【最強】一番キマるヤバイCBD

寿君のプロフィール(年齢・出身・生い立ち)のまとめ

寿君

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

寿君は奈良県生駒市出身のレゲエDeejayです。

2006年から活動を開始し、関西圏を中心にライブ活動、RED SPIDERが主催するクラッシュ・DYNAMITE XXでの優勝など、クラッシュでの活躍で頭角を表します。

アーティスト名を寿君に改名後、レゲエ好き以外にも伝わるストレートなリリックとメロディアスなフロウを武器にメジャーデビューを果たしました。

最近ではMCバトルにも参戦し活躍の場を広げ、鉄板ボーイこと寿君を紹介します。

寿君のプロフィール

出生名寿弥(としや)
アーティスト名寿君(コトブキクン)
年齢1985年11月8日(現在35歳)
身長172cm
血液型O型
出身地奈良県生駒市
事務所ID ENTERTAINMENT / STREET HERO RECORDS
レーベルUNIVERSAL MUSIC
公式サイトhttps://kotobukikun.com/
STEP.1
幼少期〜小学校時代

1985年11月8日に奈良県生駒市で生まれる。

MEMO
小学校高学年の頃は不登校気味だった。
STEP.2
中学校時代

生駒市立光明中学校に入学し、バスケットボール部に入部する。

MEMO
3年時にはバスケットボール部のキャプテンを務めるが、女子にはモテなかった。
STEP.3
鳶職時代

高校には進学せずに鳶職となり、トシヤーマン名義でレゲエDeejayを始める。

MEMO
本気でレゲエDeejayとしてデビューすることを夢見ていたが、職場では馬鹿にされていた。

寿君は奈良県生駒市出身のレゲエDeejayです。

1985年11月8日生まれの現在35歳です。

地元の奈良県生駒市では「友達の多いレゲエの好きなやつ」として有名で、レゲエDeejayをしていた友達のライブを見に行ったイベントで初めてマイクを握りました。

トシヤーマン名義でレゲエDeejayとしてキャリアをスタートさせ、熱いバイブスと行動力、親しみやすいリリックとメロディアスな楽曲で「鉄板ボーイ」の異名で人気を集めます。

2018年4月11日にシングル「一人じゃない」でメジャーデビューを果たすなど勢いは止まりません。

YouTubeチャンネルでのJ-POPのレゲエアレンジでバズり、MCバトルにも参戦し活躍するなど、レゲエを飛び越えて活躍する「レゲエシーンの期待の星」です。

寿君の名付け親はRED SPIDER JUNIOR

寿君の名付け親は、RED SPIDERのJUNIORです。

元々はMOUNTAIN KINGという名前で活動をしていましたが、JUNIORとの会話で、

お前知ってる。名前何やったっけ?

JUNIOR

寿君

MOUNTAIN KINGです。
名前ダサい。だから売れへんねんで。

JUNIOR

と、名前をダサいとディスられました。

JUNIORがこのやりとりを動画に撮っていて、mixiの日記に動画をアップして、ファンに名前を公募しました

本名なんて言うん?

JUNIOR

寿君

寿弥です。
じゃあ寿君でいいやん。

JUNIOR

寿君

君入りますか?
からあげクンもガリガリ君も君が付いてるから売れるんや。

JUNIOR

JUNIORの思い付きで、改名が決まりました。

MEMO
mixiでの公募の結果は「梅田第三ビル24階」「こめかみパンチ」「ちょまげん」など大喜利状態だった。

改名して良かったこと

寿君だけではなく、KYO虎もHISATOMIもJUNIORに改名させられています

JUNIORさんに名前を付けてもらってから調子がいい。

KYO虎

寿君

その根拠、何やねん。

しかし、実際に寿君も改名後、楽曲「LONG DISTANCE」のヒット、初のアルバムリリースとうなぎのぼりに知名度が上がっていきました

「俺が名前を付けると売れる説」ってあるやん。それは関係なく、そいつが頑張ってるから売れる。ある程度まで来ていて「もうちょっと頑張ったら売れる」というやつに、きっかけとして改名しているだけ。

JUNIOR

と、JUNIORが見る中で売れる見込みがあるアーティストにしか改名を持ちかけていないことを明かしています。

MEMO
周りからは改名を反対された。

Twitterが嫌いな理由は?

寿君は、SNSは TwitterとInstagramをしています。

しかし、Twitterは更新のみで、誰もフォローしていません

理由について、

寿君

嫌いなんですよ。ネガティブの塊みたいで。

と、ネガティブな書き込みが多いことと語っています。

寿君

書き込みを見て俺のことだと思ってしまうんです。被害妄想するタイプなんで。

ネガティブな書き込みを見て被害妄想に入るタイプということもあり、意図的に見ないようにしています。

MEMO
自分のことを書かれていると思い込み、書き込みをした知り合いに電話をしたこともある。

クラブでやんちゃしていた時代の思い出

寿君は、10代の頃からクラブに出入りしていました。

特に行っていたクラブは、大阪・アメ村のJOULEです。

寿君

昔のクラブはIDチェックもなかった。

昔のクラブは年齢チェックもなく緩かったこともあり、未成年でも入れました。

寿君

可愛いお姉ちゃんに逆ナンされたり、テキーラを飲んだり、夢のような場所だった。

10代の寿君からすると、大人で綺麗な女性ばかりで、夢のような場所でした。

音楽を聴くだけでなく、逆ナンされたりテキーラを飲んだり、やんちゃをしていました。

下積み時代の苦労秘話

寿君は2018年にメジャーデビューするまで、働きながら音楽をしていました。

寿君

7,8年位は鳶職をしていた。

中学を卒業してから7年から8年ほど鳶職をしつつ、夜や休日はクラブで歌うという二足の草鞋状態でした。

しかし、絶対に売れるという強い信念を持ち、厳しい下積み時代を乗り越えました。

寿君のファッションのまとめ

着用ブランド

寿君は、レゲエやヒップホップと繋がりが強いファッションブランドを愛用しています。

特に着用頻度の高いブランドはJUICEKarl Kaniです。

寿君

昔の俺は服装がダサかった。

昔は服がダサかったと語っていますが、今ではブルーやレッドなどの派手目なカラーからスーツまで着こなしています。

MEMO
BESにファッションを教えてもらっていた。

寿君のDeejayスタイル

寿君のDeejayスタイル
  • 老若男女問わず伝わるストレートなリリック
  • メロディアスなフロウ

寿君のDeejayスタイルは、老若男女問わず伝わるストレートなリリックとメロディアスなフロウです。

レゲエにJ-POPにも通じる分かりやすいリリックとメロディーを取り入れているところが、寿君がレゲエシーン以外からも人気を集めている理由です。

寿君

レゲエを日本でもっと広めたい。

レゲエを日本中に広めるというモットーを持ち、誰でも首を振れる楽曲を作り続けています。

STEP.1
2006年
MOUNTAIN KINGに改名し、関西圏を中心に本格的にライブ活動を始める。
STEP.2
2010年

初めてジャマイカに渡り、寿君に改名する。

注意
寿君の名付け親はRED SPIDERのJUNIOR
STEP.3
2012年
2012年6月に配信シングル「LONG DISTANCE」をリリースし、スマッシュヒットを記録する。
STEP.4
メジャーデビュー
2018年4月11日にシングル「一人じゃない」でメジャーデビューを果たす。

Deejayを始めた理由は友達

寿君は元々、地元ではレゲエ好きとして有名でした。

しかし、周りでもレゲエが流行っていて、すでにDeejayとして活動している友達もいました。

 奈良のレッドっていうクラブで歌うよ。

友達

寿君

じゃあみんなで見にいこうぜ。

見に行ったライブでラバダブが始まり、

寿君

ラバダブはオープンマイクで、誰でも自由に歌ってもいいらしい。

その場のノリでマイクを掴んだことが、寿君のDeejay初体験です。

悔しい初めてのラバダブ

初めてマイクを掴んだラバダブで、自信満々に、

寿君

俺は生駒のトーシヤー

と歌いましたが、会場は全く盛り上がりませんでした。

寿君

めちゃくちゃ悔しい。
散々、他の出演者を馬鹿にしてたけど、お前が一番ダサかったで。

友達

友達の評判も最悪でしたが、

寿君

ちゃんとリリックを書いたら、あいつらに絶対勝てる。見とけよ。

と、友達に馬鹿にされた悔しさから、リリックを書き始めました

寿君のおすすめの楽曲【厳選3選】

寿君バイブス全開なおすすめ曲を厳選して3曲紹介します。

寿君 / あー夏休み

TUBEの大ヒット曲「あー夏休み」を大胆にサンプリングした楽曲です。

原曲の原型を残しつつ、バランスよくレゲエアレンジされた、寿君のポップセンスが光る名カバーです。

寿君

Hold me tight 夢とちゃうのかい こんな出逢いは そんなアホみたいな奴には興味ないよだなんて 言わせないよ

寿君 / LONG DISTANCE

SOME LOVE RIDDIMに乗せて、遠距離恋愛を歌ったラブソングです。

いろんな形があれど、愛は愛」と、究極の愛の形を歌っています。

寿君

離れた期間が長く長く感じたんだ待ち侘びていたんだ そのぶんチャント言える好きなんだ 離れた期間は巡り会えたことに感謝大事なんだ 君が1番さ2番はいらんわ
MEMO
LONG DISTANCE Part.2もあり、MUNEHIROが客演で参加している。

寿君 / SEASON IN SUMMER

SUMMER SONIC RIDDIMに乗せた、ポジティブバイブス全開のサマーチューンです。

海、バーベキュー、ギャル、そして音楽といった夏の楽しみを詰め込んだ、夏に聴いて楽しい、夏以外に聴いても夏が恋しくなる楽曲です。

寿君

この季節を待っていた あいつも集まってきた ならみんなで今すぐ海に行こうぜ 全員集合だ に乗り込んだ小麦色の男に女ぶっちゃけはっちゃけちゃってもいいぜEvery body

バズっているレゲエアレンジカバーとは?

寿君は自身のYouTubeチャンネル・寿君で、J-POPのレゲエアレンジに挑戦しています

優里ドライフラワー」やLiSA」などの最新ヒット曲から、中島みゆき」やBEGIN三線の花」などの往年の名曲まで、アレンジしている曲は様々です。

寿君

芸人さんのYouTubeチャンネルを見ていて、トークでは勝てないと思った。

お笑い芸人のチャンネルを見て、トークでは勝てないと悟りました。

寿君

だから、自分はクリエイティブなことで勝負することに決めた。

そして、YouTubeチャンネルで誰もやっていないクリエイティブなことで勝負することに決め、J-POPのレゲエカバーを始めました。

寿君のMCバトルスタイル

MCバトルスタイル
  • 相手の急所を突くアンサー力
  • 即興性の高いライン

寿君のMCバトルスタイルは、相手の嫌なところを突く的確なアンサーと即興性の高さが特徴です。

自分がまだ駆け出しの頃にクラブで寿君の即興を聞いたことがあるが、当時からめちゃくちゃ即興が上手かった。

MAKA

レゲエのラバダブは自分の持ち歌を即興でアレンジしますが、寿君は即興の比重が高く、場の雰囲気や相手のラインに合わせてアンサーできる高いアンサー力を持っています。

ヒップホップにおけるバトルMCとしてもポテンシャルが高く、レゲエDeejayとして様々な現場で歌ってきた経験からくる説得力も、寿君の強さの理由です。

寿君の仲の良いラッパー

仲の良いラッパー
  • BES
  • RAY
  • HISATOMI
  • KYO虎
  • APOLLO
  • RAM HEAD
  • ハジ→

寿君は、大阪を中心に奈良、京都などの関西圏で活動するDeejayと仲良くしています

10代の頃から大阪・アメ村のクラブに出入りしていた寿君は、関西圏の同世代の友達が増えていきました。

寿君

最近はレゲエじゃない人や東京の人と接する機会が多い。

メジャーデビュー以降はレゲエシーン以外の人と関わる機会も増え、レゲエの楽しさを他のジャンルのアーティスト、ファンに広げるべく活動しています。

子供の頃に売れる前の三木道三に会っていた!

寿君が小学校5年生の時、まだ売れる前の三木道三に会っています

寿君

お兄さん、何やってるの?

と、ザリガニ釣りをしていた寿君が、書き物をしながら何往復もする三木道三に声をかけました。

レゲエの歌書いとるんや。

三木道三

寿君

レゲエって何ですか?
ダジャレみたいなもんや。「ほんま」ってきたら「おんな」「どんな」とか、韻を踏むんや。

三木道三

この会話を寿君はしっかり覚えていて、レゲエを始めた寿君は「有名になって三木道三にこの時の話をする」ということを一つのモチベーションにしていました。

三木道三の楽曲「君はもみじまんじゅう」

MOUNTAIN KINGとしてレゲエシーンで頭角を表しつつあった寿君が、BESに呼ばれたスタジオで、三木道三と再会を果たしました。

寿君

実はあの時…
BESから聞いたぞ。覚えてるわ。

三木道三

三木道三寿君との会話を覚えていました。

あの時、俺何の曲を書いてたと思う?

三木道三

寿君

分からないです。
「君はもみじまんじゅう」や。

三木道三

寿君にレゲエを説明する時に「ほんま」「おんな」という言葉を例に挙げていましたが、楽曲「君はもみじまんじゅう」のフックは、

ほんまハマるで 女はまるで

三木道三

と、寿君に説明した韻を使っています。

これに気が付いた寿君は全て繋がり、夢が叶った瞬間でした。

BESは寿君の兄貴分

BESは寿君の兄貴分です。

寿君

BES君のことが好きで、自分から歩み寄っていった。

BESに対して憧れの気持ちを持っていた寿君からBESに歩み寄り、交流が始まりました。

寿君

色んな現場に連れて行ってもらったり、服を貰ったり、かなりお世話になっている。

寿君はBESの弟分として、様々な現場に足を運んだり、服を貰ったりと、かなり可愛がられています

MEMO
寿君はBESのことを、リスペクトを込めて「ぶっ飛んだ人」と評している。

RED SPIDER JUNIORとの出会い

RED SPIDERのJUNIORとの出会いは、アメ村のクラブ・JOULEでした。

まだクラブでDeejayを始めていない寿君が、JOULEのフロアで踊っていたらJUNIORに、

お兄ちゃんダンサーなん?フロアに上がってこいよ。

JUNIOR

と言われました。

寿君

やったー!JUNIOR君に覚えてもらえた!

と、寿君が舞い上がり、その日の朝方にJUNIORJOULEの前でレコードを片付けている姿を見つけ、

寿君

JUNIOR君!お疲れっす!
…ちっす

JUNIOR

寿君

あれ?覚えられてない?

テンションが上がって挨拶しましたが、軽く交わされました。

空回りですが、寿君にとって憧れの存在であるJUNIORと初めて会話を交わした瞬間です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA