【無料体験期間中】6,500万曲以上が聴き放題

(sic)boyの年齢・出身・生い立ちは?

ラッパー (sic)boy

ドリブルX

オリジナルビートを募集しています。あなたの作ったビートをMCバトルのビートとしてYouTubeチャンネルにアップして宣伝します。詳しくはTwitterのDMへご連絡ください。

今日の日本語ラップ勢いランキング


注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。
画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

(sic)boy(シックボーイ)は、1998年10月27日生まれの東京都出身のラッパーです。

これまでのヒップホップ、ラッパー像とは大きく異るヴィジュアル系バンドのようなルックス、ロックからヒップホップまで

傍若無人に駆け回る自由奔放な音楽性が魅力です。

ジャンルという概念を打ち破り、SoundCloudから全世界に飛び出す、今最も注目される次世代ラッパーのひとりです。

(sic)boyのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

(sic)boy(@sid_the_lynch)がシェアした投稿

出生名非公開
アーティスト名(sic)boy(シックボーイ)、Sid the Lynch(シド・ザ・リンチ)
年齢1998年10月27日(現在22歳)
身長非公開
血液型非公開
出身地東京都
事務所Abgefuckt Glücklich Records
レーベルAbgefuckt Glücklich Records
公式サイトhttps://twitter.com/sid_the_lynch?lang=ja
STEP.1
幼少期

親の影響で絵を書くことが好きな子供だった。

MEMO
父親がプログレッシブ・ロックで車でよく聴いていた。 
STEP.2
小学校時代
6年生の頃にL’Arc〜en〜Cielがきっかけで音楽に興味を持つ。
STEP.3
中学校時代
メイクやネイルに興味を持つようになる。
STEP.4
高校時代

化粧をして学校に通うようになる。

ボーカルとしてバンド活動を開始し、SiMマキシマム ザ ホルモンなどのカバーをする。

同級生の影響で本格的にラップに興味を持つ。

MEMO
高校生ラップ選手権にも出場したSalvador Maniは高校の同級生。
STEP.5
大学時代

軽音楽サークルに所属するも、オリジナル楽曲ができないフラストレーションが溜まり、ラッパーとしての活動をスタートさせる。

STEP.6
2019年
EP「Hype’s」をリリース。
STEP.7
2020年
1stアルバム「CHAOS TAPE」をトラックメーカー・KMのフル・プロディースでリリース。

(sic)boyは東京都出身のラッパーです。

小学校6年生の頃にL’Arc〜en〜Cielがきっかけで音楽にハマると、ヴィジュアル系を中心にミクスチャー、オルタナティブ・ロックなど洋楽、邦楽問わずロックに傾倒していきます。

その後、高校の同級生だったSalvador Maniに触発される形でヒップホップに興味を持ち、大学の頃にラッパーとしての活動をスタートさせました。

様々な文化が交差する首都・東京を象徴するジャンルレスな楽曲をSoundCloudにアップすると、たちまち注目が集まります。

最近の若いラッパーの中で、(sic) boyの個性は際立っている。

KM

ロックでもあり、ヒップホップでもある、そんなフリーキーなスタイルで新たな音楽性を提示する次世代のアーティスト(sic) boyは、過度なバトル熱で盛り上がる日本語ラップシーンに大きな風穴を開ける存在です。

(sic)boyの名前の由来

アメリカのバンド・Slipknotに「(Sic)」という楽曲がありますが、(sic)boy自身は曲名からではなく、ラウドな音楽が好きな人が共通で抱く「Sick」へのイメージから名前をつけました。

Sick」とは病気以外に、スラングでヤバイやつ、うんざりなどの様々な解釈がある点、また字面の良さからアーティスト名に起用しました。

また以前はSid the Lynch(シド・ザ・リンチ)というアーティスト名で活動していました。

妖怪好きな一面

 

この投稿をInstagramで見る

 

(sic)boy(@sid_the_lynch)がシェアした投稿

幼稚園の頃から絵が書くことが好きだった(sic)boyですが、水木しげるゲゲゲの鬼太郎が特に好きで、ゲゲゲの鬼太郎をきっかけに妖怪好きになりました。

調布市深大寺にある鬼太郎茶屋に行くほど大好きで、よく鬼太郎の絵も書いていました。

(sic)boy

がしゃどくろっていう、めっちゃでかい髑髏の妖怪がすごいかっこいい。今もゲゲゲの鬼太郎や妖怪に惹かれる。

妖怪や髑髏といった、日本的なものに大きな影響を受けています。

マンガ好き

好きな漫画
  • NARUTO
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • ソウルイーター
  • BLEACH

(sic)boyは漫画にも影響を受けていて、リリック内にも漫画からインスパイアされたワードが出てきます。

特にお気に入りの作品としてNARUTOジョジョの奇妙な冒険を挙げています。

(sic)boy

非現実感でファンタジックなアニメとか漫画が好き。

また自身の楽曲が個人で編集したMAD動画の素材に使われ、アニメや漫画に合わせて楽曲が使用されていることについても、好意的な印象を抱いています。

(sic)boy

MAD動画で自分の曲が出てくるとすごい嬉しい。

(sic)boyのファッション

 

この投稿をInstagramで見る

 

(sic)boy(@sid_the_lynch)がシェアした投稿

好きなブランド
  • Dr.Martin

(sic)boyのファッションは、ライダースや革靴、ヴィンテージのバンドTシャツなどを着用するロックスタイルです。

(sic)boy

ゴツい靴が好きですが、一番自分に合っているのがDr.Martin。

特にこだわりを持っているのはDr.Martinの革靴とバンドTシャツです。

スニーカーは購入しても数回しか履くことがなく、足元はほぼDr.Martinの革靴というほど愛用しています。

またアイテムのほとんどが黒で統一されていることも大きな特徴です。

バンドTシャツのコレクター

(sic)boyはバンドTシャツのコレクターで、数え切れないほどのバンドTシャツをコレクションしています。

特にお気に入りなのがMarilyn MansonのバンドTシャツです。

(sic)boy

カットオフやノースリーブにしたりしてDIYをするのも新しい。

高校1年生頃からコレクションし始め、自らDIYでアレンジしてヴィンテージ風に仕上げるなどの、強いこだわりを持っています。

アパレル進出が目標

自身がバンドTシャツやファッションが好きであることから、アパレス進出を目標に掲げています。

(sic)boy

古着が大好きだし洋服への興味もあるから、僕もTシャツを作ろうかなと思っていて。

国内外問わずアパレルを販売するアーティストが多い中、ベーシックなTシャツやパーカー以外にも、個性的なアイテムを発売したいとも語っています。

(sic)boy

韓国のG-DRAGONのアイテムは格好良くて、惹かれます。

同じくラッパーでアパレルブランド・PEACEMINUSONEも手掛けるG-DRAGONの影響も受けています。

洋服に興味を持ったきっかけ

(sic)boyが洋服に興味を持ったきっかけは、海外のアーティストのMVやライブ映像を見たことでした。

(sic)boy

海外バンドのMVやライヴ映像で着ている洋服が凄くカッコいいと思って。

アーティストが着用している洋服と同じようなものを古着屋で探すようになり、ファッションへの興味が強くなっていきました。

アイメイクへのこだわり

(sic)boyはヴィジュアル系バンドの影響で中学校の頃からネイルやメイクに興味を持つようになりましたが、特にアイメイクに強いこだわりを持っています。

Nirvanaカート・コバーンGREENDAYビリー・ジョー・アームストロングなどのロックアイコンが黒いアイメイクをしていたことから、自らも独学でアイメイクをするようになりました。

(sic)boy

(sic)boyになるためのスイッチが目元のメイク。気合入ります。

アイメイクをすることで、アーティスト・(sic)boyになるスイッチを入れています。

(sic)boyのラップスタイル

(sic)boyのラップスタイルは、ヒップホップとロックを軸ににしたトラックに、エモーショナルなラップを乗せるスタイルです。

ラウドなギターリフなどを多用したトラックに、トラップと歌メロを駆使したメロディアスなフロウが魅力です。

(sic)boy

ラッパーとは思ったことがなく、ロックのアーティストの気持ちです。

(sic)boy自身はラッパーではなくロックアーティストと自称していることからも分かる通り、強烈なロックのバッググラウンドを感じさせるサウンドにラップもあり、歌メロもありな自由な音楽性です。

邦ロックの耳障りの良さと、トレンドのヒップホップをうまくミックスさせています。

(sic)boyは生粋のロックキッズ

好きなバンド
  • L’Arc〜en〜Ciel
  • Marilyn Manson
  • Nirvana
  • Sum 41
  • Mötley Crüe
  • limpbizkit
  • My Chemical Romance

L’Arc〜en〜Cielをきっかけに、(sic)boyはロックにのめり込んでいきました。

特に中学校の頃、ミクスチャーロックが流行していたこともあり、パンクからメタルまで幅広いロックを掘り下げていきました。

(sic)boy

hydeさんが好きになってからMarilyn MansonやNirvanaを聞くようになった。他にはミクスチャーロックも聴いていた。

特に影響を受けたのがMy Chemical Romanceで、エモーショナルでストーリー性のある音楽性は、ラッパーとなった(sic)boyの音楽性にも受け継がれています。

(sic)boy

My Chemical Romanceの『The Black Parade』はストーリー性があって、ロマンチックで好き。今の自分の音楽にも繋がっている。

父親の影響でロック好きに

(sic)boyがロックが好きになったのは、父親の影響も大きくあります。

父親がYesKing Crimsonといったプログレッシブ・ロックが好きだったため、小さい頃から車の中で聴いていました。

(sic)boy

プログレは難しくて、当時は好きにならなかった。

難解なプログレッシブ・ロックの音楽性に、すぐにロックが好きになったわけではありませんが、父親がロックキッズとなるきっかけになりました。

(sic)boyがラップを始めたきっかけ

高校生ラップ選手権に出場経験のあるSalvador Maniとは高校の同級生で、Salvador Maniにヒップホップを教えてもらい、聞くようになりました。

ちょうどトラップブームが来ていたこともあり、これまでEminemなどの有名なラッパーしか聴いたことのなかった(sic)boyは大きな影響を受けました。

大学に進学すると軽音楽サークルに入り、バンド活動を志すも、コピーのみでオリジナル楽曲ができない環境に嫌気が差します。

(sic)boy

サークルがコピーばっかりで、オリジナル曲がやりたかった。なのでバンドを辞めてラッパーになり、ひとりで活動することを選んだ。

そして自らのルーツであるロックとヒップホップを融合させた音楽をするべく、(sic)boyとしてラップをするようになりました。

L’Arc〜en〜Cielへの憧れ

(sic)boy

hydeは不動のロックスター。

ラッパーとして活動するようになってからも、L’Arc〜en〜Cielとボーカルのhydeへのリスペクトは公言し続けています。

好きなバンドに挙げているMarilyn MansonNirvanahydeの影響で聴くようになるなど、(sic)boyの音楽性を形成する上で最も影響を与えた人物であることは疑う余地もありません。

(sic)boy

hydeの挑戦し続ける姿勢、いつまでも保ち続ける綺麗さをリスペクトしている。

hydeの年齢を重ねても美しく、国内外で評価され続ける姿に憧れを持っています。

(sic)boyが好きなラッパーはLil peep、XXXTentacion

(sic)boyは好きなラッパーにLil peepXXXTentacionを挙げています。

(sic)boy

基本的にロックしか聴かないが、オルタナティブなヒップホップに惹かれる。

トレンドに敏感な(sic)boyらしいチョイスでもありますが、ヒップホップというジャンルに囚われない音楽性、そしてエモい楽曲という共通点があります。

普段ヒップホップを聴かない(sic)boyのアンテナに触れた、数少ないラッパーです。

Lil peep

Lil peep(リル・ピープ)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身のラッパーです。

ロックから強い影響を受けていて、ヒップホップとロック、更にはパンクやポップスまで様々な要素を取り入れたエモ・ラップはシーンに大きな衝撃を与えました。

2017年11月15日にオーバードーズにより逝去していますが、今もなおフォロワーを増やし続けています。

XXXTentacion

XXXTentacion(エックスエックスエックステンタシオン)は、アメリカ合衆国フロリダ州出身のラッパーです。

バッググラウンドを感じさせない強烈な個性を感じさせるエモーショナルな音楽性に加え、元彼女へのDVなどのトラブルが常に付きまとうトラブルメーカーでもありました。

将来に大きく期待されるラッパーでしたが、2018年6月18日に銃撃に遭ったことにより、20歳という若さでこの世を去りました。

(sic)boyのおすすめ曲楽曲【厳選3選】

新たな東京スタイルを体現する、次世代のラッパーである(sic)boy

そんな(sic)boyの前ではジャンルと言う概念は不要だと再認識させられる、ネオ東京スタイルと呼ぶにふさわしい自由な音楽性を感じられる楽曲を、厳選して3曲紹介します。

(sic)boy,KM – Heaven’s Drive feat.vividboooy

憧れのバンド・L’Arc~en~Cielと同名の楽曲名を付け、vividboooyを客演に迎えた楽曲です。

再生ボタンを押した瞬間に脳を突き刺すようなメロディアスなフックから始まり、ロックmeetsヒップホップなサウンドは、(sic)boyのポップセンスが光っています。

(sic)boy

let’s get in heaven’s drive 眠くない街光るneon sign middle finger up to this lazy night かみさまの気まぐれに警戒 yeah

Hype’s

釈迦坊主プロデュースによる楽曲。

ギターリフで軽快に展開していきつつ、エロさにも似た色気とエモーショナルな雰囲気が共存した(sic)boyの新境地とも言える1曲です。

(sic)boy

i just in my HYPE nightmare just wanna hold hands if you don’t care まだ覚めることのない夢 このまま もう 夜を切り裂いて

Kill this feat.Only U

楽曲のエモさは健在ですが、中に死生観や現代社会へのメッセージが詰め込まれています。

生きていく意味を探すより死にたくない理由を数えよう」というリリックは、現代を生きる同世代の心に強く突き刺さるパンチラインです。

コミカルな中にもシリアスなメッセージが隠されているMVも合わせて見てほしい楽曲です。

(sic)boy

乾く喉潤すの疲れる今日 不透明な感情ただつなぐロープ あいつはこうでおれはおれでこう just do it 曲がった自分に問う even if you are feeling alone 生きていく意味を探すより 死にたくない理由を数えよう いらないもんは過去に捨てよう

コレコレのタバコポイ捨て動画で炎上

YouTuber・コレコレチャンネルのタバコポイ捨てを注意する動画に、(sic)boyが出たことで炎上まで発展しました。

コレコレが喫煙所の外の禁煙エリアでタバコを吸っている(sic)boyに、喫煙所の中でタバコを吸うように促すも反抗的な態度。

更には(sic)boyがタバコをポイ捨てする姿を見て、ヒートアップしていきます。

たち悪いのはお前ら

コレコレ

(sic)boy

ちゃんと(喫煙所の)中に捨てましたよ
お前タバコポイ捨てしてたよね

コレコレ

(sic)boy

無意識でした普通に

常に不貞腐れたような態度でコメント欄は荒れ、悪い意味でも(sic)boyの名前が広まってしまった事件です。

(sic)boyと仲のいいラッパー

 

この投稿をInstagramで見る

 

(sic)boy(@sid_the_lynch)がシェアした投稿

仲のいいラッパー
  • Yung sticky wom
  • 釈迦坊主
  • Only U
  • LEX
  • Salvador Mani

Only ULEXYung sticky womといった横浜の若手ラッパーとは、横浜でライブが一緒になることがあり、楽曲のクオリティーやリリースペースなどの早さなど影響を受けています。

(sic)boy

OZworld a.k.a R’kumaやweek dudusは自分いないフロウを持っていてカッコいい。

関東圏の同世代のアーティストと交流を持ちつつ、同じ日本語ラップシーンで活躍するラッパーの影響も公言しています。

(sic)boy

釈迦坊主さんのイベント『TOKIO SHAMAN』が自分の知名度を上げるきっかけになった。

また釈迦坊主の主催するイベントに呼ばれたことが注目を集めるきっかけとなり、その後はプロディースにも発展していることから、恩義を感じています。

Salvador Maniとの関係

(sic)boySalvador Maniは中学、高校の同級生です。

二人の出会いは小学校6年生の頃、同じ塾に通っていたことがきっかけでした。

その後、(sic)boyはロック、Salvador Maniはヒップホップとジャンルは違えど音楽が好きになり、高校の頃にSalvador Maniからヒップホップを教えてもらったことで、ヒップホップにハマっていきました。

楽曲やイベントでのコラボを行うなど交流も盛んで、(sic)boyにとって大きなターニングポイントとなった人物です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA