ヘッドフォンおすすめランキング

Neon Nonthana & Eco Skinnyの読み方・出身・楽曲は?ラッパープロフィールの完全まとめ【NeoSki】

Neon Nonthana & Eco Skinny-min

Neon Nonthana & Eco Skinny(ネオン ノンタナ & エコ スキニー)はミレニアム世代の2MCで構成された男女のHIP HOPユニットです。

2019年6月9日に「IRREGULAR LIFE」のMVを配信し鮮烈なデビューを遂げます。

今回はNeon Nonthana & Eco Skinnyの生い立ちやプライベートにフォーカスしてまとめました。

Neon Nonthana(ネオン ノンタナ)のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Neon Nonthana (NeoSki)(@neon_nonthana)がシェアした投稿

出生名非公表
アーティスト名Neon Nonthana(ネオン ノンタナ)
年齢2000年7月5日(現在19歳)
身長168cm
血液型AB型
出身地タイ
事務所
レーベル
公式サイト

Neon Nonthanaは3歳の頃にタイから日本に引っ越してきました。

中学の頃からギターを始め、部活は軽音部に所属し、高校を卒業後、Eco Skinnyに誘われラッパー活動を開始します。

Neon Nonthanaはタイと日本のハーフ

Neon Nonthanaは「IRREGULAR LIFE」の歌詞「タイと日本人のハーフサワディーカー」とあるように、タイ人と日本人とハーフです。

Neon Nonthanaが感じるラップの魅力

Neon Nonthanaは小学高の頃はタイのハーフということでいじめられた経験もあり、 それを糧にラップで自分の考えを発信していけることに魅力を感じているとのことです。

初めて聞いたラッパーはSALU「in my life」で 日本人ラッパーで一番尊敬しているのもSALUさんです。

Neon Nonthanaの愛用ブランド

Neon Nonthanaの好きなブランドをまとめました。

愛用ブランド

幼少期のタイ生活で事故

 

この投稿をInstagramで見る

 

Neon Nonthana (NeoSki)(@neon_nonthana)がシェアした投稿

Neon Nonthanaは幼少期にタイで事故を経験しています。

Neon Nonthanaが親戚と一緒にバイクに乗っていた時、運転していた親戚のおじさんが坂道でアクセルとブレーキを間違え転倒し、傷だらけになり病院に運ばれました。

この事故の経験が人生で一番の恐怖体験だったと話しています。

人を信用しないNeon Nonthana

人をすぐに信用してしまうというNeon Nonthanaは、過去に信用した人から裏切られるという経験をしています。

そんなNeon Nonthana「人をすぐに信用しないように」という母親の忠告を今も守っています。

純粋な彼女の気持ちがリリックにも表れています。

お気に入りのタピオカ

Neon Nonthanaはネタのためにタピオカと言っているのではありません。

本当にタピオカが好きで、実際にタピオカ店に足を運び、新作などのチェックをしています。

ゴンチャジャパンのさっぱり系のジュースの中にナタデココとタピオカが入ったドリンクがお気に入りです。

Eco Skinny(エコ スキニー)のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eco Skinny (NeoSki) 🇯🇵(@eco_skinny)がシェアした投稿

出生名谷口 慧洸
アーティスト名Eco Skinny(エコ スキニー)
年齢2000年6月10日(現在19歳)
身長178cm
血液型A型
出身地東京
事務所
レーベル無所属
公式サイト
STEP.1
幼少期
Eco Skinnyは4人兄弟の三男として代官山で生まれました。
STEP.2
小学校時代
Eco Skinnyが小学一年の頃に祖父が詐欺にあってお金がなくなり、横浜の綱島という街に引っ越します。その後、小学5年で東京の幡ヶ谷という街に引っ越します。
STEP.3
中学時代
中学2年生で今住んでいる武蔵小山という街に引っ越しました。中学2年生の頃、次男に勧められたレゲエのAPOLLOm’aider-S.O.Sという曲を聴き、音楽を始めようと決意します。

引っ越すたびに家がどんどん狭くなっていきましたが、そのおかげで何か成し遂げようという気持ちが芽生えます。

Eco Skinnyの愛用ブランド

Eco Skinnyの愛用ブランドをまとめました。

Eco Skinnyのラップ感

Eco Skinnyが初めて聞いたラッパーはANARCHY「fate」です。

ネオンノンタナ を音楽に誘ったきっかけはバイトに行く途中「タピオカ片手に〜」というフレーズが急に浮かび、女の人でこの曲をプロデュースしたいと思ったのがきっかけです。

Eco Skinnyが家を出たきっかけ

学生時代に家族全員で一つの部屋に寝ていたというEco Skinnyは、長男が原因で実家を出る決意をします。

長男が酔って帰ってきた翌朝、いつまでも寝ている長男を起こそうと、母親が長男の毛布を奪います。

すると、裸で寝ていた長男の股間の露わな姿を家族全員で目撃してしまいます。

家族全員が気まずい雰囲気となり、Eco Skinnyはこの苦い経験後、すぐに家を出ることになりました。

そんな経験をしたEco Skinnyは成り上がり精神ではなく「お金がなくても生まれただけで幸せ。そうだろ?」と現状に満足しているかのようなコメントをSNSに上げています。

珍しい男女のHIP HOPユニット

Neon Nonthana & Eco Skinnyは、2016年結成のゆるふあギャング以来の男女のHIP HOPユニットとなります。

なかなか出てくることのない貴重な男女のHIP HOPユニットという事が、新鮮さを増しています。

Neon Nonthana & Eco Skinnyは恋人同士

Neon Nonthana & Eco Skinnyは2018年10月より交際を始めた恋人同士です。

男女のHIP HOPユニットであり、日常生活ではどこにでもいるカップルという異色の組み合わせが、更に話題性を呼びました。

出来れば、別れる事なくこのまま咲き続けてほしいユニットです。

喧嘩もする普通のカップル

おっとりとした性格のNeon Nonthanaが Eco Skinnyと喧嘩する時は、決まってEco SkinnyNeon Nonthanaの初ライブのトークでの失敗談をいじる事が原因になっています。

そこで怒るNeon Nonthanaは、ライブに対しての真剣に取り組む様子が伺えます。

2人が展開するラップビジネスが喧嘩の原因とはいえ、普通のカップルと変わりがないところが好感を持てます。

Neon Nonthana & Eco Skinnyの楽曲の特徴

「IRREGULAR LIFE」では「タピオカ」「Pay Pay」など現代のワードを取り入れ、柔らかなフロウと一体化し、一度聞くと耳に残る楽曲が特徴です。

Neon Nonthanaのあどけなさの残るラップから、 Eco Skinnyのスキルフルなラップが入るヴァースも独創的な構図になっています。

リリックに関しては、お互いに2000年生まれというNeon Nonthana & Eco Skinnyの現在を生き抜く若者の声を表現しています。

楽曲の完成度が非常に高く、トラックやMVも非常に魅力的です。

MEMO
楽曲のプロデュース、Back djは同い年の Hellboyが担当している

Neon Nonthana & Eco Skinnyデビュー曲は「IRREGULAR LIFE」

「IRREGULAR LIFE」Neon Nonthana & Eco Skinnyのデビュー曲となります。

MVではNeon Nonthanaがタピオカを持ちながら制服でラップするシーンなどが含まれ、視聴する側の目を弾くような意外性のある内容は、何度も見たくなるような仕上がりです。

Neon Nonthana & Eco Skinnyのおすすめの曲「POPEYE」

デビュー曲「IRREGULAR LIFE」が2019年6月に配信されてから、早くも2020年1月にはアルバム「PSYCHO POP」が発表されました。

その中の一曲「POPEYE」では「IRREGULAR LIFE」のように日常を表すリリックと違い、人種差別を訴える歌詞の内容はアイデンティティの高さを表現しています。

そして、Neon Nonthanaのラップスキルが格段と上がっている事にも注目です。

韻踏合組合のメンバーであるラッパーERONE「POPEYE」を推しています。

Neon Nonthana & Eco Skinnyの交友関係

Pizza Love「MIXPIZZA」リリースイベントにNeon Nonthana & Eco Skinnyが多数登場しました。

Pizza Loveは自ら多重債務者と名乗り、リアルな日常をラップにする話題のラッパーです。

ラッパーのGRowのMVにもNeon Nonthana & Eco Skinnyで出演し、普段の交流が分かる様子に仕上がっています。

「IRREGULAR LIFE」が異例の配信回数

「IRREGULAR LIFE」のMVが2019年6月9日にYouTube上で発表された後、2020年1月までに97万回以上の異例の再生回数となりました。

「タピオカ片手に feel like I’m a JK」とキャッチーな歌詞が耳に残ります。

その他にはweek dudus(ウィーク ドドス)のアルバムに参加しています。

Neon Nonthana & Eco Skinnyが納得しているヴァース

Eco Skinnyが一番に納得しているヴァースは、アルバムNeoSki Galaxyに入っているChuni Zonbieのサビだと紹介しています。

Neon Nonthanaはcolpo della stregaの2ヴァース目がお気に入りのヴァースと語っていました。

誹謗中傷を受けるEco Skinny

Neon Nonthana & Eco Skinnyとしてデビューした後、注目される事が多くなったEco Skinnyは、時に誹謗中傷のコメントをSNSで受ける事があります。

Eco Skinnyの母親からは「書き込む人はそこに生きがいを感じている人。あなたはその人達に生きがいを与えられている」とポジティブなアドバイスを受けました。

Eco Skinnyの母親からの無敵とも思わされるアドバイスが、ラッパーとしての表現の強さにつながっていると思います。

ドリブルエックス

誹謗中傷する奴、童貞の嫉妬

Neon Nonthana & Eco Skinnyの評価

画像の出典元は全て本人のInstagramまたはTwitter

コメントを残す