厳選バトルビートのまとめ

ACE(エース)の年齢・身長・本名・出身・彼女は?ラッパープロフィールの完全まとめ

ACE(エース)

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

ACEは1990年3月17日(現在30歳)にブラジル・ベロオリゾンテで生まれます。

家族構成は父親のマルキーニョス・ラモスと母親のマリアンジェラ、妹のカミラ、弟のルイスの5人家族です。

ACEが3歳のときに父親の仕事の関係で、東京都新宿区に家族全員で移住します。

ACEのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

ACE ラッパーさん(@ace_a.c.e)がシェアした投稿

出生名マルコス・ビニシュス・ラモス・フィリオ
アーティスト名ACE(エース)
年齢(現在30歳)
身長184cm
血液型
出身地ブラジル・ベロオリゾンテ
事務所プラチナムプロダクション
レーベル戦極CAICA
公式サイトhttps://ameblo.jp/aceofficial

ACEの身長、体重、足のサイズは?

オーバーサイズなファッション、シャルルや他のラッパーと並ぶとかなり大きく見えるACEですが、実際に身長は184cm、体重は86Kg、足のサイズは28cm以上と大柄です。

また元々は左利きだったようですが、小さい頃にソファから落ちて左腕を骨折したことにより右利きになったようです。

ACEの本名は?山下新治ではない

ACEが「フリースタイルダンジョン」の2代目モンスターに抜擢される以前は、ラスボス・般若の執事役として出演していました。

その際にACEとしてではなく「山下新治」として出演していたため、山下新治が本名ではないかと噂されていました。

ですが「山下新治が本名」という噂はACE本人が否定しています。

ACEの本名は「マルコス・ビニシュス・ラモス・フィリオ」であり、山下新治はあくまでフリースタイルダンジョンでのキャラクター設定上の名前です。

ACEの名前の由来は?3つの意味が込められている

ACEの本名はマルコス・ビニシュス・ラモス・フィリオであり、アーティスト名であるACEには結び付きません。

ACEという名前には3つの意味が込められています。

3つの意味
  1. 死ぬ時必ず一人になる
  2. 日本って国で人種の違う自分が一匹狼でやっていく
  3. NO.1になる

日本という土地で差別と戦うACEらしい、強い決意が現れた名前と言えます。

ACEのザ・ヒップホップファッション

 

この投稿をInstagramで見る

 

ACE ラッパーさん(@ace_a.c.e)がシェアした投稿

ACEストリートファッション雑誌である「411」で表紙を飾るほど、ファッションリーダーとしても注目を集めています。

ACEのファッションの特徴はオーバーサイズ、バスケシャツやセットアップなど、B-BOYの定番と言われるアイテムを多く着用しています。

いい意味でトレンドに流されない、オーソドックスなヒップホップファッションです。

ACEのファッションのルーツですが、ヒップホップが好きになってファッションにこだわりだしたわけではなく、ヒップホップを好きになりラッパーのファッションを見て「自分と同じようなファッションでも受け入れられるんだ」と感じたそうです。

誰かの真似ではなく生まれ持ったACEの感性が、ACEのファッションのルーツとなっています。

ACEの彼女はシャルル!結婚して子供もいる

 

この投稿をInstagramで見る

 

ACE ラッパーさん(@ace_a.c.e)がシェアした投稿


2015年11月に放送された東京テレビ系バラエティ番組「家、ついて行ってイイですか?」に出演したACEは、番組内でフィメールラッパーのシャルルと交際していることを明かし、大きな話題となりました。

その後も交際は順調に続きめでたく入籍、2017年1月4日には第一子となる男児、2018年2月8日には第二子となる男児が生まれています。

シャルルとの馴れ初めは?

シャルルと付き合うまで、Twitterで頻繁に「彼女が欲しい」と呟いていたACEですが、付き合うきっかけはお互いラッパーということもあり「ラップ」がきっかけでした。

初めはACEがシャルルのライブを見て「ヤバい」と感じ、シャルルが原宿サイファーに参加していることを聞きつけ、ACEが会いに行きました。

その後、シャルルがACEに弟子入りする形となり、一緒に渋谷サイファーを主催するなど関係を深めていきます。

そして「師匠と弟子」という関係から、見事に恋愛関係へと発展していきました。

ACEがラップをはじめたきっかけ

ACEがはじめてヒップホップに触れたのは小学2年生のとき、当時放送されていたアニメ「ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー」のオープニングテーマである下町兄弟の「War! War! Stop It」のラップパートを聴いたことでした。

追い討ちをかけるようにバラエティ番組「学校へ行こう!」内の人気企画「B-RAP HIGH SCHOOL」で「ズンチ ズンズンチ」の掛け声でラップを展開するアンコ the KANCREWを見たことにより、ACEもラップをはじめます。

ラップを始めたのは小学生からと早熟ですが、友達に下町兄弟の「War! War! Stop It」のラップパートを披露したり、学芸会の出し物「オズの魔法使い」で東の魔王を演じた際には、セリフを自分で全てラップに直すなど、小学生とは思えない離れ業を披露しました。

ACEが影響を受けた音楽はアンコ the KANCREW!?

https://www.youtube.com/watch?v=Tp-r4rlq16Y

ACEは下町兄弟の「War! War! Stop It」、バラエティ番組「学校へ行こう!」で見たアンコ the KANCREWをきっかけにラップを始め、その後はRIP SLYMEやKICK THE CAN CREW、キングギドラ、エミネムとどっぷりとヒップホップにのめり込んでいきました。

ですがACE自身「むしろヒップホップは聴かない」と語っており、最も影響を受けたアーティストに意外にもASIAN KUNG-FU GENERATIONを挙げています。

ACEが幼少期に感じていた差別による孤独、自分の根底にある妬みや恨みといったネガティブな人間性を、ASIAN KUNG-FU GENERATIONに出会ったことにより「人としての大切な部分だったり、色々支えに感じた」と語っています。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの音楽で「根底で自分を変えないと何も変わらない」という強い気持ちを持ち、自分の将来に明るい希望を持つきっかけになったのです。

その後ACEはASIAN KUNG-FU GENERATIONへの熱い想い、カバーした音源を本人達に送り、またアジカンの楽曲「1980」にラップを乗せてネット上に公開したことがきっかけとなり、Twitterでボーカルの後藤正文とのやりとりを開始しました。

そしてデビューアルバム「STRAIGHT」の収録曲「Butterfly Effect feat. Gotch」で、念願が叶い見事共演を果たしました。

ACEデビューまでの道のり

STEP.1
幼少時代~小学校時代

 

この投稿をInstagramで見る

 

ACE ラッパーさん(@ace_a.c.e)がシェアした投稿


3歳から日本で生活を始めたACEは「聖闘士星矢」「NARUTO」「焼きたて!!ジャぱん」といったアニメなどの日本文化に触れて育ちます。

ですが純ブラジル人であるACEは肌が黒く、学校では差別を受けることとなります。

そういった理由からACEは友達と遊ぶというより、ひとりでラップをして遊ぶことが多かったようです。

「肌が黒い」という理由で差別を受けたことが、のちのラッパーとしてのACEの反骨精神、スタイルを形成するきっかけともなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA