【無料体験期間中】6,500万曲以上が聴き放題

ゆるふわギャングとは?メンバープロフィールの完全まとめ

ラッパーゆるふわギャング

注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。
画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

ゆるふわギャングは2016年から活動を開始しました。

音楽的な側面のクオリティの高さはもちろんのこと、メンバーの独特なキャラクターも相まって、さらに活躍の幅を広げています。

今回はゆるふわギャングに関する情報を詳しくまとめました。

MEMO
ゆるふわギャングの名前はRyugo Ishidaのラップを聴いたNENEが「ゆるふわ」だと感じたことと、2人のタトゥーだらけの見た目に「ギャング」のような雰囲気を感じてつけられた。

ゆるふわギャングのメンバープロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆるふわギャング Yurufuwa Gang(@yurufuwagang)がシェアした投稿

ゆるふわギャングのメンバー
  1. NENE
  2. Ryugo Ishida
  3. Automatic

ゆるふわギャングは3人のメンバーで構成されています。

女性ラッパーのNENE、男性ラッパーのRyugo Ishida、そしてプロデューサー兼ビートメイカーのAutomaticです。

今回はゆるふわギャングの各メンバーのプロフィールを詳しくまとめました。

NENE(ネネ)のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

NENE(@iamrealnene)がシェアした投稿

出生名加藤あかね
アーティスト名NENE(旧名はSOPHIE)
年齢1994年6月21日(現在26歳)
身長不明
血液型不明
出身地東京都品川区
事務所不明
レーベルMary Joy Recordings
公式サイトhttps://yurufuwagang.com/
幼少期
3人兄弟の長女として東京の品川区で生まれる
小・中学時代
両親が離婚し、母親のもとで育てられる
高校時代
高校を中退し、中学の頃からバイトをして貯めた資金でスペインやアメリカへ旅立つ

NENEは地元のボス的な存在であった兄と真面目な妹の3人兄妹として、東京の品川区で生まれ育ちました。

兄と妹は両極端ではあったものの、兄は悪い方面で、妹は勉学の面でそれぞれ個性があったのに対し、NENEは自分には何もないと思い込み、自信を持てなくなっていました。

また、両親の関係性も悪く、NENEが中学生の頃に離婚し、母親のもとで育てられることになります。

NENE自身は、幼い頃から海外への憧れを持っていました。

海外へ行くために、年齢を偽って中学時代からピザ屋でバイトを始めます。

そして、高校1年生の頃にスペイン、高校2年生の頃に学校を中退した後、ニューヨークへ渡航しました。

こういった経験が、独自のリリックや音楽的センスを生み出すことになります。

DONY JOYNTとの関係

NENEは過去にDONY JOYNTとの関係性が噂されています。

情報ソースは2chの掲示板ですが、NENEが昔使っていたと思われるTwitterアカウントからのツイートが利用されていることから、DONY JOYNTと結婚していたことや子供がいたと考えられるもののスクリーンショットがアップされました。

元ツイートのアカウントは鍵が付いていて見れないことや本人が公で触れていないことから、情報の真偽は分かっていません。

参考 【パトロン】ゆるふわギャング 無断転載禁止©2ch.net5ちゃんねる

NENEは薬物中毒だった?

NENEは過去にドラッグを使っていたと思われる内容は、デビュー初期のインタビューで明らかになっています。

「兄が悪いことにも手を出していた」ということや、アメリカへの文化の憧れが重なり、子供の頃から@#$%を使っていたと公言しています。

肝心の部分はモザイクが入れられていて、ドラッグだとは断定できないものの、文脈からドラッグを使っていたと読み取ることができます。

また、先ほどの2chの掲示板でのタレコミで、仲間と薬をやっているところを撮影したと思われる写真もアップされていることから、昔薬物中毒になっていたとされています。

NENEのファッション

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryugo Ishida(@ishidaryugo)がシェアした投稿

NENEの愛用ブランド

NENEは、スタイルの良さも相まって、ファッションの側面からも注目を集めています。

NENEは、様々なブランドの服を着ていて、高級なブランドの服に身を包むこともありつつも、スポーツブランドやワークウェアブランド等の馴染み深いブランドの服も着用しています。

その中でもMISBHVNIKEHYSTERIC GLAMOURといったブランドが印象的です。

特に、NIKEに関しては、NENEの実家の近くにNIKEの倉庫があったり、映画でもよく見かけていたことから、馴染み深さを感じていると明かしています。

参考 ゆるふわギャングとNIKE SOCK RACER。Mastered

NENEが客演を務めた「No Geography」がグラミー賞を受賞

 

この投稿をInstagramで見る

 

NENE(@iamrealnene)がシェアした投稿

NENEは、ゆるふわギャングとして活動する一方で、ソロでも活動しています。

自身で曲をリリースすることももちろんありますが、客演として他のラッパーやアーティストの曲の出演することもしばしばあります。

その中で、NENEが客演として招かれているThe Chemical Brothers(ザ・ケミカル・ブラザーズ)の「No Geography」というアルバムが、第62回のグラミー賞のBest Dance/Electronic Albumを受賞しました

グラミー賞で日本人の名前が出ることは比較的少ないため、音楽業界を中心として話題に上りました。

NENEのおすすめの楽曲

 

この投稿をInstagramで見る

 

NENE(@iamrealnene)がシェアした投稿

NENEのおすすめの楽曲
  1. NENE / 地獄絵図 feat. NIPPS
  2. NENE / 慈愛

NENEは、これまでのソロ活動の中で、アルバム「NENE」とEP「夢太郎」をリリースしてきました。

NENE」は、元の名前のSophieeからNENEへ名前を変えることで、より自分を表すというテーマがあり「夢太郎」は妖怪をテーマにしています。

これからNENEのソロ曲の中でもおすすめなものを2つ紹介していきます。

NENE / 地獄絵図 feat. NIPPS

NENEのおすすめ曲の1曲目は「地獄絵図 feat. NIPPS」です。

「地獄絵図 feat. NIPPS」は2020年7月にリリースした6曲入りのEP「夢太郎」に収録されている1曲です。

客演にはNIPPSを招き、普段のNENEゆるふわギャングの楽曲では聞けないような、2人のMCのコントラストが特徴的です。

NENE

わからないやつにはわからせる ペンが走ったらもう地獄絵図
NENE / 慈愛

NENEのおすすめ曲の2曲目は「慈愛」です。

慈愛」もEP「夢太郎」に収録されている1曲で、完璧主義的で自分を追い詰めてしまう性格を見つめなおし、自分をいたわる心を持たないといけないというメッセージが込められています。

NENE

自分をsaveしちゃったりする日もあるけど やっぱり違くて どうにもやっぱり違くて

Ryugo Ishida(りゅうご いしだ)のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆるふわギャング Yurufuwa Gang(@yurufuwagang)がシェアした投稿

出生名石田りゅうご
アーティスト名Ryugo Ishida(旧名 DUDE)
年齢1993年(現在27歳)
身長不明
血液型不明
出身地茨城県土浦市
事務所不明
レーベルMary Joy Recordings
公式サイトhttps://yurufuwagang.com/
幼少期
4人兄弟の長男として茨城県土浦市で生まれ、幼い頃から父親から虐待を受けて育つ
小・中学時代
両親の離婚や初めてできた彼女がレイプされるなど不幸に見舞われる
高校時代
高校に入学したものの、真面目に通わず、楽曲の制作やクラブで遊ぶ日々を送る

Ryugo Ishidaは4人兄弟の長男として茨城県土浦市で生まれました。

幼い頃から父親に虐待を受けていて、小学校2年生の頃には両親が離婚し、母親のもとで育てられることになります。

その後、手紙で父親が事故死したことを知ったり、新しい父親の自殺未遂、初めてできた彼女がレイプされたことなど、Ryugo Ishidaの身の回りは良くないことが立て続けに起こっていました。

高校へはノリで行ったものの、真面目に通うことは無く、楽曲の制作やクラブに通い続ける日々を送っていました。

そういった環境で育ってきたからこそ、Ryugo Ishidaの綴るリリックには独自の世界観や思いが込められています。


NENEとはカップル

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆるふわギャング Yurufuwa Gang(@yurufuwagang)がシェアした投稿

Ryugo IshidaはメンバーのNENEと付き合っています。

共にアルバム「Circus Circus」を制作したRyan Hemsworth

Ryan Hemsworth

2人はカップルだから他のラッパーにはない親密さがあるんだ

と2人の関係性について述べています。

このようなHIP HOPクルー兼カップルとして活動している例は少なく、仕事でもプライベートでも良好な関係を築いています。

Ryugo Ishidaの弟はS9UALL

 

この投稿をInstagramで見る

 

S9UALL(@good_time_02)がシェアした投稿

出生名石田まさと
アーティスト名S9UALL(スコール)
年齢不明
身長不明
血液型不明
出身地茨城県土浦市
事務所不明
レーベル無し
公式サイトhttps://www.instagram.com/good_time_02/

Ryugo Ishidaは男女2人ずつの4人兄弟の長男で、弟もS9UALLという名義でラッパーとして活動しています。

S9UALLはソロとして活動も行っていますが、SOUTHCLOUDという地元土浦市のメンバー8人を集めたクルーとしても活動しています。

Ryugo Ishidaとは日本発のアパレルブランドBlackEyePatchとコラボしたソロミックステープ「TAPE TAPE」の「Take Off feat. S9UALL」でコラボを果たしています。

SOUTHCLOUDとは

 

この投稿をInstagramで見る

 

SOUTHCLOUD(@southcloud_official)がシェアした投稿

SOUTHCLOUDのメンバー
  1. S9UALL
  2. Kidney Fuji
  3. Young lit GS
  4. Swety
  5. RICH
  6. ゆうけん
  7. Lil Cotty
  8. Liberty

SOUTHCLOUDとは茨城県土浦市のラッパー7人とDJ1人の合計8人のHIP HOPクルーです。

活動拠点は茨城県土浦市で、土浦市で開催したイベントTRIP VISION×LEX STAR TOURでは300人の観客を動員し、地元のからのプロップスを獲得しています。

SoundCloud上でクルーの1st EP「SouTHCloud New wave」を2020年1月にリリースしてから、2nd EPの「STORM GENESIS」、3rd EPの「C4」をリリースしました。

2020年に入ってから急速に成長を見せ続けていることから、注目を集めています。

Ryugo Ishidaのファッション

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE OVERSEA(@theoversea)がシェアした投稿

Ryugo Ishidaの愛用ブランド

Ryugo Ishidaのファッションはストリート系でまとめられていて、その中にカートゥーンのようなポップさがある点が特徴的です。

特に愛用しているブランドはBlackEyePatchで、過去には篠山紀信も含めたコラボも果たしました。

他にはThe North FaceNIKEといったアウトドアブランドやスポーツブランドの服に身を包むこともあります。

Automatic(オートマティック)のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryan Hemsworth(@heemsworth)がシェアした投稿

出生名不明
アーティスト名Automatic
年齢不明
身長不明
血液型不明
出身地茨城県土浦市
事務所不明
レーベルMary Joy Recordings
公式サイトhttps://yurufuwagang.com/

Automaticゆるふわギャングのプロデューサー兼ビートメイカーで、他の2人とは違ったポジションで活躍しています。

あまりメディア等に出ることは少なく、謎が多い存在として認知されていて、メンバーのRyugo Ishidaからは

Ryugo Ishida

チームのリーダー的存在で仙人みたいな人です

と言われるほど、他の2人から一目を置かれています。

過重労働と離婚による挫折

HIP HOPクルーとして活動
茨城県土浦市でRANKER JACKとBIG SCOREの2つのクルーとして活動する
音楽活動を止める
子供ができたことをきっかけに音楽活動を止めて働き始める
ブラック企業と離婚
務めた企業がブラック企業であったことや妻との離婚により挫折する
東日本大震災
東日本大震災を契機に音楽活動を再開させることを決意する

Automaticは1996年頃(さんぴんCAMP初期)の世代で、RANKER JACKBIG SCOREという2つのクルーとして活動していました。

その後、子供ができたことを契機に、京都の通販印刷会社で働き始めることにしました。

しかし、1日15時間の労働や夫婦仲の悪化、過労による同僚の事故死によって心が折れ、地元へと帰省したと同時に離婚しました。

それからは貯蓄を切り崩して生活し、精神的にも追い込まれていた中で、東日本大震災が起こります。

これを契機に家族や友人にできることや自分自身にとっての音楽を考え直し、音楽活動を再開させました。

ゆるふわギャングのラップスタイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆるふわギャング Yurufuwa Gang(@yurufuwagang)がシェアした投稿

ラップスタイル
  1. 2人のMCの対極的なスタイル
  2. 中毒性のあるビート

ゆるふわギャングの最大の特徴はNENEとRyugo Ishidaの2人の対極的なスタイルにあります

NENEはパワフルで少し毒のあるようなスタイルである一方で、Ryugo Ishidaは落ち着いた雰囲気が強く、この相対するスタイルが上手くかみ合っています。

これには特にAutomaticの中毒性のあるビートが大きな役割を果たしていて、三位一体となってゆるふわギャングの魅力が最大限に引き出されています。

2人がラップを始めた理由

ラップを始めた理由
  1. NENEは周りからのすすめられてノリで始めた
  2. Ryugo IshidaはDEAR’BROのライブや音源を聴いたことがきっかけ

NENEがラップを始めた理由

NENEがラップを始めたのは高校2年生の頃で、それまではレゲエを中心に音楽が好きでした。

当時のNENEの周りにはラッパーが多く、周りからのすすめも相まって、最初はノリでラップを始めました。

それから次第にラップが楽しくなり、本格的に活動することを決意し、高校も途中で中退しました。

Ryugo Ishidaがラップを始めた理由

Ryugo Ishidaは3歳年上のHIP HOP好きな従兄弟の影響を受け、ZEEBRAEMINEMの楽曲を聴くようになったり、オーバーサイズのストリート系のファッションに身を包むようになりました。

それが地元のHIP HOP好きな先輩の目に留まり、HIP HOPに関して様々なことを教えてもらうと共に、15歳の頃に初めてクラブへ行くことになります。

その時に初めて見たDEAR’BROのライブやライブ後にもらったCDを聴き、感銘を受けてラッパーになることを決意しました。

 

ゆるふわギャング結成から現在まで

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆるふわギャング Yurufuwa Gang(@yurufuwagang)がシェアした投稿

2013年
Ryugo IshidaとAutomaticの出会い
地元のイベント関係のミーティングで出会い、Ryugo Ishidaが自身をプロデュースしてほしいと相談する
2016年6月
Ryugo IshidaとNENEの出会い
東京のイベントに来ていたRyugo Ishidaと偶然出会い意気投合する
2016年7月
ゆるふわギャング結成
出会ってから1カ月程度で楽曲制作を始め、ゆるふわギャングを結成する

ゆるふわギャングの始まりはRyugo Ishidaが地元のイベント関係のミーティングでAutomaticと出会ったのが発端でした。

Ryugo IshidaAutomaticの実力を知っていたため、プロデューサーとして活動を共にしてほしいと相談し、AutomaticRyugo Ishidaをプロデュースすることになります。

AutomaticRyugo Ishidaが作った楽曲の100曲以上をボツにし、半年に1回「1993」という5曲入りのフリーダウンロードEPシリーズを3回出して、徐々に力を付けていきました。

Ryugo IshidaとNENEの出会いからゆるふわギャング結成まで

その後、2016年5月にソロの1stアルバム「EverydayIsFriday」 をリリースしたことで注目を集め、東京でライブすることが増えていきます。

そして同年6月にBLUE MAGICという東京のライブでRyugo IshidaNENEが出会います。

この時タトゥーの入り方が似ていることやNENERyugo Ishidaの「YRB」のMVを見て、共に活動したいと思い、距離を縮めていきました。

その後、2016年7月になると共に楽曲制作を始め、ゆるふわギャングが結成されました

それを記念して2人の親指の付け根辺りから親指にかけて”ゆるふわギャング”の文字の刺青が彫り込まれています。

ゆるふわギャングが影響を受けたアーティスト

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marshall Mathers(@eminem)がシェアした投稿

影響を受けたアーティスト
  1. EMINEM
  2. 2Pac
  3. ZEEBRA
  4. DEAR’BRO
  5. 5lack
  6. THE BLUE HEARTS

Ryugo IshidaはHIP HOPに興味を持つ前はTHE BLUE HEARTSを中心として青春時代に聴くような音楽を聴いていました。

それから小学校6年生の頃に友人から2PacのCDをもらい、HIP HOPの楽曲を聴くようになります。

その後、従兄弟の影響でZEEBRAEMINEMの楽曲を聴き始め、DEAR’BROの影響でラッパーを志すようになりました。

一方NENEは、高校2年生の頃に聴いたEMINEMの楽曲に魅力を感じ、そこからHIP HOPの楽曲をより深く知ることになりました。

NENEが、初めて聞いた日本のHIP HOPの楽曲は5lackの作品で、その当時から憧れを感じていました。

映像作品にインスパイアされた楽曲

楽曲名インスピレーションを受けた作品等
パイレーツパイレーツ・オブ・カリビアン
StrangerStranger Things
大丈夫バンコクナイツ
Bleach The World冷たい熱帯魚
EverydayIsFlydayKIDS
グラセフグランド・セフト・オート
Hunny Huntプーさんのハニーハント

ゆるふわギャングの楽曲の中には、映像作品からインスピレーションを受けたものが多くあります。

元々2人は映画が好きで、初めて2人でトゥルー・ロマンスを見てから、クエンティン・タランティーノの映画作品やStranger Thingsなど、様々な映像作品を見てきました。

映像作品以外にもゲームやテーマパークのアトラクションからインスパイアされた楽曲もあります。

ゆるふわギャングのおすすめ曲厳選3選

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆるふわギャング Yurufuwa Gang(@yurufuwagang)がシェアした投稿

おすすめ曲厳選3選
  1. ゆるふわギャング / FUCKIN CAR
  2. ゆるふわギャング / Dippin’ Shake
  3. SALU / 夜に失くす feat. ゆるふわギャング

ゆるふわギャングは2016年に結成されてから、約1年ごとにアルバムやEPを計3つリリースしてきました。

1stアルバムの「MARS ICE HOUSE」、2ndアルバムの「MARS ICE HOUSE Ⅱ」、Ryan Hemsworthとの共同制作の「CIRCUS CIRCUS」の3作品です。

他にも客演として出ている作品も数多く、今回はその数あるゆるふわギャングの楽曲の中からおすすめな作品を3つ紹介していきます。

ゆるふわギャング / FUCKIN CAR

ゆるふわギャングのおすすめ楽曲の1曲目は「FUCKIN CAR」です。

FUCKIN CAR」はゆるふわギャングが初めてともに制作した楽曲で、1stシングルとしてリリースされました。

マリオカートと連携されたユーモア溢れる楽曲及びMVが話題を呼び、Major LazorDiploに拡散されたことで日本だけでなく海外からも注目されました。

Ryugo Ishida

でも皆嫌がる新しい挑戦 ほら見てみな 俺たちなら今 飛ばしてきた 止まらずいる今

ゆるふわギャング / Dippin’ Shake

ゆるふわギャングのおすすめ楽曲の2曲目は「Dippin’ Shake」です。

Dippin’ Shake」は「FUCKIN CAR」に続けてリリースされ、ゆるふわギャングの代表曲の1つとなりました。

Dippin’ Shake」はRyugo IshidaNENEが2人でお台場の海に出かけた時のストーリーが元になっていて、人は身近にあることにさえも気づけないことへの悲しさが込められています。

Ryugo Ishida

気づいてない携帯しか見てない 投げつけてやるよ ポテトフライ

SALU / 夜に失くす feat. ゆるふわギャング

ゆるふわギャングのおすすめ楽曲の3曲目はSALUの「夜に無くす feat. ゆるふわギャング」です。

夜に無くす feat. ゆるふわギャング」はSALUの4thフルアルバム「INDIGO」の収録曲の1つで、夜に失ったものをテーマに楽曲が展開されています。

NENE

楽しんでる 今ロケットの中 嫌な事さよならずっとこのまま

ゆるふわギャングと仲の良いラッパー

仲の良いラッパー
  1. Lunv Loyal
  2. JNKMN
  3. ELLE TERESA

ゆるふわギャングはその実力の高さから、様々なラッパーやアーティストから注目を集め、関係性を持っています。

その中でも仲の良いラッパーはLunv LoyalJNKMNELLE TERESAの3人です。

特にLunv Loyalはゆるふわギャングの初期の方から交友関係を持ち、プライベートではもちろん、仕事上でも関係性を持っています。

また、JNKMNとは「Hajimattenai」や「Dior」でのコラボでも話題になりましたが、プライベートで関わる機会も多く、JNKMNのTwitterにはゆるふわギャングとのプライベートの写真が数多くアップされています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA