【無料体験期間中】6,500万曲以上が聴き放題

スヌープ・ドッグの現在とエミネムとの関係は?ラッパーニュースのまとめ【Snoop Dogg】

スヌープ・ドッグ

注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。
画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

90年代を代表するラッパーで、2Pacなどと並んで活躍したのがスヌープ・ドッグです。

スヌープ・ドッグはラッパーとして活動しながら、企業家やコメディー俳優としても活動しています。

今回はスヌープ・ドッグの経歴やエミネムとの関係、現在について詳しく紹介します。

スヌープ・ドッグの経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

snoopdogg(@snoopdogg)がシェアした投稿

STEP.1
幼少期
1971年にアメリカのカリフォルニア州、ロングビーチで生まれる
STEP.2
ラッパーグループを結成
1990年に従兄弟のネイト・ドッグ達と「213」を結成
STEP.3
運命的な出会い
1992年にドクター・ドレーと出会う
STEP.4
大ヒット
1993年にドクター・ドレーがプロデュースした「Doggystyle」が大ヒット、その後90年代を代表するラッパーの仲間入りを果たす

スヌープ・ドッグは1971年にアメリカのカリフォルニア州、ロングビーチで生まれました。

10代のころから麻薬の売買などをしていて、1990年にはコカインを売却した罪で有罪判決も受けています。

スヌープ・ドッグは有罪判決を受けた1990年、当時19歳の時に現在では有名なラッパーで従兄弟のネイト・ドッグや、ウォーレン・Gと共に「213」というグループを結成しました。

グループを結成する以前は、ラッパーとしての活動をしていませんでしたが、この「213」の結成はスヌープ・ドッグがラッパーとして活動を開始した原点です。

デビューしたきっかけはドクター・ドレー

「213」はずっと無名のままで、有名にはなれずに解散をしました。

スヌープ・ドッグは解散後、1992年に当時デス・ロウ・レコードを設立したばかりのドクター・ドレーと出会って、HIP HOP人生が大きく変わります。

ドクター・ドレーと最初にリリースした音源「Deep Cover」は、スヌープ・ドッグが有名ラッパーと名乗れるほど大ヒットはしませんでした。

しかし、翌年の1993年にドクター・ドレーがプロデュースしたアルバム「Doggystyle」が大ヒットして、スヌープ・ドッグ2Pacなどと並ぶ有名ラッパーの仲間入りを果たしました。

スヌープ・ドッグとエミネムの関係

スヌープ・ドッグエミネムは、仲が良いことで知られています。

スヌープ・ドッグがデビューした数年後の、1997年にドクター・ドレーエミネムをデビューさせた時に、スヌープ・ドッグエミネムの才能を見出したからです。

2000年にはドクター・ドレーエミネムと一緒に、ライブ活動も行っています。

現在では過去にエミネムと一緒に仕事をした、デトロイトのスタジオを懐かしむ様子を自身のInstagramに投稿しています。

エミネムとの不仲説があったのはなぜ?

実はファンの間で、スヌープ・ドッグエミネムの不仲説が出たことがあります。

その原因は、エミネムスヌープ・ドッグとの大規模なライブをキャンセルしたからです。

しかし、この不仲説は全くのデマであり、エミネムは娘のヘイリーの成長を見届けたかったため、スヌープ・ドッグとの大規模なライブをキャンセルしただけです。

もちろん、スヌープ・ドッグはこれに快く承知をしました。

この不仲説はファンの間で出回った噂であって、50 Centはこの不仲説をデマとして、エミネムがライブをキャンセルした理由などをインタビューで詳しく語っています。

スヌープ・ドッグがスウェーデンで激怒した理由

現在スヌープ・ドッグは昔の音源をリミックスするなど、ラッパーとしての活動を続けながら、コメディー俳優として数本の映画に本人役として出演しています。

ラッパーとして活動もしているため、2015年に北欧スウェーデンでライブを開催、そこで事件は起きました。

スウェーデンでのライブを終えた後、警察に突然止められて、薬物検査のために警察署へ連行されました。

アメリカで数件の薬物事件で起訴された過去があるため、警察が「スウェーデンでも薬物の所持と摂取をしているのではないか?」と疑いました。

しかし、当時スヌープ・ドッグは薬物を摂取しておらず、これは人種差別だと非難をして「二度とスウェーデンには行かない」と動画で語っています。

現在は大麻起業家

 

この投稿をInstagramで見る

 

snoopdogg(@snoopdogg)がシェアした投稿

スヌープ・ドッグは俳優やラッパーとは別に、起業家としても活動していて、主に大麻関連のグッズを売り出しています。

しかし、2019年11月12日に突然、自身のInstagramで「エージェントは黒人が勝つ(成功する)のを見たくない」と怒りをあらわにしました。

スヌープ・ドッグはこの怒りの真相を明かしてはいませんが、スヌープ・ドッグがプロデュースした商品は、彼のエージェントもいくつか制作に関わっています。

そのため、ファンの間では「スヌープ・ドッグの成功を快く思わないエージェントと、いざこざがあったのではないか?」などと噂されていますが、本人は真相を明らかにしていません。

スヌープ・ドッグの現在のまとめ

今回はスヌープ・ドッグの経歴や現在、エミネムとの不仲説の真相などを紹介しました。

スヌープ・ドッグは90年代を代表するラッパーで、現在でも多くのファンがいます。

スヌープ・ドッグが自身のInstagramで怒りをあらわにした真相は、まだ本人から明かされていませんが、真相が明かされる日は近いはずです。

今後のスヌープ・ドッグの活動には、より多くの注目が集まるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA