【最強】一番キマるヤバイCBD

Julian Naganoのプロフィール(年齢・出身・生い立ち)のまとめ

Julian Naganoのプロフィール

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

Julian Naganoはドイツ生まれドイツ育ち、ドイツ在住のラッパーです。

国際経験豊かなバッググラウンドならではのインターナショナルな視点と、日本語、英語、ドイツ語、中国語の4ヶ国語を操るクァドリンガルスタイルが魅力です。

従来のヒップホップ、ラッパー像に囚われないビジュアル、アプローチが特徴ですが、ビートジャックやミックステープなどの古き良きヒップホップ文化を大切にする姿勢も持ち合わせています。

ドイツ在住でありながら日本での活動歴もあり、日本語ラップへのリスペクトを持ちながら日本に向けてインターネットで楽曲の配信を続けるJulian Naganoを紹介します。

Julian Naganoのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

JNGN(@juliannagano)がシェアした投稿

出生名Julian Nagano
アーティスト名Julian Nagano(ジュリアン ナガノ)
年齢非公開
身長176cm
血液型A型
出身地ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州オスナブリュック
事務所無所属
レーベルインディペンデント
公式サイトhttps://twitter.com/juliannagano
STEP.1
幼少期~小学校時代
ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州オスナブリュックで生まれ、11歳の時にヒップホップに興味を持つ
STEP.2
中学校時代
ドイツ語でリリックを書き始める 
STEP.3
高校時代

日本語メインでリリックを書き始め、78 Crewを結成

MEMO
78 Crewは短命で直ぐに解散

Julian Naganoはドイツ生まれドイツ育ち、ドイツ在住のラッパーです。

Julian Nagano

初めて聴いたラッパーはドイツのSamy DeluxeとEMINEM、SHAKKAZOMBIEだった。

11歳でヒップホップに興味を持ち、中学生の頃にドイツ語でリリックを書き始めました。

高校に進学するとリリックを日本語メインに切り替え、CHIKATETSU名義でオスナブリュックでライブ活動、日本のリスナーに向けてインターネットで音源配信も始めます。

Julian Nagano

高校を卒業して日本に活動の拠点を移し、インターネットでやり取りをしていた千葉のクルーのB2B CONNECTIONに加入した。

その後、日本に活動拠点を移し、ドイツに住んでいた時からインターネットでやり取りをしていたKAZZDOGGのクルーであるB2B CONNECTIONに加入し、ソロ活動と並行して日本でも精力的にライブ活動を開始しました。

B2B CONNECTION、Party Grooveとユニット活動を経てドイツへ帰国、Julian Nagano名義でのソロ活動をスタートさせます。

Julian Nagano

現在はドイツに住みながら、YouTubeやInstagramでのコンテンツ配信に力を入れている。

現在はYouTubeやInstagramでのコンテンツ配信に力を入れ、精力的にアーティスト活動を行っています。

MEMO
好きな食べ物は納豆、ドイツのライ麦パン、パクチー

Julian Naganoはドイツ生まれ、ドイツ育ち

Julian Nagano

オランダに近いドイツ西部で生まれた。

Julian Naganoはオランダに近いドイツの北西部に位置するニーダーザクセン州オスナブリュック出身です。

オスナブリュックはドイツで唯一の自然公園内にある都市で、ヨーロッパ内でも重要な経済軸としても機能しています。

Julian Nagano

高校卒業までドイツに住んでいた。

Julian Naganoはドイツで生まれ、高校卒業までの間はドイツに住んでいました。

その後、一時日本に活動拠点を移していましたが、現在はドイツに活動拠点を戻し、インターネットを使ったアプローチでインターナショナルに活動しています。

Julian Naganoのラップスタイル

ラップスタイル
  • 日本語、英語、ドイツ語、中国語を操るクァドリンガルスタイル
  • インターナショナルな楽曲、アプローチ
  • ビートジャック

Julian Naganoのラップスタイルは、日本語、英語、ドイツ語、中国語の4ヶ国語を操るクァドリンガルスタイルです。

BUDDHA BRANDSEEDAなど日本語と英語をミックスしたバイリンガルスタイルは日本でも珍しくありませんが、4ヶ国語を使うクァドリンガルスタイルは日本でも稀有な存在です。

Julian Nagano

インターナショナルで、いわゆるラッパーぽくないアプローチが自分のスタイルです。

ドイツ、日本に住んだ経験があり、様々な文化に触れてきたJulian Naganoらしいインターナショナルな視点が、Julian Naganoのラッパーとしてのアイデンティティになっています。

ヒップホップにリスペクトの気持ちを持ちつつ、ラッパーという枠に囚われないアーティスト然としたアティチュードがJulian Naganoの魅力です。

注意
好きな本は国語辞典

中学生から作詞を始める

初めて聴いたラッパー
  • Samy Deluxe(ドイツ)
  • EMINEM
  • SHAKKAZOMBIE

Julian Naganoが初めてヒップホップに触れたのは小学生の頃です。

ドイツのSamy Deluxe、アメリカのEMINEM、日本のSHAKKAZOMBIEが初めて聴いたラッパーで、聴くラッパーも当時から多国籍でした。

Julian Nagano

中学生の時にドイツ語で歌詞を書き始めた。

中学生の時にドイツ語でリリックを書き始め、高校生の時に日本語のリリックがメインになりました。

尊敬するラッパー
  • Lil Wayne
  • EMINEM
  • STAXX-T
  • Jackson Wang(中国)

尊敬するラッパーもアメリカのLil WayneやEMINEM、日本のSTAXX-Tを挙げるなど、アメリカと日本のヒップホップに強い影響を受けています。

ビートジャックへの想い

Julian Nagano

ビートジャックの文化が無くなっていくのは残念に思う。

Julian Naganoは、既存の楽曲(トラック)にオリジナルのラップを乗せるビートジャックに強い思い入れがあります。

ビートジャックはヒップホップにおけるアプローチの一つで、黎明期からポピュラーな手法ですが、著作権などの問題により近年では衰退気味です。

Julian Nagano

これからもビートジャックの魅力を伝えていければと思う。

Julian NaganoBUDDHA BRANDの「人間発電所」やSOUL SCREAMの「蜂と蝶」などの日本語ラップクラシックから、SALUの「ピラミッド Feat. KOHH」まで新旧様々な楽曲のビートジャックに挑戦しています。

ヒップホップの重要な要素の一つであるビートジャックの魅力を伝えるため、YouTubeでビートジャックの動画を発表しています。

Julian Naganoのファッション

 

この投稿をInstagramで見る

 

JNGN(@juliannagano)がシェアした投稿

愛用ブランド
  • TAKEO KIKUCHI
  • SHIPS

Julian Naganoのファッションは、綺麗めカジュアルなファッションスタイルです。

いわゆるB-BOYファッション、ストリートファッションではなく、普遍的なコーディネートを好んでいます。

好きなブランドもTAKEO KIKUCHISHIPSなどの大人の落ち着いた雰囲気のブランドを挙げていて、いい意味でラッパーらしくないビジュアルのギャプも魅力です。

Julian NaganoのBiography

STEP.1
2006年
千葉を拠点に活動する7MC+1DJのクルーのB2B CONNECTIONに加入

MEMO
リーダーのKAZZDOGGとはインターネットを通してやり取りをしていた
STEP.2
2009年
活動拠点を日本に移す
STEP.3
2010年

B2B CONNECTIONを脱退し、CHIKATETSU名義での活動も停止

ポップグループのParty Grooveにラップ担当としてJULIAN名義で加入

STEP.4
2011年
東日本大地震がきっかけでParty Grooveが活動休止し、Julian Nagano名義でソロ活動を開始

Julian Naganoのおすすめの楽曲【厳選3選】

Julian Naganoのインターナショナルで日本語ラップへの愛も感じられるおすすめの楽曲を厳選して3曲紹介します。

Julian Nagano / NBA

Julian Naganoの2021年7月16日にリリースした楽曲です。

スムースなトラックにJulian Naganoのメロディセンスが光っています。

Julian Nagano

WHEN I STARTED I HAD NOTHING AT ALL NOW I GOT A LITTLE BIT OF MONEY AND MORE

Julian Nagano & Terusha / My Name REMIX

DREAM BOYS(KLOOZ, KOPERU, YURIKA, KEN THE 390)の楽曲「My Name」をビートジャックした楽曲です。

プライベートでも仲の良いTerushaとの掛け合いがコンビネーション抜群です。

Julian Nagano

仕事はこなすぜ淡々と これで決まるラップのスタンダード 日本全土揺らせる活断層 DREAMではなく言われるハンサムボーイ

Julian Nagano / Hungry Monsters Kitchen Freestyle

LBとOtowaの楽曲「Hungry Monsters Kitchen 」をビートジャックした楽曲です。

日本語とドイツ語を織り交ぜたスキルフルなフロウが、Julian Naganoのラッパーとしての引き出しの多さを証明しています。

Julian Nagano

召し上がれ 今日のメニューはゴージャス Otowaトラックにhungryなmonsters

Julian Naganoと仲の良いラッパー

 

この投稿をInstagramで見る

 

JNGN(@juliannagano)がシェアした投稿

仲の良いラッパー
  • Terusha
  • Sonny B
  • Hanzo Reiza

Julian Naganoはバッググラウンド、アーティストとしてのアプローチ同様に、仲の良いラッパーもインターナショナルです。

Julian Naganoは間違いない。ファンです。

Terusha

特に仲の良いラッパーは日本出身、ベルリン在住のラッパー兼シンガーのTerushaです。

TerushaJulian Naganoを「間違いない」と絶賛していて、楽曲で頻繁にフィーチャリングしています。

お互いに日本とドイツにルーツがあるということで、楽曲だけでなくラーメンを食べたり、MV撮影後に打ち上げしたり、プライベートでも交流があります。

MEMO
Terushaのプロデュースも担当している
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA