【無料体験期間中】6,500万曲以上が聴き放題

ジャスティン・ビーバー元カノと結婚相手は?動物愛護団体から非難された理由はペット?【Justin Bieber】

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

ジャスティン・ビーバーは世界に名前を知らない人がいないほど、有名なシンガーソングライターです。

ジャスティン・ビーバーはお騒がせセレブとも知られていて、過去に数々の問題を起こしてきました。

その「問題」のせいで、アメリカではジャスティン・ビーバーを嫌う人が多いのが事実です。

今回はジャスティン・ビーバーの歴史や、アメリカで嫌われている理由ついてまとめました。

ジャスティン・ビーバーとパパラッチのトラブル

ジャスティン・ビーバーは有名歌手の仲間入りをしてから、数々の問題を起こしてきました。

その「問題」というのが、パパラッチをバッグで殴ったり、空港に来たファンを批判したりしたことです。

これは1度や2度だけでなく何度も続いたため、アメリカでは嫌われ者として有名になりました。

また、ジャスティン・ビーバーは飲酒運転での逮捕や、アルゼンチンでの暴行容疑で指名手配をされた経験もあります。

動物愛護団体からの批判

実は動物愛護団体からも、ジャスティン・ビーバーが飼っていたペットの件で、批判をされています。

批判をされている理由としては、ジャスティン・ビーバーの無責任なペットの飼い方です。

ドイツの空港で没収されたペットの猿を放置したり、当時飼っていたハムスターをファンに譲り渡したりしていました。

また、新しくペットとして飼っていた犬も、知人に譲り渡しています。

そういった行動のせいで、ジャスティン・ビーバーは動物愛護団体から、批判をされています。

超高額な猫を購入し非難される

 

この投稿をInstagramで見る

 

Justin Bieber(@justinbieber)がシェアした投稿

3万5千ドル(380万円)もする希少なペット(サバンナキャットの血を引く猫)を購入し、動物愛護団体から非難されました。

非難された理由は、高いペットを飼うぐらいなら、知名度を活かして殺処分されるペットを助けては?という一方的なものでした。

これに関してはジャスティン・ビーバーに非がないように思います。

ジャスティン・ビーバーの元カノはセレーナ・ゴメス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Selena Gomez(@selenagomez)がシェアした投稿

ジャスティン・ビーバーセレーナ・ゴメスは2009年から2015年までの間に交際していましたが、その間破局したこともあります。

別れた原因はジャスティン・ビーバーがクラブでナンパをしたのが原因ではないかと噂されています。

ジャスティン・ビーバー結婚相手はヘイリー・ボールドウィン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Justin Bieber(@justinbieber)がシェアした投稿

ジャスティン・ビーバーは2014年ごろから自身の行動が問題視されてきましたが、現在は目立った行動も少なく落ち着いていて、ゴシップなどに取り上げられることも少ないです。

2017年にはワールドツアーなどもキャンセルしていて、音楽家としての活動も少なくなっています。

最近では2018年から交際していたヘイリー・ボールドウィンと、約1年の交際期間で結婚をしました。

現在ヘイリー・ボールドウィンは、ヘイリー・ビーバーに姓を変えています。

ジャスティン・ビーバーのまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Justin Bieber(@justinbieber)がシェアした投稿


今回はジャスティン・ビーバーの歴史や、アメリカで嫌われている理由、現在について紹介しました。

過去には様々な問題を起こしましたが、現在では目立った行動も起こさず、結婚相手のヘイリー・ビーバーと一緒に平和な日々を過ごしています。

過去のように音楽家として活動はしていませんが、年に1~2曲のペースでコラボ曲をリリースしていて、最近では人気歌手で有名な「ビリー・アイリッシュ」の曲をリミックスしました。

現在ではアルバムの制作やツアーの予定などはありませんが、ジャスティン・ビーバーのファンは、彼が音楽家としてまた活動する日を心から待ち望んでいます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA