厳選バトルビートのまとめ

K DUB SHINE(ケーダブシャイン)のおすすめの曲は?厳選人気ランキング10選【隠れた名曲】

K DUB SHINE(ケーダブシャイン)のおすすめの曲

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

K DUB SHINE(ケーダブシャイン)は1968年5月8日(現在51歳)生まれの渋谷区出身のラッパーで、通称Kダブ、こっちゃん、ビッグコッタ、渋谷のドンこと日本を代表する社会派ラッパーです。

ZEEBRA、DJ OASISと共に結成したキングギドラのリーダーであり、日本語ラップ黎明期である90年代から活躍するラッパーです。

リアルでストリート且つ固いライミングが特徴であり、セルアウトなポップなラップを嫌う傾向にあります。

K DUB SHINE / 渋谷が住所

2003年12月リリースのセカンドアルバム「生きる」から衝撃的なタイトルの1曲です。

リリックもさることながら、Kダブのライミングセンスが光る1曲です。

自身のルーツを韻を踏みながらラップしてます。

渋谷が住所だとリッチな暮らしを想像しますが、決してそうではなく、リアルなストリートで過ごして来た半生が響く1曲になってます。

K DUB SHINE / 生きる

2000年12月リリースのアルバム「生きる」からのアルバムタイトル曲がこちらです。

シンプルで幻想的なビートに声がマッチしてます。

冒頭の「何故人は生きるのか」から始まり、戦争や人類等の壮大なトピックをリリックに込めたKダブ節満載の1曲です。

ビートもMVもアングラ感を出していますが、前向きなメッセージも込められてます。

K DUB SHINE / セントオブアウーマン〜夢の香り〜

2000年12月にリリースされた2枚目のアルバム「生きる」に収録されてる哀愁ソングです。

客演に平井堅を呼んで人気が高い1曲です。

未練が残るリリックが特徴的で、哀愁漂う失恋ソングに仕上がってます。

フックに入る平井堅のコーラスが悲しく儚げに唄い上げて曲を盛り上げてます。

失恋した時に聴きたくなる泣きの1曲です。

K DUB SHINE / 自主規制

2010年1月にリリースされたレーベル横断ベストアルバム「自主規制」の中の新録曲です。

汚職だらけの世の中に問題提起しており、世の中を斜め上から見ているリリシストKダブを見ることができます。

MVではリリックをバックにラップしていて、リリックを目に見えて楽しめる1曲に仕上がってます。

K DUB SHINE / ラストエンペラ

1997年12月にリリースされた記念すべきファーストソロアルバム「現在時刻」に収録され、シングル化もされてる佳作です。

Kダブと言えば「自分が自分であることを誇る」というフレーズが有名ですが、この曲のフックから生まれました。

フック以外がほとんど漢字で作成されており、Kダブの教養の高さが窺えます。

K DUB SHINE vs. ZEEBRA / ソンはしないからStreet Dreamsしときな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA