【無料体験期間中】6,500万曲以上が聴き放題

Nas(ナズ)の年齢・身長・生い立ちは?ラッパープロフィールの完全まとめ【伝説】

Nas

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

数々のHIP HOPクラシックを生み出してきた稀代のHIP HOPアーティストであるNasの経歴やファッション、女性関係、楽曲の解説などについてまとめました。

Nasのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Def Jam Recordings(@defjam)がシェアした投稿

出生名Nasir bin Olu Dara Jones(ナズ・ビン・オル・ダラ・ジョーンズ)
アーティスト名Nas(ナズ)
年齢1973年9月14日(現在46歳)
身長173cm
血液型
出身地アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ブルックリン
事務所
レーベル

Mass Appeal(マス・アピール・レコード)
Def Jam(デフ・ジャム・レコード)
Ill Will(イル・ウィル・レコード)
Columbia(コロンビア・レコード)

公式サイトhttps://www.nasirjones.com
功績”]
  1. グラミー賞ノミネート 13回
  2. MTVビデオ・ミュージック・アワードノミネート 6回

アメリカ合衆国のニューヨーク州出身のイーストコーストを代表するNasは御年46歳を迎えます。

これまで数々の名作をリリースしてきましたが、中でも「Illmatic」はHIP HOPクラシックとして語り継がれているアルバムで、アメリカでの人気はもちろんのこと、日本のオリコンチャートにもランクインしたことがありました。

そのキャリアの中でグラミー賞やMTVビデオ・ミュージック・アワードなど、数多くの賞にノミネートを果たしました。

MEMO
Nasの本名Nasir bin Olu Dara Jonesはそれぞれ「Nasir=アラビア語で助け人・保護する者」「bin=子」「Olu Dara Jones=Nasの父親の名前」を意味している 

Nasの驚愕の年収

 

この投稿をInstagramで見る

 

W0NDERFUL NAS W0RLD 💥(@nasdynasty)がシェアした投稿

HIP HOPのレジェンドNasともなると驚愕の金額を1年で稼いでいて、2018年には年間約38億円を稼いだといわれています。

この額は同年のドクター・ドレー(Dr.Dre)J.コール(J.Cole)の年収に相当し、カニエ・ウェスト(Kanye West)エミネム(Eminem)ミーゴス(Migos)DJ・カリード(DJ Khalid)といったHIP HOPアーティスト達よりも多い額に当たります。

アメリカでは特にHIP HOPがアツい音楽ジャンルになっていることも影響し、他のジャンルの音楽アーティストよりも稼いでいます。

Nasのファッション

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dapper Dan(@dapperdanharlem)がシェアした投稿

Nasの愛用ブランド
  1. Dapper Dan of Harlem
  2. Gucci
  3. Supreme
  4. Nike
  5. Puma
  6. Hstry

NasはHIP HOPのテイストが強く感じられるファッションをしていますが、その中でも特に愛用しているのがダッパー・ダン(Dapper Dan)がデザインした服の数々です。

Nasダッパー・ダンがHIP HOP業界にもたらした功績を高く評価していて、普段の服装にもダッパー・ダンがデザインしたアイテムを着用しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

W0NDERFUL NAS W0RLD 💥(@nasdynasty)がシェアした投稿

また、Gucciを始めとしたその他のハイブランドも着こなし、NikePumaといったスポーツブランドもライブ衣装で着ています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

W0NDERFUL NAS W0RLD 💥(@nasdynasty)がシェアした投稿

Nasの愛用車はBMW M3

 

この投稿をInstagramで見る

 

BMW ///Mpower(@bmw_insta)がシェアした投稿

Nasの愛用車
  1. BMW M3
  2. Mercedes Maybach 62s
  3. Rolls Royce Phantom

一方で車のコレクションも目を見張るものがあり、5,000万円を超えるMercedes Maybach 62sRolls Royce Phantomといった多くのハイエンドな車を所持しています。

そういった車の中でも特にBMW M3Nasを象徴する車の1つとして認知されていて、Nasのベストヒット曲の1つでもある「If I Ruled the World」の歌詞の1節にも登場するほどNasが好んでいる車でもあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rolls-Royce Car Photo(@rollsroyceforce)がシェアした投稿

Nasの彼女歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

W0NDERFUL NAS W0RLD 💥(@nasdynasty)がシェアした投稿

Nasはこれまで3人の女性と交際関係に発展し、中には結婚まで至った女性もいました。

カーメン・ブライアン(Carmen Bryan)

 

この投稿をInstagramで見る

 

CarmenBryan(@carmenbryan)がシェアした投稿

1人目の女性がカーメン・ブライアンです。

お互いに愛し合い結婚まで発展した後、Nasの初めての子供デスティニー(Destiny)も授かりましたが、カーメン・ブライアンが他の男性との関係性を持っていたことが発覚し、関係性が破綻してしまいました。

後々、他の男性との関係が違う問題に火をつけていくことになります。

ケリス(Kelis)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kelis(@kelis)がシェアした投稿

その後に交際関係に発展したのがケリスというアメリカのシンガーでした。

2年間の交際期間を経て2005年に結婚し、ケリスも子宝に恵まれ(後にナイトと名付けられる)、幸せな関係が続くかと思われました。

しかし、前妻のカーメン・ブライアンとの子供と密に関係を取っていたことから不和な関係になり、その結果2009年に離婚となってしまいました。

ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Barbie(@nickiminaj)がシェアした投稿

そして2017年に話題になったのが女性レジェンドラッパーであるニッキー・ミナージュとの関係性でした。

最初はアーティストとしてのコラボから始まり、ニッキー・ミナージュの楽曲「Right By My Side」のMVでNasがボーイフレンド役として出演したりもしていた中で、彼氏と彼女の関係にあることが明らかになりました。

ニッキー・ミナージュにとってNasとの交際はとても大きく、初めて恋に落ちたとも述べたほどでしたが、2017年の末に分かれてしまいました。

しかし、現在も互いの関係性は良好で”友人”としての関係性は続いています。

Nasの生い立ちからデビューそして・・成功まで

 

この投稿をInstagramで見る

 

Def Jam Recordings(@defjam)がシェアした投稿

1973年
Nas誕生
アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ブルックリンで生まれる
幼少期
音楽で富んだ環境
ミュージシャンの父親の元、音楽に溢れた環境で過ごす
学生時代
中学生で退学に
中学2年生で退学になるが、ウィリー・イル・ウィル・グラハムWilly “Ill Will” Graham)と出会いHIP HOPへの関心を抱く
デビュー前
ストリートとHIP HOP
ストリートの環境に身を置きラップのスキルを磨く
1980年代後半
敏腕プロデューサーとの出会い
ラージ・プロフェッサー(Large Professor)と出会い、レコーディングを開始
1992年
デビューシングル「Halftime
デビューシングル「Halftime」が映画ゼブラヘッドのサウンドトラックに収録される

音楽に囲まれた環境とストリートの環境

1973年9月14日にアメリカ合衆国 ニューヨーク州 ブルックリンでNasは生まれました。

父親はジャズ・ブルースのミュージシャンとして活動していて、幼少の頃から音楽に囲まれた環境で育ってきました。

それと同じくして、ニューヨーク州クイーンズに移住し学生時代を過ごしますが、中学2年生で学校を退学することになります。

しかし、移住先出会った師匠的な存在であるウィリー・イル・ウィル・グラハムと出会い、HIP HOPへの興味を抱いていくことになりました。

最初はウィリー・イル・ウィル・グラハムのDJとして活動を始めましたが、徐々にNasの実力が知れ渡ったことで、音楽プロデューサーラージ・プロフェッサーとの出会いに発展し、アーティスト活動を本格化させていきます。

その活動の中でMC・サーチ(MC Search)からアプローチを受け、Nasのマネージャーとしての関係になり、それを経由してコロンビアレコードと契約を結ぶまで発展しました。

そして1992年にデビューシングル「Halftime」が映画のサウンドトラックに収録され、デビューを飾りました。

デビューから成功まで

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nasir Jones(@nas)がシェアした投稿

1994年
デビューアルバムリリース
デビューアルバム「Illmatic」がリリースされ、RIAAからは2度のPlatinum認定され、HIP HOPクラシックとして世間に知れ渡った
1996年
アプローチを変えたセカンドアルバム
ノトーリアス・B.I.G.(The Notorious B.I.G.)からの示唆で商業的なアプローチを変え、セカンドアルバム「It Was Written」をリリースした
1999年
サード・フォースアルバムのリリース
サードアルバム「I Am…」とフォースアルバム「Nastradamus」がリリースされ、それぞれビルボードチャート1位と7位をマークするほどのヒットとなった
2001-2002年
芸術性に磨きをかけた2作品
5枚目のアルバム「Stillmatic」と6枚目のアルバム「God’s Son」をリリースし、自身の芸術性に磨きをかけた
2004年
7枚目のアルバムをリリース
7枚目のアルバム「Street’s Disciple」がリリースされ、ビルボードチャートで5位をマークし、RIAAからPlatinum認定を受ける 
2006-8年
問題視された2つのアルバム
8枚目のアルバム「Hip Hop Is Dead」と9枚目のアルバム「Untitled」がリリースされたが、いずれもHIP HOP界隈や世間から非難を浴びる作品となった
2010年
レゲエとHIP HOPの融合
ダミアン・マーリーと共同で制作し、10枚目のアルバム「Distant Relatives」をリリースした
2012年
11枚目のアルバム「Life Is Good」
11枚目のアルバム「Life Is Good」をリリースし、ビルボードチャートで1位を記録する大ヒットとなった
2018年
カニエ・ウェストとの共同制作アルバム
12枚目のアルバム「Nasir」はカニエ・ウェストの共同作品として話題を呼び、ビルボードチャートで5位を記録した

Nasのデビュー後

デビューシングルリリースの後、1994年に「Illmatic」がリリースされ、HIP HOPシーンに名を刻む最高傑作を世に残しました。

セカンドアルバム制作の際には、今は亡きノトーリアス・B.I.G.のアドバイスを受け、商業的なアプローチを変えた結果、自身のキャリアで初めてビルボードチャートで1位を記録します。

1999年には「I Am…」と「Nastradamus」の2作品がリリースされることになりましたが、急遽「Nastradamus」のトラックを全てを録りなおすことになり、批評家の間の評価はあまり良くない結果に終わりました。

その後「Stillmatic」や「God’s Son」、「Street’s Disciple」という名作で前作の評価を覆しましたが、8枚目・9枚目のアルバムで一気に空気が変わります。

Hip Hop Is Dead」はHIP HOPシーンから、「Untitled」は世間一般的に非難を浴びましたが、いずれもビルボードチャートで1位を記録するほどの大ヒットになりました。

MEMO
「Untitled」は元々Nワードがタイトルだったため様々なメディアで酷評された 

その後10枚目のアルバムの制作には、ボブ・マーリー(Bob Marley)の息子ダミアン・マーリーを招き「Distant Relatives」としてリリースされ、続けて11枚目のアルバム「Life Is Good」をリリースしました。

12枚目のアルバム「Nasir」にはカニエ・ウェストが制作に携わり、HIP HOPを代表する2大アーティストのコラボということで話題を呼びました。

Nasの音楽の特徴とおすすめの曲

 

この投稿をInstagramで見る

 

W0NDERFUL NAS W0RLD 💥(@nasdynasty)がシェアした投稿

Nasの楽曲の特徴は圧倒的なリリックの完成度にあります。

HIP HOP界きってのリリシストと称賛されることも多く、詩的で難解な表現の数々にしっかりライミングすることで楽曲全体の深みを出しつつもHIP HOPらしさを存分に感じさせられます。

逆に、詩的な表現が難解すぎるため、かなり考察をしても読み解くのが難しいことも少なくなく、過去にはハーバード大学の教授に「It Ain’t Hard to Tell」歌詞の一部を解説するほどです。

Nasのデビュー曲は「Halftime」

Nasのデビュー曲は「Halftime」です。

鮮烈なデビューアルバム「Illmatic」のリリース前に出された楽曲で、若かりし頃のNasがこれからトップに躍り出る意気込みが感じられる楽曲に仕上がっています。

リリース後ビルボードのHIP HOP/R&Bチャートで25位、ラップチャートで8位を記録し、頭角をあらわにしていきました。

Nasの人気曲は「If I Ruled the World(Imagine That)」

Nasの楽曲の中でも特に人気なのが「If I Ruled the World」です。

「If I Ruled the World」カーティス・ブロウ(Kurtis Blow)の楽曲やフーディニ(Whodini)「Friends」のビートがベースになっていて、ストリートでのライフスタイルやNasが感じた世界への不満などが反映された楽曲になっています。

「If I Ruled the World」はアメリカはもちろんのこと、イギリスやヨーロッパ圏でも人気を博し、フランスとドイツで25万枚以上の売り上げをたたきだしました。

Nasのおすすめの曲は「The World Is Yours」

Nasの楽曲の中でおすすめしたいのが「The World Is Yours」です。

「The World Is Yours」アーマッド・ジャマル(Armad Jamal)「I Love Music」T・ラ・ロック(T La Rock)「It’s Yours」をサンプリングしていて、映画スカーフェイスからもインスピレーションを受けて制作されました。

1994年にリリースされた後、ビルボードのHot R&B/Hip-Hopチャートで67位を記録し、RIAAからはGold認定を受けました。

Nasがフィーチャリングしているおすすめの曲は「Hot Boyz feat. Lil Mo, Nas, Eve and Q-Tip」

Nasがフィーチャリングしている楽曲の中でおすすめしたいのが「Hot Boyz feat. Lil Mo, Nas, Eve and Q-Tip」です。

「Hot Boyz feat. Lil Mo, Nas, Eve and Q-Tip」はアメリカのラッパー兼シンガーであるミッシー・エリオット(Missy Elliott)の楽曲でNasの他にも3人のアーティストがフィーチャリングとして携わっています。

元々原曲版がありましたが、それよりもこちらのリミックス版の方が圧倒的に人気を博し、ビルボードHot 100チャートで5位、イギリスでは18位を記録し、RIAAからPlatinum認定を受けるまで至りました。

伝説として語り継がれる名アルバム「Illmatic」

 

この投稿をInstagramで見る

 

W0NDERFUL NAS W0RLD 💥(@nasdynasty)がシェアした投稿

Nasがこれまで手掛けてきた作品の中でも「Illmatic」は映画化もされ、Nas本人も

Nas

この作品を祝ってもらえるのはありがたいけど飽き飽きした

と言ってしまうくらい称賛されたHIP HOPの歴史のマスターピースとして知られています。

「Illmatic」では貧困や薬物、暴力、ギャングの覇権争いなど、Nasがストリートで体験してきた出来事をベースに制作されていて、Q-ティップ(Q-Tip)DJプレミア(DJ Premier)など、腕利きのプロデューサーを募った集大成としてリリースされました。

また、歌詞についても音楽家やファンなどから称賛を受けていて、Nasらしい詩的な表現の数々が世界中の人々の心を魅了しました。

Nasの名言と伝説

 

この投稿をInstagramで見る

 

Def Jam Recordings(@defjam)がシェアした投稿

Nasはこれまでのキャリアで多くの名言を残してきました。

特にリリシストとして有名なこともあり、曲中の歌詞の節々には心に響くパワーを持っています。

名言のテーマは様々ですが、人の真理世界の性といった大きいテーマに対してのメッセージが印象的です。

Nas

時間は高級品だ。

それを間違った人間に使ったり、悪い雰囲気で過ごすのは神に対する侮辱だ

Nas

あいつらは俺らのことを怖がっていると思う。

俺が”あいつら”と言うときは悪が俺らを引き裂こうとしているということだ。

マジで最高な奴らは人間で、悪に染まっている奴らが”あいつら”だ。

だから世界中の邪悪なクソ野郎ども、お前らは人間を引き裂きたいんだろ。

Nas

これは誰の世界だ?(「The World Is Yours」の引用)

People fear what they don’t understand, hate what they can’t conquer Guess it’s just the theory of man

Hate Me Now

Nas

人っていうのは理解できないものを恐れ、打ち負かせないものを嫌うものだ。

それが人間の理論だろ。

Life is Parallel to Hell, but I must maintain

New York State of Mind

Nas

人生とは地獄と似ているものだ。

でも俺はこれを維持していかなけりゃ生きていけないんだ。

「Hip Hop Is Dead」に込められた意味

Nasは「Illmatic」の他にも様々なアルバムをリリースしてきましたが、中でも話題を呼んだのが「Hip Hop Is Dead」です。

「ヒップホップは死んだ」という過激なタイトルですが、このアルバムは全体を通して昔の魂を感じるようなHIP HOPからビジネス的な展開を見せ、楽曲に政治的な声明だったり自己の表現が薄い現在のHIP HOPへの移り変わりに対する危機感や悲しみが込められています。

アルバムに収録されている同じタイトルのシングル「Hip Hop Is Dead」の最後のバース部分でこのように述べられています。

Verse 3

 

Everybody sound the same, commercialize the game
Reminiscing when it wasn’t all business
It forgot where it started
So we all gather here for the dearly departed

 

どいつもこいつも同じスタイル、金儲けの道具としか思ってないのか?
今とは真逆だったあの頃は良かった
それが今やその起源も忘れられてんだ
だから最高だったあの頃のHIP HOPのために俺らはここに集まってるんだ

また、こういったメッセージは特に南部のHIP HOPアーティストに対してフォーカスされていて、過去にはヤング・ジーズィー(Young Jeezy)とのビーフ(2008年で和解)にまで発展するほどHIP HOP界隈に衝撃を与えました。

「I Can」に込められた意味

他にメッセージ性に富んだ楽曲の1つとして有名なのが「I Can」です。

「I Can」は6枚目のアルバム「God’s Son」に収録されていて、夢の実現についてや薬物には手を出さないための警告など、子供たちに対してのメッセージが詰め込まれています。

また、Nasの楽曲は学校の卒業式の時に使われたり、自身にも子供ができたこともあり、これまでの楽曲の中には聞かせたくないものもあったということも背景にあり、ポジティブなメッセージを詰め込んだと言われています。

Verse 1

 

Be, b-boys and girls, listen up
You can be anything in the world, in God we trust
An architect, doctor, maybe an actress
But nothing comes easy, it takes much practice

 

B・ボーイとガールのお前ら、いいか
この世界では何でもなりたいものになれるんだ、俺たちは神を信じる(アメリカの公式標語)
建築士でも医者でも、俳優にだって何でもなれる
でもな、全て上手く行くなんか思うな、何だって鍛錬あってのものだから

Nasと仲のいいアーティストとビーフ

 

この投稿をInstagramで見る

 

W0NDERFUL NAS W0RLD 💥(@nasdynasty)がシェアした投稿

Nasの交友関係はHIP HOPアーティストとのものが多く、ディディー(Diddy)エリック・B(Erick B)、レイクウォン(Raekwon)、ゴーストフェイス・キラ(Ghostface Killah)など、個人で活躍している凄腕アーティストから、グループでも活動しているアーティストとも関係を持っています。

その中でも一番印象的なのがラキム(Rakim)との関係性で、Nasが活動し始めた当初はよく第2のラキムとも言われたほどお互いリリシストの腕があり、リリシストの代名詞的な存在として君臨していました。

世間的には比較されることが多いものの、お互いは特にライバル視することはなく、ともに楽曲制作を進めたりなど、良い関係性を築けています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

W0NDERFUL NAS W0RLD 💥(@nasdynasty)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

W0NDERFUL NAS W0RLD 💥(@nasdynasty)がシェアした投稿

Nasとジェイ・Z(Jay- Z)のビーフについて

 

この投稿をInstagramで見る

 

Def Jam Recordings(@defjam)がシェアした投稿

Nasジェイ・Zの2人の関係性の悪さはビーフの話の中でも有名ですが、初めから仲が悪かったわけではなく、最初は友人としての関係からスタートしました。

しかし、ジェイ・Zが自身の楽曲「Bring it On」にNasを起用したいということでスタジオに呼んだのをNasが拒否し、レコーディングに参加しなかったことで関係が悪化しました。

その報復としてジェイ・ZNasの楽曲「The World Is Yours」を無断サンプリングしたり、ライブでNasをディスったりなどの仕返しをし、またNasが楽曲でディスり返すというのを繰り返していました。

また、先ほど出てきたカーメン・ブライアンの浮気相手はジェイ・Zで、その関係性が発覚してから一層激しさを増していきました。

しかし、ジェイ・Zの母親がビーフを良く思わなかったことをきっかけに、お互い冷静になったところで関係性は改善されていきました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
音楽とCBDの相性が抜群
  1. めちゃリラックス
  2. 睡眠の質が上がる
  3. イライラが無くなる
CBD初めてCBDを使ってみた感想は!?マジで最高にチル

ドリブルX

毎日自動更新される日本語ラップ人気ランキングトップ1000を見る(日本初)
日本語ラップランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA