ヘッドフォンおすすめランキング

HARDY(ハーディー)のラップバトル戦歴データのまとめ【高校生ラップ選手権~フリースタイルダンジョン】

HARDY(ハーディー)のラップバトル戦歴データをまとめました。

戦歴データは随時更新していきます。

HARDY(ハーディー)の年齢・身長・本名・音源は?髪型は変幻自在!ラッパープロフィールの完全まとめ

高校生ラップ選手権での活躍

HARDYは第11回高校生ラップ選手権から第16回高校生ラップ選手権まで6大会連続で出場しました。

そして4回目の出場となった第14回大会では優勝を果たすなどきっちりと結果を残しています。

そんなHARDYが出場した第11回大会〜第16回大会までまとめました。

第11回高校生ラップ選手権での活躍

HARDYが初めて出場した高校生ラップ選手権です。

STEP.1
1回戦目 G-HOPE

HARDYが初めて高校生ラップ選手権で戦ったバトルです。

G-HOPEも初出場なのでお互い初出場のバトルとなり、フロウで攻めるHARDYと韻の連打で攻めるG-HOPEとのバトルが面白かったです。

審査ではG-HOPEの勝ちとなりました。

第12回高校生ラップ選手権での活躍

第11回高校生ラップ選手権を経て、様々なバトルイベントに出場し、プロップスをつけたHARDYと前回大会準優勝者のCore-boy(Novel Core)のバトルが印象的です。

HARDYはこの時、優勝候補と言われていましたが1回戦目で負けてしまいました。

STEP.1
1回戦目 Core-boy(Novel Core)

https://youtu.be/hGKRanIcnmM

前回大会の準優勝者のCore-boy(Novel Core)とのバトルで、ファンの間では事実上の結晶とも言われています。

延長戦にもつれた後のCore-boy(Novel Core)のサンプリングがかなり印象的です。

審査ではCore-boy(Novel Core)の勝ちとなり、HARDYは負けました。

第13回高校生ラップ選手権での活躍

第11回、第12回とHARDYは1回戦負けで高校生ラップ選手権の舞台であまりいい成績を残せていませんでした。

ただ第13回大会は決勝の舞台まで進み、第11回大会で戦ったG-HOPEとの再戦となったのが熱いです。

STEP.1
1回戦目 コウキ a.k.a 仏

https://youtu.be/ChCtk7vob1g

見た目に反してコウキ a.k.a 仏のリズムキープやビートアプローチが上手くて、あわやHARDYが負けるのではないかとざわざわしたバトルとなりました。

結果的に審査ではラップスキルを上げて帰ってきたHARDYが勝るバトルとなりました。

STEP.2
2回戦目 U-mallow

今やかなり有名になったU-mallowですが当時のU-mallowは今ほどプロップスはありませんでした。

会話で戦ったHARDYの勝ちとなりました。

 

またHARDYU-mallowは凱旋MCBattleで再戦しています。

STEP.3
準決勝 阿修羅

この日、1回戦でRed Eyeを倒して勢いがあった阿修羅HARDYが倒しました。

阿修羅のバイブスがかなり凄かったですが、HARDYのアンサーやラップスキルが上回りました。

STEP.4
決勝 G-HOPE

第11回高校生ラップ選手権の1回戦でのバトルの再戦となりました。

こういう歴史が見えるから高校生ラップ選手権は面白いです。

ただ延長前のバトルはお互い調子を出せなかったようで、延長戦にもつれ込むバトルとなりました。

延長戦では「俺はもともと母子家庭 靴下穴あき 聴いてたANARCHY」というパンチラインを吐いたG-HOPEの勝ちとなりました。

第14回高校生ラップ選手権では優勝

HARDYは4回目の高校生ラップ選手権で優勝を果たしました。

ファンの間では第9回高校生ラップ選手権以来の面白かった大会と呼ばれています。

STEP.1
1回戦目 RAGA

お互いそこまで調子を出せていなかったような気がしますが、審査でHARDYの勝ちとなりました。

STEP.2
2回戦目 Loco

見た目や言動からオーラみたいなものがあるLocoとのバトルでした。

「ここに集まった16人 全員が優勝候補だ」というラインでお客を沸かせたHARDYの勝ちとなりました。

STEP.3
準決勝 ONO-D

00世代3連星として有名なONO-Dとのバトルでした。

高校生ラップ選手権にしては珍しい再延長にまでもつれ込むバトルとなりました。

お互いが楽しそうにバトルしてるのが印象的です。

STEP.4
決勝 Red Eye

個人的にはどちらが勝ってもおかしくないバトルだったと思います。

審査員の漢 a.k.a GAMIは「審査員でも結果が割れるほど難しかった」と語っていました。

第15回高校生ラップ選手権での活躍

優勝してもなお、出場を決めた第15回高校生ラップ選手権でしたが、様々なバトルイベントで話題になっていたベルと当たり、1回戦負けとなってしまいました。

STEP.1
1回戦目 ベル

お互い会話型のバトルスタイルなので見ていて面白かったです。

ただベル「平成から昭和 新年号は令和 ずっとぶっちぎるリーゼントヘアーだよ」という綺麗なラインでお客を沸かせたベルの勝ちとなりました。

 

ただこのバトルの中でベルHARDYに殴られたと感じ、試合後に言い合いをしていました。

HARDYが大人の対応をしているのがかっこいいです。

第16回高校生ラップ選手権での活躍

第16回高校生ラップ選手権は令和元年スペシャルトーナメントとして、HARDYは第14回大会の優勝者として出場しました。

STEP.1

現役高校生のC’stleHARDYのバトルです。

プロップスでもラップスキルでもアンサーでも聞き取りやすさでもHARDYの勝ちだったと思います。

STEP.2
2回戦目 韻マン

延長戦にもつれ込むバトルとなりましたが、独特なフロウでお客さんを沸かせたHARDYの勝ちとなりました。

個人的にはどっちが勝ってもおかしくなかったと思います。

STEP.3
準決勝 Novel Core

https://youtu.be/8JKZYIk8IbE

第12回高校生ラップ選手権の1回戦の再戦となりました。

また延長戦で前のバトルと同じビートの「Cho Wavy De Gomenne」がかかったのが印象的です。

フリースタイルダンジョン

2018年10月3日のフリースタイルダンジョンにHARDYは出演しています。

3ラウンド目までもつれ込むバトルでしたが、安定したHARDYを攻め続けた裂固の勝ちとなりました。

2019年6月5日に放送されたフリースタイルダンジョンはモンスター維新軍の回でした。

そこで裂固と再戦をしています。

ただこのバトルも前回同様、裂固の勝ちとなりました。

HARDYのパンチライン人気投票ランキング

  • 自分で新しい回答を追加する
画像の出典元は全て本人のInstagramまたはTwitter

コメントを残す