【無料体験期間中】6,500万曲以上が聴き放題

エミネムが一番好きな映画は何?マシンガン・ケリーとのビーフのまとめ【Eminem】

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

アメリカのHIP HOPが好きな人にとって、エミネムは誰もが知っている2000年を代表する有名ラッパーです。

エミネムは黒人ラッパーしかデビューできないような時代に、唯一の白人ラッパーとしてデビューし、現在でもエミネム人気はとどまることを知りません。

また、エミネムはラッパーだけではなく、俳優でとしも活動しています。

今回は、エミネムの簡単な経歴や、エミネムがゲイとして出演した映画を紹介します。

エミネムがデビューしたきっかけ

STEP.1
幼少期
1971年にデトロイト生まれる。母親と幼少期を過ごす。
STEP.2
中学時代
14歳のころ、HIP HOPに魅了されラッパーとしての活動を開始
STEP.3
MCバトル大会で優勝
1997年に開催された「The Rap Olympics」で準優勝をして、エミネムの名が広まる
STEP.4
メジャーデビュー
Dr. Dreに見出され、唯一の白人ラッパーとして、有名ラッパーの仲間入りを果たす

エミネムは1971年に生まれ、母親と共にアメリカのカンザスシティや治安が悪い街として知られている、デトロイトで幼少期を過ごしました。

エミネムは学生時代からいじめや自殺未遂を経験し、14歳ごろからHIP HOPに興味を持ち、ラッパーとして活動を開始したのが最初です。

80年代から90年代のアメリカでは、HIP HOPは黒人の音楽として知られていて、エミネムは全く見向きもされませんでした。

MCバトルで準優勝

最初のEPは70枚ほどしか売れずに、そこからHIP HOPの研究を重ね、1997年にThe Slim Shady EPをリリースしました。

リリース当初、エミネムの知名度はまだありませんでしたが、LAで開催された「The Rap Olympics」というMCバトルで準優勝をします。

この大会で見せたラップのスキルが、The Slim Shady EPを有名にしたきっかけです。

その後Dr. Dreに見出され、レーベル「Aftermath Entertainment」と契約をして、現在にいたります。

簡単なエミネムの経歴をまとめます。

エミネムは大の映画好きで、俳優としても活動

エミネムは俳優としても活動していて「8 Mile」はエミネムの半自伝的な作品で、エミネムが出演している映画の中では一番有名です。

エミネムは「8 Mile」での演技を高く評価されていて、映画の主題歌になった「Lose Yourself」は2002年のアカデミー歌曲賞を受賞しました。

これまでにコメディー映画やホラー映画に出演してきて、合計10作品以上の映画に出演しています。

エミネムが一番好きな映画は「スーパーバッド 童貞ウォーズ」

また、エミネムは大の映画好きとしても知られていて、俳優兼コメディアンのジョナ・ヒルが出演した映画「スーパーバッド 童貞ウォーズは、エミネムが一番気に入っている映画です。

本人役でゲイとしても出演

2014年に公開され金正恩を侮辱していることから問題となった映画「The Interview」では、エミネムは本人役として出演しました。

映画の中で司会者のスカイラークから、老人をけなしている歌詞の意味を聞かれているシーンで、突然「俺はゲイだ」「男が好きだ」と発言しています。

この映画ではエミネムが本人役として出演していることから、ファンの間で反響を呼びました。

このThe Interviewはアメリカで大問題となった映画で、北朝鮮の祖国平和統一委員会は、製作者に映画の公開を中止するように警告もしていました。

また、ラッパーがコメディー映画に出演するケースは多く、人気ラッパーのIce Cubeなども多くのコメディー映画に出演していて人気です。

エミネムとマシンガン・ケリーのビーフ

エミネム人気は現在でも続いていて、2012年にはラッパーのマシンガン・ケリーが、エミネムの娘のことを「彼女はめっちゃセクシー」とツイート(現在削除済み)

マシンガン・ケリーへのディスソング

エミネムマシンガン・ケリーに対するディス曲を公開して、ファンを楽しませました。

まとめ

今回はエミネムについて紹介しました。

エミネムは2000年代を代表する白人ラッパーとして有名で、エミネムがHIP HOPシーンに登場してから、他の白人ラッパーも注目されるようになったのが事実です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA