【最強】一番キマるヤバイCBD

Eco Skinnyの出身・生い立ち・楽曲は?【NeoSki】

Neon Nonthana & Eco Skinny-min

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

Neon Nonthana & Eco Skinny(ネオン ノンタナ & エコ スキニー)はミレニアム世代の2MCで構成された男女のHIP HOPユニットです。

2019年6月9日に「IRREGULAR LIFE」のMVを配信し鮮烈なデビューを遂げます。

現在は、別々に活動をしています。

今回はEco Skinny(エコ スキニー)の生い立ちやプライベートにフォーカスしてまとめました。

MEMO
MCネームは本名(エコウ)と、自分の体形の特徴(Skinny)を組み合わせて作りました。

Eco Skinny(エコ スキニー)のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eco Skinny🐀(@eco_skinny)がシェアした投稿

出生名谷口 慧洸
アーティスト名Eco Skinny(エコ スキニー)
年齢2000年6月10日(現在21歳)
身長178cm
血液型A型
出身地東京
事務所
レーベル無所属
公式サイトeco_skinny
STEP.1
幼少期
Eco Skinnyは4人兄弟の三男として代官山で生まれました。
STEP.2
小学校時代
Eco Skinnyが小学一年の頃に、祖父が詐欺にあってお金がなくなり、横浜の綱島という街に引っ越します。その後、小学5年で東京の幡ヶ谷という街に引っ越します。
STEP.3
中学時代
中学2年生で今住んでいる武蔵小山という街に引っ越しました。中学2年生の頃、次男に勧められたレゲエのAPOLLOm’aider-S.O.Sという曲を聴き、音楽を始めようと決意します。

引っ越すたびに家がどんどん狭くなっていきましたが、そのおかげで何か成し遂げようという気持ちが芽生えます。

Eco Skinnyが家を出たきっかけ

学生時代に家族全員で一つの部屋に寝ていたというEco Skinnyは、長男が原因で実家を出る決意をします。

長男が酔って帰ってきた翌朝、いつまでも寝ている長男を起こそうと、母親が長男の毛布を奪います。

すると、裸で寝ていた長男の股間の露わな姿を家族全員で目撃してしまいます。

家族全員が気まずい雰囲気となり、Eco Skinnyはこの苦い経験後、すぐに家を出ることになりました。

そんな経験をしたEco Skinnyは成り上がり精神ではなく「お金がなくても生まれただけで幸せ。そうだろ?」と現状に満足しているかのようなコメントをSNSに上げています。

Eco Skinnyの愛用ブランド

Eco Skinnyの愛用ブランドをまとめました。

誹謗中傷を受けるEco Skinny

Neon Nonthana & Eco Skinnyとしてデビューした後、注目される事が多くなったEco Skinnyは、時に誹謗中傷のコメントをSNSで受ける事があります。

Eco Skinnyの母親からは「書き込む人はそこに生きがいを感じている人。あなたはその人達に生きがいを与えられている」とポジティブなアドバイスを受けました。

Eco Skinnyの母親からの無敵とも思わされるアドバイスが、ラッパーとしての表現の強さにつながっていると思います。

ドリブルX

誹謗中傷する奴、童貞の嫉妬

次の彼女も偶然Neon

Neonに導かれているのかもしれません。

Eco Skinnyのラップスタイル

Eco Skinnyが初めて聞いたラッパーはANARCHY「fate」です。

ネオンノンタナ を音楽に誘ったきっかけは、バイトに行く途中「タピオカ片手に〜」というフレーズが急に浮かび、女の人でこの曲をプロデュースしたいと思ったのがきっかけです。

Eco Skinnyのおすすめの楽曲

Neon Nonthana & Eco Skinny – POPEYE (Prod.Hellboy)

デビュー曲「IRREGULAR LIFE」が2019年6月に配信されてから、早くも2020年1月にはアルバム「PSYCHO POP」が発表されました。

その中の一曲「POPEYE」では「IRREGULAR LIFE」のように日常を表すリリックと違い、人種差別を訴える歌詞の内容はアイデンティティの高さを表現しています。

そして、Neon Nonthanaのラップスキルが格段と上がっている事にも注目です。

韻踏合組合のメンバーであるラッパーERONE「POPEYE」を推しています。

ERONE(エローン)のプロフィールERONEのプロフィール(年齢・出身・生い立ち)のまとめ
谷口家超やばーい

Eco Skinny

自身の生い立ちがリリックに散りばめられています。

ドリブルX

Hellbøyのビートの中で特にお気に入りのビート

Eco Skinny – モーターサイクル (Music Video) Prod. Hellboy

新しい彼女のNeonもPVに参加しています。

HellbøyとEco Skinny同じ高校

HellbøyとEco Skinnyは同じ高校でした。

Hellbøyは3か月程度で高校を辞め、その後Eco Skinnyとバントを組むことになり仲良くなりました。

MEMO
ラッパーさんは怖いイメージがあったけど、Eco Skinnyは優しいからやりやすい

Neon Nonthana & Eco Skinnyの楽曲の特徴

「IRREGULAR LIFE」では「タピオカ」「Pay Pay」など現代のワードを取り入れ、柔らかなフロウと一体化し、一度聞くと耳に残る楽曲が特徴です。

Neon Nonthanaのあどけなさの残るラップから、 Eco Skinnyのスキルフルなラップが入るヴァースも独創的な構図になっています。

リリックに関しては、お互いに2000年生まれというNeon Nonthana & Eco Skinnyの現在を生き抜く若者の声を表現しています。

楽曲の完成度が非常に高く、トラックやMVも非常に魅力的です。

MEMO
楽曲のプロデュース、Back djは同い年の Hellboyが担当している

Neon Nonthana & Eco Skinnyデビュー曲は「IRREGULAR LIFE」

「IRREGULAR LIFE」Neon Nonthana & Eco Skinnyのデビュー曲となります。

MVではNeon Nonthanaがタピオカを持ちながら制服でラップするシーンなどが含まれ、視聴する側の目を弾くような意外性のある内容は、何度も見たくなるような仕上がりです。

Neon Nonthana & Eco Skinny-minNeon Nonthanaの出身・生い立ち・楽曲は?【NeoSki】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA