【買わなきゃ損】CBDオイル2週間分がなんと! ¥980(税込)

CBDは本当に安全?副作用はあるの?

CBDの基礎知識

CBDの安全性と副作用についてまとめました。

CBDの安全性について

大麻栽培 舐達麻

CBD(カンナビジオール)の安全性は非常に高いということで知られていて、体の機能に支障が出ることは無いと研究から明らかになっています。

特に注目すべきなのは、CBDは大麻に含まれる成分ではあるものの、ハイになる効果が無いという点です。

そのため、ハイになることが嫌な方やそれによって生活に支障が出てしまう方でも安心して使うことができます。

CBDの副作用について

CBD 大麻

安全性が高いとは言っても、CBDを摂取したときに副作用が出ることがあります

しかし、CBDの安全性の高さは他の処方箋の薬等と比較しても高いことが明らかになっているので、安心感の高い成分になっています。

副作用が出る原因としては以下のことが考えられます。

CBDの副作用の原因
  1. CBDの最適量は人それぞれ(多く摂りすぎている)
  2. CBD製品が粗悪なものである
  3. 他の薬との兼ね合わせ(薬物間相互作用)

CBDの副作用の種類は大きく分けると6つ

CBDの副作用の種類は主に以下の6つがあります。

CBDの副作用
  1. 疲労感・倦怠感
  2. 下痢
  3. 食欲・体重の変化
  4. イライラしやすくなる
  5. けいれん発作の増加
  6. 動悸

こういった症状は研究結果で出たというよりも、CBDを実際に摂取した人から寄せられた声が多く、人それぞれ違いますが、特に1~3の症状が出やすいと言われています。

CBDを使用するときの注意点

CBDを使用するときの注意点は主に2つあり、1つ目が最初は少なめに摂取し、徐々に用量を増やすこと、2つ目が薬物間相互作用に注意することです。

1つ目の注意点は気を付けることはそれほど難しくはありませんが、2つ目の注意点に関しては特に注意が必要です。

薬物間相互作用とは

薬物間相互作用とは他の薬との相互作用のことです。

CBDは一部の薬の効果を高める作用があります。

既に他の薬を服用している場合に、その効果を低減させてしまう可能性があるので、薬を常時、服用している人や何かの治療をしている人は必ず、医師や薬剤師に相談しCBDの摂取するか、摂取する量を決めることが必要です。

MEMO
グレープフルーツも一部の薬の効果を高める作用があるため、処方箋をもらう際にグレープフルーツを食べても良いか聞くのもCBDを併用できるかの判断材料になる

CBDの中毒性について

CBD THC

CBDには中毒性があるのでしょうか?

日本で販売されているCBDは基本的に中毒性のあるCBDはありません。

中毒性のあるTHCが含まれているCBDは販売禁止だからです。

しかし、中毒性とまではいかないものの「やっぱり欲しくなる」程度の感覚は多少あります。

CBDの中毒性についてCBDの依存性(中毒性)について【実体験】
注意
THCが含まれているCBDの販売は国内では違法なので十分に注意してください。 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
記事の内容は全て本人の個人的な感想及び意見です。効果・効能を保障するものではありません。

ドリブルX

下記の比較ランキング記事は、 様々なCBD商品の1番をまとめてあるからスゴイ便利!間違いない
おすすめ CBDリキッド ランキング【種類別】本当におすすめなCBDの第1位のみを徹底比較レビュー【最新版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA