【無料体験期間中】6,500万曲以上が聴き放題

DAOKOの年齢・出身・生い立ちは?

DAOKO

注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の追加・修正等につきましてはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。
画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

DAOKO(ダヲコ)は、東京都出身の女性ラップシンガーです。

中学時代にニコニコ動画のコンテンツ「ニコラップ」に楽曲を投稿したのがきっかけで有名インディーレーベルに見出され、ラッパーデビューを果たします。

その後も有名ラッパーや映画監督にフックアップされ、高校卒業と同時に大手メジャーレーベルからメジャーデビューします。

独特の世界観と美しい歌声で人気を博しているDAOKOは、新時代の女性ラッパーとして今注目を集めるラップシンガーの1人です。

DAOKOのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

DAOKO(@daoko_official)がシェアした投稿

出生名非公開
アーティスト名DAOKO
年齢1997年3月4日(現在23歳)
身長非公開
血液型O型
出身地東京都
事務所てふてふ
レーベルトイズファクトリー
公式サイトhttps://daoko.jp/
STEP.1
幼少期〜小学時代
東京都出身。3人姉妹の末っ子として自由に育ち、幼い頃は今と違ってわがままで甘えん坊だった
STEP.2
中学時代
ニコニコ動画「ニコラップ」に楽曲を投稿し始める。それがインディープロダクションの目に留まり、インディーデビューを果たす

MEMO
当時のMCネームは小文字の「daoko」
STEP.3
高校時代
m-floに注目されコラボ曲「IRONY」を発表。インディーズ時代は一切顔出しNGだった

注意
顔出しNGの理由は以下にまとめています
STEP.4
高校卒業後
大手メジャーレーベルと契約を結びメジャーデビュー。名前を大文字の「DAOKO」に改名する

DAOKOは3人姉妹の末っ子として生まれました。

幼少期は自由奔放に育てられ、現在とは違ってわがままで甘えん坊だったと話しています。

中学時代にニコニコ動画「ニコラップ」に曲を投稿し始めたのがきっかけで、インディーレーベル「LOW HIGH WHO?PRODUCTION」に注目され、高校生の時にレーベルデビューしました。

m-floとコラボした「IRONY」が映画「鷹の爪」の主題歌に抜擢され、2014年に公開された映画「渇き。」の挿入歌に「fog」が起用されます。

また、スタジオカラーが手掛けている短編映像作品の音楽を有名クリエイターTeddyLoidと制作したことがきっかけで、彼女は世界的に話題となり、高校卒業後にメジャーレーベルと契約を果たしました

その後も米津玄師中田ヤスタカ岡村靖幸など気鋭のアーティストとコラボするなどその才能を遺憾無く発揮しています。

現在も彼女は新時代のラップシンガーとして活躍を続け、2020年7月にはメジャー4枚目となるアルバム「anima」を発表し、その独特のスタイルでリスナーを魅了し続けています。

DAOKOのファッションブランドまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

DAOKO(@daoko_official)がシェアした投稿

DAOKOの愛用ファッションブランド
  • champion
  • KUDAN
  • Reebok CLASSIC
  • Levi’s
  • STUSSY
  • VANS

DAOKOモードなファッションからカジュアルまで自由に着こなしています

エスニックなデザインのものが多く、SNSではミステリアスなDAOKOの存在を際立たせるようなファッションが見られます。

初期の頃は「」をテーマにしたファッションにこだわっていました。

DAOKO

青は熱い色

shibuyaK」のMVで着用しているオリジナルパーカーの青色は、スタイリストの伊賀大介が染めたもので、この色をオリジナルの色として「DAOKOブルー」と名前をつけているほどのこだわりっぷりです。

DAOKOの顔出しNG時代

 

この投稿をInstagramで見る

 

DAOKO(@daoko_official)がシェアした投稿

高校卒業と同時にメジャーデビューをしたDAOKOは、それと同時に一切してこなかった顔出しをして音楽活動を始めました。

彼女の大人っぽく端正な顔立ちは、ファンを驚かせました。

何故彼女はそれまで顔出しNGだったのでしょうか?

DAOKOがそれまで一切顔出しをしてこなかったのにはある理由がありました。

DAOKO

高校の規則が厳しく、芸能活動が認められていなかったから

2015年に顔出しをして活動をするにあたって、DAOKOは自分の心情をSNSに綴っています。

DAOKOの血液型

DAOKOの血液型は、O型と発表されています。

しかしつい最近まで、彼女は自分のことをA型だと思っていました

2019年の元旦に献血に行ったときに、彼女は自分の本当の血液型がO型だと知り、23年間A型だと思い込んで来たことに衝撃を覚えたことを、ブログ「やさしいひかり」内で発表しています。

DAOKO

今までの血液型占い、誰の運勢で一喜一憂していたのか…

と彼女らしいユニークな視点でこの衝撃を綴っています。

DAOKOのイラスト

 

この投稿をInstagramで見る

 

DAOKO(@daoko_official)がシェアした投稿

DAOKOはSNS上で自分の描いたイラストを載せています。

彼女の独特の世界観を感じさせる絵はファンにも好評で、彼女のイラストを用いたTシャツやマグカップなどがオフィシャルショップで販売されています

自分の絵の描きかたをSNSで発表していたりもします。

鉛筆で下書きをしてから細かくペンで描き込みをしています。

描き込みの細かさも、彼女の描画の特徴です。

DAOKOのラップスタイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

DAOKO(@daoko_official)がシェアした投稿

DAOKOのラップスタイル
  • ポエトリーリーディングのような語りスタイル
  • 繊細なウィスパーボイス

DAOKOのラップスタイルは、淡々と語るようなラップシングが特徴的です。

彼女のダークな世界観と抑揚のあまりない淡々としたフロウが楽曲にマッチしていて、人気を博しています。

また、DAOKO透き通るような繊細なウィスパーボイスも、一度聴いたら耳を離れません。

彼女のラップのルーツは特になく、新時代のラップスタイルシンガーとして評価されています。

DAOKOがラップを始めたきっかけ

DAOKOは2000年代に発祥したニコニコ動画内コンテンツ「ニコラップ」出身アーティストの1人です。

jinmenusagiぼくのりりっくのぼうよみなど、個性的なラッパーを輩出しているコンテンツであり、現在も18,000件ものラップが投稿されています。

DAOKOは中学3年生の時にニコラップに投稿を始め、それがきっかけでラッパーとして有名になりました。

10代の女子の繊細でダークな心情を淡々と歌う彼女の楽曲には、多くのリスナーが関心を示しました。

DAOKOが有名になったのはjinmenusagi

DAOKOがニコラップに楽曲を投稿していた時、同コンテンツ上で活動していたjinmenusagiとネット上で出会いました。

彼の呼びかけでコラボ参加した楽曲がきっかけで、DAOKOは「LOW HIGH WHO?PRODUCTION」の代表に注目されインディーズデビューへの道を辿ります。

jinmenusagiも当時同じ事務所に所属していて、2014年にはラッパーGOMESSLOW HIGH WHO?PRODUCTIONの主催者でラッパーのParanelを交えて4人で曲を発表しています。

DAOKOと椎名林檎

DAOKOの父親は音楽好きで、車の中でよくかかっていたのが椎名林檎の音楽でした。

チャイルドシートに座っていた頃から彼女の曲を聴いていたといいます。

DAOKO

一番尊敬しているアーティスト

10代の時に聴き続けていた曲の一つに、椎名林檎の「歌舞伎町の女王」を挙げています。

DAOKOの端正でどことなくミステリアスな佇まいや、独特の言葉の言い回しは椎名林檎の影響を強く感じさせます。

DAOKOは平沢進の信者だった

平沢進MANDRAKEP-MODELで活動していた、前衛音楽やテクノポップの立役者として熱狂的に支持されているアーティスト/プロデューサーです。

DAOKOが子供の頃に大好きだった映画「パプリカ」の音楽を彼が担当していたことがきっかけで、中学生の頃から彼の熱狂的なファンだったといいます。

DAOKOのインディーズデビューアルバム「パレードにようこそ」というタイトルは、平沢進の「パレード」からインスパイアされています。

DAOKOのメジャーデビューアルバムは「DAOKO」

2015年3月にメジャーデビューアルバム「DAOKO」が発表されました。

インディーズでは3枚のアルバムを発表していて、彼女のリリースでは通算4枚目となりますが、メジャーレーベル「トイズファクトリー」からは初のリリースとなります。

全12曲入りのフルアルバムで、プロデューサーにはロックバンド「フジファブリック」なども手掛ける片寄明人、アートディレクターにはきゃりーぱみゅぱみゅなどの個性的なアーティストを支えているデザイナー、スティーヴ・ナカムラなどが参加しています。

そうそうたるバックアップの元、生み出されたメジャーファーストアルバムです。

DAOKOのおすすめ楽曲厳選3選

DAOKOのおすすめ楽曲厳選3選
  • DAOKO / かけてあげる
  • DAOKO / ShibuyaK
  • DAOKO / 御枷の街

DAOKOは2020年現在、7枚ものアルバムを発表しています。

高校入学から音楽活動を続けてきた、才能あふれる彼女のおすすめ曲3曲を紹介します。

DAOKO / かけてあげる

2015年3月に発表されたファーストアルバム「DAOKO」に収録されている曲です。

10代の繊細な感情をPOPに昇華した初期DAOKOの代表的な一曲です。

DAOKO

まだ知らないことばかり

わたしの知ってる誰かの中に

裸足のプリンセス走れよ乙女

アタリよプリンセスはじめよ男(お)と女(め)

DAOKO / ShibuyaK

2015年10月に発表されたシングルの表題曲です。

109ドンキFOREVER21PARCOなど固有名詞を歌詞に出し、DAOKOが感じている渋谷の街のリアリティが醸し出されています。

ShibuyaK」とは、渋谷スクランブル交差点の略語です。

DAOKO

SHIBUYA KOSATEN 初体験都会

SHIBUYA KOSATEN キミと来たね

SHIBUYA KOSATEN 大嫌いだった 今じゃなんだか安心する

DAOKO / 御枷の街

2020年7月に発表された4枚目のアルバム「anima」収録曲です。

DAOKOの原点ともいうべきダークな世界観にラップシングが乗った一曲です。

DAOKO

溝に落とす針

たちまちに踊り音に無数が浮遊した異空間 yo

妄想が応答し創造した東京だ

DAOKOのおすすめコラボ楽曲厳選3選

DAOKOのおすすめコラボ楽曲厳選3選
  • DAOKO×米津玄師 / 打上花火
  • DAOKO×岡村靖幸 / ステップアップLOVE
  • DAOKO×中田ヤスタカ / ぼくらのネットワーク

DAOKOはデビュー以来、多くの有名アーティストに見いだされコラボ作品を作り続けています。

その中にはDAOKOが子供の頃から憧れていたアーティストとの共演も実現しています。

ジャンルを超えて様々なアーティストに愛されるDAOKOのコラボ曲を紹介します。

DAOKO×米津玄師 / 打上花火

2017年7月に発表されたDAOKO のサードシングル「打上花火」です。

米津玄師とコラボしたこの曲は、映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌に起用されました。

2020年現在3億を超える再生数を記録していて、世界的に愛されている曲です。

DAOKO×岡村靖幸 / ステップアップLOVE」

2017年に発表された4枚目のシングル「ステップアップLOVE」 です。

DAOKOが子供の頃からリスペクトしていた岡村靖幸とのコラボ曲です。

岡村靖幸のファンキー節に負けずとも劣らないDAOKOのフロウが絶妙な一曲です。

DAOKO×中田ヤスタカ / ぼくらのネットワーク

2018年に発表された、ゲームアプリ「ドラガリアロスト」の 挿入歌です。

中田ヤスタカのテクノポップな世界観にマッチしたDAOKOの歌声が堪能できる一曲です。

DAOKOの仲の良いアーティスト

DAOKOの仲の良いアーティスト
  • 岡村靖幸
  • クジメグミ(ヘアメイクアーティスト)
  • 片寄明人(プロデューサー)
  • スチャダラパー

DAOKOの交友関係は、彼女が憧れていたシンガーや、音楽制作やファッション等で関わりのあるアーティストとの深い交流が伺えます。

彼らとは仕事上だけでなくプライベートでも親交を深めていて、彼女の人脈の恵まれ方を感じさせます。

岡村靖幸

 

この投稿をInstagramで見る

 

DAOKO(@daoko_official)がシェアした投稿

DAOKOが憧れているアーティスト岡村靖幸とコラボしています。ツアーも客演で参加していて、貴重な2ショット写真を公開しています。

スチャダラパー

 

この投稿をInstagramで見る

 

DAOKO(@daoko_official)がシェアした投稿

ロールプレイングゲーム「ファイアオブエムブレム」の音楽を多く担当しているDAOKOと、ゲーム好きのスチャダラパーの出会いが縁となり、コラボしています。

スチャダラパーとのレコーディングはかなりエキサイティングだったと語っています。

片寄明人

 

この投稿をInstagramで見る

 

DAOKO(@daoko_official)がシェアした投稿

ファーストアルバムからの付き合いを続けているプロデューサー片寄明人とは家族ぐるみで親交を深めていて、家に遊びに行ったり、一緒にお出かけをしたりと、かなり仲の良い様子が分かります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA