厳選バトルビートのまとめ

S-kaine(エスカイネ)の年齢・身長・生い立ちは?ラッパープロフィールの完全まとめ

S-kaineのプロフィール

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

高校生ラップ選手権の歴代出場者の中で、最も異彩を放つドープMCのS-kaine(エスカイネについてまとめました。

ドリブルX

奇跡的に本人にリツイートしてもらえたぞ

S-kainê = judæ (尾尾)

S-kaineのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

S-kainê as judæ(@skaine_juda)がシェアした投稿

出生名非公開
アーティスト名S-kaine(エスカイネ)
年齢2001年8月21日(現在18歳)
身長非公開
血液型非公開
出身地大阪府大阪市西成区
事務所Back Down Junction
レーベルBack Down Junction
公式サイト

S-kaineは2001年8月21日生まれの現在18歳です。

本名は非公開で大阪府大阪市西成区出身です。

初出場となった第16回高校生ラップ選手権でいきなりベスト4入りを果たし、その後も全国のMCバトルに出場し存在感を示す。

バトルのみならず音源制作やライブにも力を入れていて、トラック制作もこなすなどマルチな才能を発揮しています。

AbemaTVの新番組「ハイスクールダンジョン」のモンスターに選ばれるなど、飽和状態の00年代のラッパーの中でも特異な存在として注目を集める

STEP.1
幼少時代~小学校時代
2001年8月21日に大阪府大阪市西成区で生まれ、西成区で育ちます。
STEP.2
中学校時代
2年生の初め頃に聴いたSilent Killa Jointの「BlAqDeViL」がきっかけでヒップホップに出会い、ラッパーとしての活動を始めます。
STEP.3
高校時代

西成高校に入学し、HARDYと出会います。第16回高校生ラップ選手権に出場しベスト4まで上りつめて注目を集める

ライブやバトルと大阪を中心に全国で活動を続ける中、西成高校を無事卒業

ハイスクールダンジョンモンスターに抜擢

S-kaineは2020年2月28日(金)からAbemaTVで新たに始まる高校生版フリースタイルダンジョン「ハイスクールダンジョン」にモンスターとして抜擢されました。

S-kaineは彼女がいる?

S-kaineの恋愛についてですが、SNSやインタビューなどでも彼女の存在については語っていません。

また彼女との目撃情報もないため、彼女はいない可能性が高いと言えます。

高校生ラップ選手権以降、知名度も大きくなりましたが、流行や知名度に任せて調子に乗るわけではなく、一貫して硬派なスタイルを貫いています。

S-kaineのファッションはオールドなB-BOYスタイル

S-kaineのファッションは、90年代のWU-TANG CLANMOBB DEEPといったニューヨークのラッパーの影響を感じさせるオールドなB-BOYスタイルが特徴です。

アイテムとしてはベースボールキャップにマウンテンパーカーやパーカーにオーバーサイズのデニムを合わせています。

ブランドは自身が所属するクルーのBDJのアパレルやBack Channel、DAPが特にお気に入りらしいです。

S-kaineが慕っている先輩ラッパー はRAWAXXX / MOL53(ローワックス)

S-kaineが慕っている先輩ラッパーはRAWAXXX / MOL53(ローワックス)です。

MEMO
二人は共に楽曲制作中です。
RAWAXXX(MOL53)RAWAXXX / MOL53(ローワックス)の年齢・出身・喧嘩バトルは?ラッパープロフィールの完全まとめ【改名】

ラップをはじめたきっかけは「Silent Killa Joint

S-kaineがヒップホップにハマったきったけは「間違いなくSilent Killa Joint」と語っています。

Silent Killa Jointは淡路島出身のラッパーで、ラッパーとしての活動以外に、POLINKEY MOVIEかずきむぎちゃオニオンとしてYouTuberという顔も持っています。

S-kaineは中学2年生の初め頃、POLINKEY MOVIEをYouTubeで見ていた際に、アップされたSilent Killa Jointの「BlAqDeViL」を聴き衝撃を受けます。

「こういう音楽がしたい」という気持ちになり、S-kaineとしてマイクを握ることとなります。

デビューまでの道のり

STEP.1
ヒップホップとの出会い
中学2年生の初め頃に、Silent Killa Jointをきっかけにヒップホップに出会う
STEP.2
ラップを始める
ヒップホップに出会ってすぐにラップを始める
STEP.3
Tag force
2018年12月1日にAKIRAViteとともにTag forceを結成
STEP.4
高校生ラップ選手権
2019年7月24日に第16回高校生ラップ選手権に出場
STEP.5
Tag forceでリリース
2019年6月29日にTag forceのアルバム「Crack junction」をリリース
STEP.6
デビュー
2019年9月15日にアルバム「Dutch inc…」をリリースしデビュー

S-kaineの楽曲の特徴はドープで煙たい

S-kaineの楽曲と特徴は、高校生離れした渋い声とフローです。

90年代のニューヨークアンダーグラウンドやMSC池袋bed周辺に代表される煙たいドープなトラックに強いヒップホップへの愛、信念を感じさせるリリックが乗ると、高校生とは思えぬアンダーグラウンド感も緊張感を感じます。

バトルMCによるアーティスト化が進む日本語ラップシーンで、00年代の中では異質と言える存在です。

古き良きミドルスクール、アンダーグラウンドなヒップホップを現代の若者のフィルターに通した、マスにはないコアなオリジナルヒップホップの最新版と言えます。

S-kaineのデビュー曲は「Bad m1nd」

S-kaineのデビュー曲は、2019年8月1日に配信リリースした「Bad m1nd」です。

リリース自体は2019年ですが、レコーディングは2017年にされたものです。

S-kaine自身も「少し前のピュアな俺」と語っている通り、若干あどけなさが残る声を聞くことができます。

また強い尖った信念の中に思春期らしい揺れる思いも垣間見ることができるリリックも貴重です。

すでに完成されたスタイルであることを実感されられつつも、大器の片鱗を見せるクラシックです。

S-kaineの代表曲は「Dutch inc…」

S-kaineの代表曲は、2019年9月15日にリリースしたアルバム「Dutch inc…」のタイトル曲「Dutch inc…」です。

「遊び半分で握っとんちゃうねん」と高らかに宣言し、終始不穏なビートの上でドープなラップを繰り広げています。

日本語ラップシーンへのフラストレーション、自らのスタイルに確信を持ったラップとリリックは、コアなヒップホップリスナーも思わず首を振ってしまいます。

00年代アンダーグラウンドを代表するクラシックです。

MEMO
S-kaine自身「90sの渋い部分が出せた」と語っている 

Tag force、BDJとは

Tag forceBDJとは、S-kaineが所属するクルーです。

Tag forceAKIRAViteS-kaineの3MCで構成されるクルーで、2019年6月29日にはアルバム「Crack junction」をリリースしました。

BDJとはBack Down Junctionの略であり、S-kaineが主宰するレーベルです。

S-kaine以外にDAKKIBoRNHartanNICK1OWEAGLEYEDTN$-verdyDJ RinRAMPAGEが所属しています。

Judaは何者?

S-kaineはラッパー以外にもトラック制作も積極的に行っていて、JudaS-kaineのビートメイカーとしての名義です。

ラッパーとしてだけでなく、サンプリングを使ったドープなトラックでビートメイカーとしても高い評価を得ています。

ラッパー以外にも別名義でビートメイカーもこなす点では、影響を公言しているMONJUISSUGIを彷彿とさせます。

またDJ JudaとしてDJもしています。

S-kaineのバトルスタイルやバトルへの想い

S-kaineのバトルスタイルは、ドープな声とフローを武器に、アグレッシブに攻撃するスタイルです。

バトルの強さにおいても、歴代高校生ラップ選手権の出場者の中でトップクラスといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA