ドンキで買えるCBDおすすめはどれ?

CBDスターターキットのおすすめランキング

おすすめのCBD人気ブランド(CBDメーカー)のまとめ

CBDリキッドおすすめメーカーランキング

CBDリキッドのおすすめメーカーはグラフの通りです。

おすすめシェア率が高いメーカなら間違いありません。

CBDとは

CBDは物質名をCannabidiol(カンナビジオール)と言い、成熟した大麻草の茎と種子だけを使用して抽出される物質です。

リラックス効果があり合法であるCBDはストレスとの付き合い方に苦労している方にはピッタリの物質ですが、気になるのは”大麻”という言葉ではないでしょうか?

この記事では、大麻取締法で規定される大麻由来成分とCBDの違いについてわかりやすく説明し、安全に使用する方法とおすすめのスターターキットをご紹介します。

CBDは大麻取締法で処罰を受ける?逮捕される?

大麻取締法の第一章第一条には大麻の定義について以下のように記載されています。

第一章 総則
第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く

昭和二十三年法律第百二十四号
大麻取締法

CBDは成熟した大麻草の茎と種子だけを使用して抽出される物質ですので大麻取締法上の「大麻」に該当しません。

ただし海外ではCBDの効果を増すために、大麻取締法違反となるTHC(テトラヒドロカンナビノール)を添加された製品が存在します。

CBDを輸入するときは、輸入の際の税関若しくは厚生労働省の検査又は国内における検査をおこない、 THCが検出された場合等には、「大麻に該当する」ものを輸入したものとして大麻取締法に基づき処罰を受ける可能性があります。

実際に2020年にはTHCが含まれたとして回収が行われた製品の事例があります。

参考 大麻成分THCを含有する製品について厚生労働省 CBD規制と法律は?事件・事案日本国内のCBD規制と法律は?事件・事案のまとめ

CBDとTHCの違い

大麻草の含有成分の主なものは「カンナビノイド」と呼称され142種類以上が確認されています。

カンナビノイドの中でもCBD(カンナビジオール)THC(テトラヒドロカンナビノール)は人に大きな作用を及ぼす成分として知られています。

CBDとTHCの違いを分かりやすく、比較表にまとめました。

比較項目CBD(カンナビジオール)THC(テトラヒドロカンナビノール)
大麻取締法(日本国内)規制対象外規制対象
由来大麻草の成熟した茎や種子大麻草の花や葉
向精神作用なしあり
依存性なしあり
薬理作用リラックス・心身の安定ハイテンション・躁状態
医療用応用されている応用されていない

CBDの医療用への応用として、てんかん、アルツハイマー型認知症、パーキンソン病、鎮痛、多発性硬化症、統合失調症、抑うつ、不安症などに対するエビデンスが報告されています。

また脂肪組織に蓄積され徐々に排出されるので離脱症状も少ないと考えられています。

参考 カンナビジオールの治療効果とその作用機序日本水文科学会

CBDを初めて試すなら有名CBDメーカーがおすすめ

初めてCBDを購入する人は有名なCBDメーカーがおすすめです。

3つの理由
  1. 製品の価格が適正
  2. 味がおいしい
  3. 安全性が高い

製品の価格が適正

CBDは価格に幅がある物質で安い製品は、濃度が低く期待した効果を得られないことがあります。

また不用意に安い製品を選ぶと、厚生労働省の認可を経ずに不正輸入されたCBDを選ぶリスクが高いです。

不正輸入されたCBDには、依存性のあるTHCを添加している場合があり非常に危険です。

CBDがはじめてなら、有名なメーカーのスターターキットを選択するのが、適正な価格のCBDを入手できる簡単で確実な方法です。

味がおいしい

CBDは本来苦みとえぐみのある物質です。

同じCBDといっても、おいしい製品と美味しくない製品があります。

有名なメーカーのCBDは繰り返し工夫と改善が行われた精鋭の商品です。

クセのない味や香りに絶妙な調整がされています。

注意
コスパだけを求めてCBD製品を選ぶと、おいしくない製品を購入してしまう可能性が高く結局、一番コスパが悪くなってしまいます。

安全性が高い

有名なメーカーの製品は厚生労働省の認可を得て輸入された製品です。

事前に厚生労働省の調査を受け、輸入の際には税関検査を受けて輸入されています。

また自社でもTHCの含有量を試験してTHCが含有していないかリスク管理をし、安全性を保証しているところが多いです。

THCを含有したCBDを服用して精神症状や依存症がおきないように、有名なメーカーの製品を選択すべきです。

注意
悪質なCBDメーカーは。CBD配合量を隠して実際は微量しか配合せずにCBD製品として販売し、ネットに悪い噂が広まると、ブランド名を変えて販売するという行為を繰り返しています。

CBD初心者におすすめの摂取方法は?

CBDリキッドCBDグミがおすすめ

スターターキットはCBDリキッド

CBDのメーカーは、CBDリキッドのキットをスターターキットがおすすめです。

リキッドは濃度とフレーバーの種類が多く比較的安価で、CBD効果を体感するまでの時間が他の摂取方法と比較すると一番短いです。

更に吸うだけで簡単に摂取でき、摂取量を調節しやすいのも魅力のひとつです。

持続時間の長いCBDグミ

CBDリキッドの摂取方法に違和感を感じる人もいます。

そんな方にはグミタイプがおすすめです。

親しみやすい味で菓子を食べるのと同じように摂取できます。

舌の裏や胃からCBDをゆっくりと吸収するので、CBD持続時間が長いです。

CBD初心者におすすめのスターターキット

CBDに興味がわいてきたら、スターターキットがらはじめましょう。

始めやすいメーカーを4つに厳選しました。

あなたのフィーリングにマッチしたメーカーを選びましょう。

+WEED(プラスウィード)

CBDスターターキットおすすめ (+WEED)

+WEEDのスターターキットはCBDカートリッジと510規格のVAPE本体がセットになっています。

フレーバーは2種類から選択できます。

フレーバーの種類感想
ハーブフレーバー甘さのある香ばしいナッツ系の草っぽい香り
ピーチシャンパン上品な甘さと風味

濃度は 3%、5%、10%のラインナップですが、10%がおすすめです。

レビュー記事へ 公式サイトを見る

GREEN BULLDOG(グリーンブルドッグ)

CBDスターターキットおすすめ(GREEN BULLDOG)

CBDカートリッジを定期購入することで、VAPE本体がタダでもらえます。

おすすめのフレーバーは下記の2種類です。

フレーバーの種類感想
ブルーベリーフレーバー上品な甘さと酸味の感じられる濃厚な味わい
ホワイトチョコフレーバー甘い芳醇な深い香りが絶妙

レビュー記事へ 公式サイトを見る

CHILLAXY(チラクシー)

CBDスターターキットおすすめ (CHILLAXY)

スターターキットとしておすすめの購入方法は、上記の2つを購入する方法です。

おすすめのフレーバーはもちろんO.G.KUSHです。

レビュー記事へ 公式サイトを見る

Naturecan(ネイチャーカン)

CBDスターターキットおすすめ (Naturecan)

おすすめは、CBDオイル高濃度タイプです。

高濃度タイプは少ない量でコスパ最強なので絶対おすすめです。

レビュー記事へ

注意
本記事の内容はすべて個人の感想です。効果効能を保証するものではありません。
CBDランキング
記事の内容は全て本人の個人的な感想及び意見です。効果・効能を保障するものではありません。

ドリブルX

下記の比較ランキング記事は、 様々なCBD商品の1番をまとめてあるからスゴイ便利!間違いない
おすすめ CBDリキッド ランキングCBDの種類は何種類?自分に合った選び方のまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA