰といるかで変わる世界 さあもうすぐ夜明け

PONEYのバトルスタイル

タイトル
  • リリックの聞き取りやすい声質、フロウ
  • 抜群のリズムキープ力
  • 的確なアンサー

PONEYのバトルスタイルの特徴は「リリックが聞き取りやすい声質、フロウ」です。

対戦相手にもオーディエンスにもしっかりと言葉が届くフロウは心地が良く、自然に身体が動きます。

どんなビートにも確実に合わせて、感情が高ぶってもブレることのないリズムキープ力の高さと的確なアンサーも魅力です。

CBDリキッドランキング

PONEY vs CHEHON / Red Bull 韻 DA HOUSE 2021

Red Bull 韻 DA HOUSE 2021の決勝大会ベスト8でのCHEHON戦は、レゲエとヒップホップという枠を超えたスキルのぶつかり合いになりました。

恥ずかしいとか馬鹿らしい まあ強いて言うならだるがり でもラガな想いを描くマシーン マジで宅麻伸よりたくましい

CHEHON

PONEY

いいぜ 胸なら貸します 好きにやる 言いたい放題言われてもOK 俺の楽しみ方は君と君と俺とあいつの間でナイスパニック

CHEHONはお得意のラバダブスタイルで自身の楽曲を織り交ぜながら場を盛り上げますが、PONEYも抜群のリズムキープとCHEHONの代表曲「みどり」を使ってアンサーを返します。

ダサい即興ならやりたくないし 甘い罠には俺にはハマらない しゃばいしゃばい口だけのクソガキ

CHEHON

PONEY

ごめんね上から目線に聞こえて 仕方ねえ これは俺のスタンス

打って変わってお互いに攻撃的なライムの応酬となった2ラウンド目でしたが、最後まで自分のスタンス、ペースを乱さなかったPONEYに軍配が上がりました。

PONEYと仲の良いラッパー

 

この投稿をInstagramで見る

 

PONEY(@poney_nice_panic)がシェアした投稿

仲の良いラッパー

PONEYは企画「47都道府県ストリートLIVEツアー」でも全国各地の様々なラッパーと交流をしていたように、土地や年齢関係なく様々なラッパーとリンクしています。

PONEY

LIBROさんは憧れだったので、楽曲「SUKIKATTE」で共演できたことは嬉しかった。

特にULTIMATE MC BATTLEの初代王者であるカルデラビスタとは親交も古く、PONEYはリスペクトを込めて「カルさん」と呼んでいます。

また、MC漢 a.k.a. GAMIともBLACK SWANでリリース以降、かなり仲が良く、頻繁にイベントでも共演している関係です。

注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA