【最強】一番キマるヤバイCBD

【レビュー】+WEED(プラスウィード)のCBDリキッド500mgと1000mgの効果の違いはどのくらい?

CBD比較500mg-1000mg

CBDリキッドはどれを買えばいいのか迷う・・・

実際、僕も迷った。

迷った結果、値段の安いやつを買いました。

初めて買うときに悩んだCBDリキッド2種類

CBD比較

CBDの配合量が多ければ価格が高くなります。

価格は約2倍(税別)になります。

注意
毎月購入プランは最低でも継続して3回購入しなければならない決まりで、途中で解約すると違約金がかかります。なので、普通に購入したほうがいいと思います。(合う合わないがあるので)

実際に両方使って比較してみた結果

CBD固形

最初の一カ月は500mgを使用し、2カ月目は1000mgを使用しています。

使用してみた結果ですが・・・

正直、よくわからない・・・

1000mgのほうがちょっと強めかな?といった感想です。

1000mgの見た目は明らかに違う

このザラザラしたやつが、CBD結晶化したものです。

結晶化しすぎるとスポイトの中で固まり、吸うことも出すこともできなくなります。

スポイトの中で固まった場合
  1. CBDのビンをお湯で温める
  2. 安全ピンでブチ刺す

僕は面倒なので安全ピンでスポイトの入り口を塞いでいる結晶をブチ刺しました。

500mgと1000mgを比べると、明らかにザラザラ感が違います。

因みに500mgのCBDリキッドはスポイトが詰まるという現象は起きませんでした。

しかし、結晶化を正常に戻すため結局お湯で湯がきました。

ドリブルX

初めて買うときは500mgのCBDリキッドがおすすめ

CBDリキッド結晶化した場合はお湯で湯がくしかない?

結晶化について調べたところ、お湯で湯がく以外に方法がないらしいです。

結晶化したまま、アトマイザーにCBDリキッドを注入しても溶けません。

これってめちゃくちゃ面倒ですよね・・・

僕はお湯で湯がかないで、そのまま使用したため、CBD1000mgの効き目を100%受けれなかったのかもしれません。

注意
結晶化したままでCBDを使用しても十分な効果が得られません 

その後、お湯で湯がいたCBDを使用しましたが、やはり最初の感想と同じく500mgと1000mgの差はいまいちわかりませんでした。

例えば、タバコであればニコチンが2倍になると、かなりガツンときますが、CBDはそういった感じではなかったです。

お湯で湯がいてもまた結晶化してしまう

僕がお湯で湯がくのが面倒な理由の一つがこれです。

せっかくお湯で湯がいても、再び結晶化してしまうという点です。

これはかなり面倒くさいです。

というか毎回お湯で湯がくのは無理だと思います。

CBDリキッドの結晶化の対策を考える

毎回お湯で湯がくのなんてやってらんねぇぞ!ってことで対策を考えてみました。

対策
  1. 温める機械を買う
  2. 安いCBDリキッドCBDパウダーで代用する

温める機械を買う

これが一番ラクそうだ。

買ったので後日、記事で紹介する

CBD結晶化対策【指1本】CBDのざらざら(結晶化)を簡単に解決する方法【ドライヤーより簡単】

安いCBDリキッドとCBDパウダーで代用する

これが一番簡単な対策かもしれません。

CBD配合量が少ないCBDリキッドであれば結晶化しにくいです。

CBDの効き目を強くしたい場合はCBDパウダーを追加すればいいだけ

CBDランキング
記事の内容は全て本人の個人的な感想及び意見です。効果・効能を保障するものではありません。

ドリブルX

下記の比較ランキング記事は、 様々なCBD商品の1番をまとめてあるからスゴイ便利!間違いない
おすすめ CBDリキッド ランキングCBDの種類は何種類?自分に合った選び方のまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA