【最強】一番キマるヤバイCBD

ディスる(Disrespect)の意味とは? 使い方を詳しく解説

ディスの意味とは

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

ディスる(Disrespect)は「(相手を)否定する」や「軽蔑する」という意味です。

Respect(尊敬)」に否定の意味を持つ接頭語の「ディス(Dis)」が付いた言葉ですが、そこから「リスペクト(Respect)」を取って「ディス(Dis、Diss)」と略して使うようになりました。

ヒップホップやMCバトルではポピュラーなスラングですが、日本でも若者言葉、ネットスラングとして定着した言葉です。

一般層にも浸透したスラングの「ディスる(Disrespect)」の意味や使い方を、例文などを交えて詳しく解説していきます。

ディスる(Disrespect)の意味とは?

ディスる(Disrespect)には、以下の意味があります。

ディスる(Disrespect)の意味
  • (相手を)否定する
  • (相手を)軽蔑する
  • (相手を)批判する

ディスる(Disrespect)は、相手を軽蔑し、批判や罵倒するという意味の動詞です。

自分以外の人物や物、事柄に対して使います。

ディスる(Disrespect)の由来は何?

ディスる(Disrespect)の由来は、尊敬を意味する「リスペクト(Respect)」と反対、否定などの意味合いを持つ接頭語の「ディス(Dis)」を合わせてできた言葉です。

ネガティブな意味を持つスラングです。

ディスる(Disrespect)の語源はヒップホップ?

ディスる(Disrespect)の語源は、アメリカのヒップホップだと言われています。
ヒップホップコミニュティの間でDisrespectディス(DissDisと略して使うようになり、そこからヒップホップ界隈で一般的なスラングになりました。

ディスる(Disrespect)が日本に広まった理由は何?いつから使われるようになった?

ディスる(Disrespect)という言葉自体は、1990年台から渋谷を中心としたヒップホップコミニュティで使われていました。

それまではマイナーなヒップホップスラングという認識でした。

しかし、2007年にバラエティ番組「リンカーン」に練マザファッカーが出演し、練マザファッカーのメンバーがディスる(Disrespect)を多用したことから、若者を中心に爆発的に認知されていきました。

注意
「リンカーン」の番組内で中川家の剛がラップを修行し、B-BOY PARKでライブもしています。

ディスる(Disrespect)の使い方や例文

ディスる(Disrespect)の使い方の一例は以下のとおりです。

ディスる(Disrespect)の使い方
  • あいつはいつも人のことをディスってばかり。
  • 後輩にディスられた。

この使い方を、日本語に置き換えると以下の通りになります。

ディスる(Disrespect)の日本語置き換え
  • あいつはいつも人のことを批判してばかり。
  • 後輩に罵倒された(悪口を言われた)。

自分対相手だけでなく、第三者同士で批判したり、罵り合ったりするシチュエーションでも使います。

ディスる(Disrespect)を「批判する(される)」「罵倒する(される)」と日本語で言うと、直接的で刺々しく聞こえてしまいます。

しかし、ディスる(Disrespect)に置き換えると、少し棘が取れたような印象になります。

ディスる(Disrespect)の例文

ディスる(Disrespect)の例文をいくつか紹介します。

Slumberland / King Gnu

常田大希

“正直者は馬鹿をみる”ディスるだけのアンチヒーローを射る

F*CK feat. C.O.S.A. & ACE COOL /  LEX

LEX

お前にディスSong さらってくBig mama

THE KING / ANARCHY

ANARCHY

今日から俺が王様 苦情やディスはこちらまで

ディスる(Disrespect)はアメリカだけでなく、日本語ラップシーンでもかなりポピュラーなスラングとして、色んな曲のリリックに登場します。

日本語ラップの曲だけでなく、日本の音楽シーンのメインストリームで活躍するKing Gnuの楽曲にも登場することからも、日本でディスる(Disrespect)が浸透していることがわかります。

ディスる(Disrespect)の日常会話の例文

ここで、ディスる(Disrespect)を日常会話で使う場合の例文をいくつか紹介します。

ディスる(Disrespect)の日常会話の例文
  • 上司のことを影でディスっていたら、バレて怒られた。
  • 嫁は俺のことを普段からディスってばかり。
  • 感情的になってディスることは良くない。
  • ディスるだけじゃなく、相手を褒めることも重要だよ。
  • 私のことディスってるの。
  • ディスり合いはやめて、仲良くしよう。

ディスソング(Dis Song)とは?

ディスソング(Dis Song)とは、その名の通り「誰かを批判、侮辱した楽曲」という意味です。

明確に特定の相手をディスした楽曲もありますが、日本では不特定多数、もしくは相手を名指ししないディスソング(Dis Song)が多いのが特徴です。

注意
日本で初めて明確に相手を名指しでディスソングは、2004年にDev LargeがKダブシャインに向けて発表した「Ultimate Love Song」です。

ディスる(Disrespect)を使うときの注意点

日本でディスる(Disrespect)は、本気で怒っているときにも使いますが、割と冗談も含めて軽い悪口、イジりという感覚でも使われます

しかし、アメリカでは本気で怒っているときに使われることが多いので、注意が必要です。

MEMO
アメリカのヒップホップシーンでは、ディスが殺し合いのビーフに発展する事例が多くある。

ディスる(Disrespect)の言い換え表現・対義語

ディスる(Disrespect)というスラングの意味や使い方、使う際の注意点などを詳しく解説していきました。

ではここで、ディスる(Disrespect)に変わる表現や逆の意味を持つ対義語について解説していきます。

ディスる(Disrespect)の言い換え表現

ディスる(Disrespect)の言い換え表現
  • インサルト(insult)
  • グロス(Gross)

インサルト(insult)

「インサルト(insult)」は「侮辱する」という意味を持つ言葉です。

馬鹿にする」「気分を害する」という意味もあるので、親しい間柄同士での会話で使われることの多い言葉です。

ですが、フォーマルなシチュエーションで「侮辱的」という意味でも使うこともあります。

グロス(Gross)

グロス(Gross)」は相手や物事に関して嫌悪感を示す言葉です。

日本語にすると「キモイ」という表現が近く、アメリカでは女性が使うことが多い印象があるスラングですが、男性も使います。

ネガティブな意味で、若者同士の日常会話などのカジュアルなシチュエーションで多く使われます。

ディスる(Disrespect)の対義語

ディスる(Disrespect)の対義語
  • リスペクト(Respect)

ディスる(Disrespect)の対義語は、日本でもポピュラーな「尊敬」「敬意を示す」という意味の英語である「リスペクト(Respect)」です。

元々、リスペクト(Respect)の頭に否定を意味する接頭語のディス(Dis)となったのがディスる(Disrespect)の由来なので、リスペクト(Respect)は全く真逆の意味を持つ対義語となります。

リスペクト(Respect)のスラングも的な言葉もある

ディスる(Disrespect)とは全く真逆の、リスペクト(Respect)から派生した日本発祥のスラングがあります。

それが「リスる」で、「リスペクト(Respect)する」を略した「尊敬する」という意味のスラングです。

MEMO

「尊敬する」という堅苦しい響きを崩した若者言葉、日本特有のスラングとして会話やインターネットでも使われます。

ディスる(Disrespect)の英語表現と例文

ディスる(Disrespect)の英語表現は「Dis」「Diss」「Disrespect」です。

Disrespect」はフォーマルで堅苦しいイメージがあるので、日常会話では「Dis」もしくは「Diss」と略して使うのが一般的です。

接尾語の「ful」を付けて「Disrespectful(ディスリスペクトフル)」で「失礼な」「無礼な」という意味になり、主にフォーマルなシチュエーションで「Disrespect」をより強調したいときに使います。

ディスる(Disrespect)の英語表現

ディスる(Disrespect)の英語表現は「ディス(Dis)」「ディス(Diss)」「ディスリスペクト(Disrespect)」です。

Disrespect」はフォーマルで堅苦しいイメージがあるので、日常会話では「Dis」もしくは「Diss」と略して使うのが一般的です。

接尾語の「ful」を付けて「ディスリスペクトフル(Disrespectful)」で「失礼な」「無礼な」という意味になり、主にフォーマルなシチュエーションで「Disrespect」をより強調したいときに使います。

ディスる(Disrespect)の英語表現の例文

Bitch, Don’t Kill My Vibe / Kendrick Lamar

Kendrick Lamar

With all disrespect, let me say this

Not Alike / EMINEM

EMINEM

Punk, you don’t disrespect OGs, R.I.P. Prodigy

Suicidal Thoughts / Notorious B.I.G.

Notorious B.I.G.

Forgive me for my disrespect, forgive me for my lies (You’re buggin’, B)

ヒップホップの黎明期1980年代から、黄金期の1990年代、そして現在に至るまで、廃れることなく使われているスラングであることがわかります。

単なる流行言葉ではなく、しっかりとカルチャーに根づいた、象徴するスラングである証拠です。

ディスる(Disrespect)のまとめ

まとめ
  • ディスる(Disrespect)の意味とは?
  • ディスる(Disrespect)の使い方や例文
  • ディスる(Disrespect)の言い換え表現・対義語
  • ディスる(Disrespect)の英語表現と例文

ディスる(Disrespect)の意味や正しい使い方など、ヒップホップの楽曲に登場するリリックや日常会話での例文も交えて解説していきました。

ヒップホップ界隈で歴史のあるメジャーなスラングでしたが、日本でも2000年代以降に若者言葉から一般層まで広がったポピュラーな言葉になっていきました。

ネガティブな意味合いが非常に強い言葉ですが、仲の良い間柄で使うと「悪口を言う」をオブラートに包んだような聞こえ方になるのも特徴です。

日常生活だけでなくインターネットでもよく使われるので、覚えておくと便利なスラングです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA