YouTube Premiumが毎月90円!
邪魔な広告が一切ない天国へ

VPNでYouTubeプレミアムを利用するのは違法?デメリットは?

VPN経由でサブスク利用は違法?デメリットは?

  • VPN経由でサブスクを安くするのは違法性は?
  • 逮捕されないの?
  • 対策されないのはなぜ?

このような疑問を持って高い契約料を支払っている方へ

今日でそのモヤモヤ吹き飛ばしてしまいましょう

YouTube Premium(プレミアム)をVPN経由で契約するのは違法?

YouTube Premium(プレミアム)をVPN経由で契約するのは違法?

VPN経由で契約すること自体は違法ではありませんが、利用規約違反に該当する場合があります。

有料サービス、および有料サービスで利用可能な一部のコンテンツは、特定の国でのみ利用できる場合があります。お客様は、ご自身の居住国を偽るために虚偽、不正確、または誤解を招くような情報を提供しないこと、また有料サービスまたは有料サービス内のコンテンツへのアクセスや利用に関する制限の回避を試みないことに同意します。

出典:https://www.youtube.com/t/terms_paidservice

しかし、居住地を偽る目的の場合は利用規約違反となります。

例えばフィリピンVPNやトルコVPNであれば居住地情報(住所情報)を入力する必要がありません。

注意
日本のVPNサーバーに接続して契約した場合は違法でも利用規約違反でもない
VPNトルコでYouTubeプレミアムを100円以下で登録するやり方トルコVPNでYouTubeプレミアムを月額90円で利用登録するやり方

Netflix(ネットフリックス)をVPN経由で契約するのは違法?

Netflix(ネットフリックス)をVPN経由で契約するのは違法?

VPN経由で契約すること自体は違法ではありませんが、利用規約違反に該当する場合があります。

Netflixコンテンツにアクセスできるのは、原則としてお客様がアカウントを開設した国内、および当社がサービスを提供し当該コンテンツのライセンスを受けている地理的場所に限るものとします。利用可能なコンテンツは地理的場所によって異なり、随時変更されます。お客様が同時に視聴することのできるデバイス数はご登録のメンバーシッププランによって異なり、[アカウント情報]ページに明記されます。

出典:https://help.netflix.com/ja/legal/termsofuse

しかし、原則として「原則としてお客様がアカウントを開設した国内、および当社がサービスを提供し当該コンテンツのライセンスを受けている地理的場所に限るものとします。」とあるので、上記以外の使い方をした場合は利用規約違反になります。

VPNでサブスクを契約するデメリット

デメリットをまとめました。

利用規約に違反した場合、アカウントがBANされる可能性がある

サービスによっては利用規約に反する場合があります。最悪の場合アカウントがBANされてしまう可能性があります。

対策としては、新規のアカウントを作成しそれを利用することです。

注意
2,022年11月現在、アカウントがBANされた情報は見つかりませんでした。

無料のVPNは個人情報が洩れるまたは売買されるから絶対ダメ

VPNには無料のモノと有料のモノがあります。

無料のものは絶対に使ってはいけません。普通にハッキングの被害にあう可能性が劇的に高まります。

テレワークなどで使われるVPNで無料のVPNを使ってる会社は当然ながらありません。

無料VPNのほとんどはデータの売買で利益を出しているからです。

VPNの違法性は?逮捕されないの?

VPNって聞いたことないけど・・違法なんじゃないか?逮捕される危険は・・

そんな悩みを解決していきます。

VPNを利用すること自体は、完全に合法で当たり前のこと

まず、VPNを利用すること自体は違法でも何でもありません。

普通、ごく当たり前のことです。

例えばテレワークで会社のネットワークにアクセスするとき、まともな会社であれば必ずVPNで接続します。

VPNはセキュリティ対策として一般的に使われているサービスです。

<テレワーク勤務者>基本対策事項
 インターネットにおいては、悪意の第三者が通信内容を傍受している可能性があ
ります。公衆無線LAN(Wi-Fi)を利用する際にも特に注意が必要です(※)。
 機密情報かどうかに関わらず、オフィスと電子データのやりとりを行う場合は、
VPN等、通信経路を暗号化した状態でやりとりできる経路を用いるのが安全で
す。なお、インターネット経由での電子メールのやりとりにおいては、特に指定
しない限り、暗号化は行われませんので注意してください。

出典:総務省 テレワークセキュリティガイドライン

他にもVPNを利用するシーンは沢山あります。

例えば・・

VPNの利用シーン
  • 海外旅行中、安全にインターネットに接続したい場合
  • 留学中に自国のサービスにアクセスしたい場合
  • 政府に禁止されてアクセスできない場合(中国など)

結論・・

VPNを使うこと自体は全く問題なく、セキュリティ対策として総務省が進めているぐらい

VPNを使い利用規約に違反しても逮捕されないの?

VPNを使って他の国経由で契約した場合に逮捕される可能性はある?

サービスによってはサービス利用規約の違反になる可能性があります。

例えば・・Netflix場合だと規約では自分の国以外からはアクセス禁止となっています。

4.3. Netflixコンテンツにアクセスできるのは、原則としてお客様がアカウントを開設した国内、および当社がサービスを提供し当該コンテンツのライセンスを受けている地理的場所に限るものとします。利用可能なコンテンツは地理的場所によって異なり、随時変更されます。お客様が同時に視聴することのできるデバイス数はご登録のメンバーシッププランによって異なり、[アカウント情報]ページに明記されます。

出典:https://help.netflix.com/ja/legal/termsofuse

この規約を無視したからといって逮捕されることはありません。

ポイントは違法ではなくただの規約違反という点です。

そもそもですが、利用規約は法律ではありません。

利用規約とはサービスを提供する側(企業・個人・団体)が勝手に作ったルールです。

このルールには法的拘束力がなく、あるとすれば「規約を守らないユーザーを排除すること」ぐらいです。

MEMO
逮捕するには刑事事件にしなければならない

例えば・・

「オンラインゲームの規約違反(暴言を吐く)でアカウントを停止された」という話は聞いたことがありますが、YouTubeプレミアムの規約違反(VPNを使って他の国のサーバー経由で加入)で逮捕された。訴えられた。という話は、2022年現在一つも聞いたことがありません。

海外のサービスを利用するときに、利用規約をすべて読んでいる人はほとんどいないでしょう

YouTubeプレミアムを毎月226円で使う方法を見る

VPN+サブスクは詐欺で訴えられない?

詐欺で訴えられるのでは?と考える人もいるでしょう

詐欺とは・・

詐欺とは他人を欺罔(きもう)し錯誤に陥れさせ、財物を交付させるか、または、財産上不法の利益を得ることによって成立する犯罪

出典:https://ja.wikipedia.org

結論から言うと、訴えるのは企業の自由なので、訴えられる可能性は0ではないですが、普通に考えると

一人一人個人を訴えるよりも、VPN会社を訴えるのが先でしょう。

VPNは詐欺で訴えられない?
出典:https://www.expressvpn.com/jp

このようにVPN会社が自体がVPN+サブスクを推奨しています。

普通に考えて、VPN会社を訴えるが簡単で効率的ですよね

とは言っても、民事で訴えるのは誰でも自由に訴える事ができます。

例えば私がめちゃくちゃな難癖をつけてGoogleを訴えることも自由です。

民事裁判とはそういうものです。

宝くじに当選するぐらいの確率で個人が訴えられる可能性がありますが、訴えられたとしても詐欺と立証することは困難です。

注意
嘘の住所情報を入力すると詐欺になる可能性が高くなりますが、住所を入力しなくても安く利用できる国があります。

トルコです。

完全に合法でサブスクを安く利用できるのです。

VPNトルコでYouTubeプレミアムを100円以下で登録するやり方トルコVPNでYouTubeプレミアムを月額90円で利用登録するやり方 YouTubeプレミアムを毎月226円で使う方法を見る

詐欺にならないのかな?

法律上の「詐欺罪」は、あくまでも「人を欺く意思があって相手を錯誤に陥らせ、財産処分行為がなされること」をいいます。 財物の交付を受ける時点で「欺く意思」があったことが構成要件となり、故意が無ければ成立しない犯罪です。

出典:http://www.xn--4rra073xdrq.com/z03.html

ですので繰り返しになりますが、嘘の住所情報さえ入力しなければ、完全なるグレー(白よりのグレー)です。

嘘の住所情報を入力した場合は、黒よりのグレーになります。

それでも黒ではありません。

理由はお金の流れです。

お金の流れ
  • 詐欺「企業→財産(お金)→自分」
  • VPN+サブスク「自分→財産(お金)→企業」
注意
例えば・・偽のアカウントを大量に作り、企業からポイントをだまし取るのは完全な詐欺です。

今回のように自分がお金を請求されて支払を行っている場合「自分→財産(お金)→企業」となり詐欺と立証するのが困難です。

民事で訴えるにしても、訴える側がすべての証拠を立証しなければ裁判には勝てません。

  • 利用規約に違反していた証拠
  • 海外に滞在・在住していなかった証拠

パスポートを見れば一発じゃないか?と思うかもしれませんが、パスポートを提出する義務はありません。

海外に滞在・在住していなかった証拠は、訴える側が自力で用意し証明しなければならないのです。

MEMO
裁判は自分が不利になる証拠・証言を提示する義務はありません。黙秘する権利が保障されています。

そもそもですが、海外の言語で書かれた利用約款を全て読める人はいないでしょう。

そしてVPNを利用すること自体は一般的で全く問題ありません。

たまたまVPNを利用している時に、たまたまYouTubeプレミアムに入りたくなって

たまたま安く入ってしまっただけなのです。

アメリカの巨大企業が悪質な仕組みで脱税している現実

グーグルやアップルなど米IT(情報技術)企業は利益の多くをタックスヘイブンにとどめ、実際に事業をしている国々で十分な税金を支払っていないと批判されてきた。各国の国税当局は、事業活動の実体がないのに低税率の国・地域に不当に利益を移そうとする課税逃れを防ぐために、タックスヘイブン対策税制の見直しやデジタル課税の導入を進めている。

出典:https://business.nikkei.com/atcl/plus/00010/092200008/

実はGoogleをはじめとするアメリカの巨大企業は同じようなことをしています。

それもかなりひどいです。

  • VPNは他の国のサーバーを経由
  • タックスヘイブンはペーパーカンパニーを経由

似たような仕組みで遥かに悪いことしてるよね

ペーパーカンパニーを使って行う脱税は、法律で規制されつつありますが、ジオブロッキングをVPNで回避する法律は今のところありません。

MEMO

自分の住んでいる国以外のサービスを利用する際に、企業側が勝手にブロックや制限をかけることをジオブロッキングという

実はこのジオブロッキング自体が問題視されるケースもあります。

結論

YouTubeプレミアムのジオブロッキングを回避し、逮捕や起訴をされたケースは日本国内に1件もない

ジオブロック、ジオブロッキング(Geo-blocking)とは?

ジオブロック、ジオブロッキング(Geo-blocking)とは?

ジオブロッキング(Geo-blocking)は、インターネットコンテンツの配信にあたり、提供する事業者へのアクセスを試みる利用者の地理的位置により一定の制限を加える技術。日本では「お前の国には売らない」を省略し「おま国(おまくに、おまこく)」と表現したり、日本だけ諸外国より割高な価格で販売しているコンテンツを「お前の国にも売ってやる、ただし割高な値段で」を省略して「おま値(おまね)」

出典:https://ja.wikipedia.org

これは簡単に言うと、企業が同じコンテンツやサービスをなるべく高く売るために、アクセスを制限・遮断するという内容です。

企業がジオブロッキングしても、VPNを使用すれば回避できるケースがほとんどです。

例えば日本国内にいる中国人の方は、ジオブロッキング問題を回避するためにVPNを使っていますし、中国に在住する日本人もVPNを使って日本のサービスにアクセスしています。

それ専用のVPNがあるくらいです。

中国在住日本人必須のVPNサービス

閲覧規制のSNS、動画サイト等が使える!【スイカVPN】

出典:https://www.suika-cn.com

このように、海外で生活する人にとってはVPNを使うことは当たり前のことです。

なんで企業は対策しないの?

対策は企業それぞれによって異なります。

厳しく対策をしているのがNetflixで、あまり対策していないのがGoogleです。

実は対策するメリットよりも、デメリットのほうが多く、更に自動で対策するのが難しいのが現状です。

例えば「現地のサーバーと同じ国籍またはクレジットカードを持っている人物のみ契約可能」という対策をすると下記のような問題が起こります。

  • 留学先でYouTubeプレミアムを加入できない
  • 旅行中、現地の空港で決済できない
  • 外国人労働者の人が現地でサービスを使えなくなってしまう

こんな不便なことを世界一の会社がやるでしょうか?

「じゃあ人力でチェックすればいいじゃん」と思うかもしれません。

しかし、Googleをはじめとする巨大IT企業は人力を極端に嫌うので、人力チェックを入れる可能性はかなり低いです。

MEMO
ヨーロッパ(EU)などに長期滞在するとわかりますが、国境を感じることはほぼありません。様々な人種の人が自由に国を行き来しています。毎回チェックされていたら不便ですよね。ネットの世界も同じです。

それでもなんだか悪いことをしているような気が・・

VPNを利用すること自体は完全に合法で当たり前のことです。

しかし、海外のサービスの利用規約を無視しして、居住していない住所を入力することはグレーです。

滞在予定のホテルの住所を入力した。→旅行は中止になった。

利用規約が日本語ではないので読めなかった。

のような言い逃れもできますが、それもちょっと・・

心が天使の方は、住所入力が省略されている国のサーバー経由で契約するのが良いかもしれません。

住所を入力しなくてよい国もある(トルコVPNやフィリピンVPN)

例えば・・YouTubeプレミアムの場合だと、フィリピンのサーバにVPNでアクセスすれば住所の入力が必要ありません。

アルゼンチンよりかなり高くなってしまいますが、YouTubeプレミアムを月額392円で契約できます。

アルゼンチンであれば世界最安の月額130円です。

MEMO
フィリピン経由で契約する手順はアルゼンチンと同じ手順ですが、住所の入力が必要ありません。

NordVPNはフィリピンサーバーがない

NordVPNはフィリピンサーバーがない
出典:https://nordvpn.com/ja/servers

注意
NordVPNはフィリピンサーバーがありません。どうしてもフィリピンサーバー経由で契約したい場合はSurfsharkVPNを契約する必要があります。

【最安】YouTubeプレミアムを月130円で使うやり方【VPNアルゼンチン】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA