ドンキで買えるCBDおすすめはどれ?

Skaaiのプロフィール(年齢・出身・生い立ち)のwikiまとめ

ラッパーSkaai

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

Skaai(スカイ)はアメリカ合衆国ヴァージニア州生まれ、大分県育ちのラッパーです。

九州大学法学部卒業というエリートでありながら、出演したオーディション番組「ラップスタア誕生 2021」で4thステージまで勝ち進む快進撃で注目を集めました。

グローバルなバッグボーンとインテリジェンスを感じさせるリリックで、今後の活躍が楽しみなSkaaiを紹介します。

MCネームの由来
本名の「旻」が昔の中国で「秋の空」を意味することから「スカイ(空)」と命名した。

Skaaiのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Skaai(@skaai_theprof)がシェアした投稿

出生名周 礼旻(しゅう りぃみん)
アーティスト名Skaai(スカイ)
年齢1997年12月27日(現在24歳)
身長非公開
血液型非公開
出身地アメリカ合衆国ヴァージニア州
事務所
レーベル
公式サイトhttps://twitter.com/skaai_theprof
STEP.1
幼少期~小学校時代

韓国人の母親、中国系マレーシア人の父親の間に一人っ子としてアメリカ合衆国ヴァージニア州で生まれる。

2歳まではマレーシアで生活して、日本の小学校に籍を置きながら韓国、マレーシア、シンガポール、カナダ、アメリカの小学校に留学をを経験。

STEP.2
中学校時代

英語が話せないコンプレックスを克服するために、親に志願してアメリカ合衆国ジョージア州アトランタの中学校に進学して英語を取得。

MEMO
アトランタには3年弱住んでいた。
STEP.3
高校時代

県内屈指の進学校である大分上野丘高校に進学し、歌に興味を持ち路上ライブをしていた。

MEMO
路上ライブではOne DirectionやJustin Bieberを歌っていた。
STEP.4
大学時代

九州大学法学部して、在学中にドイツのハノーファー大学、韓国のソウル大学に留学も経験。

STEP.5
大学院時代

九州大学大学院法学府国際コース(LL.M)に進学して、進学前から始めていたラップでオーディション番組「ラップスタア誕生 2021」へ出場。

注意
本格的に音楽活動をするために九州大学大学院法学府国際コース(LL.M)は中退

Skaaiはアメリカ合衆国ヴァージニア州生まれ、大分県育ち、福岡県糸島市在住のラッパーです。

幼い頃からグローバルな英才教育を受けていて、これまで韓国、マレーシア、シンガポール、カナダ、アメリカ、ドイツに滞在した経験があります。

Skaai

アメリカのヒップホップは中学校時代にホームステイ先のお兄ちゃんから教えてもらい、韓国のヒップホップはオーディション番組「SHOW ME THE MONEY 3」がきっかけでハマった。

九州大学大学院法学府国際コース(LL.M)に進学して、将来は研究者になることが約束されたエリート街道を歩んでいましたが、その傍らで自らメディアを立ち上げて韓国ヒップホップの魅力をライティングしていました。

また、好きなヒップホップを紹介するYouTubeチャンネル「ゲツマニぱん工場」の運営もするなど、プレイヤーではないものの、ヒップホップについて自ら表現、発信をしています。

遊び感覚で応募したオーディション番組「ラップスタア誕生 2021」で4thステージまで勝ち進んだことがきっかけで、大学院を中退して音楽活動に専念する覚悟を決めました。

Skaai

ファッションにもこだわりがあって、特にビーニーにこだわりがある。

ファッションはメガネにビーニー、VANSのスニーカーとGOLF WANGのソックスを合わせることがこだわりです。

Skaaiは九州大学の法学部を卒業

Skaaiは九州大学法学部を卒業して、九州大学大学院法学府国際コース(LL.M)に進学しました。

研究内容は「個人情報保護法」で「博士号を所得後に大学に就職して教授を目指す」というエリート街道です。

Skaai

学生時代は家庭教師のアルバイトで生計を立てていた。音楽と研究の二足の草鞋でやっていきたいと思っていた。

九州大学3年生の頃には九州大学生による学習塾「NPO法人九瑛舎」の代表を務め、トークアプリ「Talkstand」の開発も経験しています。

また、自らメディア「HIPHOP ENCYKROPEDIA」を立ち上げて、影響を受けた韓国ヒップホップについてのライティング活動もしていました。

ソウル大学にも留学

Skaaiは韓国のソウル大学に留学経験があります。

ソウル大学は韓国で最初に設立された国立大学で、QS世界大学ランキングでは世界36位、韓国国内でトップの大学です。

研修の内容は「労働移民や難民」で、ソウル大学の学生と議論を交わしました。

英才教育を受けていた幼少期

両親の「将来は国際的に活躍して欲しい」という願いから、Skaaiは人生の半分を海外で過ごしました。

また、塾の掛け持ちしながら、そろばん教室、水泳、ピアノ、空手、テコンドー、バイオリンを習うなど、英才教育を受けています。

Skaai

両親が外国人なので、お金は無かったと思う。一人っ子ということもあって、両親が僕の教育にお金を注いでくれた。

小学校2年生の頃に初めて韓国へ行き、韓国の親戚の家に住みながら現地の小学校に通っていました。

その後もマレーシア、シンガポール、カナダ、アメリカなどに行きましたが、両親は日本で仕事があり、海外でのほとんどの時間を一人で生活しています。

注意
韓国ではクラスメイトに「日本は悪い国だから、お前は日本に帰れ」と差別を経験した。

日本語・英語・韓国語のトリリンガル

Skaaiは、韓国、マレーシア、シンガポール、カナダ、アメリカ、ドイツに滞在した経験があり、日本語に加えて英語、韓国語が話せるトリリンガルです。

Skaai

英語は中学時代にアメリカへ留学した際に取得した。

母親、父親共に外国人であり、幼少期から国際的な教育を受けていたため、トリリンガルになりました。

Skaaiは自らのアイデンティティを表現するツールとして、リリックでは日本語に英語、韓国語を織り交ぜています。

アメリカでの日々~衝撃を受けた青春時代

Skaai

アメリカでの中学校生活の初めの1年間は、自分の中で闇の時代だった。意気込んでアメリカに行ったが、向こうは第一印象でその人への関わり方が決まってしまう。

 Skaaiは、生まれも国籍もアメリカですが、小学生当時は英語が話せず、英語が話せないことがコンプレックスでした。

そのため、Skaai自ら両親に頼んでアメリカ合衆国ジョージア州アトランタの中学校に進学します。

Skaai

今まで色んな国に行ったが、他の国と比べてもアメリカは異質だった。スクールバスの1番後ろで大麻を吸っている奴も居たし「ここまで自由な国なんだ」と思ったし、全てが衝撃的だった。

中学1年生の頃は学校でも馴染めず、学校では勉強だけしてすぐ帰る生活でした。

しかし、現状を打破するためにスーパーマーケットのエントランスに1人で立って、入ってくるお客さんに英語で話しかけたり、ホストファミリーのお兄ちゃんに教えてもらいながら英語を取得します。

また、ホストファミリーのお兄ちゃんにLil WayneFutureなどのアトランタのラッパーを教えてもらったことがきっかけで、ヒップホップにも興味を持ちました。

MEMO
ヒップホップ以外に日本語が恋しくてボカロにもハマった。

エリート(研究者)街道から外れた理由

Skaai

これまでの自己表現は論文を書くことだったが、大学の教授に「論文は自己表現ではなく、ある事象をまとめること」と言われた。もっと感情的に表現してもいいと思ったし、自分は表現することが好きだと思った。

これまで勉強ばかりをしてきたSkaaiにとって、自分を表現するツールは「論文」でした。

しかし、大学の教授に「論文は表現ではない」と否定されたことに加え、Skaai自身の「アメリカ生まれ、アメリカ国籍、日本育ち」という生い立ちに疑問を覚え、アイデンティティが分からなくなりました。

Skaai

ラップはパーソナルなことをクリエイティブに表現することができる。今の自分を保つ上でなくてはならないものだし、今までで一番情熱を注げている。

これまで論理的に表現してきたSkaaiにとって、ラップは「感情的に表現するもの」であり、ラップの「言語数が多くて引用(サンプリング)がある」というところが論文と似ている部分があり、ラップにハマっていきました。

本格的に音楽活動に重きを置くため、九州大学大学院は中退しています。

MEMO
幼い頃から両親に「音楽で食べていくことは考えるな」と言われていたが、現在では両親に認められて応援されている。

「ラップスタア誕生」での活躍

 

この投稿をInstagramで見る

 

Skaai(@skaai_theprof)がシェアした投稿

SkaaiはAmeba TVの人気オーディション番組「ラップスタア誕生 2021」で、4thステージまで勝ち上がりました。

ラップスタア誕生 2021」は応募総数2546人と過去最多で、4thステージでFuji Taitoに惜敗したものの、ベスト8という成績で大きな爪痕を残します。

Skaai

どんどんステージが進むにつれて「いけるかも」と思い始めた。今では信じられないくらい生活が変わったし、それこそ「ラップスタア誕生 2021」がなければ、大学院を卒業していたと思う。

ラップスタア誕生 2021」の反響は大きく、SNSのフォロアーが急増して、現在もまだ「ラップスタア誕生見ました」というDMが届くほどです。

MEMO
「ラップスタア誕生 2021」でのサイファーが初めて人前でマイクを握る経験だった

「ラップスタア誕生」に応募した理由

Skaai

単純に「遊びで作ったものを送ろう」という軽い感じで応募した。

Skaaiの周りにはラップをしている友達や先輩もおらず、オーディション番組「ラップスタア誕生 2021」にも遊び感覚で応募しました。

そのため、両親も含めて周りにも「ラップスタア誕生 2021」に応募することやラップしていることは、誰にも言っていません。

今まではSoundCloudなどのインターネット媒体を使ったアプローチのみでしたが、Skaaiにとって「ラップスタア誕生 2021」で初めて人前でマイクを握ってパフォーマンスをすることになりました。

Skaaiのラップスタイル

ラップスタイル
  • 日本語・英語・韓国語を使ったトリリンガルスタイル
  • インテリジェンスなリリック
  • 色んなタイプのトラックに合わせられるフロウ

Skaaiのラップスタイルは、日本語・英語・韓国語を使ったトリリンガルスタイルです。

研究者を目指していたバッググラウンドから、トラックへのアプローチ、音のはめ方まで緻密に計算されていています。

また、言葉数が多く、様々なミーニングを込めたインテリジェンスを感じさせるリリックも特徴です。

Skaai

自分のラップスタイルを一言で表現するのであれば「トラックに合わせて最適な声質とフロウを使い分ける」というところです。

様々なジャンルのトラックに挑戦していて、トラックに合わせて声質やフロウを使い分けつつ、韓国ヒップホップの影響を感じさせる細かいニュアンスにこだわったメロディアスなスタイルが魅力的です。

ラップを始めた理由はゲーム感覚

Skaaiがラップを始めた時期は、2020年5月頃の九州大学を卒業して九州大学大学院に進学するまでの間です。

Skaai

自分にとってヒップホップは「あくまで聴くだけのもの」だった。

それまで韓国やアメリカのヒップホップを聴いてきましたが、Skaaiにとってのヒップホップ、ラップは「するものではなく聴くもの」という感覚で、Skaai自身、実際にラップをしようと思ったことはありませんでした。

ヒップホップのトラックの決められた音数や小節にどれだけクリエイティブにラップを乗せられるか」というゲームのような感覚でラップを始め、制作した楽曲をSoundCloudにアップロードし始めます。

遊び感覚で始めましたが、実際にラップをするうちにプレイヤーとしてラップをすることの楽しさに気付きました。

ラッパーになった後の両親の反応

Skaaiはラッパーとして活動していることを、両親には伏せていました。

しかし、オーディション番組「ラップスタア誕生 2021」出演後の2021年12月の母親の誕生日に、両親にラッパーとして活動していることを打ち明けます。

Skaai

普通の親であれば、自分の息子にラッパーになって欲しいと思わない。両親には申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

叔母がたまたまSkaaiのインスタライブを見て両親にそのことを話したため、Skaaiがラッパーとして活動していることを知っていました。

母親から「父親とSkaaiの話しができなくて気まずかった」と告白されましたが、現在ではSkaaiのラッパー活動を応援しています。

注意
楽曲「I know」のリリック「Mommy Daddy I’m very sorry for my talent」は両親への後ろめたさから出たフレーズ

影響されたラッパーはTyler, the Creator

Skaaiの最も影響を受けたラッパーは、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のTyler, The Creatorです。

Skaai

九州大学の友達にTyler, The Creatorを勧められてハマった。活動に幅があるところをリスペクトしているし、名前の通り「ザクリエイター」という感じが魅力的です。

Tyler, The Creatorはラッパーとしての活動以外にもファッションブランド「GOLF WANG」のディレクション、ファッションデザイナー、音楽プロデューサー、映像クリエーターなどの様々な顔を持っています。

SkaaiTyler, The Creatorの中で好きな曲は「November」です。

タイトルを直訳すると「11月」ですが、Tyler, The Creator自身の最高の時期を「November」に置き換えるクリエイティブな発想とネガティブながら最後に「今が最高だ」と言い切るリリックに魅力されました。

MEMO
Skaaiは「GOLF WANG」のソックスを愛用している。

Skaaiのおすすめの楽曲【厳選3選】

Skaaiのグローバルかつ知性の感じられるおすすめの楽曲を厳選して3曲紹介します。

Skaai / I know

Skaai

「これが俺のラップだ」というのを表現した。

タイトルには「I know=自分の気持ちを知っている」という意味を込めた、オーディション番組「ラップスタア誕生 2021」であった心境の変化を綴った楽曲です。

レコーディングでは感極まって涙してしまうほどに気持ちがこもっていて、エモーショナルな雰囲気をが出ています。

この楽曲がきっかけで、Skaai自身「これから音楽をやっていく」という覚悟を再認識しました。

Skaai

火に注ぐオイル シーンの端から端までtwerk Hey ほらびっくりパット出 Avengers仲間入りfrom the bottom but now Hey 予想外ってみんな思うだろ I know I’ll be the thumb if you count right, I know I know 誰がお似合いか I know 王冠もらうわ最後

Skaai / Period.

ファーストシングルであり、Skaai自身が代表曲に上げている楽曲です。

音楽か研究者か」という葛藤をリリックに落とし込んでいて、Skaai自身も「今でもこの曲を聴くとエモーショナルになる」と語っています。

Skaai

Period はたまた俺のターン引くカードは何か Period あの時選んだ道 careerの敗因を回収する伏線みとけPeriod 最後にPeriod 最後にPeriod

Skaai / FLOOR IS MINE feat. BIM

THE OTOGIBANASHI’S、creativedrugstoreで活動するBIMを客演に迎えた楽曲です。

ナイトクラブを舞台に、おしゃれで大人の雰囲気のある色気たっぷりのSkaaiを感じられます。

歌唱力とメロディセンスの高さが際立つSkaaiのフックも聴きどころです。

Skaai

Ooh Why you standing alone Under the radar Won’t you Oops 固まる鼓動 I SAID THE FLOOR IS MINE 果てない夜はないだろ 音とDance Dance Floor じゃない? I SAID THE FLOOR IS MINE

Skaaiと仲の良いラッパー

仲の良いラッパー

ラップを始めた当初は周りにアーティストをしている友達、先輩はいませんでしたが「ラップスタア誕生 2021」出演後から、様々なラッパーとリンクしています。

Skaaiと居ると居心地が良すぎる。歳も近いしいい関係です。

鈴木真海子

特にyonawoの楽曲「tokyo feat. 鈴木真海子, Skaai」で共演したchelmico鈴木真海子とは、yonawoの溜まり場兼スタジオ「yonawoハウス」で一緒にお酒を飲む関係です。

また、ラッパー以外にも写真家や映像作家、ビートメーカーからバンドマンまで、様々なクリエイターと積極的に交流しています。

Fuji Taito

「ラップスタア誕生 2021」の4thステージで対戦したFuji Taitoとは、ヒップホップを通じて分かり合った仲間です。

Fuji Taito君と対戦したい」「どうせ戦うなら大物がいい」とSkaaiFuji Taitoを強く意識していましたが、番組内では対戦相手でありながら、一緒に楽曲を製作しました。

Skaai

Fuji Taito君とは「いい音楽を一緒に作ろう」という感じだった。すごくいい関係性だと思います。

お互いにお互いの楽曲で「ここはこうしたほうがいい」とフィードバックし合うなど、Skaaiにとって「初めて一緒に音楽を作ったラッパー」として、リスペクトし合っています。

注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA