【最強】一番キマるヤバイCBD

【薬物】メタンフェタミンとは?どんな効果や危険性があるの?詳しく解説

【薬物】メタンフェタミンとは?どんな効果や危険性があるの?詳しく解説

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

メタンフェタミンとは

メタンフェタミンは代表的な覚せい剤の一種です。

戦後の日本では薬局で購入することができたため、メタンフェタミンの乱用が国内で横行し、その対策として覚醒剤取締法が制定されました。

世界で4番目に人気の嗜好品薬物であり(1位はアルコール、2位はタバコ、3位は大麻)、アメリカでは2.1%の人が1度使用すると言われます(アメリカでも違法)。

MEMO
メタンフェタミンは「疲労がポンと取れる」というキャッチコピー、「ヒロポン」の商品名で販売されていました。

メタンフェタミンの効果は?使うとどんな感じ?

他の覚せい剤と同様に、メタンフェタミンを使うと目が冴えて、何日も寝なくても平気な感覚が生じます。

集中力の向上効果もあり、ADHDの治療薬として使用することもあります。

幻覚作用もあり、発想を求めてメタンフェタミンを使用するアーティストもいます。

注意
寝なくても平気なのは感覚だけであり、身体の疲労はたまっていきます。

メタンフェタミンの副作用と危険性

メタンフェタミンは精神と身体の不調の原因となります。

メタンフェタミン使用者の重症精神病にかかる確率は、非使用者と比較して、1.3倍高くなりました。

パニック障害などの不安神経症にかかる確率は、非使用者の4.7倍です。

また、覚醒剤は自律神経系に働きかけて、臓器機能に異常をもたらします。

参考 Characterizing methamphetamine withdrawal in recently abstinent methamphetamine users: A pilot field studyPubMed 参考 Causes of death of patients with methamphetamine dependence: a record-linkage studyPubMed 参考 Extent of illicit drug use and dependence, and their contribution to the global burden of diseasePubMed 参考 The prevalence of mental health disorders among young adults who use amphetamine-type stimulants, compared to young adults who do notPubMed

危険を伴う性行為

メタンフェタミンには性欲を増長させる作用があります。

薬物によって判断力の低下した状態でメタンフェタミンを使用すると、暴力などを伴った性行為をするようになります。

メタンフェタミンによる、性的パートナーや乱用者自身への危険を伴う性行為は、深刻な問題の一つです。

注意
大切な人を傷つけないためにも、メタンフェタミンには決して手を出さないようにしましょう。
参考 Meta-analysis of the association between methamphetamine use and high-risk sexual behavior among heterosexualsPubMed

メタンフェタミンは違法ドラッグ

メタンフェタミンは覚醒剤取締法で規制される覚せい剤の一種です。

覚せい剤乱用の横行の歴史を受けて、日本は覚せい剤を特に厳しく取り締まっています。

麻薬や向精神薬の乱用が7年以下の懲役刑であるのに対して、覚せい剤の乱用は10年以下の懲役刑が課されます。

参考 覚せい剤Q&A愛媛県警察
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA