厳選バトルビートのまとめ

WILYWNKA(ウィリーウォンカ)がフィーチャリングしているおすすめの曲は?厳選人気ランキング10選【隠れた名曲】

WILYWNKA(ウィリーウォンカ)のおすすめの曲

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

ラップスタア誕生により知名度を全国区にしたWILYWNKA(ウィリーウォンカ)は主に関西圏のラッパーを中心に、客演としての参加作品もたくさんあります。

WILYWNKAの個性を存分に発揮しつつ、SEEDAが評するビートに合わせたラップが出来るラッパーとしての側面を持ってます。

ウィリーウォンカウィリーウォンカの年齢・身長・出身は?少年院に入った理由とは?ラッパープロフィールの完全まとめ【WILYWNKA】

Shurkn Pap / Old Kids Feat. WILYWNKA

2019年10月リリースの注目ラッパーShurkn Papのアルバム「The Me」に収録されてます。

今最も旬で注目の若手二人が組んだ曲なので聞き応えがあります。

MVではタイトルの如くクソガキな風情でラップする姿は妙にハマッていてクセになる作品に仕上がってます。

WAGARA FIRE!!! / TEAM HIFUMIIYA

2018年7月にアップされたTEAM HIFUMIYAWAGARA FIRE!!という曲に参加してます。

ヒップホップを教えてくれたHIDADDY、CIMA、BIG MOOLA一二三屋の店内でラップしてます。

MVでは店内でけん玉したり、お酒飲んだり楽しそうにヒップホップライフを過ごす日常が切り取られてます。

Cz TIGER “RIDE WITH ME feat. WillyWonka”

2017年9月リリースのCz TIGERのファーストEP「PURPLE WAVE」収録の1曲です。

実に乗せ辛そうなビートに見事なラップを乗せてるWILYWNKAです。主役のCz TIGERを喰ったとも取れる威風堂々とした乗り方は正にクールです。

MVは廃墟と化した煙たい雰囲気の中撮影されて曲に相乗効果の世界観を出してます。

ONION / 音ノ葉REMIX feat.Kakky,Rude α,MCRey,Willy Wonka(TAKA)

2014年4月にリリースされたONION(Silent Killa Joint)26.5cmのShoesの音ノ葉をREMIXした1曲に参加してます。

当時まだ10代のあどけなさが残るWILYWNKAですが、圧倒的な存在感を示してます。

流れるような気持ち良いトラックのマイクリレーのラストを飾ってます。

MARU-AI feat.WILYWNKA / Vaing Vaing JP

2017年7月リリースのMARU-Iのアルバム「EEK」に収録されてます。

バウンシーで中毒性のあるトラックはDJ KENZI a.k.a. BLACKBEATZがプロデュースしてます。

MVもスモーキーなトーンでまとめられ、ブラックな世界観を醸し出してます。

DJ JAM (YENTOWN) / Sky Limit feat. WILYWNKA

2019年2月にリリースされた、東京のヒップホップクルーのYENTOWNのメンバーであるDJ JAMのビートに客演した1曲です。

1997年リリースの故NOTORIOUS B.I.GSky’s the limitでのBIGGIEの声をフックで使用したりと、さすがYENTOWNと言わざるを得ないセンスの良い1曲に仕上がってます。

Jin Dogg / アホばっか ft. Young Yujiro & WillyWonka

2017年4月リリースのJin DoggのシングルにYoung Yujiroと共に客演参加した1曲です。全員でひたすらアホばっかと連呼してます。
WILYWNKA「中卒でも下手こきでも人生逆転ありえてまう けどやっぱり俺らはアホばっか」と常識は何もかも苦手なアホだけど、ラップはイケてることを伝えてます。

イルな雰囲気のMVにも注目です。

満月と黒猫 feat. WILYWNKA

2019年5月にリリースされた13ELLのアルバム「CANDYDATE」に収録されてる1曲です。

哀愁漂う雰囲気が13ELLのアルバムの中でも特に人気があります。WILYWNKAはこの曲のような、切ない系のビートに乗せたら水を得た魚のようにカチッとハマるラップを披露してくれます。

Go Crazy feat. WILYWNKA , FARMHOUSE & 唾奇 / YMG

2018年11月にリリースされたトラックメイカーYMGによるアルバム「1999」に収録されてます。WILYWNKAはバーストップバッターを担当してます。

「Powderで誤魔化した明日 空の彼方に行くのを辞めた」という印象的なリリックがあります。薬にハマッてしまったけどラップで現実に戻ることができたというように解釈できます。

GeG / Merry Go Round feat.BASI,唾奇,VIGORMAN,WILYWNKA

2019年9月にリリースされた変態紳士クラブのプロデューサーGeGによる「Mellow Mellow ~GeG’s Playlist~」のラストを飾る1曲です。

メロウな楽曲中心のプロデュースアルバムですが、BASI、睡奇、そしてWILYWNKAの調和が見事に取れ、聞き応えがあります。

変態紳士クラブ(ウィリーウォンカ)のおすすめの曲変態紳士クラブ(ウィリーウォンカ)のおすすめの曲は?厳選人気ランキング10選【隠れた名曲】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA