【無料体験期間中】6,500万曲以上が聴き放題

AKLOの身長・出身・生い立ちは?ハーフって本当?

AKLO

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

AKLO(アクロ)はデビューアルバムが日本語ラップ最高到達点と評価され、日本で人気を博しているラッパーのひとりです。

AKLOは日本人の母とメキシコ人の父を持つハーフで、メキシコ育ちという珍しい経歴を持っています。

AKLOのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

AKLO(@aklovision)がシェアした投稿

出生名1981年
アーティスト名AKLO(アクロ)
年齢推定(39歳)
身長178cm
血液型不明
出身地東京
事務所LEXINGTON CO., LTD
レーベルONE YEAR WAR MUSIC
公式サイトhttps://www.aklo.jp
STEP.1
幼少期
東京に生まれその後メキシコへ、10歳までメキシコで育つ
STEP.2
小学校時代から中学校時代
日本へ帰国し、東京、大阪、大分と転々とする
STEP.3
中学校時代
中学3年間は丸々日本で過ごしました。日本はメキシコより1年学業が進んでいてなかなか付いていくのに苦労する 
STEP.4
高校時代
高校1年生の頃にアメリカのオレゴン州へ渡米、アメリカでHIP HOPにハマる

衝撃を受けたラッパー
STEP.4
18歳で日本に帰国し、ライブ活動を開始する

日本人の母親とメキシコ人の父親を持つバイリンガルなラッパーで、東京に生まれますがすぐメキシコに渡ります。

本名・年齢・生年月日はすべて非公開となっていてそのミステリアスな部分もまた魅力のひとつです。

MEMO
KEN THE 390(1981年生まれ)と同い年と公言しているので推定39歳 です。身長に関してもKEN THE 390のラジオでKREVAがゲストの回でKREVA「178cm」と発言を根拠にしています。

レーベルはONE YEAR WAR MUSICに所属しています。

ONE YEAR WAR MUSICとは
ONE YEAR WAR MUSICはEXILEや西野カナ、KREVAなど様々なアーティストを手掛ける音楽プロデューサーのBACHLOGICが率いるレーベルです。レーベルです。BACHLOGICはAKLOの数々の楽曲の制作に関わっています。 

AKLOの名前の由来

「悪路」を乗り越えるという言葉から来ています。

自分自身の目標のようなものを由来としているようです。

メキシコで車の洗車をするAKLO

AKLO

AKLOは10歳までメキシコで育ちました。当時の遊びといえば車の洗車で幼少期からお小遣いを稼いでいました。

アメリカの音楽番組を見ていたときに、MCハマー「U Can’t Touch This」に衝撃を受けよく真似をしていました。

10歳の時にメキシコから日本に来た際に日本語がほとんど話せなくて苦労します。

当時の日本の子供の遊びといえばゲームが主流でしたが、メキシコ時代の遊び方とかけ離れていたので「日本での生活に慣れるのが大変だった。」と語っています。

高校時代にアメリカへ渡米

AKLOは高校生に頃にアメリカのオレゴン州に渡米します。

当時のアメリカではギャングスターラップが流行していてMaster Pを聞いて衝撃を受けました。

アメリカの学校では車で登校することが許されていたので、車内でNo Limit Soldiersを爆音で聞きながら投稿していました。

学校が終わればそのまま車で出かけ、車内でHIP HOPを聴いて生活していました。

AKLOこの頃が音楽のルーツと語っていて、本格的にHIP HOPにハマっていきます。

大学時代にラッパーの活動を開始

AKLOは18歳の時に再び日本に戻ります。

大分県の大学に通いながら、ラッパーとして活動していきます。

ライブでは最初、英語のラップをしていましたが、日本の観客に伝わないと意味がないと思い日本語ラップを始めました。

しかし、自分がやっていることや将来への不安を感じ、ニューヨークに渡ります。

ニューヨークへ渡米

ニューヨークで1年半ほど滞在します。

当時はお金がほとんど無く、ベッドも少し穴が空いているエアーベッドを使っていて、寝る前に膨らませても翌朝には空気が抜けてしまうような環境でした。

当時はラジオ「Hot97」を聴いて毎日を過ごします。

ニューヨークで暮らしていく中で「オーディエンスが自分の音楽と合っていきいきと生きていけるような音楽をやりたい!」と思い立ちミックステープの制作を始めます。

MEMO
AKLOは「Hot97」主催のライブイベント「Summer Jam」が日本で開催された第一回目の2016年に出演

AKLOのファッションとブランド

 

この投稿をInstagramで見る

 

AKLO(@aklovision)がシェアした投稿

AKLOの好きなブランド
  • G-Star RAW
  • SPYDER
  • MAGIC STICK
  • WHIZ LIMITED
  • BILLONAIRE BOYS CLUB

G-Star RAW

ファッションセンスのあるスペイン人の義兄が着用しているもので、AKLOがニューヨークに住んでいた頃から着るようになりました。

SPYDER

アメリカのコロラド州でボブ・ビーティーが設立したブランドです。ライブ衣装などを買いに訪れています。

MAGIC STICK

デザイナー「今野直隆」が立ち上げたファッションブランドで彼から様々な刺激を受けたりしていると語っています。

WHIZ LIMITED

2000年に設立されたブランドで「単体で個性のある洋服を」モットーとしています。普段のレコーディングやライブでも着用しています。

BILLONAIRE BOYS CLUB

アメリカのアーティストのファレル・ウィリアムスと日本のデザイナー「NIGO」が立ち上げたファッションブランドです。同ブランドのモデルを努めたりアルバムとのコラボなどもしています。

MAKAVELIC x LEADERS BIKE x AKLO

 

この投稿をInstagramで見る

 

AKLO(@aklovision)がシェアした投稿

AKLOが監修したバッグ、名前はFEARLESS

AKLOの髪型

AKLOといえばサイドを刈り上げるツーブロックです。端整な顔立ちととてもよく似合っています。

AKLOのラップスタイル

楽曲「Outside the Frame」の歌詞にあります「Yeah Don’t Mind もうそいつらどうでもよくない」という様に日本語と英語をうまく取り入れています。

力強いフローとビートの重たい感じが特徴です。

影響を受けたラッパー
  • リル・ウェイン
  • ジェイ・Z
  • カニエ・ウェスト

AKLOのメジャーデビューまでの道のり

STEP.1
コラボアルバムをリリース
2008年ギタリスト空哲平とのユニットでアルバム「AKLOと空」をリリース
STEP.2
ミックステープを発表
2009年フリーダウンロードによるミックステープを2曲発表し地道に知名度を上げる
STEP.3
ミックステープが評価される
発表したミックステープのひとつ「2.0」がHIP HOP専門サイト「Amebreak」のベストフリーミックステープや、スペースシャワーTVの「LEADERS OF THE NEW ERA2010」に選出される
STEP.4
メジャーデビュー
  2012年9月5日デビューアルバム「THE PACKAGE」を発表

フリーダウンロードで知名度を上げる

2008年に発表したアルバムがあまりうまく行かず、その後ミックステープをフリーダウンロードサイトで配信します。

この2曲の発表を契機にで徐々に知名度を上げていきます。

海外ではフリーダウンロードサイトでの配信によってデビューしていくアーティストも多いですが、当時の日本ではAKLOが初めて行ったマーケティングです。

洗練されたラップスキルと端整なルックスから一躍注目を浴び、人気アーティストの作品に次々と参加していきます。

AKLOが参加したアーティスト

更に、Jiggというプロデューサーと知り合い、現在も所属しているレーベルのプロデューサーのBACHLOGICを紹介されます。

2012年9月にBACHLOGICのサポートで初のスタジオ・アルバムの「THE PACKAGE」を発売しメジャーデビューを果たします。

「THE PACKAGE」はその年のiTunesベスト・ニュー・アーティストへの選出、更にシングル曲「RED PILL」はVMAJ(MTV Video Music Awards Japan)にノミネートされるなど高い評価を受けます。

AKLOがHIP HOPにハマったきっかけはCDの盗難

アメリカ時代に出来事です。

AKLOが貸したCDを友人が盗まれてしまいます。

その罪滅ぼしで当時大人気だったNo Limit SoldiersのCDを友人から譲り受けHIP HOPにハマっていきました。

AKLOのリリックに対するこだわり

英語が得意なAKLOはただリリックに英語を使うのではなく、英語を使ったらその次は日本語で韻を踏もうと決めていると語っています。

「WAKE UP」と来たら「明確」と続けるなど英語と日本語を交互に使用しています。

また、日本語はネイティブ感を大切にしていたり、英語は難しいものは使わずみんなが聞いたことあるものを使うように工夫しています。

日本語で書く意識ができて日本語ラップというジャンルにブレが生じないようにしていると語っています。

AKLOのデビューアルバムは「THE PACKAGE」

2012年9月にアルバム「THE PACKAGE」でデビューし、iTunes総合チャート初登場1位を獲得します。

その後2016年6月にメジャーデビューアルバム「Outside the Frame」をリリースし、その名を全国へ轟かせました。

AKLOのおすすめの楽曲は「McLaren」と「RED PILL」

AKLOのおすすめの曲を紹介します。

AKLO / McLaren

2016年に発売されたアルバム「Outside the Frame」に収録されている曲です。ライブでも定番な曲で、MVにはSALUも出演しています。AKLO自身もカッコいいものを作ろうとして出来た曲だと語っています。

AKLO / RED PILL

デビューアルバム「THE PACKAGE」に収録されている曲のひとつで、MTV VMAJにノミネートされました。「病むなんて結局はデフォルトだよ 笑顔とMoney自らゲトるのだよ」などパンチラインが強烈でガツンと来ます。

AKLO(アクロ)のおすすめの曲AKLO(アクロ)のおすすめの曲は?厳選人気ランキング10選【隠れた名曲】

AKLOのおすすめのコラボ曲は「RGTO」

RGTOはコラボ曲の中で一番有名な曲です。

2014年に発売された「The Arrival」というアルバムに収録されていて、このアルバムはiTunesのHIP HOP、RAP部門で年間最優秀アルバムを受賞しています。

MVではAKLOが学生服を着て、机の上や放送室でラップを披露するシーンがとても印象的です。

AKLO本人も思い入れのある曲だと語っています。2019年12月現在1,500万回以上再生されていて高い人気を誇っています。

MEMO
鋼田テフロンはAKLOが所属しているレーベルのプロデューサーBACHLOGICの別名です。

AKLOのマブダチは「ZORN」「SALU」「KREVA

AKLOとZORN

AKLOZORNは一緒にツアーをやるほど仲がいいです。

次にSALUが挙げられます。SALUとはONE YEAR WAR MUSICという同じレーベルに所属していてAKLOがあとから加入しました。

2011年くらいから知り合い交流を深め、SALUのライブステージでAKLOが即興フリースタイルを披露しています。

またKREVAとも仲がよくKREVA主催の音楽フェス「908 FESTIVAL」にも出演しています。初回の2012年から5年間毎年出ていました。

AKLOとZORN

2017年にNORIKIYOが開催した「Bouquet Tour Final」で初顔合わせをします。

意気投合し2018年にはツーマンライブ「A to Z Tour2018」が行われました。

フローや曲調も違う二人ですがお互いに尊敬しあい、いいライバル関係にあります。

このツアーでさらに仲を深め2020年3月に再びライブを共に開催します。

AKLOとNORIKIYO

NORIKIYOAKLOとライブで歌う曲を作りたいと思い立ち、BACHLOGIC協力の元で楽曲作りを始め「AKLO+NORIKIYO」名義で2019年7月10日にアルバムを発表しました。

その名も「NewDrug」です。

全9曲で構成されていて、そのうち2曲が鋼田テフロンとのコラボです。

アルバムの中の1曲「百千万」ではまた足し算から引き算数えてく一二三」と斬新な歌詞から始まっていますがAKLOが持ち前のラップでカッコよく歌いだしています。

NORIKIYOとは前からフィーチャリングしているので二人の息のあったラップが9曲も聴ける贅沢なアルバムです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA