【最強】一番キマるヤバイCBD

MAKAのプロフィール(年齢・出身・生い立ち)のまとめ

ラッパーMAKAのプロフィール

画像の出典は全て本人のInstagramまたはTwitter

MAKAは栃木県足利市出身のレゲエDeejayです。

レゲエDeejayでありながらMCバトルで活躍し、レゲエのフロウを駆使したバトルスタイルが魅力です。

バトルMCとしてだけでなく、戦極MC BATTLEなどのMCバトルでの司会、YouTubeチャンネル「MAKA HOUSE」やアパレルブランド「マウンテンチャイルド」の運営など、活動は多岐にわたります。

MCバトル、ヒップホップ、レゲエと多方面から注目を集めるMAKAについて紹介します。

MAKAのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

TRICO as MAKA(@trico_as_maka)がシェアした投稿

出生名非公開
アーティスト名MAKA(マカ)
年齢1994年
身長非公開
血液型非公開
出身地栃木県足利市
事務所
レーベル
公式サイトhttps://twitter.com/Trico_as_Maka
STEP.1
幼少期~小学校時代

栃木県足利市で生まれる。

MEMO
母親が37歳のときに離婚
STEP.2
中学校時代

ジャパニーズ・レゲエを聴き始める。

MEMO
憧れのDeejayはCHEHON
STEP.3
高校時代
宗教高校に入学し、MAKAとしてレゲエDeejayの活動を始める。

MAKAは栃木県足利市出身のレゲエDeejayです。

母親が37歳のときに離婚し、母親が女手一つで男三兄弟を育てました。

いつか母親に家を買ってあげるのが、MAKAの夢です。

中学校の頃からジャパニーズ・レゲエを聴き始め、高校からMAKAとしてレゲエDeejayの活動を始めました。

名前の由来は摩訶般若心経で、摩訶の意味は「無限を除いて一番大きい」です。

高校の先生に、

絶対に告白が成功する方法を教えてやろう。摩訶好きだと言えばいい。

先生

と言われ、摩訶という言葉に惹かれてDeejayネームにしました。

レゲエDeejayとして活動をしていましたが、周りにレゲエの現場がなくヒップホップMCばかりだったため、フリースタイルバトルで名前が広がっていきます。

現在ではバトルMCとしてだけでなく、戦極MC BATTLEなどのMCバトルでの司会、YouTubeチャンネル「MAKA HOUSE」やアパレルブランド「マウンテンチャイルド」の運営など、多彩な才能を発揮しています。

注意
母親は元乗馬のインストラクター、映画の乗馬スタッフで、現在は看護師をしている。

地元・栃木県足利への愛

MAKAは、生まれも育ちも栃木県足利市です。

MAKAは、地元栃木県を「何もないけど色んなところに愛がある楽しい街」と語っています。

MAKA

観光ならあしかがフラワーパークがおすすめです。女の子とデートしたら間違いない。

おすすめの観光スポットはあしかがフラワーパークを挙げていますが、地元の人はあまり行くことはなく、ほとんどは河原でバーベキューなどをして過ごしています。

おすすめのご飯屋さんはばく竹で、あっさり系の佐野ラーメンがMAKAのお気に入りです。

厳しくも優しい母親

MAKAの母親は、厳しさの中に優しさがある母親です。

MAKA

自分がクソガキだったので、掃除機で殴られたこともある。

女手一つで男三兄弟を育てた母親は強く、三兄弟で一番上のMAKAが一番よく怒られていました。

しかし、MAKAは母親のことが大好きで、楽曲「俺の母ちゃん」で母親への愛を歌っています。

母親は特に嘘が嫌いで、MAKAが嘘をつくと正直に言う前に怒られていました。

MEMO
母親はTHE BLUE HEARTSの大ファン

MAKAのファッションブランドのまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ONFLEEK(@onfleek1990)がシェアした投稿

愛用ファッションブランド
  • マウンテンチャイルド
  • FULL-BK
  • PALM STRIPES
  • COOGI
  • FOG ESSENTIALS
  • MOBB
  • PRO CLUB

MAKAのファッションは、ヒップホップとレゲエの影響を感じさせるストリートファッションです。

ヒップホップやレゲエとゆかりのあるブランドを新旧織り交ぜたルーズなコーディネートは、ジャンルに囚われないMAKAの活動スタイル、音楽性をファッションで体現しています。

長い髭と丸いサングラス、2PACのように前で巻くバンダナもトレードマークです。

ファッションブランド・マウンテンチャイルドについて

ファッションブランド「マウンテンチャイルド」は、MAKAと幼馴染のデザイナーで立ち上げたブランドです。

幼馴染のデザイナーとは幼稚園の頃から家族ぐるみで仲が良く、出身幼稚園の山辺幼稚園の山(マウンテン)と幼い子供たち(チャイルド)がブランド名の由来になっています。

MAKA

ブランドコンセプトはバイオレンスとカウンターカルチャーです。

楽曲だけでなく服にも意味を持たせるという信念のもとでブランド運営をしています。

MAKAのタトゥーの意味

 

この投稿をInstagramで見る

 

EXCROWN(@excrown)がシェアした投稿

彫っているタトゥー
  • 右腕・・・摩訶、宇宙人の三猿

MAKAは右腕にタトゥーを彫っています。

タトゥーの意味は、Deejayネームの由来になっている「摩訶」と「見ざる聞かざる言わざる」で有名な栃木県日光市にある日光東照宮の「三猿」の宇宙人ヴァージョンです。

MAKA

タトゥーは高校の同級生のTATTOO STUDIO DRAGON FLY彫ゆきに彫ってもらっている。

現在はコロナ禍ということでタトゥーは増やしていませんが、コロナ禍が落ち着いてからタトゥーを増やす予定です。

MEMO
宇宙人の三猿は大阪のタトゥーのEXCROWNで彫った。

MAKAのラップスタイル

ラップスタイル
  • ラガな心地の良いフロウ
  • ポジティブでストレートなリリック

MAKAのラップスタイルは、レゲエDeejayらしいラガな心地の良いフロウとポジティブでストレートなリリックが特徴です。

ジャパニーズレゲエの王道を行くスタイルにMCバトルで培ったヒップホップの要素も加えた楽曲は、ヒップホップ、レゲエのジャンルに囚われない自由さがあります。

MAKAの優しく真っ直ぐな人間性を投影したようなポジティブなリリックに歌心のあるメロディーもばっちりハマり、音でも言葉でもリスナーの背中を押すような楽曲が魅力です。

MEMO
最近はGRIMEに挑戦している

REGGAE DEEJAY

MAKAはレゲエDeejayに憧れて音楽を始め、ヒップホップMCではなくレゲエDeejayと名乗っています。

栃木県足利市にレゲエのシーンがなく、周りにもヒップホップMCばかりという環境で音楽を始めました。

レゲエDeejayを名乗りつつ、ほとんどレゲエの文化に触れることなくMCバトルで名前が上がったことで、リスナーからはヒップホップMCと勘違いされることも多くあります。

MAKA

レゲエDeejayをやるぞという気持ちだけでここまで来た。

楽曲ではレゲエのRiddimを使いフロウもレゲエですが、本人はレゲエDeejayでありながら活動する場所はヒップホップ、レゲエ関係なく来るもの拒まずのスタイルで活動を続けています。

MAKAのおすすめの楽曲【厳選3選】

MAKAの優しい人間性と音楽への愛が溢れたおすすめの楽曲を厳選して3曲紹介します。

MAKA / もう一回

MAKAにとって初めてMV撮影をした楽曲です。

心地よいフロウにポジティブバイブス全開のリリックが乗った、背中を押してくれるようなメッセージ性のある一曲です。

MAKA

もう一回踏ん張り上がってこう 悔し涙を流すのは今じゃねえぞ

DOTAMA / TECHNICS feat. MAKA,SAM,NAIKA MC

バトルを主戦場に活躍する北関東の代表的なMCが揃い踏みとなった楽曲です。

DOTAMANAIKA MCの安定感、MAKASAMの若手ならではの勢いが混じり合った、抜群のコンビネーションとスキルの高さを堪能できます。

MAKA

so mi go so dem mi a deejay!! 唯一無二のStyleで畳み掛ける priceはlessでsmileが出る 聴覚にかけてくspiceだぜ

MAKA / 俺の母ちゃん

女手一つでMAKAを育ててくれた母親への愛の賛歌です。

母親へのストレートな感謝、愛を綴ったリリックが魅力で、真っ直ぐなMAKAの人間性が滲み出ています。

MAKA

この世の誰より厳しくて この世の誰より優しくて この世の誰より明るくて この世の誰より愛をくれる 照れくさいけど伝えてみるよ 俺の今の素直な気持ちを Nuff Respect My Mother 心の底から大感謝

MAKAのバトルスタイル

バトルスタイル
  • レゲエのエッセンスが強いフロウ
  • 即興性の高いアンサー
  • バトル相手へのリスペクト

MAKAのバトルスタイルは、レゲエのエッセンスの強いフロウと即興性の高いアンサーが特徴です。

レゲエのエッセンスが強いフロウでビートに流れるように乗り、歌心もあるため、バトル相手から観客まで巻き込んで乗れる心地よさがあります。

MAKA

遊びでずっとフリースタイルをしていた。

レゲエのラバダブはリディムに持ち歌をアレンジして乗せますが、MAKAはヒップホップMCと遊びでフリースタイル経験から、ヒップホップMCにも負けない即興性を持っています。

MAKAはバトルで相手に「さん」を付けて、しっかりと対戦相手にリスペクトを持っている。そういうところがMAKAの魅力だと思う。

RED SPIDER JUNIOR

バトル相手にしっかりとリスペクトを持ち、時にセッションのようなピースな雰囲気も出せるところもMAKAの魅力です。

MCバトルに出る理由

MAKA

地元の後輩と遊びでフリースタイルをしていたら、たまたま戦極MC BATTLEに出ることになった。

MAKAはレゲエDeejayとして地元で活動をスタートしましたが、周りにヒップホップMCが多いこともあり、後輩たちとフリースタイルをして遊んでいました。

そんな中で偶然にも戦極MC BATTLEに出る機会があり、そこでボスったことがMCバトルに出ている理由です。

MAKA

レゲエでもヒップホップでもどっちでもいい。来るものは拒まず、見た人を食らわせたいという気持ちでやっている。

MAKA自身はレゲエDeejayという強い意志は持っています。

しかし、MCバトル先行で名前が広がったこともあり、MCバトルでも見た人を食らわせたいという気持ちで、MCバトルに出続けています。

【ベストバウト】鎮座DOPENESS vs MAKA【戦極MC BATTLE 第22章】

YouTubeで400万再生を突破した戦極MC BATTLE 第22章での鎮座DOPENESSを解説します。

MAKA

鎮座DOPENESSさんは高校くらいから聞いている自分の原点のラッパーです。

憧れの鎮座DOPENESSとの対戦にテンションが上がるMAKAですが、じゃんけんに勝って先攻を選んだ理由は「ビートを選び、自分のフィールドを作りたかった」と語っています。

MAKA

POW Right now Grime POW ヤバいじゃん POW 鎮座さん越えられるのは俺しか居ないから Bounce しっかり見ろ POW UK Grime on tha rhyme
やられちゃった やられないように頑張んなくちゃ Pan 今響いた言霊 今コレはどうなるかMAKAとfreestyle sessionだ 殺生な そんな殺生な 事なってるけどいま It’s a joy

鎮座DOPENESS

得意のGRIMEスタイルで先手を奪いに行こうとするMAKAですが、DJのスクラッチが聞こえずに痛恨の小節間違いをしてしまいます。

本来は8小節の4本ですが20小節まで進み、鎮座DOPENESS小節間違いをディスることなく16小節でアンサーを返す衝撃の展開でバトルがスタートします。

MAKA

鎮座さんもマジヤバいが それでもNew次元越えてるgunman だから背負ってる栃木のbackbone 俺はなった足利のHero これが見とけよ This is a HIPHOP UK Grimeの本性
早すぎてほんと何言ってるか分からないようだが良い だけどお互い様だな いいな 大概にせえよって 俺たちのこの楽しみのやり取りが今から飛ぶ鳥も 落とす勢い

鎮座DOPENESS

16小節の中でも会場の雰囲気を見つつフロウを変化させていくMAKAに、鎮座DOPENESSも早いGRIMEビートに緩急をつけてフロウしていきます。

MAKA

揺れてるこれが本場の踊らせるfreestyleだよ 聴いとけguy DJゆの最強 鎮座DOPENESS最強 だけど負けらねぇもんある This is beat MAD最強
いい感じでマラソンやってる感じだよ 俺は今ヒマラヤ登ってる感じで 今この状態 どんなflowかまそうかな これは楽しいなあ

鎮座DOPENESS

MAKAは自分の小節ミスをアドリブで16小節のバトルへ変更してくれたDJゆの、対戦相手である鎮座DOPENESSへのリスペクトを示し、最後まで全力でぶつかっていきます。

MAKA

やっぱりついてけるの俺しかいない ない無い物ねだりじゃないから Liveの中で繋いでく愛 FightがLife 凄いことLive これならば Rhyme いけるType
行くとこまで行っちゃおう こんな曲作ろうよMAKA君 俺がこんな感じのビート作れば一緒に上がれてく これでお姉ちゃんいっぱい踊ってくれたら良いな

鎮座DOPENESS

結果は鎮座DOPENESSに軍配が上がりましたが、鎮座DOPENESSが「こんな曲作ろうよMAKA君」と口にしたように、バトルでありながらセッションのようなピースとリスペクトの溢れるバトルになりました。

MEMO
憧れの人とのバトルですがMAKAは緊張していなかった。

MAKAと仲の良いラッパー

 

この投稿をInstagramで見る

 

TRICO as MAKA(@trico_as_maka)がシェアした投稿

仲の良いラッパー

MAKAと仲の良いラッパーは、は同じ栃木、北関東出身のラッパーやMCバトルで活躍するラッパーです。

MAKAさんの初ライブに食らって、ラップを始めた。

SATORU

特に同じ栃木県足利市出身の3歳下のラッパーのSATORUとは、MAKAが19歳の頃に初ライブをしてからの長い付き合いです。

また、同じ栃木県出身のSAMとはチームでMCバトルに出場して抜群のコンビネーションを披露したり、SNSにも頻繁に登場するなど、公私問わず仲の良い関係です。

MCバトルを通じてJUMBO MAATCH寿君CHEHONなどのレゲエDeejayとも交流していて、ヒップホップ、レゲエ問わず様々なアーティストと積極的に交流しています。

SATORU

 

同郷の栃木県足利市出身のラッパーのSATORUとは、先輩後輩を通り越した兄弟のような関係です。

MAKAが19歳、SATORUが16歳の頃に、MAKAの初ライブを見たSATORUが「ラップを教えて欲しい」とMAKAに声をかけたことで交流が始まりました。

その後、2人はフッドバイラスというクルーで一緒に活動していた時期もありましたが、現在はお互いにソロ活動をしています。

MAKAさんは俺たちの街全てを包み込む存在です。

SATORU

SATORUはMAKAをリスペクトしていて、出所後にMAKAについてラップした楽曲「MAKA」をリリースしています。

MEMO
SATORUの楽曲「MAKA」を聞いたラッパーからMAKAもヤンキーだと勘違いされた。

SAM

MAKAとSAMは同じ茨城県出身で、一緒にタッグを組んでMCバトルに出演したり、プライベートでも遊んだりするほど仲の良いラッパーです。

2人の出会いはUMB2015栃木予選でした。

初めて見たMAKAは海賊みたいな帽子にすごいサングラス、すごいネックレスをしていた。

SAM

MAKA

SAMの第一印象はめちゃくちゃヤンキーのやつがいるって感じだった。

特に当時のMAKAは遊びでフリースタイルをしていて、主戦場はクラブでのライブだったため「クラブで見ない奴はクソだ」という尖った考えを持っていました。

SAMからMAKAに話しかけますが、MAKAはあまり印象は良くありませんでした。

その後、MAKAはベスト16で敗退しましたがSAMはベスト8まで勝ち上がり、MAKASAMのこと意識して、すぐに仲良くなっていきます。

今ではお互いの彼女同士も仲が良く、ラップもプライベートも息がピッタリな親友です。

注意
本サイトはラッパーさんのバッググランドを知ることで、リリックの意味や楽曲をより好きになってもらうことを目的としています。情報の誤り・追加等につきましては速やかに修正対応させて頂きますのでフォームへご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA