【無料体験期間中】6,500万曲以上が聴き放題

YZERRとRYKEYのビーフ(BEEF)のまとめ

YZERRとRYKEYのビーフ(BEEF)のまとめ

注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームまたはTwitterのDMへご連絡ください。

ドリブルX

悪いことやめて音楽で飯食ってくってやつ応援しないわけにはいかねーよな?

ドリブルX

下のTweetリツイートしてくれよな、マジによ
画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

BAD HOPのブレインことYZERRは過去にRYKEYとビーフが勃発しました。

このビーフは両者のファンはもちろんのこと、ヘッズであればほとんどが知っているほど大きな出来事になりました。

これからその経緯や詳細について紹介していきます。

RYKEY(リッキー)年齢・身長・本名は?元ギャングって本当?

YZERRとRYKEYのビーフ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@yzerr_breathがシェアした投稿

2018年12月2日
別件のビーフでBAD HOPに飛び火
RYKEYがリンチを受けたとしてBAD HOPに疑いをかけるが無関係と分かる
2019年3月26日
インスタライブにてビーフの発端が
インスタライブにてRYKEYYZERRの曲についてパクリだと批判した
2019年3月29日
YZERRの反論
Twitter上でYZERRが反論し、それにRYKEYも対抗していったことで、SNS上での応酬に
2019年4月12日
BAD HOPに対するDIS曲をリリース
DIS曲「You Can Get Again」をリリースし、各方面から注目を浴びる
2019年11月16日
ディスに対するアンサー曲⁉
新曲「Foreign feat. YZERR & Tiji Jojo」にてDISに対するアンサーの雰囲気を醸し出す

YZERRとRYKEYのビーフの原因

RYKEYがリンチを受けた怒りから根拠もなくBAD HOPに対してDISを飛ばしていたことから、本格的なビーフになる以前からYZERRRYKEYの関係性は良くありませんでした。

そして事の発端となったのがYZERRがリリースした「Back Stage feat. Tiji Jojo」で、MarshmelloRoddy Richがリリースした「Project Dreams」に似ていることをRYKEYが批判してビーフが始まりました。

YZERR / Back Stage feat. Tiji Jojo

Marshmello x Roddy Ricch – Project Dreams

その批判を受けたBAD HOPに熱狂している特定のファンからRYKEYの自宅にゴミが巻き散らかされ(捏造の疑惑有り)、ファンをも巻き込んだビーフに発展しました。

それに対しYZERRは自身のTwitter上で反論し、それに対しRYKEYも言い返したことで激化していきました。

主戦場がSNS上であることからヘッズからも批判の声が出てくるなど、賛否両論の意見が立ち込めました。

阿修羅MICが仲裁?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ashura_mic(@ashura_mic)がシェアした投稿

ヘッズの間でも様々な意見が飛び交う中で、声をあげたのが阿修羅MICでした。

阿修羅MICはインスタライブにて

阿修羅MIC

SNSじゃなくて曲で返せ。HIP HOP的なビーフにしよう

と意見を述べたことで、ビーフの主戦場がSNSから楽曲上に変わっていきました。

阿修羅MIC(アシュラマイク)阿修羅MICの年齢・出身・学歴は?

RYKEYがYZERRへDIS曲を発表

そうした背景を加味し、RYKEYはDIS曲「You Can Get Again」を舐達麻BADSAIKUSHを客演に迎えてリリースしました。

舐達麻とはなめだるま(舐達麻)とは?メンバープロフィールの完全まとめ

これまでSNSでDISを飛ばしていたことで、支持者は比較的少なくありましたが、その曲の完成度が高く、次第にRYKEY側の支持が強まっていきました。

YZERRはそれに対する明確なアンサー曲は出していませんが「Foreign feat. YZERR & Tiji Jojo」にて、

YZERR

狭い国で妬み愚痴るダサい奴は無視

という軽めのアンサーを返し、一旦は収束しています。

BADHOPのYZERRYZERRの年齢・身長・生い立ちは?【BAD HOP】

RYKEYその後・・・

ビーフが一度収束し、両者落ち着いてきたかのように思われましたが、RYKEYの方はそうではありませんでした。

2019年7月10日にRYKEYこと下田ムトアリッキーが知人の男性2人に暴行を加え、逮捕されてしまいました。

それに続き、RYKEYと事実婚の関係にあった妻の紅蘭RYKEYとの離婚を表明しました。

ナイフを突きつけられたり、携帯を3回も壊されたり、事あるごとに酷い喧噪をかけられるなど、DVを受けていた事が原因とされています。

そういった背景については週間新潮にて紅蘭が明かし、大きな話題になりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

紅蘭(@kurankusakari)がシェアした投稿

RYKEY釈放されて復活!

RYKEYが逮捕されてから数日が経った2019年7月20日に自身のTwitterにて、

RYKEY

反省しています。すいませんでした。

とツイートをしたことから(現在削除済み)、その頃には既に釈放されていたと予想されています。

また、それからしばらく経った2020年3月5日に自身のインスタグラムにて英文でこれまでのことを謝罪しました(現在削除済み)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ドリブルX

悪いことやめて音楽で飯食ってくってやつ応援しないわけにはいかねーよな?

ドリブルX

下のTweetリツイートしてくれよな、マジによ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA