毎月200円で音楽聞き放題!YouTube Premiumで
邪魔な広告が一切ない天国へ

ラッパー早雲のプロフィール(読み方・出身・生い立ち)のwikiまとめ

ラッパー早雲

広告及びプロモーションが含まれています。
画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

早雲は京都出身のラッパーです。

UMB2020 GRAND CHAMPIONSHIPでの優勝を始め、全国様々なMCバトルで活躍しています。

MCバトル、音源ともに日本語にこだわった武骨な漢らしいスタイルが特徴です。

また、音源制作にも力を入れていて、これまで2枚のフルアルバムをリリースをするなど、京都に根付いた活動を続けてヘッズの心を掴む早雲を紹介します。

早雲のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

早雲(@zerogravity.w.b.t.c_s)がシェアした投稿

出生名非公開
アーティスト名早雲(そううん)
年齢1989年1月5日(現在35歳)
身長非公開
血液型非公開
出身地京都府
事務所WE BUILT THIS CITY
レーベルWE BUILT THIS CITY
公式サイトhttps://twitter.com/ZERO_G_S

早雲は京都出身、京都に拠点を置いて活動を続けるラッパーです。

生まれも育ちも京都で、早雲は「京都を代表する」という強いこだわりを持って活動を続けています。

それは音楽だけではなく、35年ローンで京都に家を建てるほどの覚悟を持っていて、2児の父親として子育てにも積極的です。

MCバトルでは2007年にUMB京都予選に初出場を果たすと、これまでUMB京都予選に出続けて、UMB2020 GRAND CHAMPIONSHIPで初めて全国優勝を成し遂げます。

歴史情緒あふれる京の都」を体現するような和のテイストの強いラップスタイルを武器に音源制作にも力を入れていて、トラックメイクもできるマルチプレイヤーです。

歩歩と共同主催のMCバトル「天下一口」の開催や京都のローカルイベントへの出演、テレビ番組への出演を断り続ける芯の通ったアンダーグラウンドなスタイルで確固たる地位を築いています。

2児の父親

早雲は結婚していて、長女と長男がいる2児の父親です。

特に長男は早雲がラッパーとして活躍する姿を喜んでいて、UMB2019京都予選早雲が優勝した時は、誰よりも喜んでいました。

早雲とは2児の父親同盟を組んでいる。

SHAMO

ラッパーのSHAMOとは同じ2児の父親という共通点から仲良くなり、娘の写真を送り合うほどの親バカです。

MEMO
未だに娘と一緒に寝ることがある
CBDリキッドランキング

京都に永住する覚悟

早雲はUMBを始めとする全国のMCバトルに出場していて、ライブも全国各地で出演していますが、あくまで活動の拠点は京都にこだわっています。

その覚悟として、UMB2017でのバトル中に「京都に35年ローンで家を買った」と明かしました。

早雲

今までもこれからも自分は京都にこだわる。

MCバトルの賞金も住宅ローンや生活のために家族に渡しています。

MEMO
UMBとKOKも京都予選以外は出たことがない

実はメンタルが弱い

早雲はステージ上でも落ち着いた雰囲気を醸し出していますが、実はメンタルは弱い方です。

特にUMBは予選、本選ともに複数回出場して優勝も果たしていますが、早雲は「ステージに立つと怖くて仕方がない」と心境を語っています。

早雲

UMB2019の決勝でAuthorityに負けたが、Authorityのメンタルをすごいという尊敬の気持ちでいっぱいだった。

2019年のUMB本選の決勝で対戦して敗北したAuthorityに「前年の準優勝から翌年に優勝できるのはすごいメンタル」と尊敬の念を口にしていましたが、早雲自身もUMB2019で準優勝、UMB2020で優勝を果たして、メンタル面での成長をみせました。

MEMO
UMBには2007年から挑戦して13年越しに優勝を果たした
CBDリキッドランキング

子供の幼稚園でラッパーとバレた

早雲は娘が通う保育園で、娘が「父親がラッパー」と発言したことにより、保育園の先生の間でラッパーと知れ渡りました。

早雲

いつか来ると思っていたが、ついにこの時が来てしまった。

保育園の先生はiPadで早雲のMCバトルの動画を見ていたことまで聞かされてしまいました。

早雲はその話を聞いて、娘の保育園の送迎バスへの送り向かいに対して「メンタルに影響が出そう」と語っています。

早雲のラップスタイル

ラップスタイル
  • 武骨で漢らしいライミング
  • 日本語を大事にしたリリック
  • 和を感じさせるトラック選び

早雲のラップスタイルは、ルックスやステージングも含めて「男らしく武骨」という言葉が似合うライミングです。

韻も固くブレずに芯の通ったリリックは、アメリカナイズされたマッチョイムズではなく、日本人らしい漢らしさに溢れています。

早雲

音としてより、言葉として楽しめるかどうかが最優先に考えています。音に乗っていなくても文章として成立するリリックを心がけている。

日本語に重きを置いたリリックの完成度も高く、和を感じさせるトラック選びも相まって「古都である京都らしさ」が早雲の楽曲の魅力です。

MEMO
セカンドアルバム以降は「あえて和風のトラックを選ばないトラック選び」をしている

早雲のおすすめの楽曲【厳選3選】

早雲の武骨で漢らしさに溢れる、魅力たっぷりのおすすめの楽曲を厳選して3曲紹介します。

早雲 / 懊悩

早雲のセカンドアルバム「Reflection」からMVカットされた楽曲です。

音数の少ないトラックに、吐き捨てるように言葉一つ一つを力強く吐き捨てるライミングは、まさに「漢らしい早雲のラップ」を体現しています。

早雲

あの日出会わなければと思ったことや 忘れてしまいそうになったことも 否定しないようこうしてる今も 否定しないよう繊細に 優しく触れて 激しく揺さぶって 波打ち際のメンタリティ 前後一秒 繋ぐ現在地 固く握ってStand by me
MEMO
全編通して「o-n-a-u」の母音で押韻している

早雲 / 令和二年夕刻

日本の国家「君が代」をサンプリングした楽曲です。

トラックメーカーのBoNTCH SWiNGAから「日本の政治に嘆いていたら、こんなトラックができた」とトラックを渡され、コロナ禍で迷走する日本への強いメッセージをリリックにしています。

早雲は「このリリックが共感されない世の中が来たらいい」という強い想いを楽曲に込めました。

早雲

令和二年四月二日追記 警戒線は列島地続き ウィルス以前に自らの手により 日出る国の太陽は沈む

早雲 / 独白 Remix

盟友であるDUSTY-Iの楽曲「独白」のリミックスです。

早雲らしい日本語にこだわった力強い言葉は、シンプルなビートの上でさらに力を持ってリスナーの耳に届きます。

早雲

再生は一度でいい 死んだはずのHIPHOPを再生する

早雲のバトルスタイル

バトルスタイル
  • 漢らしくブレないリリック
  • 高いバイブス
  • 冷静かつ的確なアンサー

早雲のバトルスタイルは、楽曲同様に漢臭く芯のあるブレないスタイルです。

早雲

フリースタイルダンジョンも「テレビには出ない」という自分の美学があるので断った。

それは「メディアには出ない」「UMBやKOKにも京都予選しか出ない」など、早雲というラッパーがこれまで貫き通してきた美学がリリックに説得力を持たせています。

アツいバイブスと冷静なアンサー力も兼ね備えて、相手を選ばずに力を出せるポテンシャルの高いバトルMCです。

CBDリキッドランキング

【ベストバウト】早雲 vs Authority UMB2019 GRAND CHAMPIONSHIP

前回UMB2019で惜しくも準優勝だったAuthorityと決勝まで様々な強敵をなぎ倒してきた早雲による、UMB史上に残る決勝戦を解説します。

早雲

約何年経ったろう 2014 2012 遡る ベスト4の壁を越えたでくのぼうがここでマイク掴んでるぜ
だから俺もこの場所 約何年経ったろう いや分かるな 4年経った ここで4度目

錆びた方位磁針が指した方向は未だ分からねえ

Authority

お互いにDJ PMXが流すOZROSAURUSのクラシック「AREA AREA」のビートにサンプリングをしつつ、決勝にかけるアツい想いをぶつけます。

早雲

Authorityは4度目 俺は3度目 3度目の正直 2度あることは3度あるとは言わせねえ ハンドマイク掴んでAuthorityをサンドバック
そうだな 2度あることは3度あるよ サンドバック 俺はただのガン飛ばすだけのオタンコナスじゃねえってことだぜ 脱泡ハーブなんか吸わなくたって俺はシラフでラフでタフでこの場でバージョンアップ

Authority

早雲が2バース目にいっきに畳みかけますが、Authority早雲の吐いた韻を拾いつつも、高度にライミングを展開していきます。

早雲

お前とぶつかったこと忘れらない でもNASA なら俺ZERO-Gravityだぜ

イケイケの若手 なあこれは経験の差だぜ 俺に見せろ絶景の眺め

無重力 ゼログラビティ 俺は言葉に重みちゃんと置いてるぜ 背負ってるものが多すぎて今年もステージから足が離れないぜ

Authority

早雲Authorityが着ていた「NASAの服」と宇宙に関連付けて自身のクルー「ZERO-Gravity」をかけて押韻しますが、Authorityも「無重力」からライミングを繋げて、最後は「重力でステージから足が離れない」と落として会場が湧きます。

早雲

まあ重力に支配されてるっていうことだろ なあ お前が背負ってるもの 俺が背負っているもの そんなもの言わなくても分かってんだよ
そうだな俺は重力に操られてるんじゃない 重力を言葉に乗せてんだよ
今までの全てはこの日のためだ

Authority

お互いにUMBでは屈辱を味わってきた同士ということもあり、決勝ではアツいバイブスのぶつかり合いになりました。

最終的に延長までもつれ込み、最後まで集中力と高いバイブスを維持したAuthorityに軍配が上がります。

黄猿と一触即発のトラブル

UMB2021 GRAND CHAMPIONSHIP BEST8で早雲は黄猿と対戦し、一触即発のトラブルになりました。

きっかけは早雲黄猿に軽くボディタッチしたことにより、黄猿早雲を強く押し返してヒートアップします。

早雲

殴られたらすぐにカッとなるぜモンキー まさにイエローモンキー

早雲黄猿が強く押し返したことにラップで「イエローモンキー」「ここでやってもいいんだぜ」とディスり、険悪な雰囲気が流れます。

判定を待つ間もお互いが詰め寄り、司会者の晋平太が間に入るほどの状態になりました。

しかし、最終的にバトル後に早雲から「ごめんね」と黄猿に謝罪したことで、両者は和解しています。

MEMO
2023年2月に黄猿がInstagramに早雲と笑顔で写るツーショットをアップした
CBDリキッドランキング

MCバトルシーンへの想い

早雲自身がMCバトルから名前が売れたこともあり、MCバトルに対して「MCバトルで得たものを地元に還元したい」という気持ちを持っています。

早雲

京都、滋賀のMCは自分と繋がっていない人も含め、動向が気になるし、やはりMCバトルには出てほしい。

キャリアを重ねてMCバトルから身を引くMCが多い中で、早雲UMB2020で優勝した後のインタビューでも「来年もUMBに出場する」と表明しています。

自分たちや仲間が地元でやってきたことを全国に広める」という意味で、早雲はMCバトルに出続ける選択をしました。

早雲と仲の良いラッパー

仲の良いラッパー
  • JAKE
  • 歩歩
  • SHAMO
  • DUSTY-I
  • 語歩da K.T.A

早雲は活動拠点である京都や隣県のMCと強くリンクしています。

これは早雲の「地元でイベントをして培ったものを大事にしたい」というスタンスが基盤にあり、MCバトルで全国で活躍していても、常に京都や自身のクルーをレペゼンして、フックアップする気持ちを忘れていません。

早雲

京都や滋賀にはみんなが知らない格好いいラッパーがたくさんいる。

早雲は地元について「格好いいMCがたくさんいて恵まれた環境」と語っていて、楽曲の客演MCも「もっとみんなに知ってほしいMC」という基準で選考しています。

JAKE

JAKEは鳥取出身のラッパーですが、MCバトルを通じて仲良くなった戦友のような関係です。

MCバトルでも対戦することが多くベストバウトを残していますが、チーム戦では同じチームで出場して抜群のコンビネーションを披露することもあります。

早雲

文章

チーム「GIANT KILLING」として「JAKE & 早雲」名義で楽曲「雲泥」もリリースしていて、バトル以外にもコンビで活動の幅を広げています。

CBDリキッドランキング

歩歩

同じ京都を拠点に活動するラッパーの歩歩とは、MCバトル「天下一口」を共同主催するほどの関係です。

早雲

MCバトルが京都で下火になっている現状に危機感を覚えて、歩歩に声をかけた。信頼できる仲間です。

ぶっ飛んだ歩歩と落ち着いた早雲は両極端なキャラクターですが、歩歩の扱いを一番わかっているのが早雲です。

お互いに「下剋上MCバトルがあった時のように、京都がもう一度盛り上がってほしい」というアツい気持ちを持っています。

MEMO
第1回天下一口の優勝者はNAJIMI
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA