【買わなきゃ損】CBDオイル2週間分がなんと! ¥980(税込)

Young cocoの年齢・出身・生い立ちは?

Young cocoのプロフィール

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

Young coco(ヤングココ)は、全国的に注目されているレーベルHIBRID ENTERTAINMENNTに在籍していて、大阪を拠点に音楽活動しているラッパーです。

トラップ・ミュージックを軸とした彼の楽曲は、日本にとどまらず、台湾、韓国、上海などアジアを中心とした海外でも注目されています。

Young cocoは、日本のトラップシーンを牽引しているといっても過言ではないほどの実力のあるラッパーです。

Young Cocoのプロフィール

出生名シュウタ
アーティスト名Young Coco(ヤングココ)
年齢1997年1月12日(現在24歳)
身長非公開
血液型非公開
出身地 兵庫県西宮市
事務所HIBRID ENTERTAINMENT
レーベルHIBRID ENTERTAINMENT
公式サイトhttps://twitter.com/Coco_137_jpn
STEP.1
幼少期
兵庫県西宮市に生まれて育つ
STEP.2
小学時代
スケボーをやり始めると同時に、HIP HOPを本格的に聴き始める
STEP.3
中学時代
WILY WANKAとの出会いをきっかけに音楽活動を始める
STEP.4
高校時代
音楽シーンから一旦離れ、悪い仕事に手を染める
STEP.5
音楽活動再スタート
悪い仕事から足を洗って、再び音楽を本格的にやり始める
STEP.6
デビュー
SoundCouldで徐々に知名度を上げていき、シングル曲「KONOMAMA」や「sakkaku」によって全国的に名が知れ渡る

Young Cocoは、兵庫県西宮市に生まれ育ちますが、2021年現在の活動拠点は大阪です。

小学時代は、スケボーにハマると同時に、YouTubeのスケボー動画に流れていたHIP HOPを聴いたことがきっかけにHIP HOPを聴き始めます。

そしてスケボーを通じて、WILYWNKAと出会い、彼からラップの仕方を教わりながら音楽活動を始めます。

高校時代では、音楽に対しての意欲はなくなり、本人の口からは言えないほどの悪い仕事をしていました。

しかし、周りに迷惑をかけていたり、真面目に音楽活動をしているラッパーをみたりしたことをきっかけに音楽に真摯に向き合うようになります。

その後、音楽配信サイトSoundCloudを中心にEPをリリースし、日本や海外でも徐々に注目され始めます。

そして、シングル曲である「KONOMAMA」や「sakkaku」などによって全国に知れ渡り、それ以降も現在に至るまで多くのヒット曲を生み出しています。

2〜3歳でサーファーデビュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

visuavart(@visuavart)がシェアした投稿

Young Coco父親の影響で、2〜3歳でサーフィンを始めます。

当時のYoung Cocoは、スケボーに興味があったが、痙攣持ちのため道路で頭を打つ可能性から両親はスケボーを禁止していました。

そのため、頭に衝撃がいかないサーフィンは許可していたようです。

MEMO
海と家を移動している車内で、父親がHIP HOPを流していたことからHIP HOPは幼少期から身近にあった

中学時代の部活

HIP HOPのYouTubeチャンネルであるニート東京出演時では、Young Cocoの中学時代、サッカー部に所属していたと語っています。

しかし、当時の同い年のサッカー部員が6人しかいなかったことから、本格的にサッカーができる環境ではなかったことが伺えます。

ただ、サッカーは今でも好きで、チームを作って趣味程度にサッカーしたいと語っています。

両親から音楽活動を反対されていた

https://twitter.com/Coco_137_jpn/status/737857110415966208

当時、音楽で稼ぐために活動していたYoung Cocoに対して両親は反対しています。

そんな両親に対して、Young Cocoは音楽をやめて働くと言いつつ、根拠のない自信を胸に密かに音楽活動をしていました。

その自信が功を奏し、全国に知れ渡った時には両親もLIVEに来てくれたり、応援したりするようになっていきます。

レーベルHIBRID ENTERTAINMENTに入るキッカケ

Young Cocoは元々、HIBRID ENTERTAINMENTの設立に関わっているラッパーJin Doggのファンであり、Jin Doggのライブではリスナーとして常に最前列で観ていました。

トリリンガルであり、チカーノっぽいノリだった当時のJin DoggにYoung Cocoは惹かれ、サインを求めたり、個人的に話をしたりしていきます。

そうしたコミュニケーションをしてく中で、徐々に仲良くなっていき、HIBRID ENTERTAINMENTに加入することになります。

元々2MCで活動していた

Young Cocoは、中学1年ぐらいにスケボーを通じて、現在変態紳士クラブでお馴染みのWILYWNKAと出会います。

意気投合した彼らは、毎日遊んでいく中で中学校卒業と同時ぐらいに、WILYWNKAと2MCで「HUSH PLANT」という名前で音楽活動をします。

現在はもうHUSH PLANTでの活動はしていないですが、当時のYoung Cocoは、現在のトラップスタイルとは異なり、いなたさのあるラップが印象的です。

Young Cocoのファッション

Young Cocoの着用ブランド
  • KSUBI
  • Eytys
  • REPRESENT
  • NIKE
  • CHROME HEARTS

Young Cocoは、音楽のみならず、個性的なファッションとしても注目されています。

Young Cocoのスタイルは、ストリート系を軸としたファッションで、モード系やネイルをしたジェンダーレスなスタイルを取り入れたりするジャンルに囚われないファッションスタイルです。

元々スケボーをやっていたことから、スケーターファッションに大きく影響を受けているので、彼のファッションにおいてストリート要素が常に含んでいます。

Young Cocoのラップスタイル

Young Cocoのラップスタイル
  • トラップ・ミュージック
  • こだわったオートチューン
  • メロディアスなラップ

Young Cocoは、808ベースや小刻みのハイハットが特徴のトラップビートに乗せて歌うことが多いです。

また、機械的な声色を生み出すオートチューンでメロディアスに歌い上げ、浮遊感を感じさせるようなラップスタイルが特徴です。

日本ではなかなか見れらない彼の独自の世界観は、こういったラップスタイルによって成り立っています。

MEMO
Young Cocoは、日本でとても早い時期にオートチューンを取り入れたラッパーとも知られています

Young Cocoがラップを始めたきっかけ

彼がラップを始めたきっかけは、当時すでにラップをしていたWILYWNKAとの出会いです。

そんなWILYWNKAに影響を受け、ラップの仕方について何も知らなかったYoung Cocoは、フックの作り方や韻の踏み方などWILYWNKAにラップの仕方を教わります。

ラップをやり始めた時のリリックの内容を思い返して、Young Coco

Young Coco

少年が悪ぶってイキったようなリリックで思い返すと恥ずかしい

と語っています。

音楽制作のこだわり

音楽制作の際に自分の世界観を表現するために、誰にも頼らず一人で籠って制作するアーティストも多いですが、Young Cocoは少し違います。

Young Cocoは、一人で制作を進めず、HIBRID ENTERTAINMENTに所属するメンバーの意見も参考にすることを心がけています。

Young Cocoの曲に対する周りのメンバーの意見を取り入れたり、自らリリックに関する相談をしたりするなど自分の楽曲を自分一人でなく、チーム全員で作っている意識でを制作しています。

そんななんでも言い合える環境についてYoung Coco

Young Coco

自分の曲に対してイエスマンばかりだとクリエイティブなものは生まれない。言い合えるからこそ良いものが生まれる。

と語っています。

Young Cocoの今後のビジョン

現状として、Young CocoやレーベルのメンバーのようなスタイルのHIP HOPだと、現在のJ-POPほど日本では受け入れにくい土壌があります。

このことから、どれだけかっこいいHIP HOPを体現する次世代のラッパーでも音楽だけで食べていくことは難しい傾向にあります。

そんな状況から考えたYoung Cocoのビジョンは

Young Coco

J-POPじゃないと売れないみたい音楽シーンではなく、HIP HOPで食べていけるような土壌を広げた第一人者になりたい

と語っています。

そういったビジョンがあるからこそ、Young Cocoは日々ストイックに楽曲制作に取り組んでいるといえます。

Redbullサイファーでのパフォーマンス

Red Bullが企画するマイクリレー企画「RASEN」では、Young Cocoが参加しています。

RASENでは、Young Cocoが得意とするトラップビートで乗りこなし、オートチューンとメロディアスなラップでYoung Cocoらしさ全開のパフォーマンスを披露しています。

また、聞き取りやすいリリックで自分自身について表現し、普段一緒にいる仲間への愛も感じられるといったYoung Cocoの内面も表現されたサイファーになっています。

Young Cocoのおすすめの楽曲厳選3選

 

この投稿をInstagramで見る

 

UNION TOKYO(@uniontokyo)がシェアした投稿

Young Cocoは、毎日楽曲制作に取り組むほど、ストイックに曲を作っています。

中学生という若い時期から楽曲制作を始め、様々なスタイルに紆余曲折を経て、現在の洗練されたスタイルになっています。

そんな洗練されたスタイルを象徴するようなおすすめの楽曲を3つ紹介します。

Young Coco / KONOMAMA

2017年11月13日にリリースされたシングル曲「KONOMAMA」です。

この楽曲は、Young Coco自身初のニューシングルであり、全国にYoung Cocoを知らしめた楽曲の一つになります。

Young CocoこだわりのオートチューンとEDM調のビートが絶妙なバランスで調和していることから、クオリティの高い楽曲に仕上がっています。

この楽曲を聞くと、思わず体でリズムを刻んでしまうような一曲です。

Young Coco / ホンキ!

2020年9月9日にリリースされたアルバム「NOT REGULAR」に収録されている「ホンキ!」です。

この楽曲は、自分一人ではなく、周りの仲間の意見を取り入れながら制作した一曲です。

この楽曲のPVが投稿されているYouTubeの概要欄には、楽曲に関わったJin DoggやVIGORMANなど多くのアーティストのクレジットが記載されてあります。

得意分野であるトラップビートにYoung Cocoのメロディアスなフロー乗せたこの一曲は、頭振れること間違いなしです。

Young Coco / I’m Not Regular

2020年9月9日にリリースされたアルバム「NOT REGULAR」に収録されている「I’m Not Regular」です。

ダークなメロディーからなるトラップビートとYoung Cocoのアグレッシブなリリックによって、Young Coco独自の世界観を表現している楽曲に仕上がっています。

中毒性の高いYoung Cocoのトラップミュージックを堪能するには、もっていこいの一曲です。

Young Cocoの仲良いラッパー

仲良いラッパー

Young Cocoは、関西を中心に仲良いラッパーが多いです。

また、楽曲でも仲間に対する愛を歌うようなリリックが多いことからとても仲間を大切にしています。

そんな仲間想いなYoung Cocoだからこそ、同業者との交友関係はとても広いです。

Jin Dogg

Young Cocoは、元々Jin Doggのファンなので、リスナーとアーティストといった関係性から始まっています。

そこからYoung Cocoの積極的なコミュニケーションによって徐々に仲良くなっていき、現在ではともに楽曲制作することはもちろん、Jin Doggの自宅で遊ぶほど仲良くなっています。

MEMO
Young Cocoのラップスタイルが現在とは異なるシャウト系の時期がありますが、これはJin Doggのラップスタイルであるシャウト系にとても影響を受けたことから始まっています。

WILYWNKA

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tasuku(@photo_tasuku)がシェアした投稿

Young Cocoのラップキャリアに欠かせない人物であるWILYWNKAは、中学生からの幼馴染です。

中学時代では、一緒にスケボーするために毎日大阪の梅田駅に合流し、ストリート上でスケボーして遊んでいました。

現在でも遊ぶこともあり、一緒に楽曲制作もしたりしています。

MEMO
Young Cocoを客演に迎えたWILYWNKAの楽曲「Good Morning」では、学生時代に遊んでいたお互いの思い出を忘れないという気持ちを込めた楽曲も制作しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA