Netflixが毎月70%も安くなる裏技

【薬物】アンフェタミンとは?どんな効果や危険性があるの?詳しく解説

【薬物】アンフェタミンとは?どんな効果や危険性があるの?詳しく解説

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

アンフェタミンとは?

アンフェタミンとは?

アンフェタミンは代表的な覚せい剤の1種です。

集中力の向上や感覚の変化などが効果として知られています。

医療で使用することもあり、アメリカではADHDの治療薬です。

医療利用の可能性もあるものの、用法を誤れば副作用・依存性が発現します。

このため、日本でアンフェタミンを医療利用することはほとんどなく、実質的には違法薬物と言えましょう。

参考 World Drug Report 2015United Nations Office on Drugs and Crime

アンフェタミンの効果は?使うとどんな感じ?

アンフェタミンの集中力の向上と疲労感の軽減はよく知られています。

また、病的な覚醒状態になり、数日間起きっぱなしでも”使用者の気分の上では”平気です。

感覚の鋭敏化や興奮作用があり、創作活動のためにアンフェタミンに手を出すアーティストもいます。

アンフェタミンの副作用と危険性

アンフェタミンの副作用も命に関わるものがあります。

アンフェタミンの脳や自律神経を含めた神経系への影響は深刻です。

精神や認知機能の障害はもちろん、臓器のコントロールが効かなくなります。

これらによって、ショック状態に陥り、最悪の場合死に至ります。

アンフェタミンの副作用
  • 虚無感
  • 統合失調症
  • うつ病
  • 自死念慮(自殺したくなる)
  • 痙攣
  • せん妄
  • 感覚障害
  • 体温上昇・低下
  • 血圧上昇・低下
MEMO
医師指導の下で、ADHD患者に適量使用する分には、危険な症状はほとんど出ません。薬の正しい使用には、知識と経験を持った指導者が必要です。
参考 薬物乱用防止のための基礎知識薬物乱用防止「ダメ。ゼッタイ。」ホームページ

アンフェタミンは違法ドラッグ

アンフェタミンは覚せい剤の1種です。

覚せい剤は覚醒剤取締法によって、他の違法ドラッグと比べて強い規制を受けています。

かつて、覚せい剤は薬局で市販されていました。

結果、乱用が横行し、行政が講じた対策が覚醒剤取締法です。

覚せい剤は所持や使用で10年以下の懲役刑に課せられます。

注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA