【最強】一番キマるヤバイCBD

インスト(Instrumental)の意味とは?使い方を詳しく解説

インスト(Instrumental)の意味とは

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

「ラップでインストってよく聞くけどなんのことだろう? 」

「オフボーカルと同じ意味なのかな」

ヒップホップなどのアーティストが時々口にするインストはインストゥルメンタルを縮めた言葉で、特定のタイプの楽曲を表す音楽用語です。

大まかな意味を説明できる人でも、「どんな楽曲がインストに当てはまるか」まで聞かれると言葉に詰まってしまうのではないでしょうか。

本記事ではそんなインストについて、概要からオフボーカルとの違いまで幅広く解説します。

インスト(Instrumental)の意味とは?

インストとは、楽器以外のパートが存在しないタイプの楽曲のことです。

インストには歌やラップなどが入っていないため、鑑賞用だけでなくバックミュージック的な用途で使われることも多々あります。

それ以外にも、DJがRemixやMASHUPの素材として使用したり、MCバトルのビートとして使われることもあります。

MEMO

歌を歌うときに流すカラオケ用音源は、あらかじめ歌の部分が抜かれている代表的なインスト楽曲です。

インスト(Instrumental)楽曲の例

使用用途
  1. 鑑賞用
  2. BGM
  3. Remix
  4. MASHUP
  5. MCバトルのビート

前述のカラオケ用音源をはじめとして、ゲームやアニメ、映画のバックミュージックなど、インスト形式の楽曲は身近なところにも用いられています

また、ラップのMCバトルでは、バトル中にビートトラックと呼ばれるバックミュージックを流します。

ビートトラックとして採用される楽曲には基本的にラップや声が入っていないので、こちらもインストに該当します。

MASHUPの例

MCバトルのビート

インスト(Instrumental)の使い方や例文

インストの意味・概要については上記で説明しました。

続いて、文章や会話中での使い方および例文について紹介します。

インスト(Instrumental)の使い方

インストの使い方としては、下記のようなものが考えられます。

使い方
  1. インストヒップホップ
  2. ラップを乗せるためのインスト
  3. インストトラックを作る

これらをインストを使わずに言い表すと、以下の通りです。

説明
  1. 歌・ラップがなく楽器演奏のみで成り立っているヒップホップ楽曲
  2. ラップをするときにビートとして流すための歌のない楽曲
  3. 楽器演奏パートのみで構成されたトラックを制作する

インストは、ある楽曲に歌がないことを示すときや、ラップなどでバックミュージックとして使われる楽曲を表すときに使われる言葉です。

インスト単体で用いることもあれば、「インスト○○」のように楽曲もしくは楽曲ジャンルの名称と組み合わせることもあります。

インスト(Instrumental)の例文

インストまたは省略前のインストゥルメンタルは、歌詞中で下記のように用いられています。

らっぷびと

誰かのインストに乗せたりさ 誰かのフロウを真似てたりさ

JAGGLA

インスト流して続けるシャドー

R-指定

間違っても証言のインストで

RYO

ギャルみてー映えてるぜ俺のインスト(インスタ)

BIM

人生のインストロメンタル の上でフローする Us

こちらの歌詞ではインスト(インストゥルメンタル)が、「フロウ」など別の用語とともにラップを連想させる言葉として用いられています

省略前のインストゥルメンタルについてはもともと英語のため、アーティストによって表記がさまざまです。

MEMO
たとえば「インストゥールメンタル」のようにいわゆる「伸ばし棒(ー)」を入れるケースや、BIMの例のように「インストロメンタル」と表記するケースもあります。

インスト(Instrumental)の類語や言い換え表現

インストは、以下のような表現で言い換えることが可能です。

類語
  1. インスト曲
  2. インストゥルメンタル
  3. 器楽曲

インストは楽器のみで演奏される楽曲を表すときに使われるため、「インスト曲」のように「曲」を付ける場合もあります。

また、インストゥルメンタルを省略したものがインストですので、こちらも類義語として挙げられます。

ラップやヒップホップでよく使われるトラックビートは、ラップを乗せるためのインスト楽曲にあたるため同義語といえるでしょう。

注意
インストに近い意味を持つオフボーカルは、もともとボーカル(歌)パートが存在する楽曲からボーカルを取り除いたタイプの楽曲を指します。

そのためオフボーカルインストと異なり、もともとボーカルが入っていない楽曲を表す場合には適しません。

インスト(Instrumental)の英語表現と例文

インストおよびインストゥルメンタルは、英語表記をカタカナで代用した和製英語にあたります。

由来となった英語表現について見ていきましょう。

インスト(Instrumental)の英語表現

日本語表現のインストを英語に訳す場合、以下の2通りが挙げられます。

英語表現
  1. instrumental(inst., instr.)
  2. instrumental music

instrumentalは「楽器の」「楽器用の」といった意味で用いられる形容詞であるため、楽曲などがインストに該当することを伝えたい場合に適している単語です。

また、instrumentalは名詞としても用いることができ、こちらの用法では日本語のインストと同様に歌を含まない楽曲のことを指します。

instrumentalには省略表記が存在していて、楽曲説明をはじめとした文章では「inst.」「instr.」も一般的です。

instrumental musicは器楽、すなわち楽器のみで演奏される楽曲を示す表現です。

インストジャンルの楽曲自体について話したいとき、誤用・誤解を避けたい場合はこちらの表現を用いるのが無難でしょう。

インスト(Instrumental)の英語表現の例文

インストの英語表現である「Instrumental」は、歌詞中で以下のように使用されています。

Machine Gun Kelly

His body next to this instrumental, I’m sayin’

Kendrick Lamar

How to stay on beat, because our life’s an instrumental

Capital STEEZ

Leaving instrumentals blue and black

Travis Scott

Cookin’ on a tune, I’ve been cheffin’ up instrumentals

Dr. Dre

I was bangin’ with a gang of instrumentals

日本語のインストのような使い方をするときには主に名詞として使用するため、「instrumentals」のように複数形に変化する場合があります。

インスト(Instrumental)のまとめ

本記事では、インストについて主に以下の内容を紹介しました。

まとめ
  1. インスト(Instrumental)の意味
  2. インスト(Instrumental)の使い方
  3. インスト(Instrumental)の関連語・言い換え
  4. インスト(Instrumental)の英語表現

インストは歌やラップなどのボーカルパートがなく、楽器パートのみで作り上げられた楽曲のことを指します。

ラップを乗せるために流すビートはほとんどがインストの楽曲ですので、ラッパーやヒップホップ系の楽曲が好きな人は何度も耳にしたことがあるはずです。

本記事を読んでインスト楽曲に興味を持った人は、MCバトルにどんなインスト楽曲が使われているか耳をすまして聞いてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA