【買わなきゃ損】CBDオイル2週間分がなんと! ¥980(税込)

フルスペクトラムCBDとは?効果が一番高いってホント?

CBDの基礎知識

フルスペクトラムCBDのフルスペクトラムってどういう意味?

CBDの中でも効果が高いといわれる理由について調べました。

フルスペクトラムCBDとは

フルスペクトラムCBDとは原料の大麻草に含まれるTHC以外の成分を含有しているCBD製品のことを指します。

フルスペクトラムCBDはその製品の原料や抽出方法によって、成分の含有量が異なってきます。

そのため製品ごとに体感できる効果がかなり違います。

フルスペクトラムの意味

フルスペクトラム全草抽出とも言われ、逆にCBDのみの製品のことをアイソレートと呼びます。

元々の原料が同じであっても、原料の成分を全て活かすように抽出した製品がフルスペクトラム、原料の成分の中でもCBDのみを抽出したのがアイソレートになります。

フルスペクトラムCBDのメリットは効果が高い

フルスペクトラムCBDは例えるならインド人が作ったカレー

フルスペクトラムCBDの製品を使用するメリットは、アイソレートの製品よりも効果が高い点です。

例え
  1. フルスペクトラムCBD・・インド人が作った本格的なカレー
  2. アイソレートCBD・・コンビニで買ったカレールーを水で溶かしただけのモノ

フルスペクトラムCBDを例えるなら「本場のインド人が、ことこと煮込んで作ったカレー」です。

想像してみて下さい。

様々なスパイスと、野菜を長時間煮込んだ本格的なインドカレーを

想像してみて下さい。

カレールーをただ水で溶かしただけの適当なカレーを

言うまでもなく、圧倒的な差

うま味

味の幅と奥行き

香りの違い

幸福感・・

全てが比較にならないほど違います。

ドリブルX

ナマステ

同じCBD製品でも、CBD成分だけの製品と

フルスペクトラムCBD製品を比較した場合、圧倒的にCBD効果が変わってくる理由がこれです。

この効果をアントラージュ効果といいます。

CBD効果を得やすいアントラージュ効果

実はフルスペクトラムCBDに含有しているCBDアイソレートの製品に含有しているCBDも同じです。

しかし、CBD以外の数多くの成分を含んでいるフルスペクトラムCBDは他の成分との相乗効果によってCBD効果が最大限に高めます。

CBDの効果が高まることはもちろんですが、他の成分が持っている効果も高まり、相乗的に効果を上げることができます。

つまり、CBDの効果を高めるにはCBDそのものの質や配合量だけではではなく、それ以外にどのような成分が、どれだけ入っているかが重要なります。

フルスペクトラムCBDに含まれる成分

フルスペクトラム CBDの成分

注意
画像の黄色部分がテルペンです。

フルスペクトラムCBDには原料に含まれている様々な成分が含まれていますが、その中でも主要な成分は以下の4つです。

フルスペクトラムCBDに含まれる成分
  1. カンナビノイド
  2. テルペノイド(テルペン)
  3. フラボノイド
  4. フェノール化合物

この中でも特にカンナビノイドテルペノイド(テルペン)が注目を集めています。

カンナビノイドとは

カンナビノイドとはCBDTHC(テトラヒドロカンナビノール)といった成分の総称で、大麻に含まれる成分の多くを占めています。

他にもCBN(カンナビノール)CBC(カンナビクロメン)など、100種類を超えるカンナビノイドが大麻に含まれていて、それらには未だ解明されていないことが多くあります。

カンナビノイドの種類
  1. CBD
  2. THC
  3. CBN
  4. CBC
  5. CBG(カンナビゲロール)
  6. CBDV(カンナビジバリン)

テルペノイド(テルペン)とは

テルペノイド(テルペン)は大麻草以外にもハーブや果物にも含まれていて、健康効果以外にも香りを出しています。

テルペノイド(テルペン)にも様々な種類があり、それぞれ効能や味、香りが変わってきます。

テルペノイド(テルペン)の種類
  1. フムレン
  2. アルファ・ビネン
  3. ベータ・ビネン
  4. リナロール
  5. べータ・カリオフィレン
  6. ミルセン
  7. リモネン
  8. テルピネオール

フラボノイドとは

フラボノイドとは植物の色素のもとになっている成分で、特に大麻草独自のフラボノイドカナフラビンと呼ばれています。

フラボノイドは他の植物にも含まれていて、ベリー系の果物の色はフラボノイドによるものです。

色合いを中心に香りや味にも影響を与えつつ、医療的な効果(抗酸化作用・抗カビ作用・抗炎症作用など)があることで注目されています。

フェノール化合物とは

フェノール化合物とは大麻草のトリコームという部分に含まれる成分のことで、実はフラボノイドフェノール化合物の1つです。

他にも様々な種類を持ち、それぞれ効果が異なりますが、特に抗酸化作用や抗発がん作用、抗変異原作用、抗炎症作用といった医療効果があるとされています。

フェノール化合物の種類
  1. フラボノイド
  2. フェノール酸
  3. タンニン
  4. スチルベン
  5. クルクミノイド(クルクミン)
  6. クマリン
  7. リグナン
  8. キノン

その他有機化合物

その他有機化合物はたんぱく質やビタミンといった食品等にも含まれる一般的なものから普段見かけないものまで様々な成分が含まれています。

中でも上記のリストで挙げた3つの成分(特にテルペノイド)が注目されています。

フルスペクトラムCBDのデメリット

フルスペクトラムCBDには効果的な側面で大きなメリットがありますが、ヴェポライザーを使って摂取する場合デメリットが出てきてしまいます。

それはコイル詰まりが起きやすくコイルのメンテナンスに手間や費用がかかるという点です。

コイル詰まりが起きる原因

コイル詰まりが起きる原因はフルスペクトラムCBDには様々な成分が入っているため沈殿物が出てしまいやすく、それが詰まってしまうことが原因です。

そのためフルスペクトラムCBDを摂取する場合は、コイル交換がしやすいヴェポライザーを選ぶ必要性が出てきます。

CBDの基礎知識CBDフルスペクトラムとCBDアイソレート違いは?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
記事の内容は全て本人の個人的な感想及び意見です。効果・効能を保障するものではありません。

ドリブルX

下記の比較ランキング記事は、 様々なCBD商品の1番をまとめてあるからスゴイ便利!間違いない
おすすめ CBDリキッド ランキング【種類別】本当におすすめなCBDの第1位のみを徹底比較レビュー【最新版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA