【買わなきゃ損】CBDオイル2週間分がなんと! ¥980(税込)

漢 a.k.a. GAMIとDOGMAのビーフのまとめ

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

漢 a.k.a. GAMIの弟分、DOGMAとのビーフ

2020年に逮捕された漢 a.k.a. GAMIが、覚せい剤の陽性反応が出たことを受けて、DOGMAが突如YouTubeに「For K」という楽曲を発表しました。

現在この曲はDOGMA自身のアカウントから削除されていますが、この曲が漢 a.k.a. GAMIへの批判ソングだと話題になりました。

兄貴分が覚せい剤をやっていることに心を痛めたDOGMAが発表した曲だとされていました。

しかしその後、DOGMAに近しい人物から漢 a.k.a. GAMIに、DOGMAも最近覚せい剤を自分の前でやっていたという話が飛び込んできて、ビーフへと発展します。

DOGMAもこれに呼応し、Twitter上でコメントをいくつかつぶやいています。

その後、漢 a.k.a. GAMIInstagram上でDOGMA自身がインスタライブに登場し、話し合いが行われました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

漢 a.k.a. GAMI(@kan_9sari)がシェアした投稿

結局誤解であった部分と真実が食い違い、お互いに納得できないままでしたが、別の道を進むということでこのビーフはひとまず終了したようです。

その後、DOGMAも自らのYouTubeチャンネルで釈明をしています。

この話はこれで終わりにしてほしい。

DOGMA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA